感動・泣き

便秘に酸化マグネシウムがよい理由と服用する際の注意点

投稿日:

現代人の多くが健康に関して悩みを抱えているものですが、中でも多くの方が持っている悩みが便秘です。便秘になると腸が張って不快感を生じたり、肌の調子など美容の面でも悪影響が出てしまいます。そのため改善を早急に行っていかなければなりません。便秘対策として最近注目されているのが酸化マグネシウムです。

酸化マグネシウムは便秘にいいとされていますが、これまで使用したことがない方にとって体への影響などはないかと不安もあるのではないでしょうか。そこで酸化マグネシウムの効果について、また注意点などについて説明をしていきたいと思います。

酸化マグネシウムって便秘にいいの?


便秘に効果があると言われていている酸化マグネシウムを使用している方が多くなっています。この成分は実は古来から存在している物質で、長い歴史を持っているものなのです。ただ酸化マグネシウムをまだ使用したことがない方は、具体的にどういったものなのか知らないことでしょう。そこで酸化マグネシウムはどういったものなのか、また実際に使用して便秘に効果があるものなのかを説明してみたいと思います。

そもそも酸化マグネシウムって?

便秘薬の中に配合されていることがある酸化マグネシウムですが、この物質はマグネシウムを燃やした時にできる粉末で、白色でサラサラとしています。耐熱性容器やセメントなどを製造するときに使用されています。酸化マグネシウムは便秘薬以外には、胃腸薬としても使用されています。そのため胃腸の調子が悪く、同時に便秘の症状がある場合、酸化マグネシウムを飲めば消化器全体に対して効果を期待でいます。

古来より使われていた胃腸薬!

酸化マグネシウムは日本では100年以上もの歴史を持っていますが、酸化マグネシウムが日本で使用されるきっかけとなったのは、ドイツ人の医師に持ち込まれたことによります。1823年にフィリップ・フランツ・フォン・シーボルトによって持ち込まれ、その後1886年に日本薬局方に収載されました。以後日本国内の医療機関で利用されるようになりました。100年もの歴史があるため、酸化マグネシウムの安全性は確かで、便秘や胃腸が悪い時に気軽に飲んでもいい物質だといえます。

水分を吸収して便をやわらかくする

便秘が起こってしまう原因として、大腸内の水分が不足しているというものが挙げられます。健康な大腸であれば、便が十分な水分を吸収し膨らんでいます。膨らんだ便は腸を刺激して排便を促しますが、便秘で水分が少ない便では大腸に刺激を与えることができません。この状態を改善し、便秘を解消する効果があるのが酸化マグネシウムです。

酸化マグネシウムは水分を吸収する働きがあり、それによって便を柔らかくすることができます。結果として腸壁を刺激し、便意を促し排便がスムーズに行われるようにします。自然な形で便秘を改善していくことができるため、あまり強い便秘薬では体に負担がかかるので不安だという方には酸化マグネシウムの服用がぴったりです。

酸化マグネシウムの良い点


昔から胃腸薬や便秘薬など、消化器系の不調に対して薬として使用されてきたのが酸化マグネシウムです。安全で体への負担が少ないため、安心して服用することができる成分でもあります。そんな酸化マグネシウムですが、様々な体にとっていい点があります。これらについて理解することで、より酸化マグネシウムを安心して定期的に服用していくことができます。そこで酸化マグネシウムが持つ様々ないい点について説明していきたいと思います。

耐性がつきにくい

便秘薬の中には大腸を強く刺激して便意を促すというものがあります。大腸を刺激するといったように体に強い刺激を与える成分は耐性がつきやすいというデメリットがあります。刺激性の成分を服用すると、徐々に体が強い刺激に慣れていき、便通に対する効果が徐々になくなっていってしまいます。そのため、量を増やす必要があります。しかし量を増やすと体に負担をかけてしまい、健康を損ねてしまいます。

酸化マグネシウムは水分を吸収し、便を柔らかくすることで自然な排便を促す効果を持っています。そのため大腸への負担が少なく、健康を損ねる心配が少ないといえます。また刺激性の成分ではないため、耐性がつきにくく、継続的に服用しても効き目がなくなってしまう心配がありません。

