感動・泣き

LINEがそっけない男子から返事を返してもらう6つの方法

投稿日:

男性の心理の基本として、LINEなどで返事をするのは面倒です。理解してくれればいいのにと思っていますが、返事をもらえないことが不安になってしまうこともあるでしょう。深層心理の部分もありますが、恥ずかしいからというのは大きな理由のひとつにもなってきます。自分に自信があるわけでもなく、さまざまな心理が絡み合ってくることになるのですから、理解してあげることが返事をさせる行動につながってくるといえるでしょう。ほんの少しのコツを抑えていかなければいけません。

LINEがそっけない男の心理

単にメッセージを送るのが面倒


男性の大半が思うことは、メッセージを打つのが面倒だということです。LINEにかけている暇がもったいないということもありますが、仕事など別のことをしているときに、切られてしまうのがとても嫌であることにも気が付いてあげなければいけないでしょう。中断させられてしまえば、そこから立て直すのにさらに時間を必要とします。なぜそんな面倒なことをしなければいけないのかと思ってしまうことがあるのですから、面倒な理由も理解してあげるべきでしょう。

LINEは手軽なメッセージを送ることができますが、受け取る方は手軽と感じていないこともよくあります。どんな時間に送っているのかもよく考えてみなければいけません。自分の都合だけを押し付けても無意味であるポイントになってくるでしょう。

LINEで文章を考えるのが苦手


文章を考える時間は、得意と不得意があります。何気なく簡単に送れるLINEであっても、文章は考えなければいけません。普段からメールも使う世の中になり、簡単に文章を打つわけにはいかなくなりました。その中でLINEだからといっても、適当に送るわけにはいかないことから、とにかく面倒で苦手意識が出てしまうということもあります。簡単にできるだろうと思っている人もいるはずですが、こうした心理が働くことを理解してあげるべきでしょう。もう一歩進めて考えれば、LINEを使うこと自体があまり得意ではない人が多いのも理解できるはずです。

やりとりを終わらせたい

そっけない返事をするという意味を考えてみると、なぜそうなるのかというところにいきつきます。ひとつとして面倒であるというのは確かですが、とにかく時間をとられたくない上に、早めにやり取りを終わらせたいということもあるでしょう。仕事をしているときにきても、長くLINEにかまっているわけにはいきません。それが休み時間であってもです。学生であれば、他にすることがあるときに、LINEだけに取られてしまうことは避けたいとも思うはずです。そっけない返事しか返さないのは、それだけの時間しかないということも理解しておかなければいけないでしょう。そっけなくても、話しは成立していると思っているのですから、理解をするべきポイントです。

LINEがそっけない男の対処法は?

簡単な返事で返してもらえるようにする


そっけないことが嫌なのであれば、そうならないような対処が必要になってきます。なぜできないのと思うのではなく、できるようにしてあげることが大切だからです。とにかく面倒だと思ってしまうことから、簡単な返事でも返せるような質問にすることでしょう。答えがYesかNoかといった話にしてしまうのは代表的な手法です。返事をしてくるだけでも好意を持っていることは確かなのですから、考えさせられるような内容を贈らないでおくというのがポイントになってくるでしょう。

相手のペースに合わせる

ペースは人それぞれで、何か決まりがあるわけではありません。自分のペースで返事が来ないのはなぜかと思っても、そもそも意味がないでしょう。生活のリズムは異なるのです。そのペースを考えて、相手に合わせてみることによって、返事の内容も変わってくるようになるでしょう。やり取りが成立している以上に中身のある返事が買ってくる可能性は高まります。特に仕事などの忙しい時間にLINEを打っていたりして返事がそっけないと思うのであれば、改善の余地があるでしょう。信頼関係にも影響してくる部分です。

拗ねてみる

逆効果にもなりかねない部分ですが、そっけない返事に対して拗ねてみるというのも方法です。若い年代には効果もあげることができる可能性はありますが、年代が上がると相手にもしないという選択肢も出てきてしまいます。拗ねられたとしても、返せる時間には限りがありますし、面倒であるという思考は優先されるからです。瞬間的に改善することもありますが、半面ではこれは面倒で返すのも嫌だと思って余計にそっけなくなるようなこともあるのは理解するべきでしょう。

