感動・泣き

仕事のプレッシャーを感じるのはなぜ?プレッシャーを軽減する方法とは

投稿日:

毎日のようにおこなう仕事でプレッシャーを感じると、ストレスが溜まりがちです。気分が乗らないのはもちろん、仕事のクオリティにも影響してくるでしょう。できれば、少ないプレッシャーのもと自分のペースで仕事をしたいものです。仕事でプレッシャーを感じる理由、そしてそんなプレッシャー軽減の秘訣について特集しました。マインドとアクション、2つの角度から工夫していきましょう。

今回は

  • 仕事のプレッシャーはなぜ感じるのか
  • 仕事のプレッシャーを軽減する方法:マインド編・アクション編

についてご紹介します。仕事のプレッシャーを軽減させたい方はぜひチェックしてみてください。

仕事のプレッシャーはなぜ感じる?

仕事にプレッシャーを感じている人は、比較的多いかもしれません。理由は、以下のように複数の理由が考えられるためです。そもそも、仕事にプレッシャーはつきものともいえるでしょう。

自分の実力以上の仕事を任されている


仕事が、かならずしも自分に合ったやりやすいものとは限りません。ときに、実力以上の力を発揮しなければいけないケースもあるでしょう。特に人前に出て話を披露しなければならない、企画のプレゼンはプレッシャーがかかるものとして有名です。慣れていなければ、大きな緊張を感じることでしょう。

やりたい仕事と任された仕事が全然違う

出来る出来ないにかかわらず、やりたい仕事でない場合も精神的な負担はかかりやすいです。一回や二回程度ならまだしも、やりたくない仕事を今後長期に渡り続けなければならないといった場合は、絶望感すら伴うでしょう。心の負担は、かなりのものです。

自己評価が低すぎる

あなたがプレッシャーを感じている仕事も、また別の人は苦にすることなく行えるかもしれません。その仕事にプレッシャーを感じるかどうかは、やる人次第だからです。その点、自己評価が低く自信のないタイプは、普通の人以上に悲観的になりやすいでしょう。

仕事を必要以上に大事にしている

仕事を大事に考え一生懸命取り組むことは、理想的といえるでしょう。ですが、必要以上に頑張り過ぎるとなれば、むしろ注意すべきです。責任感や使命感の大きさから、うまくやらなければならない、成果を上げなければならないといった具合に、自分を追い込んでしまうためです。

時間が足りていない

女性 時計 時間
繁忙時期の会社などでは、十分でない時間の中で与えられた仕事をこなすことも求められるかもしれません。無理を強いられているわけですから、やはりプレッシャーはかかりやすいです。焦りから、ミスもしてしまいやすくなります。

周りからプレッシャーをかけられている

仕事そのものでなく、人間関係の影響でプレッシャーが大きくなっているタイプです。先輩や上司から急かされてしまうと、気持ちも焦ってしまいがちでしょう。本当に会社のためであれば良いですが、嫌がらせのニュアンスまで含まれてくると一層しんどくなってきます。

仕事のプレッシャーを軽減する方法:マインド編

プレッシャーとは、心が受ける圧に他なりません。そのため、マインドのコントロールさえしっかりできていれば、どんな状況であってもプレッシャーを受けなくなります。完全に排除するのは難しいですが、以下を意識することで、軽減に繋げられるでしょう。

責任感を持ちすぎない

責任感が大事であると、学校の先生や親などから教えられてきたことでしょう。ですが、持ちすぎは良くありません。責任感を持ち過ぎてしまうと、すべての失敗が自分の責任のように感じてくるでしょう。何ごとも100%完璧に進むといったケースはほとんどありません。責任感は適度に持つよう、心がけてください。

完璧主義者にならない


こちらにも、前述で触れた何ごとも100%完璧に進むことはほとんどないという考えがしっくりきます。完璧主義者になると、少しでも物ごとがうまくいかないと、そのたびに心は負担を受けてしまいます。にもかかわらず100%を目指すことで、大きなプレッシャーに捉われてしまうのです。

周りの視線を気にしすぎない

周りの視線は、他人への印象や評価が関係してきます。印象良くいたい、評価され続けていたい、そんな思いに繋がってくるでしょう。常に期待に応えていたい、その気持ちもプレッシャーを生む原因となります。