副作用が比較的少ない

酸化マグネシウムはもともと胃腸薬としても使用されているため、服用しても消化器関係への副作用は少ないものです。しかし高マグネシウム血症や高カルシウム血症といった症状には多少気を付ける必要があります。日常的にカルシウムを多く含む食品を積極的に摂取している方、また同様にマグネシウムを多く摂取するようにしている方は、高マグネシウム血症や高カルシウム血症といった副作用がでるおそれがあるため、あまりマグネシウムやカルシウムを過剰気味に摂取しないことが大切です。

胃薬や尿路結石の予防にもなる

胃痛が起こる原因として、胃酸が出すぎてしまうということが挙げられます。胃酸は強い酸のため、出すぎてしまうと胃壁を荒らしてしまいます。それによって胃痛が起こってしまうのです。そんな時に酸化マグネシウムを飲むと胃痛が軽減されます。これは酸化マグネシウムによって胃内が中和されるためです。

酸化マグネシウムは尿路結石の予防にも役立ちます。ホウレンソウなどにはシュウ酸が含まれていますが、このシュウ酸を多く摂取すると尿路結石になりやすくなります。そのため酸化マグネシウムを摂取すればシュウ酸の吸収が阻害されるので、尿路結石の予防に役立つのです。

頓服薬として使うこともできる

胃痛や腸の不調などに対しても酸化マグネシウムは効果があります。胃に対しては痛みの原因となる胃酸による胃の荒れを軽減させます。また腸の調子が悪く、痛みがある場合には便を柔らかくし、自然な排便を促し、大腸の痛みを軽減させる効果が期待できます。頓服薬として使うことができるのです。体への影響が少ないため、虚弱体質の方でも安心して服用できます。

酸化マグネシウムを飲む上での注意点は?


酸化マグネシウムは日本では100年以上もの歴史を持っており、体への効果も緩和なため、自然に便秘を改善したい方にはぴったりの薬品といえます。ただいくつか注意したい点があり、その点をあらかじめ知った上で服用していくことが大切です。体への効果も優しい酸化マグネシウムですが、人によっては効果が強く出る場合もあります。まずは注意点を知り、自分にとって合っているかどうか確認してから服用するようにしてください。ここでその注意点を説明したいと思います。

人によって腹痛、下痢が起こることがある

酸化マグネシウムは水分を吸収し、便を柔らかくすることで自然な排便を促す効果を持っています。刺激が少ない物質ですが、ただ人によっては腹痛が起こったり、また効果が強く下痢を引き起こしてしまうことがあります。そのため、初めての服用の際には腹痛や下痢が起こったりしないか注意することが大切です。

高マグネシウム血症の症状がでることがある

酸化マグネシウムはマグネシウムを含んでおり、副作用として高マグネシウム血症の症状を引き起こす可能性があります。高マグネシウム血症は筋力低下や嘔吐といった症状を引き起こしてしまいます。ここの症状を引き起こしやすい方は服用する量を調節する必要があります。ただ量を減らしても症状が出てしまう方は、服用を中止しなければなりません。

飲み合わせの悪い薬がある

 

酸化マグネシウムは自然な作用を持っており、便秘薬の中でも安心して服用できるものです。しかし酸化マグネシウムを飲む場合には一緒に飲むものに注意をしなければなりません。飲み合わせの悪い薬によっては体調を崩してしまうこともあるので注意が必要です。ここで飲み合わせの悪い薬について説明をしたいと思います。

透析をしている方は酸化マグネシウムは避けたほうがいい

人工透析をしている方は、高マグネシウム血症になりやすいため、酸化マグネシウムを服用することは避けたほうがいいでしょう。人工透析をしている方は、医師の指示によって便秘薬として使用する薬を決めていく方が安心です。

生活習慣を改善しつつ、酸化マグネシウムを上手に活用しよう

酸化マグネシウムの効果は優しいため、服用しても副作用は少ないものです。しかし便秘解消のためには、生活習慣を改善し、健康的な生活を送っていくことが大切です。その上で酸化マグネシウムを活用していくことが大切です。また便秘になっていない場合に酸化マグネシウムを飲むことは避け、便秘で悩んだ時だけ利用することが大切です。

まとめ

いかがだったでしょうか。酸化マグネシウムは昔から胃腸薬として使用されてきており、そのため副作用が少ないので安心して便秘薬や胃腸薬として服用することができます。食物繊維が多い食品を積極的に摂取するなど、生活習慣を改善しつつ、時には酸化マグ

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.