感動・泣き

自制心とは?自制心の強い人の特徴を紹介

投稿日:

自分の欲求のままに生活をしてしまい、あとになって後悔した経験はありませんか?そのようなとき、自制心を持ち自分をしっかりコントロールすることで、もっと良い結果を残せたのではないかと感じるかもしれません。しかし「自制心を持とう」と考えても、なかなか上手くはいかないことがほとんどです。

今回は、

  • 自制心が強い人弱い人の特徴
  • 自制心を高めるための方法
  • 自制心が強いことのメリット

をご紹介します。知識を深めることで自制心を養い、理想の自分を実現するための参考にしてみてください。

自制心とは?

自分の欲求や感情をコントロールする精神力、気持ちのことを自制心と言います。大人になれば自然と身につくようにも思えますが、そう簡単に会得できるものでもありません。少し嫌なことがあるとすぐに喧嘩をしたり、周りに当たり散らしたりするような人は、子どもなら「癇癪を起こしている」で済むでしょう。しかし大人であれば、そこから摩擦が生じてしまうこともあります。

感情や欲望をコントロールする力


自制心とは、感情や欲望をコントロールする力のこと。

感情・欲望のままに行動しない自制心の強い人は、お酒を飲んでも呑まれてしまうような飲み方や、暴飲暴食はしません。買い物に行っても、本当に必要かどうか一旦考えてから購入する傾向にあるため、無駄遣いも少ない傾向にあります。

体型や体調の維持であったり、計画的に貯金をしたりなど、あらゆる局面で自制の心を働かせます。自分をしっかりコントロールするため、ただ我慢しているだけではなく「お金を使うべきときには使う」など、メリハリがあることも特徴です。

育っていく過程の中で身に着けられるもの

欲しいものがいつでも与えられる環境であれば、子どもはもちろん大人であっても、自分の欲望のままに生活してしまうはずです。しかし、子どもの頃に親がしっかりと欲をコントロールして我慢させることで、着実に自制心を育てることができます

「我慢させることで泣かせるのが嫌だ」と甘やかしてしまうと、確かにそのときは子どもの要望が通り、泣かずに済むのでお互いに良いことのように見えるでしょう。しかし将来的に見れば、子どもが自分をコントロールする力を学ぶチャンスを奪うことでもあります。

自制心が強い人の特徴

誘惑が多い世の中であるがため、自分は誘惑に負けない自制心が強い人間だと言い切れる方も少ないのではないでしょうか。自制心をきちんと備えている人の共通点は、周囲からの信頼があついということ。具体的にはどのような特徴があるのでしょうか。

時間をしっかりと守る

女性 時計 時間
自制心が強い人は、時間に対してとても律儀です。自制心が強いからといって、朝が苦手な人がいないわけではありません。しかしそのような人であっても、ベッドでダラダラするのではなく、自分の欲望を抑え、行動に移しているのです。

 

さらに時間をしっかり考えて行動するため、仕事における納期もしっかり守ります。子どもであれば、夏休みの課題は早めに終わらせてから遊ぶ、計画性があるタイプと言えそうです。

トラブルへの対処は冷静に行う


自分の感情をコントロールできる人は、トラブルに対しても冷静に対応します。対応が冷静だからといって、自制心が強い人が焦ったり怒ったりしないわけではありません。それでも慌てる気持ちを抑えて、状況の観察に意識を向けられるのが特徴です。

自分の感情のままに動くのではなく、今すべきことを判断し、必要であれば相手に対しての配慮まで行えます。そのため交通事故などの不慮の事故やトラブルに遭遇しても、感情に振り回されず冷静に判断し、損害を最小限で抑えることができるタイプです。

試験の成績が良い


試験に向け勉強をしなくてはいけないとき、部屋の掃除や普段気にならないことが気になってしまい、勉強がはかどらないということはよくあります。しかし自制心が強い人は、そのような欲求を抑えて試験勉強に取り組めるため、努力にふさわしい結果を残します。

だからといって一切遊ぶことがないわけではなく、遊ぶ時間と勉強する時間のスイッチをしっかりと自分で管理しているのです。上手にモードを切り替えて、息抜きをしながら目標に向かって着実に歩みを進めます。

欲望に負けることなく浪費は好まない

季節ごとに限定のスイーツや新しい家電、流行の洋服など世の中には魅力的なものにあふれています。高額のものであれば、大体の人が一旦持ち帰りどうするかよく考えますが、自制心が強い人はたとえ小額であっても、必要でないものをむやみやたらに購入することはありません

それはお金をためるのが趣味であるとか、ケチであるのとは異なり、必要なときには惜しみなく使います。自身の欲求に振り回されない精神の持ち主であるからこそ、必要かそうでないかをしっかり見極めて浪費はしません。お金に振り回されない生活を送れるタイプだとも言えます。

