感動・泣き

お酢の健康効果と摂取の際の注意点!

投稿日:

お料理に欠かせないお酢、実は大変優れた健康効果を持ったスーパー食材なのです。わたしたちの体にどのように働きかけるのか、詳細についてのお話と摂取する時に、どのような点に注意すべきなのかをまとめてみました。

お酢の健康効果

酢酸で食欲増進と消化吸収向上

古代から人々の生活を支えてきたお酢の主成分は酢酸です。そのうち食材として利用されているのがビネガーになるわけですが、弱酸性による酸っぱさと刺激的な香りが脳を刺激して、唾液や胃液の分泌を促進させますから、胃の働きも当然ながら活発になります。

そのような事から食欲が増進するのと同時に、消化吸収も活発になります。ここまで聞くとダイエットを志している人は、脅威を感じてしまいそうですが、まったくの取り越し苦労である事が、これから少しずつわかってくるはずです。

高血圧を予防

酢酸は体内に入ると状況に応じて様々に形を変えます。その1つがアデノシンで血管を膨張させる成分です。血管が膨張すれば必然的に血流が促進させますから、血圧が上がりにくくなります。さらに弱酸性とは言ってもやはり酸っぱさが際だっていますから、塩気がなくても充分においしくいだけるものが増えていきます。

こうして高血圧がこれ以上悪化しないようにわたしたちの体を守ってくれる、頼もしい存在でもあるのです。高血圧で悩んでいるようなら、マヨネーズやドレッシングの代用品として、きょうからお酢をメーン調味料として大いに活用していきませんか。

疲労回復

酢酸はまた体内でクエン酸に変わる事もあります。クエン酸はレモンや柑橘類あるいは梅干しにも含まれている、強い酸味を持つ成分です。食品添加物や、レモンジュースなどでもおなじみの成分です。クエン酸は体内に取り込んだ栄養素を燃焼して、エネルギー変換するTCAサークルによって生み出されますが、回路の循環をスムーズにしていく働きもあります。

活性化酸素による悪玉菌を除去したり働きそのものを抑制したりと、体内浄化を促進させるという、大切な役目も担っているのです。結果的に疲労回復につながります。

コレステロールの抑制

体内浄化の一環として、体内に蓄積された老廃物を排出させるのと同時に、悪玉コレストロールの生成をも抑えますから、太りにくい体を作ります。酢酸の機能は内脂肪にも影響を与えますから、ダイエットを目指す人は大いに酢酸の効果を利用しましょう。この効果は1日大さじ一杯分の酢酸を取り込むだけでいいのです。

酢酸は食欲増進、消化吸収の促進さらにエネルギー燃焼、悪玉コレストロール生成の阻止と、体に良い事をいくつもしてくれますから、ダイエットを目指す人は酢酸を積極的に取り込む事を考えましょう。

お酢の効果を得るためにおすすめの食べ方

食事の最初にお酢を摂取

太りたい時や食欲減退で困っている時なら、食事の最初に大さじ1杯程度を、まず摂取してからいつもの食事をする事で、食欲増進および消化酵素を増やしますから、食が進みます。血糖値をゆるやかにする機能もありますから、1日大さじ1杯を目安に摂取するのがおすすめです。ダイエットをしたいならお料理にお酢を振りまくか、キャベツサラダにドレッシング感覚で、お酢を振りかけて食べるのも、朝から活気に満ちた生活を切れるので、よろしいのではないでしょうか。

飲むお酢は食事中か食後

ドリンクとして飲むなら食事中か食後にした方が賢明です。お酢の酸味はかなり強烈ですから、お料理用の常備品をそのまま飲むのは、胃や腸の壁が荒れる可能性がありますし、食道を通った時に胸焼けのような感覚を体験する事になります。ましてや体力の弱っている高齢者や児童にはおすすめできません。
最後に果実酢あるいは黒酢などを水で割って清涼飲料水の感覚で楽しめます。ちまたで人気のりんご酢やサワードリンクなどは、特に蒸し暑い時にはのどごしもよく、体力増進という意味でも最適なドリンクです。

