感動・泣き

将来が不安な人は多い?将来の不安をなくす方法とは

投稿日:

自分の将来がどうなっているか、詳しく知ることはまずできません。大まかに予想を立てたところで、かならずしもその通りにはいかないわけです。そのため、将来に不安を感じている人も少なくないでしょう。以下では、不安が生じる理由の代表例と、安心するための方法についてご紹介しています。将来への不安が大きいという人は、ぜひ注目してみてください。

今回は

  • 将来が不安と感じる理由
  • 将来の不安をなくすためにするといいこと10選

についてご紹介します。将来に不安を感じている方は、この記事でぜひ脱却のためのヒントを見つけてみてください。

将来が不安な人が増えている

実際に、将来に不安を感じている人は増える傾向にあるそうです。未来が分からないからだけでなく、時代や景気に伴う理由も影響しています。まずは、そんな将来に不安を感じている人の特徴について、知っていきましょう。

20~50代の男女の約8割が将来に不安を感じている


どれくらいの人が将来に不安を感じているのかを知る上で、公的機関による「日本の社会と労働組合に関する調査」にて統計された有効なデータがあります。小見出しの通り、近年は20~50代男女の約8割もの人が将来に不安を感じているそうです。

若者はもちろんのこと、すでに安定した生活を送っているであろう大人世代までもが不安というのは、少し意外な印象かもしれません。それだけ、将来に安心を得るのは難しい時代なのでしょう。

特に預貯金に不安を感じる人が多い

不安に感じる対象はさまざまでしょう。ですが、その中でも特に大きな割合を占めているのが預貯金となっています。若い世代から50代まで、年齢にかかわりなく不安を覚えているそうです。ですが不安の理由については年代によって異なっており、20代までは仕事の有無、30代以上は老後と、30歳頃を境に対象が変化してくるようです。

現実を直視して不安に感じる

若い人は、将来に大きな理想を描いているかもしれません。もちろん、年齢を重ねた人にもそのようなタイプはいることでしょう。ですが現実を考えると、そんな理想を掲げるのはなかなかに難しいです。そんな現実問題を直視したとき、人生への不安がふくらんでしまいがちです。

思い通りにいかないことへの不安

女性 不安
人生、うまくいかないことの方が多いのが実際のところです。もちろん、人によってさまざまかもしれませんが、100%思い通りに生きられているかどうかとなると、ほとんど該当しないでしょう。そんな生きることへの難しさを感じる瞬間もまた、不安が大きくなりやすいです。

将来が不安と感じる理由

なぜ、前項のような不安を覚えてしまうのでしょうか。将来に不安を感じると、現在の生活を心から楽しむことができません。そのため、不安があることで人生の豊かさを損ねるともいえるでしょう。不安を感じる理由について、ピックアップしました。

経済的な余裕がない

前述の通り、将来に不安を感じる大きな理由のひとつがお金に関する問題です。そのため、今現在経済的な余裕がない人は、将来が心配になりやすいです。将来はもっと稼げるようになっているのか、老後は大丈夫なのか、考え出すときりがありません。

人生におけるビジョンがない

人生は、行き当たりばったりだけでうまくいくようなものでもありません。若いうちからビジョンを立てて、計画的に生きることが重要となってきます。そのため、ビジョンがない人は将来の安定や成功を想像しにくいです。年代ごとにやるべきことを書き出して、大まかにでもイメージしておくと良いでしょう。

さまざまな面において安定がしていない

経済的な面だけでなく、その他においても安定していないとなると、不安は一層大きくなるでしょう。たとえば、仕事や恋愛、結婚などです。安定こそが安心といえるため、不安定な要素が複数合わさるとなると、不安もそれだけ大きくなります。

仕事については、現在安定しているとしても、いつリストラの波が押し寄せるかわからない時代でもあります。特に重要な面に感じられるでしょう。

人間関係がうまくいっていない

社会生活を送る上で、人間関係はとても重要です。一人の時間を好むタイプであっても、最低限の繋がりは欠かせません。そこへきて、ある程度年齢を重ねているにもかかわらず人間関係が不安定となれば、孤独な将来に至る可能性が出てくるでしょう。年齢を重ねれば重ねるほど、焦燥感は増すかもしれません。

日々の体調管理が出来ていない

上記までと比べると小さな原因に感じられるかもしれませんが、決してそうでもありません。将来を考える上で、体調管理はとても大切です。それこそ、健康への意識ひとつで寿命を縮める可能性もあります。50代ともなると、すでに体にはガタがきているかもしれません。幸せな老後が送れるよう、体調管理をしっかり意識すべきです。

将来の不安をなくすには!

