感動・泣き

適正なBMIは?数値の見方と指標

投稿日:

ダイエットをする際、多くの人がBMIを気にします。やはり数値としてどのくらいの体重が適正かどうかということがわかるとダイエットをしやすくなりますし自分の状態を客観的に判断することができます。そこで、今現在ダイエットをしていてBMIを知らないという人は数値を出してその数値からどのくらいの体重増減が必要であるかを確認しましょう。

適正なBMIはいくつか


BMIを知ることができると自分の体重が適正な重さなのか、太っている場合にはどのくらいの減量が必要なのかというのが明確になります。具体的な数値がわからないとダイエットで必要以上に体重を落としてしまったり無理なダイエットをしたりすることもあるので適正な体重は知っておきましょう。

適性はBMI22

BMIは身長と体重を使って求める数値ですが、その結果が22になると適正といわれています。厳密には18.5から25までが標準といわれています。そのため、同じ身長の人でも適正体重に該当する人がかなり広範囲になってしまいます。体重としては5キロ近くも違ってしまうのです。そこで、その中でもほぼ中間の数値である22が最も適性の体重ということが言われています。

美容体重はBMI20

最近では日本人も背が高く手足が長い人たちが増えています。そのため若い子たちは昭和世代の人たちよりも痩せていてスタイルの良い人が多いです。昔の適正であったBMIが22だとそういった人たちの中に入るとかなり太って見えます。そこで、最近では美容体重という洋服が美しく着こなせるとされている数値ができているのです。美容体重のBMIは20で少し細め、スタイルの整っているモデルのように見える人も多くいます。

シンデレラ体重はBMI18

BMI の中にはシンデレラ体重というものがあります。これはモデルや芸能人の人たちに該当する人たちの多い数字です。かなり痩せているといえます。これよりも低い数値となると健康を害する危険もあるといわれていう数字です。そのため、芸能事務所やモデル事務所、ファッションショーの運営団体によってはBMIが18以下の人はショーへの出演を辞退させるという措置をとることも増えています。

モデル体重はBMI17

モデルが美しく洋服を着こなすのはBMIが17が適切ということでモデル体重というものがありました。しかし最近ではBMI17は健康を害する危険があるということであまり適切ではないとされています。そのためBMI17になるのはあまりよくないという考えが強いです。

BMIの値はどれが適正か

BMIをもとにダイエットをするという際、たくさんの数値があるために具体的にどのようなところまで体重を減らせばよいのかということで悩むことも多いです。そこで具体的にどこの数値を目指せばよいのかを考えてみましょう。

シンデレラ体重やモデル体重は痩せすぎていることが多いので注意

シンデレラ体重やモデル体重はかなり痩せています。人によっては骨が見えてしまうような部位が出てくることもあるほどです。人によっては栄養失調になってしまって言うこともあり入院治療が必要になることもあります。そこで、BMIが17や18というのは健康を維持することが難しくなってくるので目標数値としては良い数値とは言えないです。

美容体重は少し細めな印象を与えられる健康的な体重

美しくパンツを履きたい、くびれのある体型を作りたい、といった美しいシルエットの体型を目指したい場合には美容体重を目指すことがおすすめです。ダイエットをしてBMIを減らしたいという時には美容体重を目標にするとダイエットとしても無理なく続けられる範囲で行えます。美容体重まで痩せるようにすると細いながらもきちんと脂肪もありバランスよい体型を目指せます。

標準体重は適正体重であり健康的な体に見える

やはり痩せすぎていると不健康に見えますし魅力的には見えないです。そこでダイエットをするにあたっては標準体重でも十分成果を感じることができます。適正体重にも幅がありますからBMIを1下げようとするだけでも十分ダイエットをして体の変化を感じることができます。BMIを参考にしながら少しずつ体重を落としてベストな状態を作るというのも一つの方法です。

BMIを確認する際の注意

BMIでのダイエットは目標とする体重を算出することができるので、ダイエットの目標数値が確実になるのでダイエットをする際に進めやすくなります。ただしBMIにもデメリットがありその点を理解したうえで進めないと思っていたような体系になれないこともありますから注意が必要です。

同じBMIでも見た目は人によって違う

BMIで出てくる数値は体重です。そのため体型については人によって違いますし、人によってかなり変わってきます。骨格もありますし筋肉の量も違いますから体重を落とせても自分のイメージしている体型になるとは限りません。そこで、体重を落としながら自分の体型を確認しつつダイエットをして調整をすることが必要になります。

BMIでは体脂肪は測ることができない

BMIと似た数値として体脂肪があります。体脂肪は名前の通り体の中にある脂肪の量を算出するものです。この体脂肪の量も見た目に影響を与えるものです。標準体重であったとしても脂肪が多いとぽっちゃりとして見えたりお腹が出ていたり、二の腕がたるんでいたりします。逆に体脂肪が少ないと筋肉がしっかりとついていて引き締まっていることもあるのです。

そこで、痩せる際にはBMIと合わせて体脂肪についても確認をしていくようにすると適切な体型を見出すことができます。健康的で美しいシルエットを作るためには体重と体脂肪が適切なものになることが必要です。そこで体重を図ってBMIを求めると同時に体脂肪計を利用して体脂肪についても確認するようにしましょう。

指標としては役立つが体脂肪も加味して健康的な体重か判断する

最近では隠れ肥満という言葉があり、見た目には標準的であったり痩せていたりしても実際に体脂肪を計測すると肥満であるということがあるのです。そういった人は内臓脂肪がついているために目に見えない部分にたくさん脂肪がついています。そこで、体脂肪もきちんと計測しておくようにして、体脂肪が高い場合には運動をして少しずつ内臓脂肪を落とすようにしましょう。

標準体重になるために肥満の場合にはダイエットを

標準体重になろうとする際、現在かなり標準体重と乖離があるという人はしっかりと本格的なダイエットに挑戦することが必要です。ダイエットも目標体重によってはかなりハードなものになります。そこできちんと目標を立てること、ルーティンを決めることで頑張りやすいです。

ダイエットをする際には食事と運動が大切です。偏ったものにしてしまったり無理なものにしてしまったりすると病気を引き起こしたりリバウンドをしたりします。特に無理な食事制限をしてリバウンドするとすべて内臓脂肪になるためにとても危険です。緩やかにそして確実にダイエットが成功するようにきちんと食事をしながら運動をしてダイエットをするようにしましょう。一か月で10キロ痩せるような無理なものではなく月に1キロ落とすような緩やかなものにすると続けやすいですし体調を崩すことなく行えます。

まとめ

ダイエット

ダイエットをする際、きちんとした目標がなくやみくもに行っていてもなかなか効果は出ないですし、無理なダイエットをしてしまうと健康を害する危険があります。そこでBMIを使って適切な体重を知るときちんと無理なくダイエットができます。BMIにもいろいろな目標数値がありますし、BMIではわからない体脂肪の問題もありますから、きちんと体脂肪や見た目のスタイルを確認しながらダイエットを進めることが大切です。食事と運動にも気を付けつつも、無理なく痩せて美しく健康的なプロポーションを手に入れられるようにしましょう。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.