感動・泣き

O脚を改善する歩き方講座!歩き方を変えて美脚を手にいれよう

投稿日:

O脚に悩まされている方はたくさんいるでしょう。そのような方がO脚を改善するための歩き方について教えましょう。歩き方を変えることによって美脚になれるのです。

O脚で歩き続けることで起こるデメリット

O脚の状態で歩き続けてしまうとさまざまなデメリットが存在しています。具体的にどういったデメリットがあるのかを説明しましょう。

外反母趾や浮き指の原因になる


O脚は外反母趾になってしまうリスクを高めてしまいます。もし外反母趾になってしまうと履きたい靴を履けなくなってしまうでしょう。ヒールやパンプスを履いているときにつらくなってしまいます。がに股になってしまう可能性もあります。治すのにとても苦労してしまうでしょう。また、O脚によって浮指になってしまう方もいます。こちらは下半身を太らせてしまう原因となってしまうため、女性にとってはつらいことでしょう。

疲れやすく長い距離を歩けない

実はO脚の方は普通の人よりも歩いていて疲れやすいということが分かっています。あなたが歩いていてすぐに疲れてしまうのであれば、それはO脚が原因となっているかもしれません。普通の人の3倍疲れやすいという研究結果もあると言われています。O脚になることによって、さまざまな不調が出てしまうのです。足の外側の筋肉にばかり負担がかかってしまいます。それなのに内側には筋肉に力が入らなくなり、バランスが悪くなってしまうため疲れやすいのです。

靴がすぐにすり減りやすい

O脚の方は歩いているとどんどん靴がすり減ってしまうでしょう。靴がすり減りやすいのは大きなデメリットといえるでしょう。普通の人と比較するとすぐに靴が駄目になってしまうのです。せっかくお気に入りの靴があったとしても、それがあっという間にすり減ってしまうため、それを買い替えたり、修理するのにかなりお金がかかってしまうでしょう。O脚の人は経済的に損をしてしまうのです。

O脚を改善する正しい歩き方とは?

O脚の人が、その状態を改善するためには歩き方を見直すことが大切です。こちらではO脚を改善するための歩き方について教えましょう。

①体の重心はやや前にする

O脚の方はまず重心を意識するようにしましょう。O脚の方はがに股になっていることが多いです。また、重心が後ろよりになっていることがあります。これをやや前にするのです。そうすると足の内側の筋肉を使うようになります。そのため、自然とO脚を改善しようとする作用が働くのです。重心というのは歩くときに常に意識しておくべきです。そうしないとこれまでの悪い習慣を変えることができません。

②膝をいつもより1~2cm高く上げる

歩く際には普段よりも膝を少し高く上げるようにしましょう。だいたい1cmから2cm程度は高く上げるようにするのです。そうすることを意識すれば、自然とO脚を改善できることが期待できます。膝を高く上げることによって、足の内側と外側のバランスを取ることができます。これまでは外側の筋肉のみを用いていたためにバランスが悪かったのです。そのような状態を改善させることができます。

③膝は緩める

歩くときには膝は緩めるようにしてください。膝をがちっと固めてしまうべきではありません。緩めることによって、きちんと筋肉を使って歩くという習慣を作ることができるのです。膝を固めて歩く方というのは骨に頼っていることになります。これでは膝へどんどん負担を与えていくことにもなるため気を付けましょう。膝を楽にすることによって、O脚の改善だけではなくて、膝の負担を軽減することにもつながるのです。

④足裏全体で着地する


O脚の方は歩いているときにかかとから着地していることが多いでしょう。これを足裏全体で着地するように意識してください。そうすることによって、地面からの衝撃は膝より下でしっかりと吸収できるようになります。これによって足への負担を軽減することができます。かかとから着地するやり方ではO脚になりやすくなるため注意しましょう。