時間を置いてみる

基本的に面倒である上に、電話のように直接話がつながることを男性は好みます。ですが、未読であることをちゃんと気にしてもいるのです。そうなると、必要なのは返信する時間となってくるでしょう。即時返事をしないのはなぜかと思っても、それぞれ時間があるのは当然です。そっけなくなってしまうのも忙しいからと考えれば、理解もできるようになるでしょう。だからこそ、少々時間をおいてみるというのは、自然な発想となってくるでしょう。よほど急いでいることであれば、電話をして返事を聞くことです。LINEに頼ること自体に問題があることにも気が付かなければいけません。

電話しちゃう


最も簡単な答えが電話をするというところになるでしょう。男性はLINEが面倒と思っている人が大半です。返事をしているだけましという考え方すらできるのです。そこで、用事があるのであれば、電話をする方が確実といえるでしょう。ただし、忙しい時間ではLINEを返せないのと同様に、電話に出ることもできません。留守電になることも理解してあげるべきですが、ここでも拗ねているようでは、返事が返ってくることを期待するのは無理でしょう。自分の時間で世の中は流れていないことを理解するべきです。

気にせず送る

最終的な手段ですが、返事が返ってきていることが、そもそも好意があることであると考えれば、そっけなくても問題はありません。あまり気にすることなく返事がきているということを認めてしまうことです。もっとも単純なことですが、返事がないよりもはるかに意味があることなのを理解してしまえば、何も苦しむこともないでしょう。なんて返したらいいの変わらずに、いつも時間だけが過ぎてしまう人かもしれません。気にし始めればきりがありませんし、LINEなどなかった時代もあるのですから、何でも自分の尺度に合わせるのではなく、相手の尺度にも寄り添ってあげることが必要でしょう。

LINEが遅くてそっけない男の恋愛脈なしサイン

彼に送ったLINEの返事が彼の友達から来る

脈があるかどうかで判断するのであれば、本人から帰ってこない時点で脈はないでしょう。そもそも大事なことをLINEで伝えた段階で嫌気がさしているかもしれません。そんな相手に自分が返信するのも嫌だと思えば、だれか別の友達にお願いするということもあり得る話でしょう。最近では当たり前と思って使われますが、少しでも一般的な思考を持つ人から見れば、手軽な方法で接触してきたなと思うはずです。これが恋愛に脈があるかどうかを判断すること自体間違いだと気が付かなければいけません。

一般的な文章を送ったとしても、友達としても脈がない人は返しはしません。お断りしたいと思っているのには、何か理由もあるでしょう。そもそも友達にお願いして返信をしている段階で、自分に何か問題があったことを理解しておかなければいけません。

自分にだけ返信が遅い


脈がないといえるかどうかはまた別の問題も絡んできますが、自分だけ返事が遅いのは何か理由があるはずです。なぜ遅いのか、他の人と比較したりしている時点で、多くの情報も流れているでしょう。こうした行為に嫌気がさしている可能性も高いことは確かです。比較されるのも嫌ですし、なんだか自分の話が他所でされていると思うだけでも、男性は距離を取りたいと感じます。それが少しでもわかれば、どんどんと距離を取っていくことになるでしょう。

ただし、逆もありえます。いろいろと考えてしまうから返事が遅いというのも、男性の心理です。気になる部分があるからこそ、しっかりと考えて返したいと思えば、時間もかかってしまうことになるでしょう。どこまで理解しているのか、理解できるように努力しているのかによっても異なる結果になる部分です。

まとめ

男性がLINEの返信でそっけないのにはいろいろな理由があります。そもそも、LINEのようなインスタントメッセンジャーがだれでも得意なわけではありません。嫌いと思っている男性は多数存在しています。大切なことを伝える手段としては適さないと思っているビジネスマンは多く、正常な判断ともいえるでしょう。こうした部分を理化してあげなければ、そっけない返事を変えることはできません。自分で思うだけではなく、相手を理解してあげるところからスタートするべきでしょう。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.