感動・泣き

結納金の相場っていくらくらい?結納金の知っておくべき知識

投稿日:

結婚に関する費用は、年代によって上下することがよくあります。特に結納金に関しては世代やお互いの考えによって様々な考え方があります。親が結納金や結婚の流れに関して口うるさい場合は特にややこしくなってしまいます。せっかくスムーズに結婚しようとしているのに、周りによってペースを乱される可能性があります。結納金に関しても様々な考え方があるので、是非こちらの記事を参考に検討してください。今回は結納金の相場や、知っておくべき知識をご紹介いたします。

結納金の相場はどれくらいか?


まずは、結納金の一般的な相場等をご紹介いたします。結納金自体を無しで進めていく場合もありますが、もし結納金を用意しなければならない事態になってしまった場合に参考にしてください。

最近は結納金自体を無しにする場合も多くなってきました。結納金を用意して渡すよりも、自身達でそのお金をそのまま使えるようにした方がいいという意見もあります。しかし、お互いの親が「結納金を用意するのが常識だ!」という方も多くいらっしゃいます。結納金で仲が悪くなってしまうことは極力さけたいものです。

結納金はキリのいい100万円が一般的

結納金の一般的な相場は100万円といわれています。理由としてはキリがいいから、ということのようです。100万円という金額は一本・一包みと呼ばれることもあります。しかし、かならずしも100万円を用意しなければならない、というわけではありません。地域によっても100万円前後でバラツキがありますし、100万円以下、100万円以上であっても問題はありません。

そもそも結納金は男性が用意するのではなく、男性側の両親が用意するものでした。近年は両親ではなく、男性自身が用意するというパターンも増えてきています。男性としては、このような大金を別途用意するなんて、極力無くしたいものです。金額の基準は特にありません。男性の年収・給与を基準とする場合もありますが、あまり大差はありません。100万円以外の金額としては、50万円、70万円、80万円、200万円以上と別れます。

現実的な金額でいくか、縁起のいい金額でいくかによって金額が大きく変わってきます。どちらを基準に金額設定をするかは夫婦、各両親と十分話し合ってください。

結納金に加えて必要な酒肴料

酒肴料とは、昔は男性側がお祝いの席に酒・肴を持参することでした。お祝いの席に持参することで、「これからの末永いお付き合いを、どうぞよろしくお願いします」という意味がこめられています。地域によっては現物を持参する風習が今も根付いているところもあります。しかし、最近では現物ではなく現金で渡す機会が多くなっています。現物・現金両方渡す場合もありますが、基本的には現金で渡すという方が多いです。

酒肴料金封の表書きに関しても、地域によって様々なので注意してください。特に関西・関東では全く表記が異なります。例えば、関東より東側では「家内喜多留」と書く場合があります。関西方面では酒料・肴料2つの標記を記入する場合があります。また、表記も酒料・肴料とそのまま表示せず、地域によって異なるので注意が必要です。

酒肴料の目安は結納金の10%

酒肴料の目安は結納金の10%と言われています。例として、結納金が100万円だった場合は、酒肴料は10万円です。別に10万円を切っても問題ありません。3万円~8万円程度で変動する場合もあります。

酒肴料を渡さない場合もあります。結納金や酒肴料を用意しない、もしくは用意できない場合には金封に五円玉を入れましょう。もちろん、「御縁」があるという意味で入れるのです。最近は結納金や酒肴料を用意しないパターンも増えてきているので、「そんな大金を絶対用意しなければならないのか…!」と焦る必要はありません。相手側と交渉すれば結納金や酒肴料は無理に用意しなくても大丈夫です。しかし、結納金や酒肴料の有無に関しては、相手側の両親が柔軟・寛容な考えを持っていなければならないので、相手の反応を見ながら判断してください。

結納返しの目安は結納金の50%が多い

結納返しの金額目安は、結納金の50%と言われています。結納金として100万円用意した場合は、結納返しの金額は50万円です。結納返しの内容に関しては現金だけでなく、時計・スーツ等の現物で返す場合もあります。しかし、近年は結納返しをしない場合も増えてきています。理由としては、あらかじめ結納金に対し結納返しの金額を相殺している・結納返しの金額を新生活費用に割り当てる・結納金をもらわなかったので結納返しも無し といった理由が挙げられます。

あらかじめ結納金に対し結納返しの金額を相殺している 結納金をもらう際に、あらかじめ結納返しの金額を相殺して渡すこともあります。結納返しが煩わしい場合はこの方法も一つです。かならずしも結納返しをしなければならない、という訳ではありません。結納返しで発生する金額を相殺していることがわかれば十分です。

結納返しの金額を新生活費用に割り当てる 結納返しの金額全額を男性側に渡すのではなく、そのまま新生活に必要な費用として使用するという方法もあります。男性側が、このパターンでも了承すれば新生活費用として有意義に使いましょう。女性側によっては、ある意味、新生活費用として割り当てられるのは嬉しいポイントです。男性側はよく考慮してから、新生活費用に割り当てるかどうか考慮してください。

結納金なしでも食事会だけはしよう

たとえ結納金無しという形で両者の意見が一致したとしても、各両親も含めた食事会だけは実行するようにしてください。結納金、結納返しをする場合はかならず、各両親を含めた一連の流れが発生するのですが、結納金無しで決定した場合は、各両親が結婚式までに顔合わせをする機会を失ってしまいます。また、結納関係を無しにしたにも関わらず、各両親を踏まえて食事会もしないのであれば、結婚式まで両家顔合わせをする機会が無くなる可能性があります。

結納金を渡さないように段取りをしている男性陣に関しては、是非焦らず女性側の両親とこまめに連絡を取り、食事会の機会は設けるようにしましょう。さすがに結婚式までに両家顔合わせをする機会を設けないのは今後のことを考えれば望ましくない選択です。せめて両家顔合わせをする機会だけは設けるようにしましょう。

結納金は必ず必要なのか?