正しく歩くために!歩く前のストレッチ

これから正しい方法で歩きたいならば、歩く前にしっかりとストレッチをすることも大切です。こちらでは歩く前のストレッチの方法について教えましょう。

ひざ締め屈伸運動

こちらはけがの予防にもなるためおすすめできます。こちらのストレッチをすることによって、O脚を改善するための内側の筋肉を鍛えることができるでしょう。こちらはひざをきちんと締めるようにして屈伸運動をするというものです。O脚の方はひざがくっついていないです。これをくっつけて、さらに屈伸運動をすることによって、しっかりと内側の筋肉を使うことができるでしょう。

座ったままでもストレッチ

こちらのストレッチをするとO脚の改善につながるでしょう。椅子に座った状態で行うことができます。足を組んだ状態で上になった足のつま先を上下に動かすだけでよいのです。これを両方の足で行うとよいでしょう。これだけでもO脚改善のための筋肉を鍛えることができるのです。普段から簡単にできる方法となっています。こちらのストレッチをしてから歩くとよいでしょう。

O脚を改善するためには、毎日の努力が大切です。筋肉を鍛えてバランスが取れれば、O脚を改善して、普通の状態に戻すことができるのです。

O脚が気になるなら靴にもこだわる

O脚が気になっている方は靴にもこだわるべきでしょう。自分に合った靴を利用するべきなのです。また、O脚を改善したいならば、そのための靴を選ぶべきです。こちらでは靴にこだわる際のポイントを教えましょう。

ベストはクッション性が高いスニーカー

O脚を改善したいならば歩くことが大切です。その際にはスニーカーを利用するべきでしょう。また、そのスニーカーはクッション性の高いものを選びましょう。歩く際にはクッション性に優れているもののほうが足への負担を軽減することができるのです。足に負担をかけてしまうと、O脚を改善するどころではなくなってしまうでしょう。O脚の方というのは足に負担を与えやすくなっています。そのため、普通のスニーカーではさまざまな部分に負担を与えてしまい、怪我をしてしまう可能性もあるのです。足を守るためのスニーカーを選びましょう。

O脚の方が普通のスニーカーを用いてしまうと、足に変な筋肉がついてしまう可能性もあるのです。そのため、クッション性の高いものを用いて、筋肉の刺激に偏りが生じないようにしましょう。

ヒールを履くなら太めで安定感のあるヒールを選ぶ

もしヒールを履きたいならば、太目であり安定感のあるものをおすすめします。O脚というのはどうしても足が短く見えてしまいます。そのため、足を長く見せるためにヒールの高い靴を履きたいという方が多いでしょう。しかし、それだと安定感がなくなってしまいます。そこでヒールは太めのものを選んで、できるだけ安定感を持たせるようにしましょう。そうすれば、安心して歩くことができます。

また、つま先部分にも高さのあるものを利用しましょう。こうすることによって、足にあまり急な角度がつかないようにできます。このようなヒールであれば歩きやすくなるでしょう。安定性が悪いと危ないです。

O脚用のインソールで調整するのもアリ

O脚の方のためのインソールというものがあります。こちらを用いて調整をすることによって、O脚の方に合った靴を用意できるでしょう。O脚を矯正するためのインソールもあり、こちらは外側を高くするようになっています。O脚の方は膝が外のほうへ広がっていて、これをインソールによって、内側に寄せることができるのです。そうすることによって、正しい姿勢で歩けるようになるでしょう。

もちろん、O脚のためのインソールだけで必ずO脚を治せるというわけではありません。歩き方を工夫したり、自分に合った靴を探す努力もしましょう。また、自分に合ったインソールをオーダーメイドするという方法もあります。これならばより正確にO脚の矯正ができるインソールを用意することができるでしょう。

まとめ

O脚を改善することはとても大切です。そのまま放置してしまうといろいろなデメリットが存在しているからです。歩き方を変えるだけでもどんどんO脚を矯正していくことができるのです。O脚を改善させて美脚になりましょう。姿勢はやや前傾になって、足は全体で着地するようにして、膝は緩めるようにして歩きましょう。また、自分に合った靴を履いてください。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.