感動・泣き

仕事が不安で眠れないときに……おすすめの不安解消法と安眠対策

投稿日:

仕事には、何かと不安がつきものです。複雑な人間関係や生活がかかっていることなど、考え続けなければならない部分が少なくありません。それこそ、悩みによって眠れなくなるといったケースもあるでしょう。仕事の不安とは、どのように付き合っていけば良いのでしょうか。

今回は

  • 仕事の不安を解消するおすすめの方法9選
  • 仕事が不安で眠れない人におすすめの対処法6選

についてご紹介します。仕事が不安で眠れない方はぜひチェックしてみてください。

仕事の不安を解消するおすすめの方法

不安を感じながら仕事をしていても、日々の張りは感じられないでしょう。さらには業務でミスをしやすくなるなど、デメリットが少なくありません。以下の不安解消法を試して、自信を取り戻してみてください。

なぜ不安に思っているのかをノートに書き出して理解する

ノート 女性
漠然とした不安感にも、きっと理由はあるはずです。根源にある原因さえ分かれば、ピンポイントな対策が考えられるかもしれません。そのため、まずはノートなどに不安の原因を書き出してみましょう。自分の現状を知ること自体も、安心感に繋がります。

不安に感じている原因が把握できたらネットや本などで対処方法を確認する

インターネットの普及した近年においては、専門的な知識も手軽に調べられます。それこそ、不安の解消法も探せることでしょう。どのような原因で不安になっているのか分かっているなら、ピンポイントな検索も可能です。検索上位に表示される多くの人が役立てていそうな対処法は、きっと効果が期待できます。ネットで見つけられなければ、書籍を探す方法もあります。

職場の信頼できる人に相談する

職場での悩みが不安に繋がっているのであれば、同じ環境で働く人に相談すると良いでしょう。信頼できる先輩や上司なら、同じ状況に至った経験を活かして、的確なアドバイスをしてくれるかもしれません。ただ、人間関係で悩んでいるときは、相手を選ぶ際に注意しましょう。相談を言いふらされて、より一層事態が悪化するかもしれないためです。

自分が責任感のある人間だと褒める

不安になっているということは、職場内における物ごとを深く考えているとも言い換えられます。それはある種、普通の人が気にも留めないことを、自分だけ特別に抱え込んでいるとも考えられるでしょう。そのため、そんな苦労を自らねぎらってみてください。自分は責任感ある人間だからこそ悩んでいる、そう考えると、不安な気持ちもまたポジティブに思えるかもしれません。

退社したら仕事を忘れて趣味などをしっかりと楽しむ


大きな不安を抱えているときは、職場だけでなく退社してからもずっとそのことが頭に残りがちです。職場での悩みを起きている間、常に抱え込むというのは、大変なストレスでしょう。そのため、会社を一歩出たら気持ちを切り替えられるよう工夫してみてください。趣味に没頭する、食事にこだわる、良いお酒を飲むなどして、不安の種でなく今その瞬間を楽しむと良いでしょう。

しっかり休んで体調を整えるのも仕事と理解する

職場で不安を抱えがちな人は、責任感が大きいケースが少なくありません。ちゃんとしなければならないという意識が強いからこそ、仕事や人間関係、将来についてなど深く考えすぎてしまうのです。それだけに、自分の休息も度外視して考え込んでいるかもしれません。

しっかり休んでリフレッシュすることもまた、大事な仕事と捉えてください。事実、不安や体調不良を抱えていると、仕事のクオリティも下がってしまいます。休むことに罪悪感など覚えず、自分の体をいたわってください。

ヨガで心と体をリラックスさせる

不安な感情は、もちろん心の中で起こっています。そのため、メンタルのリフレッシュに効果的なヨガがおすすめです。瞑想や呼吸法を通して、心身のバランスを整えるのです。不安でたまらなかったことも、心を落ち着かせて余裕を持って見つめ直せば、案外大したことはないかもしれません。

毎日の半身浴でストレスをためない


終業後、定期的にヨガへ通うというのも、結構大変かもしれません。不安を感じるほどの忙しい時期であれば、なおさらです。その点、お風呂は家で気軽に実践できるリラックスタイムとなるでしょう。特に癒しの効果が期待できる半身浴をおこなって、ストレスを溜めないよう心がけてみてください。

