感動・泣き

人間観察が趣味の人の心理!対処法も紹介します

投稿日:

人には趣味というものが必ず誰しもあるかと思いますが、なかなか面白い趣味の一つに人間観察という趣味を持っている人がいます。人がどの様な行動や言動を発するのかを観察する趣味だと思われますが、人間観察が趣味という人はどの様な心理なのでしょうか。

「趣味:人間観察」に対する世間の印象

人間観察が趣味と聞くと他の人はどの様な印象を思うのか考えたことはありませんか?身近に人間観察が趣味の人がいなければわからないかもしれませんが、近くに人間観察が趣味という人がいれば、その人のことを少し変わった人なのかな?と思ってしまう人もいるかも知れません。なかなか身近ではない趣味だからこそ、自分とはそりが合わないと思ってしまう人が多くいます。

マイナスイメージを持つ人は多い

ゴルフやゲーム、ドライブなどごく一般的に考えられる趣味とは違い、なかなか個性的に感じてしまう人間観察という趣味は決してプラスにとられることはなく、むしろマイナスイメージになってしまう人も多くいるかと思います。特にその様な趣味を包み隠さないで堂々と発言してくる人に対して警戒心を持ってしまう事は当たり前のことであり、自分の回りにいなかった趣味を持つ人が現れればマイナスイメージに感じてしまうことは仕方がない事です。

反感を持つのは自然な反応


人間観察が趣味と堂々と宣言した場合には、他の人から反感を受けてしまう可能性があります。自分としては全うな趣味だと思っているかもしれませんが、他の人から見れば異質な趣味と思われてしまう可能性も少なくありません。人間観察が趣味なのは問題ありませんが、他の人にその趣味を宣言するときには、その伝えた人に反感を持たれてしまう可能性は否定できませんし、宣言された人は反感を持ってしまっても不思議ではありません。

「人間観察が趣味」という人の心理

人間観察が趣味という人も多くいるかもしれませんが、人間観察が趣味ではない人から見れば何でそんな趣味何だろうと疑問を持った事のある人もいるかも知れません。しかし、人間観察が趣味な人にはそれ相応の理由があり、観察をしているのが楽しいがために行っています。人間観察が趣味ではない人から見れば、よくわからないかもしれませんが、人間観察が趣味な人の心理はどの様なものなのでしょうか。

相手を理解したい


人間観察が趣味な人は、相手をよく理解したいという理由もあります。人と会えば誰しもが交流を持とうとして、特に学校のクラス内や職場の同僚になれば交流を持とうとすることが当たり前です。人間観察が趣味な人は早くその人のことを理解したいが為に人間観察を趣味としている事もあります。

もちろん人間観察が趣味と聞くとあまりいい思いはしない人もいるかも知れませんが、自分達のことをしっかりと理解しようとしていると考えればそれほど不快な思いをしなくなるかと思います。

相手より優位に立ちたい

相手の行動をしっかりと観察して、どの様な事をすればいいのかと相手よりも優位に立ちたいが為に人間観察を趣味としている人もいます。観察をすれば相手が何をすれば喜ぶのか、何をすれば嫌がるのかをしっかりと見ることが出来るので、人間観察を趣味としている人もいます。観察されている方はいい思いをしないと思いますが、もし常に観察されているようであれば、注意してもいいでしょう。

個性的に見られたい


人間観察という趣味と聞いて、個性的な趣味だなぁと感じてしまう人も多くいると思いますが、その思惑通りに相手に個性的だと思われたいが為に人間観察を趣味としている人も多くいます。実際に人間観察が趣味だと言っていても本当にずっと観察をしている人はごく稀で、それほどずっとは人間観察をしている訳ではありません。もちろん本当に人間観察が趣味という人もいることは事実ですが、相手に個性的だと思われたく趣味を人間観察にしている人もいます。

観察力があると思われたい

観察という言葉を聞くと、ほとんどの人は思慮深いと考えると思います。人間観察を趣味と言っている人の中には、思慮深いまたは観察力があると思われたいが為に人間観察を趣味といっている人もいます。実際に人間観察をすればわかりますが、観察をしていればその観察対象の人の事がどんどん理解できるようになるため、観察力が大きく向上します。その為第三者から観察力が優れていると思われたい人は人間観察が趣味という人もいます。

無趣味なため、とりあえず言ってみた


人に言えるほどの趣味を持っていないので、何となく人間観察を趣味と他人に公言している人も少なくありません。人間観察以外の趣味の場合には、その趣味が他の人と同じ時にその趣味で話すこともあり得ますが、人間観察が趣味ならば他の人と趣味の事で話すことはほとんどあり得ませんので、自分が無趣味な為、人間観察が趣味と他の人に言っているケースも存在します。

人間観察に悪いイメージを持っていない

ほとんどの人が人間観察という趣味と聞くとあまりいい印象はないかもしれませんが、人間観察という趣味にそれほど悪い印象がないが為に人間観察を趣味としているケースも存在します。人間観察を趣味としている人から見れば、別に悪いことをしている訳ではありませんので、それほど悪い趣味ではないと考えている人もいます。

