感動・泣き

オーラがある人の特徴とオーラがある人になるために必要なコト

投稿日:

他の人とは異彩を放っていて、オーラがある人っていますよね。実際にオーラがある人にはある共通点があります。

ここでは、

  • オーラがある人の特徴
  • オーラを放つために必要なこと

を紹介していきたいと思います。

オーラがある人が持つ特徴

オーラがある人は、大きな成果や成績を残していたり、周囲から認められていて人望が厚かったりします。さらにはブレない心を持ち、些細なことに囚われない性質を持っています。ここでは、オーラのある人が持つ特徴について紹介します。

何かの分野で大きな結果を残している

オーラがある人は、何かの分野で大きな結果を残しています。結果を残すことができれば自信を持てるようになり、何事にも前向きに突き進むことができるようになります。自信というバックボーンがあるので、積極的に挑戦できてさらに結果を残すことができるのです。

天狗になっていない

天狗になると人はそこで成長が止まります。オーラがある人は有頂天にならず、自分の実力についても常に過小評価しています。「まだまだ」と思うことで、よりその先まで成長できるのです。オーラがある人は自分の実力を過信していないので、常に成長を求めて実力を磨いています。それがさらなる自信にも繋がるという好循環になっています。

周囲に認められている


周囲の評価や評判が高いと、自然とオーラが出てきます。人は周囲から認知され実力を認められることで、自分の自信に繋がっていきます。どんなに実力がある人でも、誰からも認められなければ自尊心を失い、オーラも消えてしまいます。自己承認が満たされれば、より自信も持てて積極的に行動できるようになります。

人望を集めている

オーラがある人は、人望も厚いです。自分の実力を自分で認めるよりも、他人から認められる方が格段に難しいです。それが自然とできているのがオーラのある人たちなのです。もちろん、人望を集めるための努力を怠ることもしないので、他人から嫉妬されたり疎まれたりすることもありません。

堂々と振る舞っている

自信がない人は、自然とオーラも小さくなります。堂々と振舞っているとオーラも自然と滲み出てくるものです。もちろん結果を残していないと自分の土台となるものがないので、努力することも欠かしません。オーラがある人は常に自分を高め、自分の実力を自分でも認めているのです。そして、それが他人からも認められていることでより自信に繋がっています。

セルフプロデュースが上手い


セルフプロデュースするのが上手なのも、オーラが出ている人の特徴です。自分で自分の良さを知っているからこそ、それを売り出すのも得意です。また、他人が自分に対してどう思っているのかを常に考えているので、的確なアプローチもできます。

ブレない心を持っている

何事にも動じないブレない心を持っているのも特徴です。自分という軸があるので、他人の意見に付和雷同することもありません。頑固というのではなく、自分という確かな存在をしっかり守っているわけです。他人の意見ですぐに捻じ曲げられてしまうことがないので、他人んからも信用されています。

些細なことに囚われない

とても小さなことで悩む方も多いですが、オーラがある人は些細なことは気にしません。小さなことで足がすくむようでは、前に進めません。実際に結果も残して自分に自信を持っているからこそ、オーラがある人は常に堂々と前に進んでいけるのです。

人に対して的を得た助言ができる

オーラがあると自分にも余裕が出てくるので、周りを観察することもできるようになります。そのため、オーラがある人は他人に対しても的確な助言ができます。

常に周囲を見渡して行動しているので、その助言に関してもレベルが高いと言えるでしょう。ただ批判するのではなく、相手の気持ちを汲みして助言できるということが可能です。

姿勢や所作が美しい

基本的な所作や姿勢というのは、その人の人柄などを映し出します。オーラがある人は背筋が伸び、顎も引いて、綺麗な姿勢を保っています。人は内面が重要ですが、オーラは外面から出てくるものです。立ち振る舞いなどがまるでイギリス紳士のようだと言えます。

集中力に優れている


集中力がある人は、メリハリがあります。仕事モードの時はオーラ全開で、プライベートモードの時はオーラが皆無という人もいます。そういう使い分けができる人こそ、本当の意味でオーラを使い分けることのできる人だと言えるのです。

オーラがある人になるために必要なコト

オーラは実績や経験、知識や技術で自然と滲み出てくるものですが、努力によって得ることもできます。自己肯定感を高め、自尊心を持ってチャレンジしていれば自然とオーラも出てきます。ここからはオーラがある人になるために必要なことを紹介します。

自分を肯定し自信を持つ

オーラを出すのに大切なのは、自分を肯定して自信を持つことです。常に他人から批判されていると自己肯定感を失い、自尊心も失ってしまいます。そうなると当然自信がないわけですからオーラは出てきません。自分で自分を認め、他人からも認められて自信を育てていくということが重要です。

これだと思えるものを絞って長期的に取り組む

何事にもフラフラしていてどっちつかずになってしまうと、自分という尖った槍を持つことはできません。まずは「これだ」と思えるものに絞って、1つのことに長期的に取り組んでみてください。1つを極めればそれが自信となり、さらに2つ3つのことにもチャレンジできるようになります。

小さな成功体験を積み重ねていく

オーラがある人になるためには、成功体験が重要です。人は成功して結果を残すことでそれがバックボーンとなります。その土台がある人は言葉にも重みが出て、より行動や言動にも自信が伴うようになります。まずは小さなことからコツコツと積み重ねていきましょう。

常に身なりを整えておく

人は身なりに左右されます。普段からキチッとした服装や髪形をしていると気持ちもシャキッとします。これは冗談かと思うかもしれませんが、意外にも人間は身なりを整えるだけで自信が持てるのです。当然、自分磨きをすればより一層自信が持ててオーラも溢れてきます。

マナー・ルールを守る


社会のマナーやルールを守っていることで、自分が正しい行動をしている人間だと実感できます。世の中の決まりを守っているだけでも、模範的な人間になるよう、自然と行動するようになるのです。他人の迷惑になるようなことは避け、常に常識のある行動・言動を取りましょう。

ゆっくりと落ち着いたトーンで話す

甲高い声で早口だと、相手も聞き取ることができません。話の核が見えてこない人は、人間性も薄っぺらく見えてしまいます。ゆっくりと落ち着いたトーンで話すようにし、一方的な会話ではなく対話を目指すことが重要です。

自分に似合わないファッション・メイクは避ける


オーラがある人は等身大の自分を理解しています。身の丈に合わない高級時計や高級バッグなどは避ける傾向があります。特にファッションやメイクが合っていないと、それだけで存在自体が浮世離れしているように見えてしまうのです。節度ある身なりが重要です。

苦労を人に見せたり愚痴をこぼしたりしない

苦労している自慢ほど恥ずかしいものはありません。他人に自分の苦労を見せたり、愚痴をこぼしたりするのは避けてください。もちろん弱いところも見せることは重要ですが、オーラのある人は他人に自分の弱さは極力見せません。

他者を否定する発言をしない

他者を否定する発言は、相手の評価を落とすだけではなく、自分の評価まで落としてしまいます。他人を落として自分を強く見せるのではなく、他者と一緒に成長して高みを目指せるように努力することが重要となってくるでしょう。

まとめ

オーラのある人は、他人からも信頼されていて、実績や経験があるからこそ自信もあります。オーラを出すのは簡単ではないですが、毎日の仕事などを通して徐々に磨いていくことはできます。まずは努力を惜しまず、自分を認めてコツコツと成長していきましょう。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.