感動・泣き

一人っ子あるある11選!付き合うときの注意点も紹介します

投稿日:

兄弟のいない一人っ子の家庭も多くなっていますが、一人っ子で育った人との付き合い方は時に難しいと感じられることがあります。特に兄弟の多い家庭で育った人にとっては一人っ子の性格に戸惑ったりすることが多いものです。そのため、一人っ子の人と上手に付き合っていくためには、あらかじめその性格を知っておくことが大切です。そこで一人っ子の性格について説明してみたいと思います。また一人っ子と付き合うための上手な方法についても触れてみたいと思います。

一人っ子あるある11選


一人っ子の特徴として大らかであまり争いを好まないという点が挙げられます。兄弟がいないために喧嘩をした経験がなく、争いごとを好まないものです。この他にもいろんな特徴が見られるものです。一人っ子のことを知ることで、どのようにしたら上手に付き合っていけるのかよくわかることでしょう。ここで一人っ子あるあるについて説明したいと思います。

年上には好かれる

一人っ子で育った人は大人との関わりが多いため、自然と年上との接し方を上手に学習していくものです。そのため、年上の方にうまく好かれるための術を身に着け、自然と年上に好かれるようになります。社会人になってからも年上の方との付き合い方を知っているために、仕事上で年上と上手にやっていける点も一人っ子の特徴といえるでしょう。

同世代には嫌われやすい

一人っ子は同世代の人との関わりがあまりないため、うまく付き合っていくことが難しい場合が多くあります。一人っ子は争ったり我慢することがないため、マイペースで自分の欲求を満たそうとします。そのため同年代の人からは嫌われることもあるのです。これは社会人になってからも継続することが多く、一人っ子は同年代の人と接し方で苦労することがあります。

競争心がない


一人っ子は欲しいものはすべて自分だけのものにすることができる環境で生活をしてきました。そのため、競争する必要がなく、競争心を身に着けることなく大人になります。そのため、社会人になってからもマイペースで競争することを極力避けようとします。また競争をする場面では競争心がないため、負けても悔しいという感情をあまり持たないものです。

自分から行動しない

一人っ子は自分の欲求を満たしやすい環境で生活をしてきたため、欲しいものを自分から手にする必要がありませんでした。そのため、自分から積極的に欲しいものを取りに行く積極性が身に付きにくく、大人になっても自分から行動することがあまりありません。

わがまま

一人っ子は自分の欲しいものはすべて自分だけのものにできるため、わがままになりやすい傾向にあります。自分だけのものにならないと怒ることがあり、何とかして自分の要求を通そうとしがちです。それが叶わないとストレスになってしまうことがあります。ストレスを受けやすく、打たれ弱い点も一人っ子の性格であり、特徴といえるでしょう。

マイペース


一人っ子は競争する場面がなく生活を送ってきたために、マイペースな点が見られます。自分のペースで何事も取り組む傾向があるため、周囲の空気を読みながら行動をすることが苦手です。また流れが速い環境の中ではついていくことが難しく、後れをとってしまうこともあります。

喧嘩が嫌い

一人っ子は兄弟がいないため、喧嘩をすることがありません。そのため、どうやって喧嘩をしたらいいのかわからないものです。また喧嘩をすることを好まず、喧嘩になりそうな場面では何とかそれを避けようとします。時にはその場面から逃げてしまうこともあります。

甘えん坊

一人っ子は両親からの愛情をすべて受けて生活してきたため、わがままになりがちですし、甘えん坊な性格になる傾向があります。良心に甘えるのだけではなく、社会人になってからも周囲に甘えることも多いものです。特に年上から好かれる傾向にあるため、歳上には特に甘えることが多いといえます。

すぐ疲れたと言う

一人っ子は自分のペースで生活することができたため、周囲の速い流れについていくことができません。そのため持久力を鍛えることができず、何事に対してもすぐに疲れてしまう傾向が見られます。またすぐに疲れたという言葉を発しやすい性格ともいえます。長時間取り組むような仕事ではなかなか集中して行うことが難しいものです。

