感動・泣き

職場のバレンタインのマナー!不公平感を出さないためのコツ

投稿日:

そもそもバレンタインデーは、製菓会社が打ち出した販売促進キャンペーンでした。これが好きな男性に気持ちを込めてプレゼントを贈るようになり、大きく知名度を拡大させてきたのが、現在の形です。そうなると、職場でチョコレートを配るとした場合、問題になったりしないように配慮していかなければいけません。感謝の気持ちを伝えるということでは、大切な機会になるからです。

みんな職場で義理チョコを渡している?

半数以上の女性が職場で義理チョコは渡していない


一般的な視点として考えると、半数の女性は職場で義理チョコを渡していません。そもそも義理チョコ自体を認めたくないというのも本音でしょう。コミュニケーションとして考えれば、半数は義理チョコをあげているという見方もできます。普段なかなか話ができない人でも、こうした機会がコミュニケーションのチャンスになることもあるからです。単純にいえば、使い方次第なのであって、ビジネスツールのひとつとして考えていくこともできるでしょう。

渡す場合は上司又は同僚が多い


義理チョコといっても、コミュニケーションツールとして渡すことが多いです。同僚や上司に普段お世話になっているからと渡すことは珍しいことではありません。仕事がスムーズに進む可能性も出てきますし、話しにくかった相手でも、これがきっかけで話ができるようになることもあります。なにも高額なものが必要なのではなく、ほんの小さなものが大きく変えてくれるチャンスをもたらすかもしれないのです。有効に使っている例といってもいいでしょう。

職場のバレンタインのマナー

小さいチョコがおすすめ


職場という環境を考えれば、あまり大きなものは渡しづらい、持っていくのも大変です。複数のチョコを持っていくことを考えれば、あまりに手間もかかってしまいます。受け取った側でも、面倒なことになっていくでしょう。小さいチョコにしておくことで、差をつけたとしても、不平不満が生まれにくい特徴もあります。男性には、チョコレートの価値はそうそうわかりません。小さくても驚くほど高額であったりするような現状は理解できないからです。だからこそ、あえて小さいものに統一しておけば、差をつけてもわかりにくいでしょう。

小分けに出来るタイプだと男性が貰いやすい


甘いものが好きな男性も増えましたが、そんなに食べられないという人も多いはずです。そこで、小分けできるようなものにしておくことで、食べやすくなりますし、受け取ってもらいやすくもなるでしょう。板チョコみたいに分けることができないものは、いくら義理チョコでも厳禁です。

複数人に贈る場合には価格に差をつけないように注意


複数に渡す際には、できるだけ価格は統一します。それもあまり高額にそろえないほうがいいでしょう。価格差がつくと、それだけで不平不満が生まれてくるため、できるだけそろえておくことが必要です。差をつけていくのであれば、大きさだけはそろえて外観からはわからないようにしなければいけないでしょう。これはマナーであるといえます。

忙しい時間帯に渡さない

忙しい時間に渡すと、受け取る方でも大変迷惑です。できればお礼の一言も言いたいのに、忙しすぎるとそんな話もできません。時間の余裕がありそうなときに、普段のお礼もしながら渡すことができれば、きっと受け取ってくれるでしょう。帰り際などさりげなく渡してしまうというのもポイントです。あまり人数がいるとできませんが、さっと渡して買えれれば、余計な勘繰りをされたりすることもありません。

送るなら全員に公平に送る


バレンタインデーとして贈るのであれば、男性全員に渡すことです。この人には渡し、この人には渡さないといったことをすれば、必ず不平不満が生まれます。変な軋轢を生み出すことにもなってくるため、贈るか贈らないかはっきりとさせることが必要でしょう。この辺りの判断を誤らないことがマナーです。

社内の女性上司や同僚に相談してから送る

贈る前に、社内の先輩に相談することも必要になってきます。過去の話を聞くことができるだけではありません。先輩たちが贈るかどうかによっては、飛び越して贈ってしまうことが大きな問題になるでしょう。先輩方の行動に右習えすることも必要になりますし、同僚と合わせて贈るといった方法も出てきます。一同というかたちで配ることもできるようになるのですから、まずは相談して角が立たないように工夫することがポイントです。

職場のバレンタインチョコのおすすめ4選!

ROYCE’バトンクッキー50枚


ROYCE'(ロイズ) バトンクッキー50枚[2種詰合せ]
ROYCE'(ロイズ) バトンクッキー50枚[2種詰合せ]

小さい小分けになっており、数もそろえることができるのはポイントが高いでしょう。ある程度有名な銘柄にしておくと、貰いやすいところもあるでしょう。これだけの数があれば、ほとんどの男性に配れますし、大きさおコンパクトに抑えることができます。チョコレートに見えて、実はクッキーというところも大きいでしょう。男性でも手軽に食べることができるのもメリットです。

FERRERO ROCHER 30粒


フェレロ ロシェ(FERRERO ROCHER) T-30 チョコレート 30粒
フェレロ ロシェ(FERRERO ROCHER) T-30 チョコレート 30粒

30個という手ごろな数になっているところが大きいでしょう。粒状になっているため、ちょっと受け取るといったこともポイントになってきます。数をふやしたいときでも、ケースがしっかりとしているのもメリットです。ちょっと海外のスイーツなどに詳しい人がいるのであれば、おしゃれなところに気が付いてくれるでしょう。それも面白みになってきますし、会話のきっかけにつながっていくことも出てきます。世界中で人気のチョコレートになってくるため、味も折り紙付きです。

Galler ミニバーギフトボックス 11種24本入り


Galler(ガレー)チョコレート ベルギー王室御用達 ミニバーギフトボックス 11種24本入り (1箱)
Galler(ガレー)チョコレート ベルギー王室御用達 ミニバーギフトボックス 11種24本入り (1箱)

チョコレートといえば、やはりベルギーでしょう。世界でも有名で、さまざまなメーカーがあります。中でもベルギー王室ご用達ともなれば、味わいもびっくりするほどのレベルになってきます。小分けになっているため、適度に配ることもできますし、義理チョコといっても、高級感を出すことができるでしょう。味に違いがあるところも重要で、うまく配っていけば、同じ大きさでも差をつけたりすることができます。鮮やかに作られた包み紙も大きな効果を発揮してくれるはずです。

GODIVA ラッピングチョコレート ハート缶


ゴディバ (GODIVA) ラッピングチョコレート ハート缶 (10粒入)
ゴディバ (GODIVA) ラッピングチョコレート ハート缶 (10粒入)

日本でも定番のメーカーとして、バレンタインデーにもぴったりです。ケースごと渡すといったこともできますが、粒に分かれているため、ばらばらに渡していってもいいでしょう。甘いものに詳しい人でなくても、すぐにわかるところもポイントが高いところです。定番としても知られていますが、だからこそ義理チョコとしては角を立てることもなく受け取ってもらえるチョコレートになるでしょう。

まとめ

職場でのチョコレートは、あまり目立たず、それでいて不公平がないようにするのが重要です。角が立たないようにするだけではなく、コミュニケーションのきっかけになるようなものにしておけば、大きな手助けもしてくれるでしょう。ビジネスツールとして考えれば、とても有効な方法ですしうまく活用してみると、これまでのバレンタインデーとは違った結果になってくれることでしょう。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.