感動・泣き

主流の略式結納って?当日の流れと準備する物

投稿日:

家庭によっては正式結納を行うところもありますが、近年は略式結納が主流となっています。その理由として正式結納よりかしこまっていないということもありますが、仲人に対して大きな負担をかけたくないという思いからも来ているようです。

そもそも略式結納って?


略式結納とは、その名の通り結納を略式にしたものです。正式結納の場合は、仲人がお互いの家を行き来して結納品を受け取るなど意外と手間がかかってしまいます。その点、略式結納はホテルや料亭などで両家が集まって行うため、時間の都合をつけやすいというメリットもあるようです。

正式結納より略式結納が最近の主流

以前は正式結納の方が多かったのですが、最近は略式結納が主流になっています。新郎新婦の両親も時間を作ることが出来ない場合が多くなっています。特に新郎新婦が若い世代であればあるほど、両親も仕事の都合で時価が作れず、結納自体が延び延びになってしまうこともあります。

しかし、略式結納の場合はホテルや料亭で行われることが多いので時間もかからず、都合をつけやすいのです。そのため両家のことを考えて正式結納ではなく略式結納にするケースが増えています。

お店または新婦の自宅で行う結納

最近はホテルや料亭などで略式結納を行うのが主流ですが、以前は新婦の自宅で行うこともあったようです。しかし、料理などの問題から新婦の自宅で行うよりは近くのホテルや料亭で略式結納を行った方が負担もないため、自宅ではなく店舗で行うようになったようです。

仲人を立てずに両家が顔合わせする

略式結納は仲人ありでも行えますが、基本的には仲人なしで行うのが主流となっています。その理由として、やはり仲人を頼むとなれば頼まれた人に負担がかかります。そういった負担を減らすために略式結納にしているのですから、あえて仲人を頼まなくてもいいだろうという考えが浸透しているようです。

略式結納の流れ

略式結納と言っても、やはり順序立てて行う必要があり、こういった儀式に不慣れな人は堅苦しく感じてしまうでしょう。こちらでは、略式結納の流れについて紹介します。

1.結納品を飾りつけして両家が着席

始まりとしては、結納品の飾りつけをしてから両家が着席をします。ちなみに結納品の飾りつけは和室なら床の間かその前、洋間ならテーブルの上に飾りつけましょう。

入室順も先に新郎側が部屋に入って飾りつけをした後に着席をして、続いて新婦側が入室して飾りつけをして着席をするのです。

2.新郎父が結納開始の挨拶

仲人がいない場合は、新郎の父が結納式のはじまりの挨拶をします。しかし、新郎側の父と言っても進行の順番を覚えられない人もいるでしょう。その時はメモを見ながらでも問題ありません。なるべくメモを見ないですむよう、スムーズに結納式が進むように自宅で練習をしておくのもいいでしょう。

ですが、結納式だからといってスムーズに話さないといけないわけではありません。挨拶は結納の始まりを告げるものなので、厳しい条件はありません。過剰な緊張は失敗の原因になりますので、適度にリラックスをして挨拶をしましょう。

3.新郎側から新婦側へ結納品を納める

最初に新郎の母親が男性側の結納品のところに行き、結納品を持って女性の前に運びます。結納品は片木盆にのせて、お盆ごと渡すのがしきたりになっているのでそのまま渡しましょう。渡した後、母親は一礼をして席に戻り、新郎の父親、もしくは新郎本人が結納品を収める口上を述べます。

口上で気をつけたいのは言葉遣いです。普段は慣れない丁寧な言葉でやり取りをする必要があり、別れる、切れる、離れるなど良くないことを連想させる忌み言葉は避けるようにしましょう。

4.新婦側から新郎側へ受書を渡す

新婦が新郎側の結納品の目録を取り出して確認して、新婦、父、母の順番で確認をしましょう。目録を戻したら新婦の父親、もしくは新婦自身がお礼の向上を述べて受書を新婦に渡してください。新婦は受書を確認した後に父、母に回します。

関西式の略式結納の場合は、結納を収めるのは新郎側だけなのでここで終わりです。関東式の方はこの後に新婦側から新郎側へ結納品を収めることになります。

5.新婦側から新郎側へ結納品を納める

基本的に先述した新郎側から新婦側へ結納を収める行動と変わりません。新婦と新郎が逆になっているだけです。関西式では新婦側から新郎側に結納品を渡すことはありません。

6.男性側が受書を渡す

こちらも先述したように、受書を新郎側が渡して確認をしてもらってください。この確認を怠ると、後からトラブルになる可能性もあるので注意しましょう。

7.婚約記念品を披露

ここで婚約指輪などの婚約記念品を披露します。まだ指輪を渡していない場合は、ここで贈ることになり、既に婚約記念品を交換しているなら、両家の両親にお披露目をしましょう。

結納では婚約記念品のお披露目があるため、どんなに遅くても婚約記念品は結納までには用意しておく、もしくは相手に贈っておくようにしましょう。記念品がない状態だと、結納の場が少し微妙な空気になることもあるので気をつけてください。

8.結びの挨拶

新郎側の父親から締めの挨拶があり、基本的な結納は終わりとなります。この後は写真撮影や食事会に移るため、略式結納を行っている時ほどかしこまった席にはならないでしょう。雑談などを交わすこともあるので、リラックスして食事会などに臨んでください。

略式結納で準備する物

略式結納と言っても、意外と準備するものは多くあります。当日に「忘れた」なんてことがないように、事前に用意するものはしっかり確認しておきましょう。

結納品

忘れてはいけないのが結納品です。結納を行うのですから、結納品を忘れることはまずないでしょう。ただ、何を用意すればいいか分からなくてぎりぎりになるケースが多く見られます。分からない時は既に結婚をしている友人や親に相談をしてから用意しましょう。

婚約記念品

婚約記念品は既に交換をしている場合が多いようです。女性の場合は婚約指輪、男性には時計などが一般的のようです。婚約記念品は女性だけが貰うものという認識を持つ人がいますが、婚約指輪を貰った後にでもお返しとして贈る必要があるので忘れないでください。

書類(目録・受書・家族書・親族書)

意外と忘れがちなのが書類です。目録や受書、家族書、親族書など用意するものが多くなりがちで、慣れない書類を集めるために忘れっぽくなってしまうのです。書類を忘れてしまうと結納が失敗になってしまうので注意してください。

略式結納での注意点

略式結納で意外と失敗しがちなことがあります。こちらでは失敗が起こりやすい席次や服装について紹介します。

略式結納の席次について

略式であっても結納には席次が決まっています。入口に近い方が新婦側、部屋の奥側が新郎側となり、左から母、父、本人という順番になります。基本的に新郎新婦両家とも母は母、父は父、新郎新婦と向かい合わせになって座るのが一般的です。

服装はフォーマルまたはセミフォーマル

略式だからといって、カジュアルな服装で結納式に臨む人がいますがマナー違反です。略式であっても、立派な儀式なのでフォーマル、もしくはセミフォーマルな服装にしましょう。本人たちだけであれば、ちょっとした失敗で笑うことも出来ますがお互いに両親が揃っているのです。ちょっとしたミスが自分の家族が笑われる原因になるので気をつけましょう。

まとめ

結婚式当日よりも、結納の方が緊張するという人は多くいます。お互いの両親と顔合わせをするからでしょう。人が多く集まる結婚式よりも、相手の両親と会うだけの結納の方が何倍も緊張するという人は珍しくありません。適度な緊張感を持つのは良いことですが、あまりにも緊張しすぎて失敗の原因にならないように気をつけてください。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.