お酒での失敗がない


楽しいお酒の席だと、つい羽目を外して二日酔いになってしまったり、自我をなくして失敗したりということが起こり得ます。一方、自制心が強い人は自分が楽しめる程度の量で、お酒をコントロールしながら飲むためそのような失敗はありません。計画的であるため、翌日のことや周りのことも考えて自分を管理しながらお酒を楽しめます。

体型の維持ができている


食べ物がおいしい時期になると、つい食べ過ぎて「明日からダイエットしなくては」と後悔するような人も多いはず。自制心が強い人は、食べることに関してもしっかりと自己管理ができているため、ほぼダイエットが必要になることはないでしょう。もし必要になったとしても、誘惑に負けることなく遂行するため、健康的で理想の体型を維持できます。

イライラすることが少ない


嫌なことが重なってしまったとき、イライラが態度に出てしまう人はよくいます。感情のコントロールができていれば、そのような態度は取りません。個人の都合で周囲を振り回さないため、気が付けば周りからの信頼もあつくなります。この性格が影響して、重要な仕事を任されるポジションにつくこともあるでしょう。

朝に強い・二度寝しない

寒くて布団が恋しい時期、ちょっとだけと二度寝をしてしまい朝の予定が狂ってしまった経験は、誰しもあるのではないでしょうか。しかし自制心が強い人であれば、先の予定をしっかり考え布団からの誘惑に打ち勝ち、二度寝はしません。もちろん布団でダラダラせずに起きるため、寝坊をすることもなく、きちんと約束の時間に現れます。

自制心がない人の特徴とは

自制心がある方は、自分の感情や行動をしっかりと管理できるということがわかりました。反対に自制心がないと、そのコントロールが利かないためにさまざまなトラブルや不利益を抱えかねません。世間一般で自制心がないと捉えられるような方には、どのような特徴があるのでしょうか。

感情の起伏が激しい


普通に話しているだけで、すぐに気分が変わって不機嫌になるような人は、接していて疲れます。子どもであれば仕方ないと割り切ることができますが、それが大人であると話は変わるでしょう。まだ数回なら悪いことに触れてしまった可能性も考えられるものの、それが毎回になってきてしまうと相手もうんざりです。徐々に周囲から人がいなくなります。

さらに感情をコントロールできないと、トラブルに巻き込まれた場合においては冷静さを欠き、何が正しいのか判断もつきません。このため自制心が強い人に比べ、損をすることが多くなります。

時間にルーズ

自制心がある方だと、たとえ朝が弱くとも時間通りに行動しますが、自制心がない方はこのときも自分に甘いのが特徴。「昨日は遅くまで頑張ったから」「風邪っぽいから」など都合の良い言い訳を見つけて、約束を守れないことを自分の中で正当化させてしまいます。そのため自制心がない方は、時間に対してルーズという共通点があります。

生活がだらしない


人は誰しも目標や生活に向け、大まかな計画を立て行動しています。試験があるのならそれに向け勉強をし、翌日に会社や学校があるのならそれに向けてベストコンディションを整えておくでしょう。

しかし自制心がない方は、翌日が仕事であっても毎晩浴びるようにお酒を飲み、二日酔いで出勤したり欠勤したりとだらしない生活を送ります。自分の欲望に素直に従い過ぎているがゆえに、そのときは良くてもあとで困ることになりかねません。

浪費癖がある

自分に歯止めが利かないため、欲しいと感じたら即決という浪費癖を持つ人が目立ちます。ダイエットを考えていても、おいしそうなスイーツがあれば「明日からダイエット始めて、今日は食べよう」となってしまったり、話題のものだからと必要でないものを買ってしまったり、刹那的に行動してしまいがちです。

恋愛と私生活の両立ができない

自分の欲望に素直で、感情を上手くコントロールできないため、恋愛が大きな火種となってしまうこともあります。自分の思うとおりに行動しないと気が済まなく、道ならぬ恋もいとわないばかりか、友人の恋人が良く見えたら横から奪おうとしてしまうことも。恋愛がもとで私生活が立ち行かなくなってしまうケースもしばしばあります。

ギャンブルが好き


賭け事を行うとき、自制心がある方はここまでにしようとしっかり決めて、嗜む程度で終わらせます。しかし自制心がない方だと、際限なく行ってしまいがちです。負け続けても「いつかは勝てる」と楽観視していたり、働かずとも賭け事でお金が入れば良いと考えていたりと、のめり込んでしまう傾向にあるため注意が必要です。

