感動・泣き

睡眠導入剤の効果と種類!服用時のリスクも紹介します

投稿日:

睡眠に悩みを抱えている方が睡眠導入剤を使っているケースがあります。これにはさまざまな効果があり、いろいろな種類のものが出ています。こちらでは睡眠導入剤について知っておくべきことを説明しましょう。

睡眠導入剤とはどんな薬なの?

そもそも睡眠導入剤とは一体どのような薬なのでしょうか。この薬について説明しましょう。

心をリラックスさせる薬


睡眠導入剤にはいろいろな種類があるのですが、基本的には人間の心をリラックスさせる薬だと考えておけば良いでしょう。精神的に不安な方というのはなかなか寝つくことができなくなってしまいます。眠りが浅くなってしまったり、不眠に悩まされている方もいるでしょう。そのような方の心をリラックスさせる効果があるのが睡眠導入剤なのです。

神経伝達物質の働きをコントロールする

人間の睡眠は神経伝達物質と関係しています。神経伝達物質の働きが悪くなっていると、なかなか寝つくことができなかったり、睡眠の質が悪くなってしまうでしょう。睡眠導入剤は直接神経伝達物質に働きかけることができるのです。たとえば神経伝達物質の受容体を刺激して、それによって睡眠を引き起こすという薬もあります。

睡眠導入剤は医師の処方が必要

睡眠導入剤というのは薬です。そのため、こちらを用いる際には医師の処方が必要となります。どのようなタイプであっても、睡眠導入剤であればそれを飲む際にはリスクが存在しているのです。薬の飲み方を間違えてしまうだけでも大きなリスクが発生してしまいます。きちんと用法や用量を守らなければいけないのです。医師の指示にしたがって飲む必要があります。

睡眠導入剤の種類

睡眠導入剤にはいろいろな種類があります。その種類分けの方法は半減期を用いることが多いです。半減期による分類が実施されています。どのような種類があるのか紹介しましょう。

半減期(作用時間)による分類が行われる


睡眠導入剤はどのくらいの時間作用するのかが重要となります。それが半減期といいます。半減期というのは血中の濃度が半分になるまでにかかる時間のことです。これが長い場合には、薬がより長く体内に存在することになるため、長時間強い効果を発揮することになるでしょう。半減期は薬によってかなり異なっています。

超短時間型:半減期が2~4時間(一過性の不眠対策)

こちらは一過性の不眠に悩まされている方のために使われます。たとえば夜になかなか寝つくことができない方や寝つきが悪いという方はこちらの薬を使うと良いでしょう。効果の時間が短くなっているため、寝ている間に薬の効果が和らいでいきます。そのため、目覚めが良くなるという特徴があるのが超短時間型の特徴となっています。

短時間型:半減期が6~12時間(一過性の不眠対策)

こちらは超短期型と比べると効果の時間が長くなっています。それでも、こちらのタイプの基本的に一過性の不眠対策として用いられることが多いです。こちらは6時間から12時間程度作用してしまうでしょう。そのため、目覚めが悪くなってしまう可能性もあります。超短時間型でも効果がない場合にはこちらを用いると良いでしょう。

中時間型:半減期が12~24時間(慢性的な不眠)


こちらは半減期が12時間から24時間となっているため、作用する時間が長くなります。寝ても途中ですぐに目が覚めてしまったり、一度目が覚めると再び寝つくことができなくなる方におすすめです。短時間型を使っても効き目が弱いときにはこちらが選択されることが多いでしょう。

長時間型:半減期が24時間以上(慢性的な不眠)

こちらは半減期が24時間以上となっているため、かなり効き目の強い薬といえるでしょう。他の薬では効果がない場合にはこちらが用いられるでしょう。慢性的に不眠を抱えている方のための薬となっています。副作用も強くなってしまうため、服用には十分注意が必要です。