仕事で観察力が必要

仕事などで観察力が足りないが為に、人間観察を趣味としている人もいます。自分の上司など目上の人に好かれるためには、その人が何をやれば喜ぶのか怒るのかをしっかりと理解する必要があり、自分の上司の感情を理解できない人は、他のお客様の感情を理解することはほぼ出来ません。その様に仕事中の観察力を向上させるために、他の趣味から人間観察を趣味にして観察力を向上させようとする人もいます。

情報を得ることが好き


人間観察をしていれば、自ずとその人の様々な情報を手にいれることが出来るため、様々な人の情報を入手したいので人間観察が趣味という場合もあります。確かに様々な人の情報を多く入手出来れば、様々な場面で対処することが出来るようになるため間違ってはいませんが、その観察をされる側の人はずっと観察されているのはいい気分とは言えないため、人間観察を趣味にしていて、相手の情報を仕入れたい人は、相手に不快な思いをさせないように注意が必要です。

周囲が気になる

自分の評価がどの様になっているのか、周囲が気になってしまう人も、人間観察を趣味として相手からの評価を気にしているケースも考えられます。上部では誉めてくれていても裏では何を言われているか気になってしまう人も多くいるかと思いますが、その様にどの様な評価を受けているのだろうと不安な人は、相手の事を観察して、周囲の本当の評価を聞き出そうとしている場合もあります。

自分に自信が持てない


自分自身に自信が持てないため、相手に嫌われたくないが為に人間観察を趣味として相手に嫌われないようにしている人もいます。この様な人は基本的にナイーブな為、こちらがそれほど怒っていなくても、一度怒られただけでかなり落ち込んでしまう場合もあります。怒られたくないため、人間観察をして相手の逆鱗に触れないように観察をしている人もいます。

あえて印象を悪くして、他人と距離を取りたい

人間観察という趣味を公言して、わざと他人から距離を自ら取り出す人も少なからず存在します。人間観察は相手に迷惑をかけない限りは誰にも迷惑をかけない趣味と言えますが、やはり人間観察を趣味と堂々と言ってくる人は何となく警戒してしまうもの。それをわざと利用して他の人との交流を極力しないようにするために、人間観察を趣味と堂々と言ってくる人もいます。

人間観察が趣味の人への対処法

初対面の人に趣味の話になった時に人間観察と言われたら何となく警戒してしまう人もいるかと思います。しかし、その人と職場が一緒の場合には、それが理由で相手を辞めさせる事は出来ませんので、その人とうまく付き合っていかなければなりません。相手の趣味が人間観察という少し特殊な趣味の場合の対処法はあるのでしょうか。

相手がなぜ観察したがるかで対応が変わる


相手の趣味が人間観察の場合、その相手が何を観察しているのかを知れば、逆に相手が可愛く感じる様になるかもしれません。例えば自分に怒られないようにするために、逆鱗を観察していてこちらを立てるような人なら、例え趣味が人間観察でも不快な思いをする人はまずいないと思います。相手の趣味が人間観察だから距離を取るのではなく、相手が何を観察しているのか理解してあげることも大切です。

さりげなく相手を観察してみる

女性 友達

相手がこちらを観察してくるのであれば、逆にこちらも相手を観察してみてもいいかもしれません。人間観察を趣味としている人は少なくありませんが、それを堂々と公言する人はまだそれほど多くはありません。その為、逆に相手を観察してどんなことを観察しているのを見ているのも楽しいかもしれません。もちろんそれで自分の趣味が人間観察になってしまえば、逆にその人と仲良く出来るかも知れません。

気配りができる人なら仲良くするのも手


相手の趣味が人間観察とはいえ、その人が気配り上手で何事も物事を円滑に進めるために人間観察を趣味にしているのであれば、遠ざける必要性は全くなく、むしろ誰もがいてもらいたい人材だと思うはずです。人間観察という趣味に馴染みがない人は一歩引いてしまうかも知れませんが、相手が何を観察しているのかを理解してあげることも大切な事と言えるでしょう。

人を下に見るタイプなら距離を置きたい


相手の弱点や弱味を握るために人間観察を趣味としている人も必ずいます。その様な人は、相手よりも全ての面で優位に立ちたいと考えている場合が多く、一人その様な人がいると周りの雰囲気も悪くなってしまう可能性が高くなります。もし相手がその様な人種の場合には、その人からは距離を取るように心がけ、態度がひどくなっていくのであれば、上司など目上の人に相談をするのも対処法の一つになります。

まとめ

相手の趣味が人間観察とはいえ、その中でもいい人と悪い人は必ず存在します。いきなり人間観察という趣味を公言されたらビックリしてしまうかも知れませんが、相手をこちらからも観察して、どの様な人間なのかを理解した上で自分なりの付き合い方や対処をしていきましょう。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.