家族のことを大切にする


一人っ子は両親の愛情を多く受けてきたため、家族をとても大切にします。両親のことを常に心配し、結婚してからも両親とまめに連絡を取ったりすることが多いものです。結婚した相手はマザコンに見えてしまうことがありますが、マザコンというよりも家族のことを常に大切にする性格によるものといえます。

実家暮らし率が高い

一人っ子は両親に大切に育てられてきたために、両親とできるだけ一緒にいる時間を作りたいと思う傾向にあります。両親と離れて生活をすると不安になったり寂しくなったりするものです。そのため、実家で暮らす率が高い傾向にあります。実家で生活をすれば両親と一緒にいられるため、精神的にも安定するからだといえます。

一人っ子を口説き落とす方法

気になる相手がいて、その相手が一人っ子だった場合、なかなか口説き落とすことが難しい場合があります。特に兄弟がいる家庭で育ってきた方にとっては環境が違うため、難しく感じられることもあります。ただ口説き落とすためのテクニックを持っていれば、比較的スムーズに行動することができるものです。ここで一人っ子を口説き落とすための方法について説明したいと思います。

甘えさせてあげる

一人っ子は両親に甘えながら生活してきたため、社会人になってからも甘える傾向にあります。甘えさせてくれる相手なら安心するものです。そのため、一人っ子を口説き落とすために、本人が希望するだけ存分に甘えさせてあげるといいでしょう。そうすれば安心感を得ることができますし、信頼して心を開くようになります。

褒めてあげる

一人っ子は社会人になると周りの環境の早さに戸惑ったり、職場の同僚と競争をしたりすることも多くなるため、自信を失うことが多いものです。そんな時に、自分の価値を認めてくれる相手がいると安心感を抱きますし、自信を取り戻すことができます。一人っ子を口説き落とすために、常に褒めてあげるようにしてみてください。そうすれば相手に対して安心感を抱き、徐々に心を開くようになります。

相手のペースに合わせる努力をする

一人っ子は自分のペースで生活することを好むために、相手のペースに合わせることをとても苦手としています。特に急がせる相手に対しては苦手意識が強いものです。そのため、相手のペースに合わせてあげるようにすると、一人っ子は安心しますし、信頼感も持つようになります。

一人っ子と付き合う注意点

好きな相手が一人っ子だった場合、うまく付き合っていくために注意しておきたい点を知っておく必要があります。それを知った上で付き合えば戸惑うこともありませんし、上手に対処することができます。ここでその注意点について説明したいと思います。

相手はもちろんその家族とも友好関係を築く

一人っ子は両親のことをとても大切にします。そのため、付き合っている相手がいても両親を大切にすることは変わらないものです。一人っ子と付き合う時には、その人の両親ともうまくやってくことが必要です。そうすれば相手は信頼感を抱きますし、継続して付き合っていきたいと思うものです。

どこか出掛けたら相手のご両親へのお土産を忘れない

一人っ子と一緒にどこか出かけた時に相手の両親へのお土産のことを話してみてください。自分の両親のことを大切に考えていてくれていると思ってより信頼感を持ってくれるものです。旅行などに出かけた際には相手の両親へのお土産を常に購入するようにしてみてください。

基本的に泊まりで旅行しない

一人っ子は両親との時間も大切にするものです。またマイペースなために自分の時間も大切にします。泊りでの旅行では両親と会ったり話す時間が少なくなりますし、自分のペースで行動できなくなるためストレスを感じます。そのため、基本的には泊りの旅行はしないことが大切です。

まとめ

一人っ子の性格はつかみにくいところもありますし、戸惑うこともあるものです。しかしあらかじめ一人っ子の性格を知っていれば、スムーズに接することができるものです。また一人っ子とも上手に付き合っていけるものです。特に結婚を意識した相手の場合、一人っ子の性格をしっかり知った上で付き合うことが大切です。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.