空腹時には飲まない

空腹時に飲むのは胃酸過多を引き起こす可能性もあり、あまりおすすめできません。ダイエット効果が高いのは確かですし脂肪燃焼力もすぐれていますが、反面唾液促進、胃腸の活性化や新陳代謝の改善など、様々いい事があるのですが弱酸とはいいつつやはり、直接口にするとかなりきつく感じるはずです。

胸焼けもするでしょう。口や食道あるいは胃の粘膜が荒れてくるなど、あまりに刺激が強いのは体に負担をかけますから、やめましょう。ドレッシングの一部として野菜のみじん切りにかけて、食べる分には問題ありません。

毎日飲む

健康維持あるいはダイエットとして飲むのであれば、1日大さじ1~2杯程度の割合で、毎日続けるのがオススメです。特にお風呂上がりや運動の後に水割りで飲めば、ほてった体を優しく冷ましてくれますし、次の日の筋肉疲労予防としても、理想的な健康ドリンクになるでしょう。酸が若干きつめですから大人の間だけで通る楽しみです。腸内環境を整える健康ドリンクとしても良い食習慣になります。

お酢を飲む際の注意点

希釈タイプは希釈する濃度に注意

今やお酢の健康効果が多くの人々に知られるようになった事により、コンビニや酒屋あるいはスーパーなど街のいたるところで、多種多様な飲むお酢を見つけるようになりました。最もよく目にするのは黒酢やりんご酢などですが、種類は様々あって撰ぶのにも困ってしまうほどです。よくみると水で希釈するものもあり、濃度が問題です。高濃度のものはその分栄養価も高いと思いがちですが、栄養価以前に酸がきつすぎて、体への負担が強くなります。

説明書をしっかり読んで適切な濃度にしてお飲みください。コンビニで見つけるジュースは希釈済みのものが多く、そのまま飲めますが生で飲むお酢は高品質で安心感が持てるものが多いのも事実です。特に二日酔いの時などはオススメです。ぜひ積極的に生活に取り入れていってください。

胃腸の弱い人や子供は要注意

10倍以上に希釈された低濃度のお酢ジュースならまだしも、そうでない場合は胃が弱い人や子供あるいは高齢者などは、飲み方に注意が必要です。やはり酸は酸なので胃の粘膜を溶かし、食道の壁も傷つけるかもしれません。男性の多くは酸っぱいものが苦手と言う人もいますから、無理は禁物です。ミルクに混ぜるとカルシウムが酸に溶けて、飲みやすくなります。さらにハチミツをほんの少し垂らしてみると、また飲みやすさが増します。

過剰摂取は体に良くない

なにごとも過ぎるのはよくありません。昨今お酢の栄養価が見直されてきた事もあって、お酢ブームのようになっていますが人間の体に取り込める栄養成分量には、限りがありますから1日に大量飲んですぐやめてしまうよりも、少しずつ飲みながら毎日継続して飲む方が、健康的ですし長く続けられるこつでもあります。

サワークリームに利用されるだけあって、お酢は体を冷やしやすいのです。冷え症の人はホットドリンクにして飲むのもオススメです。温かい飲み物に混ぜて飲むのも良いでしょう。それぞれに工夫をしながらお酢ライフを楽しんでください。

就寝前に飲むのは避ける

やはり酸は酸なのです。歯を溶かしてしまう可能性が大きいですから、お酢を飲んでそのまま就寝という形はなるべく避けましょう、お酢を飲むのは食事中が良いとされる理由の一部は、そういう事もあるのです。口に含んだ食物で酸がぬぐわれるような形になりますから、まだいいのですが食後に飲む時も高濃度なものはなるべく避けた方が無難です。

飲んだ後は必ず水で口をゆすぐようにしてください。それでもあえて飲むならストローで直接のどの奥へ誘導する形が、良いのではないでしょうか。

まとめ

これまで調味料の1つとして脇役に徹していたはずのお酢が、のきなみ脚光を浴びるようになって、健康飲料の主役に躍り出たというのは、健康志向が高まってきた現代だからこそのものでしょう。でも生活の一部として健康飲料のお酢が定着するのは、なかなか大変そうです。注意点を守りながらお酢との快適な生活を形にしていってください。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.