真面目すぎない

世の中には、真面目でない人の方が圧倒的に多いです。表面で真面目をつくろっていても、どこかに不真面目な面をあわせ持っているものです。そうでなければ、常に気を張った状態で生きなければならず、メンタル維持が難しくなってしまいます。不真面目な部分は誰にもあるのだから、自分も気を張り過ぎなくていい。その程度に思っておきましょう。

失敗を必要以上に恐れない

プレッシャーを違う言葉で表したとき、失敗への恐れともいえるでしょう。失敗したくない、失敗してはいけない、そんな制約を心に作ることで、冷静さを欠いてしまうのです。失敗を過度に恐れる必要はありません。そもそも、周囲は100%完璧なあなたにそこまで期待していないかもしれないです。心にゆとりを持ちましょう。

仕事のプレッシャーを軽減する方法:アクション編

メンタルをコントロールしたいと思っても、実際なかなかうまくいかないものです。そもそも、それが完璧にできるならプレッシャーは感じないでしょう。ですが、アクションを伴ったプレッシャーの軽減であれば、誰もが実践しやすいです。実際の行動を通して、心のコントロールをおこないましょう。

転職に有利な資格を取り逃げ道を用意する


仕事でプレッシャーを感じているのは、その世界こそがすべてと思い込んでいるからかもしれません。そこで、転職に有利な資格取得を検討してみてください。それにより、逃げ道が用意できます。実際転職しなくても、逃げ道があるという事実だけでも心の支えとなります。

週末に趣味に没頭しストレスを発散する

プレッシャーは、ストレスにも似た存在でしょう。そのため、定期的なストレス発散も効果的な軽減方法となります。週末などの休みには、趣味や旅行、スポーツなどに没頭してみてください。日々のプレッシャーを忘れられるほどに楽しめたら、心がリセットでき、また翌週からフレッシュな気持ちで仕事に臨めるでしょう。

質の高い睡眠をしっかりと確保する

睡眠 女性

安定したメンタルを維持する上では、十分な睡眠が欠かせません。体だけでなく心も休める瞬間となるので、とれるだけとっておくべきなのです。寝る前はゆっくりお風呂に浸かる、スマホ操作は控える、良質な寝具を使うといった心がけで、良い眠りに就きやすくなります。

気持ちがポジティブになるような映画や漫画を見る

プレッシャーがのしかかっているのは、社会の現実ばかりに目がいっているからかもしれません。そこで、日常を忘れられるような非現実世界に没頭する方法が効果的です。お気に入りの映画や漫画を、楽しんでみてはいかがでしょう。ポジティブになれる内容であれば、なおおすすめです。

信頼できる人に相談する


プレッシャーが蓄積するのは、仕事や責任をひとりで背負い込もうとしているからこそ。その点、他人に相談することができれば、軽減に繋げられます。ただ、かならず信頼できる人を相手に選びましょう。弱みを握って足元をすくうような相手であれば、プレッシャーはより一層大きくなるばかりです。

部屋やデスク周りを掃除する

部屋の乱れは、心の乱れとも言い換えられます。デスク周りにも、同じことがいえるでしょう。乱雑な状態が日常的に目に入ることもまた、心を乱す要因となっているかもしれません。そのため、まず環境の整理整頓から始めてみてください。周囲がきれいになると同時に、心も落ち着く場合があります。

深く考えずにとにかく行動する

プレッシャーを軽減したい、悩みを解決したい、そう考えれば考えるほど、視野は狭まっていくものです。すると、心の余裕もなくなりますます焦りが募るといったところでしょう。そのため、あえて何も対策せず、とにかく行動を起こすという方法も有効です。状況はすぐに解決しないかもしれませんが、問題に突き進む中で、解決の糸口が見出せるかもしれません。

スポーツジムなどで身体を動かす

身体を動かすことは、効果的なリフレッシュとなります。運動して汗を流せば、血流がスムーズになり心身共に良好な状態へと近づくでしょう。また同時に、理想のスタイルに近づけるということもモチベーションを作ってくれます。

まとめ

プレッシャーをまったく感じずに生きるのは、容易でありません。ですが、だからといって常に大きなプレッシャーに晒されていては、心が窮屈でならないでしょう。上記で紹介した方法で、できる限りの軽減を目指してみてください。同じ仕事を続ける中でも、充実感が違ってくるはずです。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.