感動・泣き

表現力がある人の特徴と鍛える方法をご紹介

投稿日:

言葉はもちろん、絵や音楽、芸術などで自分の感情や思考を表現できる人に憧れている方も多いかもしれません。表現力というのは、誰もが持っている力です。しかし、それが開花するかどうかは自分次第にかかっています。

そこでここでは、

  • 表現力
  • 表現力がある人の特徴
  • 表現力を鍛える方法

について解説していきます。

表現力とは?

表現力とは、自分の感情や思考を伝える能力です。また、人として生きている表情を映す鏡とも言えるでしょう。ここからは表現力について説明します。自分にその資質があるかどうか考えてみてはいかがでしょうか。

自分の感情や思考を伝える能力

自分の感情や思考というのは、表現しないことには伝わりません。それらを伝える力こそ表現力と呼ばれます。絵や音楽はもちろん、普通の人なら言葉や表情、態度などで表現するものです。内なる感情を外に出す力、それが表現力といえるでしょう。

人として生きている表情

人は多種多様な表情で感情を表現します。生きている生の表情こそ、普通の人が普段から行っている感情表現、つまり表現力です。喜怒哀楽さまざまな感情を見せることができれば、より表現力がある人だと思われるでしょう。

表現力がある人にはどんな特徴がある?

表現力がある人は語彙力が豊富だったり、人生経験が豊富だったり、関わる人やモノも多かったりします。実際に表現力が長けている人の特徴を知れば、自分自身の表現のヒントにも繋がってくるはずです。ここではそれらの表現力がある人の特徴について解説します。

語彙力に優れている

言葉というのは組み合わせによって無限のレパートリーがあります。語彙力が多ければ多いほど、その組み合わせもより多くなっていきます。表現力が豊かな人は、語彙力も豊富に持ち合わせているのです。また、その言葉を紡ぐ力も備えています。

顔の表情が豊か

喜んだり怒ったり悲しんだり笑ったり、喜怒哀楽がはっきりしている人は自己表現がとても得意な人と言えます。人というのは鏡とも言われており、喜怒哀楽がない人はやはり他人に対しても感情が伝わりにくいです。

表現するということは他の人に自分の気持ちを知ってもらうことでもあります。それ自体が表現力とも言えるでしょう。

SNS・ブログなどで情報発信している


SNSやブログなどで情報発信をする際、言葉によって伝えることが必要です。自分の性格やキャラクター、感情や気持ちなどを言葉で伝えるのは難しいこと。

しかし普段から情報発信をしている人は、自己表現も得意です。そのため、表現力も自然と磨かれていきます。情報のインプットとアウトプットを繰り返すことで、表現力が磨かれていくのです。

自分の良さが伝わる言動を知っている

表現上手は売り込み上手でもあります。自分の良さをいかに伝えるかという点を無意識のうちに知っているので、自然と他人からも好かれるのです。自分の魅力の伝え方を知っている人ほど、表現力に長けていると言えるでしょう。

身振り手振りを上手く織り交ぜて喋れる

身振り手振りなど、身体で表現することができると、表現の幅は一気に広がります。日本人はあまり得意ではないかもしれませんが、外国人の多くは身振り手振りをとても重要視しています。

特にジェスチャーなども踏まえて表現することで、より相手にも伝わりやすくなっていくはず。それができる人ほど、表現力が豊かだと言えます。

相手に伝えようとする思いが強い


相手に伝えようとする思いがあれば、自然と相手に伝わります。言葉などが通じなくても、自分の思いを真剣に伝えようとすれば、意外と伝わるものです。

表現力というのは言葉だけではなく、そういう思考なども含まれていると言えるでしょう。自分の思考を相手にいかに伝えるか工夫できれば、より伝わりやすくなっていきます。

表現力を鍛える方法とは

表現力は鍛えることが可能です。表現力が高い人を真似たり、情報収集して積極的に人前に出たりすることも重要と言えます。また多種多様な人と関わり、人間性を深めることも欠かせません。ここからは表現力を鍛える方法を解説します。

表現力が高いと評価されている人の真似から入る

表現力というのは、真似するところから始まります。まずは表現力が豊かな人の近くで、その行動や言動を真似てみてください

そうすることで普段からの立ち振る舞いはもちろん、喜怒哀楽などの感情も表現しやすくなります。ただ真似するだけではなく、自分の魅力として昇華できるように工夫していくことも重要となるでしょう。

本・新聞などから情報収集をして知識をつける


本や新聞、インターネットなどから、常に情報収集して知識を身につけることはとても重要です。情報のインプットをするだけではなく、アプトプットを繰り返すことで新しい表現なども見つけていくことができます。

表現というのは、外に出して初めて伝わるものです。まずはそのための土台となる知識の基盤を作っていきましょう。

感じたことを口にする

感じたことをそのまま口にすることも大切です。インスピレーションというのは重要で、直感で口に出すと感性が磨かれていきます。もちろん、何度も口にすることで良い表現と悪い表現が明確になってくるので、そこから言葉の分別をしていくと良いでしょう。感情にフィルターをかけず、まずは口に出してみてください。

読んだ本などに対する意見を文章にまとめて語彙力を高める

読んだ本などに対して意見を文章にするというのは効果的です。実際に頭で思うより、言葉にして口に出したりする方が圧倒的に難しいもの。

文章にまとめて表現する際、自分が思っている表現ができないことも多々あります。それらに気づき、語彙力を高めていくことこそが表現上手になるためのステップとなるでしょう。

批判は素直に受け入れ改善に役立てる

表現者は批判されることも多々あります。「ここが良くない」「この表現は伝わらない」と言われることで、正直ショックを受けることも多いかもしれません。ただ、それらを素直に受け入れ、改善に役立てていくことがとても重要です。

他人の批判を聞かないでいると、成長することはできないでしょう。時には厳しい批判も受け入れて何がダメだったのかを整理していく必要があります。

たくさんの人とコミュニケーションを取る


さまざまな人とコミュニケーションを取ることで、人ごとの感情の違いを理解できます。人によって伝わり方がまったく違ってくるからこそ、色々な人と関わって表現力を磨いていくことが重要です。

コミュニケーションの幅が広がれば広がるほど、「どう表現すれば良いのかな」と考える機会も増え、表現力も自然と幅広くなっていきます。

柔らかい口調で喋る

表現をするとき、重要となってくるのが口調です。口調を柔らかくすることによって、相手も柔軟に受け止める姿勢になってくれます。

声が大きかったり、早口だったりすると伝わるものも伝わりません。相手が聞き取りやすく、抑揚をつけながら話すことによって、感情も伝わりやすくなっていくのではないでしょうか。

表現力を育成するスクールに通う


表現力に関しては、色々な教室が開催されています。そういうスクールに通うことで、具体的な表現力に対するイロハを学ぶことができます。

自分になかった表現力を身につけたいのなら、そういう第三者からの情報を取り入れるのも一案です。

まとめ

表現力がある人は、自分の感情や気持ちも伝えるのが上手です。何か伝えたいというとき、表現のコツを知っておくだけでも表し方がまったく違ってきます。まずは語彙力を磨き、自分の思いを伝えられるように努力してみてはいかがでしょうか。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.