睡眠導入剤を服用するポイント

睡眠導入剤を服用する際には気をつけておかなければいけないポイントがたくさんあります。どのような点に注意するべきなのかを教えましょう。

医師から指示された用法・用量を守る


医師から処方してもらわないと睡眠導入剤を用いることはできません。こちらの薬を用いる際には用法や用量を守るようにしましょう。どのようなタイミングでどのくらいの量を乗るべきなのか、細かくルールが定められているのです。

服用後はすぐにベッドに入る

基本的に睡眠導入剤はすぐに効果が出てしまうものです。薬を服用してから15分から30分程度でもう効果が出てくるでしょう。そのため、基本的に寝る直前に飲むべきです。こちらの薬を飲んだのであれば、すぐにベッドに入るようにしましょう。そうすれば薬の効き目によって寝ることができます。

お酒と一緒に飲まない

酒癖悪い女と思われてない?特徴や行動まとめ

睡眠導入剤に限らないことですが、薬と酒を一緒に飲むべきではありません。お酒を飲むことによって薬の効き目が増幅されてしまう可能性があります。これはとてもリスクのあることです。かなり危険な行為のため、薬と酒を一緒に飲まないようにしましょう。

自己判断で服用を判断しない

唇が日焼けしてしまった時のNG行為
薬の服用についてはすべての判断は医師に頼るべきです。自己判断で服用の仕方を変えてはいけないのです。途中でやめてしまったり、量を増やしてしまったりしてはいけません。そのようなことをしてしまってもリスクが高まるだけなのです。

症状に合わせて睡眠導入剤を選ぶ

睡眠導入剤にはいろいろな種類が存在しています。そして、不眠に悩まされている方の症状はそれぞれ異なっています。それぞれの症状に合った薬が存在しているため、正しく薬を選ぶことが大切です。症状に合わせてどの睡眠導入剤を選ぶべきなのかは医師が考えてくれるでしょう。

睡眠導入剤のリスク

睡眠導入剤にはさまざまなリスクがあることを知っておきましょう。こちらでは具体的にどういったリスクがあるのかを教えます。

翌日に眠気が残る


睡眠導入剤を飲むことによって、確かにぐっすりと寝ることができるのですが、薬はすぐに体内から消えてなくなるわけではありません。特に半減期の長い薬の場合は起きた後もずっと体内に薬の成分が残ってしまうことも少なくないでしょう。この場合は、翌日になっても眠気が残ったままとなってしまうことも珍しくないのです。起きた後も眠気が残ってしまうと支障が出てしまうでしょう。仕事に集中できなかったり、車の運転にも問題が生じてしまう可能性があります。

睡眠導入剤に依存する

薬というのはどのような種類であれ依存してしまう可能性があります。薬を飲むことによって症状が改善されたのであれば、それに頼るようになってしまうでしょう。精神的にも薬に依存するようになり、薬を飲まないと安心できなくなってしまうこともあるのです。睡眠導入剤に依存している方はたくさんいるため注意しましょう。薬がなければどうしようもなくなってしまうのです。

寝るときの記憶がない

睡眠導入剤を飲んでいる方というのは、寝るときの記憶がなくなってしまうことがあります。普通に寝ているときとは異なっているのです。眠りに入る前の記憶がなくなってしまうため、記憶が曖昧な部分が生じてしまいます。こちらは副作用として知られています。服用後の記憶がない健忘になっている方はたくさんいるため気をつけましょう。薬を飲んだあとはすぐにベッドの中に入るべきです。症状が酷い場合には医師に相談するべきでしょう。

まとめ

睡眠導入財というのは確かに便利なものです。さまざまな効果を期待することができるでしょう。夜にぐっすりと眠れるようになります。ベッドに入ればすぐに寝つくことができます。しかし、薬というのは副作用があるものです。睡眠導入剤を飲むことによって、さまざまな弊害が出てしまうことがあります。これから睡眠導入剤を飲みたい方は、いろいろなリスクがあることをきちんと理解しておきましょう。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.