感動・泣き

不幸自慢する人の心理と不幸自慢はやめたほうが良い理由

投稿日:

友達付き合いが多い人であれば、そのなかにいつも不幸自慢をする人がいるのではないでしょうか。また、自分では全く意識していないのに、不幸自慢している場合もあるでしょう。不幸自慢している人には悪気はないものの、それを繰り返し聞かされる周囲の人間は嫌気がさしてしまうものです。大切な友達を失わないためにも、不幸自慢する人の心理や不幸自慢はやめたほうが良い理由を理解しておきましょう。

不幸自慢する人の心理とは


不幸な話をしている人に対しては、周囲も優しく同情の気持ちをもって接し親身になって話を聞くものです。不幸自慢する人はその心理を逆手にとって、不幸を自慢することによって周囲の関心を集め、自分が話題の中心になろうとしていると考えられます。本当に不幸な話で道場して欲しいわけではなく、不幸な話で自分に構ってもらえることを目的に不幸自慢をするのでしょう。

自分が中心!注目を浴びたい

不幸自慢する人は日頃の自分の生活や仕事の話では周囲に関心を持ってもらえないことを理解しており、悔しいと思っています。何とか自分が話題の中心となり、皆の注目を浴びたいという一心で不幸自慢をするのでしょう。面白い話、明るい話では太刀打ちできないので不幸話で1番を取りたいという心理も働いており、異性間で関心をひきたい場合にもあえて不幸自慢で勝負しようとする人もいます。

不幸とみせかけてその裏に自慢したい事がある

不幸自慢する人には、自分は人が経験したことがないような不幸なできごとを体験したことの自慢とともにそれを乗り越える力を備えているできる人間であるということを自慢したいという心理がみられます。話を少しだけ聞くと不幸な話と同情しそうになりますが、そのうちに本題はそれを乗り越えたすごい自分がここにいるということを自慢したいだけであることに気づくことでしょう。ちょっと失敗してへこんでいる人に対しても、自分はもっと不幸でそれを乗り越えたという自慢話をしてしまいます。

不幸な中でも頑張っていると周囲に認めてもらいたい

不幸な生い立ちや不幸な出来事は誰にでもあるものではなく、また、乗り越えられるものでもありません。不幸自慢をする人は、こんなに不幸があったのにそれを乗り越えて今の自分がいることを伝え、自分がいかに頑張っているすごい人か、できる人なのかということを周囲に認めてもらいたいという心理が働いています。普通なら逆境を乗り越えて頑張った人はそれを表に出さないからこそ美談になりますが、そうではないところが不幸自慢の人といえるでしょう。

不幸自慢する人ってどうしてほしいの?


人に嫌がられても不幸自慢を続ける人は、何を目的に不幸な話をし続けるのでしょうか。不幸自慢という言葉からもわかるように、本当に不幸なことがあってショックを受けていて心から慰めて欲しいというわけではなく、話を聞いてくれる人の関心を集めて自分が悲劇のヒロインになりたいだけなのかもしれません。不幸自慢する人の本心にはどんな心理が隠されているのでしょうか。

本当は同情してほしいわけではない

不幸自慢をする人は、心から同情されて慰めて欲しいと本気で思っているわけではありません。不幸な自分が皆の中心にいて目立つことに満足しているため、自分でも本当は不幸ではないことも理解しているのです。自分の話に関心をもってもらうことで話題の中心となり、注目されることで満足するという不可思議な心理が働いているのでしょう。したがって、本心から同情されるとかえってシラケてしまうこともあります。

すごい体験をした人だと尊敬してほしい

不幸自慢をする人は、ほかの人が誰も経験していないような不幸なできごとに遭遇したことをまず自慢したがるという傾向があります。滅多にない不幸を自分の努力で乗り越えてきた努力と能力が自分にあることをおおっぴらにアピールすることが好きです。「すごいね」「頑張ったね」と褒めてもらいたい、人間として尊敬してもらいたいという強い気持ちが表れています。自分はほかの人とは違う、特別だと認めて欲しいのでしょう。

構ってほしい・寂しいので話を聞いてほしい

不幸自慢する人は基本的に寂しがりやで、話を誰かに聞いてもらいたい、関心を持ってもらいたい、構って欲しいという願望が強いといえます。冗談や盛り上がる話は一時的には話題になりますが、すぐに忘れられます。しかし、自分が体験した不幸な話なら親身になって長い間関心をもって聞いてくれると考えているので、不幸自慢をするのでしょう。関心を持って欲しいために不幸話を脚色することも少なくありません。

不幸自慢はやめた方がいい!その理由は?


