感動・泣き

便秘に効くデトックスウォーターのレシピと飲み方

投稿日:

便秘に効くデトックスウォーターについて、ご紹介します。便秘が辛いという方は、ご覧になりますと、良い参考になるでしょう。作り方や注意事項もありますので、そちらもよくご確認ください。

デトックスウォーターとは

ミネラルウォーターや炭酸水に野菜や果物を入れて飲む

デトックスウォーターは、ミネラルウォーターや炭酸水に野菜や果物を入れて飲むものです。元々は、海外の有名モデルたちがスタイルをキープするために飲み始めたものだったと言われています。透明のボトルにフルーツのカット面が見える様は可愛らしく、異国情緒も漂うオシャレな雰囲気です。

水に野菜や果物を入れるだけなのでジュースやスムージーより簡単にできる

作り方は実に簡単ですから、さっそく家にあるもので作れそうです。ミネラルウォーターや炭酸水にカットした野菜や果物をいれるだけなので、ジュースやスムージーより簡単で誰でも作れると言っても良いでしょう。ポイントは中に入れる野菜や果物をなるべく薄くカットするということです。

お料理は苦手という人でも簡単に作れるデトックスウォーターですから、気軽に作って見ても良いでしょう。このように体に良い上に簡単に作れるデトックスウォーターですから、ご主人やお子様、恋人に作ってあげても喜ばれそうです。

飲むだけで便秘が解消して痩せる

このデトックスウォーターは何と、飲むだけで便秘が解消して痩せるというのですから、便秘に悩む人にとっては朗報です。便秘薬に頼らないと、不安になるほどの便秘の人は試してみると良いのではないでしょうか。薬に頼らなくても良いような状態になれるかもしれません。便秘は苦しいものですし、体重も減りませんから、何としてでも解消したいものでしょう。

便秘が辛い人は思い切って、デトックスウォーターを作って飲み続けてみると良いかもしれません。

野菜や果物の組み合わせで便秘解消以外にも効果が期待できる

実は、このデトックスウォーターは中に入れる野菜や果物の組み合わせによって、便秘解消以外のことにも効果が期待できるというのですから、何とも嬉しいことです。便秘はもちろん、他のことにも効果があり、作り方も簡単でおいしそうというのですから、一石二鳥以上のメリットがあると言っても良いでしょう。

このような情報を基に、デトックスウォーターを作って試してみると良いかもしれません。効果が確認できたら、同じようなことで悩む人にも教えてあげると喜ばれそうです。

便秘に効くデトックスウォーターの作り方

材料は水と岩塩、レモンのみ

レモン1個分の搾り汁、小さじ1杯の岩塩、ミネラルウォーター500mlを混ぜ合わせるだけで出来上がるのが、岩塩とレモンのデトックスウォーターです。こちらは便秘に効果があったという報告があります。飲んだ直後に便通があったという人もいますが、効き目は人それぞれなので様子をみましょう。

味は糖分のないスポーツ飲料のようなものなので、飲みやすく続けやすいです。ただ、難点は岩塩が溶けにくいので、飲む直前までかき回していた方が良いでしょう。暑い日は大き目の氷を入れてさっぱりと頂くのも暑さ対策になって良いかもしれません。

すべてを混ぜ合わせて30分以内に飲み切る

岩塩とレモンのデトックスウォーターのポイントは、すべてを混ぜ合わせて30分以内に飲み切ることです。のろのろと1時間かけて飲むと分離してしまうので、良くありません。さっと飲みきってしまうのが良いのですが、もし氷入りだと冷たすぎて無理という人は常温でも大丈夫です。

爽やかな風味なので、飲みやすく飽きが来ないのが良いところでしょう。

味が濃い場合には水を足して調整してよい

もし、レモンの味が濃すぎると感じたら、水を足して調整しても良いのです。お好みの濃さに調整して、早めに飲みきった方が良いでしょう。クセがないので、食事といっしょでも合わなくないので、食事の時の水分補給として使うのもありです。

自分に合う飲み方を見つけてみると良いでしょう。たとえば、おやつに飲むというのも良さそうです。低カロリーのお菓子と一緒に飲むと満足感にもつながりますので、お勧めです。

バナナやオレンジ、ミントと入れても便秘に効果的

バナナやオレンジ、ミントと入れても便秘に効果的です。その歳は、バナナ、オレンジを食べやすく薄めにスライスすると良いでしょう。カットした切り口も可愛らしいものになりますから、見た目も映えて見ているだけでも華やいだ気持ちになりそうです。

入っているものが多くなれば、それだけ傷みも早いので、やはり30分を目安に早めに飲みきるようにしたほうが良いです。バナナやオレンジが一緒に入ると、爽やかな酸味にほどよい甘味が加わるので、飲みやすいかも知れません。まずは、お試しください。

デトックスウォーターを作る際の注意点

効果が出るまでには時間がかかるので毎日続ける

毎日続けるということは、とても大事です。先ほど書きましたように、その日のうちに効果が出たという人がいましたが、飲んだ人全員がそうなるわけではありません。根気よく、効果が出るまで毎日飲み続けましょう。徐々に体に食物繊維等が浸透して、規則正しいお通じにつながります。

2~3日続けて、効果が出ないからやめるという人もいます。いわゆる3日坊主ですが、これはもったいないことです。せっかくデトックスウォーターを作るまで頑張ったのですから、もう少しある程度続けるべきです。

デトックスウォーターを作る容器の衛生管理に注意

デトックスウォーターを作る容器の衛生管理に注意したいものです。特に夏場はすぐに洗って乾かさないとカビが発生する場合がありますので、気を付けなければいけません。不潔な容器を使っていると、お腹を壊してしまう事も多々あります。健康のために始めたのに、体調を崩してしまったとしたら元も子もないことです。

このような衛生管理が心配であれば、熱湯消毒できるような容器を買うと良いでしょう。買う際によく注意書きを見ると、何℃まで耐えられるかと書いてありますので、よく見てみましょう。耐熱温度100℃以上であれば、熱湯消毒可能です。

効果が出やすいように運動や食事も気を付ける

もっともなことですが、見落としがちなのは効果が出やすいように運動や食事にも気を付けるという事です。デトックスウォーターを飲んでいるから、運動や食事はおろそかというのであれば、効果が期待できません。このように、当たり前のようなことほど見落としがちになるということはよくあります。

運動はスポーツ選手並みにやるようなものではなく、駅までバスに乗らずに歩く、仕事柄、外出がままならないので、室内のウォーキングマシーンを使って運動する、ヨガやストレッチをするなど、人それぞれのペースで行いましょう。食事はバランスのよいものを頂くようにします。お通じを良くして痩せたいからと言って、一食抜いたり、野菜のみにするといったことは良くありません。

使うフルーツによっては糖質が高いので注意

糖質が高めのフルーツはバナナ、りんご、柿、パイナップルで、その中でも一番高いのはバナナですが、大きなものを1本丸々入れないようにしたり、小さなモンキーバナナを使うようにしたりといった工夫をすることをおすすめします。果物の糖質はお菓子の糖質よりも体には良いもので、ゆっくりと吸収されるので血糖値の上昇も緩やかです。他の果物も量が多くなければ、糖質もそれほど多くないでしょう。

逆に糖質の低いフルーツはいちご、すいか、グレープフルーツ、もも、メロン、なしです。
このようなフルーツをうまく活用して、デトックスウォーター作りに役立てましょう。

まとめ

デトックスウォーターについて、お分かりいただけたでしょうか。特にデトックスウォーターは便秘に効き目がありますので、便秘が辛いという人は注意事項を住まえた上でぜひお試しください。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.