こちらからは、結納金の重要性についてご説明します。昔は結納金に関してはかならず必要と言われていましたが、現代ではその文化も変わりつつあります。しかし、地域や各両親の考え方によってバラツキが大きいので、結納金に関する見解は各両親を含めて慎重に考慮する必要があります。ぜひこれからご紹介する内容を基に考慮してください。

結納金は必ずしも必要ではありません

結納金は昔であれば用意するのが当たり前でしたが、現在ではそうでもありません。結納金の必要性に関しては結婚する二人だけでなく、各両親の考えが非常に影響されるためややこしいものなのです。すんなりと結納金を準備すれば万事解決なのですが、貯金がない場合は結納金の準備をするとなればかなり苦労します。

結納金は必ずしも容易する必要はありません。最近では結納金相当の貯金があるのであれば、そのまま新生活の費用に割り当てる夫婦が増えています。そもそも、結納金自体はただの儀式的なものなので、両家顔合わせの機会は設けたとしても、結納金の用意は必ずしもする必要は無いのです。現実的に考えている夫婦であれば、結納金として用意している金額を有意義に利用できるよう、考える方々も多くいらっしゃいます。

結納金は嫁入り準備のためのお金

結納金は元々、嫁入り準備のために使用するお金でした。仮に結納金総額が100万円と仮定すると、約30万円は結婚指輪の費用として使用します。残額の約70万円が嫁入り準備の費用です。最近では嫁入り準備の費用はそれほどかからず、結婚前から同棲していれば、改めて嫁入り準備の資金を使用する必要がありません。結婚前から同棲しているカップルも増えているため、嫁入り準備費用として結納金を用意することも少なくなってきています。

結納に関する基礎知識


こちらからは、結納金に関する基礎知識をご紹介いたします。結納金に関しては、その場に直面しないと詳細を把握できていなかった方も多くいらっしゃいます。結納金とは結婚するまではあまり馴染みのないものです。男性側としてはあまり用意したくないものですが、各両親の考えや地域性によっては、ほぼ強制的に用意をしなければならない可能性があります。是非、結納金に関する詳細は各両親と慎重に話し合って決めてください。

男性が結納金を用意する

結納金は男性側が用意するものです。昔は男性側の両親が結納金を用意していましたが、最近では男性本人が用意することも多くなってきました。結納金を必ず用意しなければならない雰囲気を感じ取った場合は、男性側の意思よりも、用意を優先しなければなりません。男性側にとっては非常につらいものですが、今後の関係を良好に続けるためには致し方ありません。

女性は接待費用を負担

両家顔合わせ時の費用は、基本的には女性側が負担します。基本費用を女性側が負担する代わりに、酒肴料は男性側が負担します。女性側が用意する金額の総額は、結納金に比べれば非常に少ないものです。酒肴料は結納金の10%程度なのであまり大差はありませんが、男性側は結納金という負担金額があるので、総額で比較すれば圧倒的に女性側の費用の方が少なくなります。

結納のお礼に結納返しに現金や品物を用意

結納返しの金額相場は、結納金の50%程度が無難と言われています。仮に100万円の結納金が用意されていれば、結納返しの金額は約50万円です。結納返しに関しては必ずしも現金だけとはかぎりません。現金だけでなく、時計や商品券といった現物で返す場合もあります。現金か現物にするかは夫婦・各両親と話し合って決めてください。地域性も影響される内容なので、周りの意見を聞くのも一つです。

結納金を省いてもOK

結納金は昔までは必ず用意しなければならないものでしたが、近年は結納金を用意する必要性がなくなってきました。その理由としては男性側・女性側どちらも結納金として用意するのではなく、新生活をスタートさせるための費用として割り振りましょう。二人一緒に住むとなれば、新生活に必要な費用はかなり大きな金額になってしまいます。しかし、結納金としてお金を用意する必要が出てきた場合は仕方ありません。男性か男性の両親、どちらかが費用を捻出しなければなりません。男性側としては非常に面倒くさい内容なのですが、念のため、結納金や結婚に関する費用を分けて管理するようにしてください。しっかし管理しないと、旦那さんは納得しないと思います。

結納をしないのなら御帯料を準備

御帯料とは結納金と同様に必要するもののことを言います。結納金の相場として、最低ラインは約50万円です。しかし、結納金を用意せずに御帯料を代わりに用意するという方法もあります。御帯料とはそもそも結納金と同様のものでありましたが、現在では御帯料は、新生活に割り当てる現金・現物を指すことが多くなっています。

まとめ

いかがでしたか。結納金の相場は住んでいる環境下や各両親の意向によって金額が変動する可能が非常に高くなります。結納金を設けないという方法もありますが、結納金自体をどうするかはじっくりと各両親を含め、相談した方が今後の良好な関係を築く上で無難だと思います。スムーズに結婚式までスケジュールが進むといいですね。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.