感動・泣き

乳首がかゆい人は多い!かゆみの原因と対処方法

投稿日:

乳首がかゆくなる時があります。自分だけがそうなのだと思っているなら安心してください。実は多くの人が体験しているからです。でもなぜかゆくなるのでしょうか。対処方法はあるのでしょうか。かゆくなる原因と正しい対処方法についてお伝えします。

乳首がかゆい原因は下着にある?

締め付けが強い下着に注意


デリケートな部位だけに下着の素材が合わないとか、動くたびに下着の生地が乳首の周辺ですれるとか、こういった事が災いしてしばしばかゆみが生じる事もあります。あまり強い締め付けをしない方がお肌の保護のためにも正しい対処方法となります。背中のホックがあるタイプであれば、少しゆるめにしてみるのも良いでしょう。バンドも肩に食い込むほど強く締め付ける事はオススメしません。人差し指が軽く入るくらいの余裕を持たせるようにしましょう。その上でかゆみが続くようなら早めに専門医を受診してみた方が安心です。

化学繊維が肌に合わない場合もあります


化学繊維の材質に肌がかぶれてしまう人をたまにみかけます。特に元々アトピー皮膚炎を持っている人に、多く見受けられる症状でもあります。お布団や敷布を含めて綿100%の素材を使っている人も時々みかけます。市販されているものは化学繊維のものが多く、綿100%素材というとあまり安く購入できない事も多いのですが、お肌をかきむしって傷になってしまったり、乳首から血がにじんできたりするようであれば、多少高額でも天然素材のものを身に付けるようにしましょう。

これら天然素材下着の良いところは、汗の吸収力が優れている点です。デリケートな乳首を清潔なまま維持する意味でも、オススメ素材です。仮に近隣にショップがないとしても通販でも安く手に入りますから、あきらめずに探してみてください。

通気性が悪い下着でかゆくなることも


安い下着の多くは通気性に乏しく汗がそのまま吸収される事なく、肌を流れ落ちるタイプのものを多く見つけます。やはり下着もある程度の価格のものを見繕った方が安全な場合もあるのです。通気性の良い天然素材のものは汗をかいても、蒸れる事なく1日気持ちよく過ごせるものが多いですから、これを機に通気性がよく快適に過ごせる素材の下着を探してみてはいかがでしょうか。乳首を清潔な状態で維持していく上でも、通気性に富む下着はオススメです。

サイズが合っていない下着が原因でかゆくなる場合も


下着はサイズがあうものを装着すべき事は、様々な人から指摘されますが、バストダウンの原因になるだけではなく、お肌にとっても良くない事が現実に起きてきます。実際のサイズよりも小さめな下着は、乳首が常に摩擦されて皮膚がすりむけたり、やけどのような痛みを負ってひりひりしたりなど、不快な体感をしまし、精神的にもストレスが蓄積されて生活そのものにも支障をきたすようになります。

再度自分のカップサイズを計測しなおすか、お店で正しいカップサイズを測定してもらい、自分の体にフィットした下着を装着してみてください。さらに保湿クリームでお肌を保護する事も忘れないでください。

乳首がかゆい原因は、体質や肌質にも原因が!

乳首が乾燥しやすい方はかゆくなりやすい

乾燥肌の人の多くは乳首も乾燥肌でかゆみを生じています。特に生理前から生理中の間肌は敏感になりますから、なおさらかゆくなるのです。バストアップクリームの多くが、保湿成分を豊富に含むようになりますから、バストアップケアの際に乳首にも適量塗布してしっかり保湿を保つ事も、かゆみ予防になります。

乳首はデリケートゾーンですから、乳首だけが乾燥ぎみという人もいます。通常お肌の角質層がバリアのような役をして、乾燥や雑菌からお肌を守っているはずなのですが、デリケートゾーンに関しては、そのバリア機能が充分に機能していない状況です。特に乾燥しやすい冬はとてもつらい時期になります。しかしながら乳首専用の保湿クリームというのは数少ないのが現状です。保湿力があって通気性も良い下着を撰ぶか、保湿性のあるスキンクリームで代用するかなどして、乳首の保湿につとめてください。