将来の不安を極力少なくできれば、今現在に余裕が生まれて、あらゆることを楽しめるでしょう。上記の理由から生じる可能性がある将来の不安は、どのようにして取り除けば良いのでしょうか。不安解消に繋がる方法を、まとめました。

安定した収入を作る


簡単なことではありませんが、もし実現可能であれば、将来への不安は大きく解消されるでしょう。若いうちから安定した収入を作っておき、将来に備えるのです。

近年は副業を許可する企業も増えてきているので、昔以上に実践しやすいでしょう。インターネットの普及もあり、高度な知識がなくても始められるやり方も増えてきています。

しっかりとお金を貯めておく

収入が安定するだけでは、まだ将来に安心することはできないでしょう。せっかくお金を十分稼げても、すぐに散財するようであれば将来に残せません。結局、将来的にお金問題で困ってしまいます。若いうちから、コツコツと貯金しておきましょう。もし余力があれば、安定性のある投資資金にしても良いかもしれません。

保険加入をしっかりしておく

元気なうちは、自分が大病を患うことは想像しにくいでしょう。ですが、年齢を重ねると同時にリスクが高まるのも実際のところです。いざというときに備えて、保険加入はしっかりしておきましょう。病気関連だけでなく、事故や災害、資産に関する保険まで徹底できれば、なお安心です。

自分の健康をしっかり考える

食事
病気を保証してくれる保険も大事ですが、まずは病気になりにくいからだづくりが欠かせません。健康をしっかりと考えた、バランスのとれた生活を心がけましょう。食事や睡眠、栄養管理を徹底すれば、精神の安定にも繋げられます。これにより、不安感を和らげる効果も期待できるでしょう。日ごろから健康を意識しておいて、損はありません。

素敵なパートナーを見つけて結婚する

安定することにおける代表格のような存在が、結婚でしょう。将来的に結婚できるか分からない、そんな状況が長引いてしまっては、あらゆることに不安がつきまといます。それこそ、健康管理やいざというときのサポート、家族設計など多岐に渡ります。おいそれとできることでもありませんが、早めにしておくに越したことはないでしょう。

優先順位を整理する

理想の将来を目指すにおいて、何をしておけば良いのでしょうか。一度落ち着いて、考えてみてください。この項目で紹介している内容はもちろん、具体的な家庭事情や自分の置かれている状況も込みで振り返りましょう。そして、何から手を付けていくべきか、優先順位をつけていくのです。優先順位を整理できていれば、計画的に不安解消がおこなえます。

新しいチャレンジで刺激を取り入れてみる


こちらは、具体的な将来設計というより、今現在の不安感を和らげるコツといえます。目をそらすべきでないとはいえ、常に不安を感じ続けるというのもあまり理想的でありません。そのため、生活に新たなチャレンジを取り入れて、前向きな気分を作ってみてはいかがでしょう。そのチャレンジにより得られる成果もまた、将来設計に繋がるとなれば何よりでしょう。

とにかく行動してみること

不安解消する方法は、チャレンジすることだけに留まりません。どんなことでも構わないので、まずは行動してみることが大切です。何もせず悩んでばかりいても、何も解決しないでしょう。ですが、将来の安定を目指して少しでも行動を起こせば、考えや状況は変わっていくものです。将来を見据え行動しているという事実もまた、感覚的に安心感を与えてくれるでしょう。

あまり考えすぎないことも大事

前述で紹介している通り、近年将来に不安を感じている人の割合は、20~50代の約8割にも上るといわれています。ですが、だからといってこの多数派にならなければいけないわけでもありません。ときには、あまり深く考えていない残りの約2割になってみてはいかがでしょう。

つまり、適度に楽観視する瞬間を作るのです。不安に駆られ続けていた心も休まり、また再度、冷静な視点で将来を見つめ直せます。

幸せの基準は自分の手でコントロールする


そもそも、安定とは何でしょうか。多くの人は、世間一般的にいわれる安定の基準に合わせて考えているかもしれません。ですが、自分に合わない理想を掲げても、実現は困難です。幸せの基準は自分主体で考えて、身の丈に合った目標を設定するようにしましょう。

まとめ

近年、年代にかかわらず多くの人が将来に不安を感じています。お金の問題を中心に、健康や仕事、人間関係など、あらゆる部分の将来が保証されていないためです。ですが、だからといって不安な気持ちを抱え続けていては、人生の豊かさを狭めてしまいます。不安解消のコツを活かして、楽に将来と向き合えるよう意識してみてください。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.