スポーツジムなどで定期的に体を動かす

仕事が大変なときにスポーツというのは、あまり気乗りしないかもしれません。ですが、ぜひ時間を作ってスポーツジムなどに通ってみてください。思いっきり体を動かすことで、不安感の解消に繋げられるかもしれません。体も頭もすっきりさせて、次回出社時に備えましょう。

仕事が不安で眠れない人におすすめの対処法

睡眠不足は、眠りが浅いことにより疲れやすくなるだけでなく、不安感を一層強める要因ともなります。不安と睡眠不足が重なると、疲労の悪循環となってしまうのです。ですが、以下の方法を心がけることで、睡眠の面から不安を和らげられるかもしれません。ぜひご参考ください。

枕やベッドを自分に合ったものに買い替える

良質な睡眠をとる上で、寝具はぜひこだわるべきです。枕やベッドの質感ひとつで、変わってくるためです。デザインや快適性のみならず、良質な睡眠こそを目的としたタイプも少なくありません。人体の構造や医療の観点から研究された寝具なら、深刻な睡眠不足もきっと和らげられることでしょう。自己投資と思って、少し良いものを選んでみてはいかがでしょうか。

リラックスできるアロマを焚く


嗅覚からリラックスを演出する方法も、快眠を目指す上で効果的です。リラクゼーションに効果がありそうなアロマを選んで、寝室で焚いてみてください。あまり強すぎると眠りを妨げるかもしれないので、薄めに焚くぐらいでちょうど良いでしょう。適度な癒しの香りによるリラックス感で、深く眠れるかもしれません。

寝室を間接照明にする

こちらは、視覚に訴えかけるタイプの快眠法です。眠るときは、もちろん目を閉じています。ですが、眠りにつく前は時おり目を開けることもあるでしょう。また目を閉じている状態でも、何となく光は感じるものです。

おすすめは、やわらかな光を使った間接照明です。淡い光を効果的に配置することで、完全な暗闇状態以上に眠りやすくなるかもしれません。

ベッドに入る2時間以内にスマホやパソコンを使わない

近年の睡眠不足において特徴的なのが、スマホやパソコンが影響して眠れなくなるパターンです。強い光を眠る直前まで集中して見続けると、ブルーライトの影響で目がさえてしまい、寝付きにくくなってしまいます。それこそ、1件のメールチェック程度で濃いコーヒー2杯を飲んだときほどに脳が覚醒すると紹介されている場合もあるほどです。

ブルーライトによる睡眠不足は、一種の睡眠障害とさえいわれています。仕事の不安と睡眠障害が合わされば、ますます良質な眠りに就けなくなってしまうでしょう。ベッドに入る2時間以内は、操作しないよう心がけてください。

ベッドに入る2時間以内に激しい運動をしない

同じく脳を覚醒させる行動として、激しい運動が挙げられます。こちらは、ブルーライト以上にイメージしやすいでしょう。脳だけでなく、血流が促進され体温も高まるため、身体全体まで興奮状態となってしまいます。ベッドに入っても、なかなか落ち着くことができないでしょう。

睡眠前の運動としては、体力づくりの筋力トレーニングや、ダイエットのためのジョギングなどが挙げられます。運動もまた不安解消に効果的ですが、就寝2時間前には済ませておくようにしてください。

ベッドに入る3時間以内に食事をしない

食事については、スマホや運動以上に注意が必要です。それこそ、ベッドに入る3時間以上前に済ませるべきです。食事を摂ると、体は食べ物を消化するために活発に活動します。もちろん、本人が意識せずとも自動的におこなわれます。そのため、睡眠に就きたいと思っても、体が休もうとしないため、なかなか寝付けません。

そこで、最後に食事を摂ってから3時間は開けてから寝るようにしてください。体内の消化活動が落ち着いた状態で寝るため、スムーズに眠れます。そのためにも、残業は控えて早めに睡眠を意識した過ごし方をすることが重要となってきます。

まとめ

仕事に不安を抱えていると、睡眠まで浅くなってしまうかもしれません。睡眠が不十分だと、より精神は乱れやすくなるため、何とも悪循環です。上記で紹介している、不安解消の方法や快眠に適したコツを駆使して、健康な過ごし方を意識してみてください。仕事中はもちろん、1日通してすっきりとした気持ちで過ごせるようになるでしょう。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.