感動・泣き

中性脂肪が300前後って大丈夫?気をつけたいこと教えます

投稿日:

健康診断で中性脂肪が300になっていると気になるでしょう。中性脂肪の値の基準や対処法についてまとめました。

  • 中性脂肪が300前後だとどうなのか
  • 中性脂肪の値が300前後になってしまう原因
  • 中性脂肪を正常に近づけるための食生活のすすめ
  • 普段からできる中性脂肪を正常にするための対処法

を紹介します。

中性脂肪の値:300前後は高い数値

健康診断を受ければ、血液中の中性脂肪の値を知ることができます。一般的な基準とされているのは50〜149mgです。この範囲にあるならば、健康上のリスクは低いといえるでしょう。

そして、150〜300mgの場合は軽度の異常と見られます。今すぐ病気になってしまうわけではありませんが、そのリスクが高い値なのです。そのため、生活習慣を改善することで中性脂肪を減らさなければいけません。

300〜600mgの場合は中度の異常です。このぐらいの値になると健康リスクはかなり高まってしまいます。すぐにでも生活を見直す必要があり、投薬治療の対象となることも多いでしょう。

600mg以上となれば高度の異常とみなされます。こちらも医師による指導や治療が行われるでしょう。

中性脂肪の値が300!その原因は?

飲酒や運動不足、食べ過ぎなどが原因で中性脂肪は高くなります。中性脂肪が高すぎる原因について紹介します。

慢性的な運動不足になっている


中性脂肪というのは、余ったカロリーが体に溜まっていくことで増えていきます。普段から運動をしない方は、消費カロリーが低いため、摂取カロリーが常にオーバーするでしょう。こういう方は中性脂肪が溜まりやすく、その数値は高くなっていきます。

特に普段からたくさんカロリーを摂取している方は注意しましょう。カロリーがたくさん余ってしまうため、中性脂肪が異常な値を示しやすいです。

脂質や炭水化物を食べ過ぎている

中性脂肪の材料となるのは炭水化物や脂質といったものです。これらをたくさん食べてしまうと摂取カロリーは高くなりやすいでしょう。そうなると、たとえ運動をしていたとしても、カロリーを消費しきれなくなり、中性脂肪がどんどん増えてしまうのです。

ラーメンや菓子パンといったものはすべて炭水化物。野菜をあまり食べずに、炭水化物や脂っこいものばかり食べている方は自分が中性脂肪を溜めやすい食生活を送っていることを自覚するべきです。

お酒を飲みすぎている

アルコールを飲みすぎてしまうと、脂肪の燃焼が妨げられてしまいます。また、お酒を飲む際にはおつまみを食べることが多いでしょう。お酒の量が増えると、それに比例しておつまみも増えます。そのため、おつまみしか食べていなくてもカロリーがかなり高くなり、中性脂肪が増えやすくなるのです。

また、アルコールの中には糖質がたくさん含まれているものがあるためこれも危険。炭水化物を食べるのと同じくらい糖質を摂ってしまうこともあるのです。ビールや日本酒は特に危険です。

ただし、アルコールは適量であれば中性脂肪を減らすことにも効果的とされているため、適量であれば大丈夫とも言われていますが、適量を維持するのは強く意識しないと難しいため、それが無理ならば禁酒してしまう方が安全です。

中性脂肪の値が300以上の場合は食生活を見直して

中性脂肪の値が300以上の場合は、カロリーをコントロールして、飲酒を控えるなど、食生活を見直すことが大切です。中性脂肪が300を超えている方の食生活の見直し方を解説します。

カロリーコントロールする


まずカロリーの総量を減らすことが何よりも重要です。摂取カロリーから消費カロリーを引いて、余ったものが脂肪になってしまうと考えてください。そのため、摂取カロリーを減らせば、それだけ脂肪ができにくくなります。

摂取カロリーの基準は性別や年齢によって異なっています。20代の女性であれば2,000kcal程度が望ましいです。ただし、ダイエットをするならば、もう少しカロリーを低くしましょう。日常的に運動をしているかどうかも関係します。たとえばよく体を動かすならば、カロリーが多少高くても問題ありません。

大事なことは、自分にとって適切なカロリーを毎日維持して摂取することです。自分にとっての適切な摂取カロリーを見極めましょう。

飲酒は控えめにする

お酒を飲みすぎることは百害あって一利なしです。

1日あたりアルコールを20g以上摂取すると病気のリスクが高まると言われています。これはビールで中びん1本、ワイン2杯に相当します。控えめな飲酒を心がけてください。

ただし、お酒は体質が大きく影響してしまうでしょう。お酒が体質的に苦手な人は飲酒そのものを禁止するべきです。飲んだら赤くなる人は要注意。

パンや米などの炭水化物は控えめにする


炭水化物は糖質が豊富に含まれており、重要なエネルギー源となります。しかし、これを過剰に摂取するとあっという間に摂取カロリーは高くなるでしょう。よほど激しい運動をしない限りカロリーを消費しきれないため、中性脂肪がたくさん増えます。パンや米などはできるだけ控えめにしましょう。

中には子供の頃と変わらない量の炭水化物を摂取している方もいます。しかし、子供はカロリーをたくさん消費するため、それでも太らないのです。基本的に大人になったならば、炭水化物の量は減らすべきでしょう。

普段からできる!中性脂肪の対処法

運動量を上げたり、入浴をすることは大切です。高い中性脂肪の値への対処法を紹介します。

ひと駅手前から歩くなどして運動量を上げる

運動量を上げることができれば、消費カロリーを増やせるため、中性脂肪を減らしやすくなります。たとえば通勤する際にはひと駅手前で降りて、そこから歩くようにしましょう。20分以上歩くことになるならば、有酸素運動としてちょうど良いでしょう。

運動不足の方は意識しなければ、なかなか運動量が上がりません。通勤のように毎日するものに運動を取り入れると、カロリーを確実に消費できます。

エレベーターではなく階段を使う

オフィスやお店ではエレベーターやエスカレーターを使わないようにしましょう。階段の昇降運動というのは激しい運動であり、どんどんカロリーを消費できるのです。ずっと階段を使い続ければ、1日の中でかなりの運動をしたことになります。

階段の昇降は足の筋肉を鍛えるのに役立つでしょう。そうすれば基礎代謝を高めることができます。基礎代謝とは、何もしなくても消費されるカロリーのことです。これを高くすることができれば、中性脂肪は溜まりにくくなるでしょう。

入浴時は湯船に浸かり体を温める

シャワーだけで済ませるのではなくて、しっかりと入浴して体を温めることをおすすめします。体温を上昇させると汗をかき、新陳代謝が活発化します。そうすれば脂肪燃焼の効果が期待できるでしょう。

また、体を温めるとストレスを発散させることができます。ストレスが溜まっている方は中性脂肪が溜まりやすかったり、どか食いして摂取カロリーが増えたり、さらに中性脂肪の燃焼が阻害されたりすることもあります。お風呂に入ってストレス発散をするのはとても良いことです。

喫煙・肥満など他の要因があれば病院の受診を!


中性脂肪が高くて、なおかつ喫煙していたり、肥満になっている方は病気のリスクが高いです。すでに病気になっていても自覚していないというケースもあるので、こういう方は病院で専門的な検査を受けて、診断してもらいましょう。

まとめ

中性脂肪が300というのは異常な値となります。そのため病院に行ったり、食生活を見直したり、運動をしたりするなど早急に対処するべきでしょう。こちらで紹介した対処法を参考にして中性脂肪を減らしてください。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.