乳首がデリケートだと、下着の素材でかゆくなることも

乳首は恥部と同じく他の肌部分以上にデリケートですから、下着のちょっとした摩擦でもかゆみが生じる事がしばしばおきます。どのような素材の下着を撰ぶかが重要になってきます。綿などの天然素材の下着は保湿効果と共に、通気性も良く汗の吸収力も優れた素材である分、お肌に優しく出来ています。下着を撰ぶなら天然素材を撰ぶようにしましょう。

ブラパッドを装着する時も化学繊維のスポンジではなく、コットン素材で肌触りも良いものを撰ぶ方が、賢明です。今保有している下着が化学繊維であるなら、コットンやタオル生地を間に挟み込んでも良いでしょう。

生理前など、女性ホルモンのバランスによってかゆみが増す場合も


乳首は女性ホルモンの影響を直接受ける場所でもありますから、ホルモンバランスが崩れやすい生理前や妊娠中は、特につらい思いをする事が増えます。思春期や小学生でも乳首のかゆみを、強く感じるのはそのためです。ホルモンバランスが乱れると、更年期障害やいらいら、不眠症、新陳代謝の乱れ、あるいは血行障害などを発症しますし、これらそのものがアンバランスを引き起こす原因にもなるのです。

これらの悪循環を断ち切るためにも、生活を全般に見直してみて、改善できるところから改善していく事で、かゆみが緩和される事もあります。女性らしい体作りに貢献しているのはエストロゲンですが、そのエストロゲン分泌を促すサプリや食品を、普段よりも若干取多めにとり入れてみるのも、1つの方法です。代表的なものに大豆を含む豆類や、納豆あるいは豆腐などがあります。他のケアと合わせて検討してみたらいかがでしょうか。

ストレスを受けたときや、食事の内容でかゆくなるケースも多い


ストレスの蓄積、偏食、高カロリーな食生活など、これらの状況は容易に女性ホルモンのアンバランスを引き起こし、乳首の皮膚感覚を過敏にします。ストレスは不眠や疲労感を増幅させ、また新陳代謝を沈滞させると共に血行不良をも引き起こしますから、乳腺に必要な栄養が充分に行き渡らず、バストダウンにつながっていきます。食生活の偏りも女性ホルモンのバランスのためには禁物です。

ストレスを溜めないように、自分なりの解消法を見つける事も大切ですし、食生活の見なおしをしてみて、改善すべき点が見つかったら、適切なメニューを自分なりに考えてみるのもオススメです。食生活で補えない要素はサプリで補うのも良いでしょう。ちまたで注目を集めているのは、大豆イソフラボンやプエラリア配合のサプリメントです。これらは女性ホルモンの一種エストロゲンに近い成分を含んでいる事で、評判となりました。

乳首がかゆい原因にはこんなものも

乳がんや乳腺炎などの病気が原因でかゆみが起きる

乳首のかゆみがあなどれないのは、乳ガンや乳腺炎でも生じる点です。かゆいから乳ガンと決めつけるのは早計ですが、きちんとケアをしている事に加えて、食生活や生活習慣も通常通りであり、なんら思い当たる事がないようなら、早めに専門医を受診しましょう。乳首から血液や膿などが分泌されるなど、通常あり得ない異変がおきているなら、病気である可能性が高くなります。オススメは乳腺を専門に診てもらえるところですが、念のため皮膚科も受診してみてください。

カビが原因でかゆくなることが実は多い

にわかに信じがたい事ですが、人間の皮膚に住みついて痛みやかゆみを引き起こすカビがあるのです。水虫やタムシなどはその一種です。おおよそカビが生えやすい環境と言えば、適度の皮脂など湿気があり温度もそこそこにあるような環境ですが、乳首はまさにカビにとって天国になりやすい場所なのです。人体を食い物にするカビは顔ニキビの原因として知られるアクネ菌や、マラセチア菌などがあります。

マラセチア菌は顔を含めてほぼ全身にできる雑菌ですから、乳首にもできます。アクネ菌同様に常に表皮に常駐している菌で、石けんをつけてごしごし洗ったくらいで、除去できるものではありません。ほとんど痛みもかゆみもないのですが、体力が弱ってきたかなんらかの理由で、免疫機能が低下してきたりすると、かゆみなど炎症を起こす事はあります。汗をかきやすい夏は特にカビに要注意です。

