感動・泣き

ウエディングドレスの選び方は?理想の自分になるためのポイント

投稿日:

結婚式で着るウエディングドレスは、女性にとっても重要なものです。結婚式は一生に一度のものだからこそ、失敗のないドレス選びをしなければいけません。そこで、今回はウエディングドレスの選び方などについて紹介します。

ウエディングドレスの形を選ぶ時のポイント


こちらではウエディングドレスの形を選ぶ時のポイントを紹介します。ウエディングドレスと言っても、さまざまな種類があるのでどれを選べばいいか分からない人もいるでしょう。好きなタイプのドレスを選ぶのもいいですが、きちんとポイントを押さえていないと似合わないものを選んでしまう場合があります。

自分の体型に合うウエディングドレスの種類から決める

最初に選ぶのは、ウエディングドレスの種類からです。そこで重視したいのが自分の体型です。プリンセスラインのドレスなどは良いのですが、マーメイドラインのウエディングドレスは上半身から腰までぴったりとフィットするタイプです。そのため、ドレスを着ている人のスタイルがばっちり分かってしまいます。

ちょっと体型に自信がない人はマーメイドラインのドレスは避けた方がいいかもしれません。他にもマーメイドラインのドレスは高身長の人向けとも言われています。身長が低い女性はマーメイドラインではなく他のタイプのドレスがおすすめです。

胸が小さいならフリルや装飾が胸元にあるデザインを選ぶ

ウエディングドレスは基本的に肩や背中が出るものがほとんどです。そこで気になるのが胸です。胸が小さい人は胸元にフリルや装飾があるデザインにするといいでしょう。最近はウエディングドレスも体型に合わせたものが多くあるため、ウエディングプランナーなどに相談すると、どのようなドレスがいいかをアドバイスしてもらえます。

お尻が気になるならヒップラインに大振りな装飾のあるドレスを選ぶ

お尻が気になる場合は、ヒップラインに大ぶりな装飾のあるドレスを選びましょう。腰からヒップラインにかけて大きなリボンがついているドレスなどもおすすめです。

二の腕が気になるならフレンチスリーブなど腕を隠せるドレスを選ぶがおすすめ

二の腕が気になる女性は、フレンチスリーブなど腕を隠せるタイプのウエディングドレスを選びましょう。過剰に隠すことばかりを考えてしまうと、余計に悪目立ちしてしまうので、軽く隠せる程度のものが一番です。

ウエディングドレスのモデルなどはスタイルの良い女性ばかりですが、一般人女性はスタイルが整っている人ばかりではありません。ちょっとぽっちゃり系の人にも着られるサイズやデザインのウエディングドレスが揃えてあるので安心してドレス選びをしましょう。

ウエディングドレスのカラーで選ぶ時のポイント

こちらでは、ウエディングドレスのカラーを選ぶ時のポイントを紹介します。ウエディングドレス=純白というイメージがありますが、真っ白を選ぶことで顔色が悪く見えたりすることもあります。そうならないように、しっかりとカラー選びのポイントを押さえておきましょう。

肌色タイプがブルーベースで優しい顔立ちならオフホワイト

肌が青みがかったピンク味の色白肌のBlueベースであり、優しい顔立ちならオフホワイトのウエディングドレスを選んでください。オフホワイトは陶器のような白さであり、柔らかい印象を与えます。

実は日本人に一番合う色と言われているドレスカラーはオフホワイトなのです。日本人はやや黄色がかった肌を持っているため、純白のホワイトを選ぶと肌の色が浮いてしまう場合があります。

肌色タイプがブルーベースでシャープな顔立ちなら純白

こちらもブルーベースの肌でキリッとしたシャープな顔立ちであれば、純白のホワイトを選びましょう。純白のウエディングドレスは清楚さがあり、上品さもアップしてくれます。色白の女性や目や髪の色が真っ黒な人に似合うと言われているようです。

肌色タイプがイエローベースで健康的に日焼けした人ならアイボリー

肌が黄味を帯びた明るい色のイエローベースの場合、アイボリーを選びましょう。生成りとも呼ばれていて、オフホワイトやホワイトと比べると、やや黄味がかった色です。日に焼けた色黒な女性にも合い、健康的な肌に見せてくれます。

アイボリーが似合う人がホワイトを選んだ場合、先述したように肌の色だけが不自然に浮いてしまう場合があります。肌の色にもよりますが、自分の肌色の系統に合わせた白を選ぶようにしましょう。

ウエディングドレスを素材や生地で選ぶ時のポイント

こちらでは、ウエディングドレスを素材や生地で選ぶ時のポイントを紹介します。ウエディングドレスと言っても、生地によって大きく印象が変わるのです。そのため失敗しない選び方のポイントを覚えておきましょう。