一般常識のある方であれば、不幸話を自慢するように何回もすることは人を不愉快にするということが理解できるでしょう。しかし、自分のことだけしか見えていない利己的な人はなかなか不幸自慢をされる側の人間の気持ちを理解することができません。自分に構って欲しいだけでという理由で不幸自慢する人もいるでしょうが、それによって得られるメリットはほとんどなく逆に友達が減り、自分を追い詰めていくというデメリットが目立つようになります。

同じような人しか周りに集まらなくなる

はじめは不幸自慢に耳を傾けてくれる人がいても何度も繰り返されればそのうち離れていきます。ふと気が付いたら自分と同じように不幸自慢をする人ばかりの集まりに身を置いているということになるでしょう。不幸自慢の人は基本的に自分が不幸話をして関心を示してくれたり、親身に慰めてくれたりする人を求めているので、同じ類の集まりでは満足できません。また、新たなターゲットを探すことになるでしょうがそれもいつまでもつづくものではないでしょう。

うっとうしがられるので友達が減る

本当に不幸な話であれば親身になって話を聞いてくれる人もいるでしょうが、それほど不幸でもない話をおオーバーにしていかに自分が不幸せかということだけを強調するのであれば、話を聞かされる友達はうっとうしいだけです。何度も繰り返されれば誰でも嫌になり距離を置こうとして当然でしょう。そのうち、誰からも相手にされなくなり、やっとそこで友達がいないということに気づくのでしょう。

不幸なことにプライドを持つ負の連鎖に陥る

普通の人なら自分が頑張った仕事や成就した恋愛など、良いことに対してプライドを持つものです。しかし、不幸自慢の人は、誰よりも不幸であることを自慢することによって満たされます。誰よりも不幸であることにプライドを持っているため、次から次に不幸を探すようになり、負の連鎖に陥ってしまいます。最初は不幸自慢がしたいだけたったのに、徐々に本当に不幸しか招かなくなってしまうことにもなるでしょう。

不幸自慢がうざったいときの対処法3選

数回程度の不幸自慢であれば、真剣に話を聞きながら相槌やアドバイスをすることもできるでしょうが、それが日常茶飯事になれば、聞く方もたまったものではありません。相手は不幸自慢を聞いてくれる相手とみているので容赦なく何度でも不幸話をしてきます。仲の良い友達であるからこそ、一度ぐらいは不幸自慢に迷惑しているという態度を示すことが大切ではないでしょうか。

不幸ではないと指摘する

不幸自慢の人は、決まってそれほど不幸とは思えなない話を延々と続けます。話の内容云々というよりも、「不幸で寂しい私に構って」が本音であるため、相手が嫌がっていることなど気にせずに自分のことばかり話し続けることでしょう。「世界で一番かわいそうなのは私」と話をしてくるのであれば、「それって全然不幸なことじゃない。本当に不幸な人はもっとたくさんいる。」とバッサリ切ってしまうことも大事なのではないでしょうか。

関心がなさそうにスルーする

不幸自慢の常連さんが不幸話をいつも聞いてくれると思っているのであれば、思い切りスルーしてみるのも1つの方法です。無表情で気のない相槌ばかり打っていれば、「この人に不幸自慢してもつまらない」と不幸話を聞く対象から外れることもあるでしょう。また、適当に話を聞き流して「本当に話聞いてる?」と聞かれたら「ごめん。あまり関心ないので」とはっきり言ってもいいでしょう。不幸話をするやりがいがなくなれば自然としなくなるものです。

思い切って不幸話はやめてと伝える

本当の不幸な話ではないこと、ただ自分が不幸であることを自慢して構ってもらいたいだけあるということがわかっていても、頻繁に不幸話をされると聞いている方まで気が滅入り気分が壊されます。話を聞いているだけでもストレスが蓄積されていくことでしょう。しかも、不幸自慢をする人は相手がそのような不快な状況になっていることを理解しようともしません。そんなときは、思い切って「不幸話はやめて」とはっきりと伝えることも大切です。

まとめ

いつも不幸な話をして友達に構って欲しいアピールをする人がいます。不幸自慢は、本当に不幸なことがあって心から落ち込んでいるのではなく、不幸が訪れた自分の境遇や逆境を乗り越えた自分を自慢することを目的としています。話題の中心にいたいだけなので、あまりしつこく不幸話をし続けると周囲の友達がいなくなってしまうでしょう。聞き手側の立場としては、本当は不幸ではないこと、不幸自慢にはうんざりしていることをはっきりと伝えることも大切です。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.