バストアップクリームなど、ケアアイテムが乳首に合っていない

バストアップケアとして専用クリームを常備している人は多いでしょうが、市販されている製品がすべて肌にあっているとは限りません。天然由来の原料を豊富に混合されていると、説明が書かれてあったとしても、成分表を見れば他にも複数の薬品名が、明記されているのがわかります。そのどの成分がどのように自分の体に反応するかは、素人では判断できませんから、使用前に必ずバッチテストをしてみるのが、オススメです。

今使っているクリームに混合されている、いずれかの成分による炎症がおきて、かゆみになっている場合もあるのです。もし皮膚に異常がおきた時は使用を止めて、皮膚科もしくは乳腺科を受診してみましょう。

ゴシゴシとこすった結果、かゆみが出る人も多い


乳首は雑菌がつきやすいですから、清潔にしておくべきなのですが、だからといってごしごし磨けば良いというものでもないのです。特に垢落とし洗剤として人気のあるスクラブなどで、敏感な乳首をごしごし磨けば刺激が強すぎて、必要以上に皮脂を落としてしまいかねませんし、皮膚を傷めますからオススメできません。結果によっては炎症を引き起こす事もあるのです。

オススメは無添加および天然由来の肌に優しい石けん、あるいは弱酸性の肌に優しい洗剤を、しっかり泡立ててから弧を描くように、乳首はもちろん乳輪もやさしく洗い落としましょう。保湿クリームもしくはジェルを入浴後に塗る事も忘れないでください。

乳首がかゆいときには、原因に合わせた対処方法を

下着は綿など、通気性があり、肌に優しいタイプをチョイス

乳首がかゆくてしかたないのに、恥ずかしくて誰にも相談できずに1人悩む人も多いのです、がかゆいのを我慢せずに原因に合わせて、対処方法を行う事が重要です。原因が下着の選択にあるなら綿など通気性がよく、汗の吸収力も良いものに変えるのも、良い解決方法になります。汗の吸収力が改善されれば、乳首を清潔にしておく事もできますから、炎症予防にもなります。下着は常時身につけるものですから、洋服以上に気を配りたい部分です。

下着のサイズは自分に合っているものを選ぶ

乳首はとてもデリケートな部分なだけに、刺激にとても弱いのです。下着は実情にあったサイズのものを装着する事によって、余計な摩擦を防ぐ事につながります。バストダウンをも防げますから、下着のサイズが自分のカップにあっているかどうか、再度計量し直してみましょう。専門ショップによっては、専門スタッフが正しい方法で計測してくれる事もあります。

自分の体にあった下着を装着する事で、今まで味わった事がないほどの開放感を体験できる事でしょう。メンタル面でも良い効果をもたらしますから、正しいサイズの下着を身に付けるのは、実は健康的にも意味がある事なのだと気付かされます。

病気など、根本原因をケア

かゆみを放置する事は、実はとても怖い事なのです。乳ガンの症状の1つにかゆみがあるからです。最も多い理由は乾燥なのですが、検査してみないと素素人では判断しにくい事もあります。昨今問題になったのはレントゲン検査では発見できない乳ガンの存在です。少少お金はかかりますが年に一度でも、人間ドッグを利用してみるのもオススメです。

乳腺科が近隣にない時でも婦人科が診断してくれる事も多いのです。乳ガン検診を実施しているクリニックなら、なお安心です。かゆみだけの場合もありますが、陥没していたりただれや色素沈着が、起きていたりすることもあります。

かゆくてもかかずに我慢する

強いかゆみがあるとつい掻きたくなるのですが、乳首表皮を傷つける事になり、その傷口から雑菌が混入して深刻な症状を、引きおこす事もあますから要注意です。特にアトピー性皮膚炎の人に多く見られるのですが、どうしても我慢できないかゆみがあるなら、やはり皮膚科か婦人科あたりを受診した方が安心です。