自制心を高めるには

自分を見つめなおし、自制心を高めようと考えたとき、修行僧が如くストイックな生活をしなくてはいけないとお考えでしょうか?実際はほんの少しだけ、普段の生活を頑張ってみるだけで、自制心を高めることは可能です。欲望に負けてしまう自分を変えてみたい方に、その方法をご紹介します。

生活リズムをきちんと守る


自分に素直な心に従ってしまう人は、ほとんどの場合が時間にルーズ。ゆえにダラダラとした生活を送ってしまいがちです。ついつい夜更かしをして不規則な生活になっているなら、規則正しい生活を送れるよう今日から意識を変えてみましょう。

さらに食事に関しても、好きなものを好きなだけ食べるのではなく、バランスを考えることが大切です。「早寝早起きなんて子どもっぽい」と感じるかもしれませんが、生活を整えることこそが、自分自身を制御する大切なステップになります。

自ら選択肢をなくす

選択肢が多いぶんには困らないだろうと考える方も多いでしょう。しかし自制心が弱い方に限っては、良いこととは限りません。選択肢があるということは、「これよりはマシ」「あれが駄目でも別の選択がある」と甘えの余地を作る原因になってしまいます。あえて誘惑のもととなる選択肢をなくし、目標達成を積み重ねることも大切です。

無理のない程度に我慢をする

自制心が強い人であっても、全てを我慢し続けることは苦行に近いものがあります。ましてや自制心が弱い方であれば、なおさらきついこと。挫折するだけでなく、反動でタガが外れ、我慢していたことをやってしまうリスクもあります。そうはならないように、無理のない程度の我慢から少しずつ達成感を得て、ステップアップしていきましょう。

普段やり過ぎていることを我慢する

自制心が弱い人は、自分の「やりたい」という欲求を抑えられるほど、コントロールが上手ではありません。そのため、やり始めたら止められるまでやり続けてしまうこともしばしば。休みの日で暇なら構いませんが、歩きながらゲームをする行為などは、少し考えものです。止めるべき場面できちんとものを我慢することも、欲求に抗い自身を制御するためのステップとなります。

目標達成できない場合の未来に不安を持つ

自制心が弱いと時間にルーズになり、それに伴いビジネス面においても締め切りを守れないなどのトラブルを抱えることがあります。このようなときに「仕方がない」で終わらせてしまっていては、信頼にかかわってくるでしょう。

刹那的に今が良ければそれで構わないと考えるのではなく、この時間までにどこまでできていないと間に合わないのかを把握するための計画性は必須。できなかった場合のデメリットをよく考え行動することが重要です。

新しい習慣を作る

マンネリ化しているがゆえに、自分自身に甘えが出てしまい自制心が弱くなっていることもあります。今までやってこなかった分野にチャレンジすることは、脳に新しい刺激を与えるだけではなく、自分の成長にも繋がります。慣れていることなら自分が考えたとおりになりますが、新しいことであればそうとは限りません。こうしたときに我慢して続けることで、自分の心も育まれます。

自制心が強いことのメリット

自分を制御する自制心が強いと、ビジネスシーンだけでなく日常生活の中でも信頼度が高まります。頼れる人物の周囲には人が集まり、さらに広い関係を持つことにも繋がるはずです。では具体的に自制心が強いことによって、どのようなメリットがあるのでしょうか。

生活自体が上手くいく

計画性を持ち、今どのように行動すべきなのかを把握し行動に移せるため、我慢すべき場面の見極めも上手くできます。これにより余計な出費などを控えることができるでしょう。さらにメリハリのある生活は健康的な心と体を引き寄せて、これといった努力をあえてせずとも豊かな生活に近づいていきます。

人に迷惑をかけない


自制心のある人は自分の感情に左右されず、感情的になることがあまりありません。仮にトラブルに巻き込まれても、冷静に判断したうえで相手を慮ることまでできます。周囲に対しても自分の感情だけで当たり散らすことはせず、良い関係を築いていけるはずです。

さらに時間などにも正確なため、待ち合わせや仕事を依頼していても、やきもきすることがないでしょう。日常面・ビジネスシーンのどちらにおいても大変信頼度が高くなり、成功へと繋がります。

まとめ

自制心が強いと、我慢ばかりで楽しくないのではないかと感じる方もいるでしょう。自分の欲望や感情を100%抑えられる方は、いくら自制心が強い人でもいません。しかし乱れた生活を整えるだけで、少しずつでも自制の心は身につけられるものです。自制心が強い人は、一つひとつ積み重ねながら自分をコントロールしている人でもあります。

最初から完璧にやろうと考えてしまうと、疲れて途中で投げ出したくなります。できる範囲で自分を変えてゆくことが自制心を高める第一歩であり、これからの生活の質を向上させる礎となるでしょう。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.