レース、シルク素材で上品な印象に見せる

レースやシルク素材をふんだんに使ったウエディングドレスは上品な印象を与えてくれます。光沢があるため、エレガントな雰囲気に仕上げることが出来ます。

チュール、オーガンジー素材で、ふんわり可愛く見せる

チュールはメッシュ素材、オーガンジーは透け感のある素材のことを指します。どちらも柔らかくふんわりと優しく可愛い印象を与えるのでスレンダーな人より、ややふくよかな人に向いている素材と言えるでしょう。

チュールはカジュアルな結婚式におすすめされている素材であり、オーガンジーは女性が持つ可愛らしさを引き出すためにフェミニン系のカラードレスに使用されることが多いようです。

式場でウエディングドレスを選ぶ

こちらでは、式場によって異なるウエディングドレスの選び方を紹介します。同じウエディングドレスを着る結婚式でも、式をあげる場所によって相応しいドレスが異なるようです。

ホテル挙式・披露宴ならではのボリュームの大きい装飾の華やかなドレス

ホテル挙式や披露宴の場合は、ボリューム感のある華やかなドレスが相応しいと言われています。その理由として、ホテル自体がエレガントな雰囲気を出していることが多いからです。そのため、シンプルなウエディングドレスよりも豪華さを重視したドレスの方が合うのです。

ほとんどの人は式場選びから始めるかと思いますが、ホテルの雰囲気に合わせたドレスを選ぶのもいいかもしれません。

教会メインの式なら露出の少ない落ち着いたドレス

教会メインの結婚式の場合、なるべく露出の少ないウエディングドレスにしましょう。その理由として、教会は神様にお祈りをする場所のため、肌を露出するのは不謹慎だからです。いくら結婚式だからと言っても、神様の前にいるということを忘れないようにしましょう。

基本的に教会側は特にウエディングドレスの種類について禁止などはありません。しかし、禁止されている、されていないではなくその場の雰囲気に合うか合わないかを重視するようにしましょう。その場の雰囲気に合わないウエディングドレスを着てしまうと、参列者から冷ややかな視線を送られないように注意してください。

レストランウエディングなら身軽で繊細な装飾のドレス

レストランウエディングの場合、オススメは身軽で繊細な装飾のドレスがいいでしょう。ウエディングドレスのタイプとしてはAラインの歩きやすいものがいいでしょう。

レストランウエディング自体、どちらかと言えばアットホームな雰囲気です。そのため、結婚式に参列している人との距離も近く、自由に歩く機会もあるでしょう。そんな時に歩きにくいウエディングドレスの場合身動きが取れにくくなってしまう可能性があるからです。

裾を大きく引きずるタイプのウエディングドレスを着ると、歩きづらいだけではなく足を引っかけて転んでしまうことも考えられるので気をつけましょう。

迷ったらここ!おすすめのウエディングドレスショップ


ウエディングドレスに悩んだ時におすすめしたいドレスショップを紹介します。どこもウエディングドレスの最高峰として名高いショップばかりなので、候補に入れてみてはいかがでしょうか。

有名ブランド直営の「VERA WANG BRIDE」

VERA WANG BRIDEは有名ブランド直営店として有名です。海外メインで活躍していたのですが、日本初の直営店が銀座にオープンしました。洗練されたデザインのウエディングドレスが多く、映画や雑誌などで使われることも多く、パッと見ただけでも目を奪われることが多いのです。

品揃えが豊富な「THE TREAT DRESSING MINAMIAOYAMA」

THE TREAT DRESSING MINAMIAOYAMAは品揃えが豊富という特徴があります。ウエディングドレスだけではなく、ウエディングアクセサリーなども取りそろえられているので、こちらですべて一式そろえることが出来ます。利用者の意見では、ふわふわとしたプリンセスタイプよりも綺麗系のスタイリッシュなウエディングドレスを特に多く揃えているようです。ウエディングドレスなので、それなりの金額がかかりますが、満足出来るウエディングドレスを見つけられると高い口コミ評価を得ています。

こだわりドレスが着たいなら「MIRROR MIRROR」

MIRROR MIRRORはこだわりの強いウエディングドレスを多く取り揃えています。純白のウエディングドレスだけではなく、セクシーなラベンダーカラー、爽やかな海をイメージしたブルーのカラードレスなど、さまざまなものが多くあります。

こだわりの強いウエディングドレスも多いのですが、シンプルで定番系のものも揃えてあります。イギリス王室御用達のブランドも揃えられているので、ロイヤルな気分を味わえます。可愛さを残しながらも大人っぽさを感じられるウエディングドレスを求めているなら、ぜひこちらの店舗がおすすめです。

まとめ

ウエディングドレスは女性の憧れや夢を形にしたものです。そのため、妥協などをせずにさまざまなウエディングドレスを比較して選びましょう。パートナーとなる男性と一緒にいろいろと決めていくのが理想です。ウエディングドレスを着るのは女性ですが、結婚式を挙げるのは女性だけではなく男性も一緒に行うからです。だからこそ、男性の意見も取り入れたウエディングドレス選びを心がけてください。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.