かゆみが乾燥から来ているなら、保湿クリームを塗るだけでも違いますし、授乳中でケアに制限があるなら赤ちゃんが口にしても安心な、天然由来の薬用クリームで対応する方法もあります。乳首を冷やすなどの方法も検討してみてください。

乳首がかゆいときには保湿ケアを行いましょう

保湿ジェルなどを使ってしっかり保湿


乳首のかゆみの大半は乾燥である場合が多いのです。保湿ジェルやクリームで対応できます。小さな傷によるかゆみに対しても、やはり保湿対策が最適です。様々なメーカーから多種多様な保湿クリーム、ないしジェルが市販されていますから、試してみるのもオススメです。バストアップクリームには保湿成分がたっぷり配合さえているものも多々あり、乳首にもそのまま使用できるものが、大半ですからバストアップケアのついでに、乳首ケアをするのが簡単です。

最も安心できるのはクリニックから処方されたものですが、経費もかかり敷居が高いものも多く、手軽に手をのばせないものも多々あります。市販されたものであっても、薬用と表記されているものが安心です。肌にあうかあわないかは使用してみないと判断が難しいですが、クチコミサイトも参考にしながら体にあうものを探してみてください。

傷がある場合は薬を使ってケア


かきむしったり乾燥したりして傷があると、クリームを塗るにも抵抗があるかもしれません。特にアトピーなどで傷をつけてしまったとなると、なおの事治りも悪くなりますから、とても辛くなります。皮膚科で薬を処方してもらう事で、改善する事もあります。特にマラセチア菌に感染していると自力での完治は難しいのですが、抗真菌外用薬あるいは内服薬を処方される事で、症状が緩和されていきます。

かゆみ止めの中には一般の薬局やドラッグストアでも、購入できる安価なものもあります。かきむしった後の傷でも、対応できるものもありますから、試してみる価値はあります。注意点としては他の薬と併用すると、化学変化をおこして悪化するものも多々ありますから、オススメできない点です。数日試してもかゆみが改善されないようなら、素人判断で対応するよりも、皮膚科を受診した方が安心です。

保湿ケアは自分の肌に合っている商品を選びましょう


保湿ケアの重要さは様々なところで、耳にすることですがメーカーによって、成分や効果の表れ方に若干の違いがあります。ケア商品の選び方が問題です、お目当ての商品を見つけたら、成分表を確認してみて天然由来成分が配合されている事と、弱酸性である事を確認してみましょう。バッチテストを最初にする事も、自分にあう商品を撰ぶ際の目安になります。

多くの商品ではお試し商品と言うことで、通常価格よりも安く提供されているものが、増えてきましたからお試しがしやすくは、なってきました。定期購入が原則必須であるものも多いのですが、こうしたサービスを利用してお得に試してみるのもオススメです。初めて購入する場合はクチコミを参考にしてみるのが安全です。

生理周期など、タイミングに合わせて保湿ケアを変える事も大切

生理の際は女性ホルモンのアンバランスで、皮膚がかなり過敏になっている時ですから、普段はなんでもないような事が、やたら刺激になっている事も多いのです。保湿ケアは元々人体にある成分を利用しているものもありますが、一緒に混合されている他の成分で、乳首が過剰反応してしまう事もあるのです。芳香剤が含まれているものもあり、体質的に合わないという事もあるでしょう。

皮膚が過敏になっている時は保湿ケアも別のものに変えてみるのも良いかもしれません。バストアップケアの過程で保湿もしているという人も、増えていますが、プエラリアなどは刺激性の強い成分ですから、過敏になっている時は避けた方がいい場合もあります。担当医師と相談しながら自分の今の体質にあったケア商品を撰ぶ事もオススメです。

まとめ

乳首のかゆみをテーマにして、様々な原因や対処方法を検討してきましたが、単なるかゆみと思って軽く考えると、後が怖い事になる事もありえると知り、愕然とした人も多いかもしれませんが、大半は乾燥である場合が多くかゆみがおきたら乳ガンと考える必要はありません。まずは保湿ケアやかゆみ対策を自分なりにしてみて、その間に異常が認められたなら、皮膚科もしくは婦人科などを受診してみたらいかがでしょう。目安は10日から3週間です。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.