感動・泣き

シンプルなウエディングドレスをご紹介!上品な花嫁にみせるには?

投稿日:

結婚式で花嫁姿になるのですから、上品な花嫁を目指したいと考える人もいるでしょう。そこで、今回は上品な花嫁になるための方法、おすすめのウエディングドレスのブランドなどについて紹介します。

シンプルで上品な花嫁になるには?


シンプルで上品な花嫁になるために必要なことは何だと思いますか? ドレスデザインもそうですが、小物やヘアメイクにもこだわらないといけません。こちらでは、シンプルで上品な花嫁に必要なことについて紹介します。

シンプルドレスのデザインを選ぶ

上品な花嫁を目指すなら、シンプルドレスのデザインを選びましょう。上品の王道と言われるのが、やはりAラインのウエディングドレスです。Aラインのウエディングドレスはシンプルであり、女性の身体の美しさを強調してくれるのです。

トレーンが長いタイプのウエディングドレスを選べば、後ろ姿がエレガントになり、より一層上品な雰囲気を出すことが出来ます。このように、シンプルなウエディングドレスを選ぶことで上品な花嫁の第一歩を踏みだせます。

逆にボリュームたっぷりのウエディングドレスを選んだ場合、シンプルというよりエレガント、ゴージャスというイメージの方が強くなるので気を付けましょう。シンプルなウエディングドレスはAラインが一番オススメですが、マーメイドラインのウエディングドレスもシンプルなものが多いので試してみてはいかがでしょうか。

上品にみせるオススメ素材はシルク

シンプルで上品さを出すためには、ウエディングドレスの素材にもこだわりましょう。基本的にウエディングドレスに使われる素材はどれも上品さを出すのですが、その中でもオススメしたい素材はシルクです。

高級素材として注目されている「ミカドシルク」は、他の生地では得られない光沢感がより一層上品さを醸し出してくれます。他にもシルクタフタ、シルクシャンタン、シルクサテンなども上品なシルク素材として多くの女性に選ばれています。

洗練されたシンプルなブーケで上品さアップ

シンプルで上品な花嫁に必要なもの、それは洗練されたブーケです。ブーケを被るだけでも上品さはアップしますが、細かく装飾されたものなどはより一層上品さを醸し出してくれます。

ウエディングドレスにあわせて髪型もシンプルに

上品な花嫁にオススメしたいのは、アップスタイルです。それも、あまり凝ったものではなくすっきりしたスタイルがウエディングドレスの上品さと相まって女性の持つ美しさを引き出してくれます。

シンプルなウエディングドレスのおすすめ海外ブランド

こちらでは、シンプルなウエディングドレスを提供している海外ブランドを紹介します。同じウエディングドレスであっても、ブランドによって特徴は異なるので、さまざまな ブランドのウエディングドレスを比較してみましょう。

プロノビアス(PRONOVIAS)

プロノビアスのウエディングドレスは、上品さの中に女性らしい装飾がされたものが多いようです。一見するとフェミニン系のドレスに見えることもあります。シンプルなので、ウエディングドレスだけではなく、小物で上品さをアップしていくようにしましょう。

オスカー・デ・ラ・レンタ(Oscar de la Renta)

オスカー・デ・ラ・レンタは王道的でシンプルなウエディングドレスを提供しています。まるで透けたマントのような肩からかけるショールは清楚さ、純潔さ、女性に求められるすべてをウエディングドレスで表しているように見えます。

アムサーラ(AMSALE)

アムサーラのウエディングドレスは、植物の細工が施されたものが美しいです。適度な透け感が女性らしさを高めて、洗練された上品さを出しています。

ロサ・クララ(Rosa Clará)

ロサ・クララのAラインウエディングドレスは、ホワイトでシンプルながらトレーンなどが華やかに見えるため、言葉を失う美しさを持っています。可能に肌を露出せず、女性が持つ控えめさ、清楚さ、そういったものをウエディングドレスで最大限に表現しています。

日本人にあったおすすめな国内ブランド

海外ブランドのウエディングドレスもいいですが、国内ブランドでもオススメのウエディングドレスは多くあります。こちらでは、国内ブランドのウエディングドレスについて紹介します。

シンデレラ・アンド・コー(Cinderella & Co.)

シンデレラ・アンド・コーはリーフモチーフのレースが特徴的なウエディングドレスを展開しています。可憐さとスタイリッシュさが合わさったデザインでありながら、ナチュラルな雰囲気を出しているのでシンプルで上品な花嫁になれるドレスです。

YUMI KATSURA

YUMI KATSURAのウエディングドレスはボリューム感たっぷりでありながら、シンプルさを失わないという素晴らしいデザインに仕上がっています。レースの装飾が施されたドレスはシンプルながらもちょっとした遊び心が加えられていて見る者の目を楽しませてくれます。

髪の毛はアップスタイルにして、ティアラをかければウエディングドレスの上品さと相まって美しい花嫁の出来上がりです。

メゾン・スズ(MAISON SUZU)

メゾン・スズのウエディングドレスは上半身がレースで装飾されていて、腰から下はややボリュームのあるドレスに仕上がっています。ホワイト基調のドレスのため、ブーケなどでカラーを加えるとちょっとしたアクセントになります。

小物やティアラなどで、上品さをアップさせられるので、ウエディングドレスに合うティアラなどを探しておくといいでしょう。

スズキタカユキ(suzuki takayuki)

スズキタカユキのウエディングドレスは、他のブランドと比べてもシンプルさが強いものです。ウエディングドレスというより、羽織をかけると普段使い出来るようなデザインなので、胸元をそのままにしておくと、シンプルというより地味に見えてしまう場合があります。

しかし、ティアラやブーケなどでカラーのギャップを出すとウエディングドレスのシンプルさが引き立てられるのではないでしょうか。

まとめ

シンプルで上品な花嫁と言っても、人によって感じ方が異なるためなかなか難しいのです。しかし、結婚式は自分ひとりで行うものではありません。パートナーとなる男性の意見、ウエディングプランナーのアドバイスなどを受けて納得出来るウエディングドレス選びをしましょう。特にウエディングプランナーは今まで多くの結婚式を作り上げてきたブライダルのプロです。プロの視点から見るアドバイスは、意外と新郎新婦では気づかないことも多いかもしれません。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.