感動・泣き

酵母ダイエットの効果とコツは?正しいやり方で効率的に痩せよう!

投稿日:

パンを膨らましたりミソになったりはたまたワインやビールになったりする、あの酵母でほんとに痩せるのでしょうか。話題の酵母ダイエットとはどのようなものなのでしょうか。様々なダイエット法で失敗してきたダイエッター必見の情報です。

酵母ダイエットとは

食事と一緒に酵母を摂取

通常ダイエットというとプロティンのようなタンパク質の粉を、水に溶いたものを食事と置き換えて摂取カロリーを抑えるものや、酵素断食のように酵素液を飲みながら食事を絶つというように、食事を他のサプリなどと置き換えるといったものが多いですよね。

それに対し酵母ダイエットの場合は、普段の食生活を送りながら酵母も合わせて食べるスタイル。つまり食べる事をやめなくても良いという面では、人の体に優しい柔軟スタイルのダイエット法です。このような点が多くの女性たちから支持を集めているのでしょう。

酵母はサプリメントで摂取

酵母を食べると言っても直にイースト菌を食べるという事ではなく、サプリになっているものを食べます。酵母菌と言う言い方もありますから菌なのかと思いがちですが、酵母とはまさに真菌と呼ばれるカビの一種です。

菌には人を病気にさせるカビもありますが、ワインやビールあるいは味噌のように発酵させるためのカビもあります。それらは自然界の樹液や果汁あるいは淡水や深層海洋水にも含まれているものであり、人の体にも良い効果をもたらす性質のものがほとんどです。酵母もそのような菌の一種とされています。

多くの酵母は胃酸に弱く常温では発酵が不安定になりやすい性質があり、熱にも弱いですから管理が大変なものが多いのです。しかしサプリになったものは、特定の技術によってこれらの問題を克服出来ていると言われています。ミネラルやアミノ酸あるいはビタミンが豊富に含まれていますから、ダイエットしながらも体に必要最低限の栄養を届けてくれるものではあります。

サプリメントは食前か食後に摂取


酵母は食前か食後に摂取すればよいでしょう。

ビール酵母ダイエットというのも一時期注目を集めましたが、こちらは粉末状のものを水に溶いて一食おきかえにする、一般的なダイエット法です。イースト菌ダイエットは食事を置き換える必要がありませんから、食前か食後に摂取すればOKなのです。

食事制限の苦しみから解放

食べる事が何よりも大好きという人には、食事制限を受ける事は何よりもつらく苦しいに違いありません。実際そのつらさに耐えられずに何度も挫折しては体重がさらに増えてしまったという人も多いはずです。とにかく長続きしないという人もいるでしょう。酵母ダイエットは服用するタイミングを間違えないようにする以外には特に注意点がないですから、面倒くさがりの人でも安心して継続できる点は魅力です。

酵母ダイエットのコツ

食前向きか食後向きを確認

酵母にはパン発酵に使うイースト菌以外に、納豆発酵に使う納豆菌、酒や醤油を製造する粕、豆腐を生成するにがり、ビールに使うビール酵母などがあり、サプリメントも様々なタイプに別れます。食前に飲むタイプは体内に取り込んだ後水分を吸収しながら発酵を続け、それに伴い炭酸ガスが発生するので、胃袋が膨張して満腹感を持たせてくれます。

これによって普段の食事が入らなくなるゆえに、摂取カロリーが減少して体重が落ちていきます。このタイプを利用する場合は食事の30分以上前あるいは起床直後がオススメです。ビール酵母ダイエットがその代表的なものです。

食後に飲むタイプの場合は、摂取した食品から悪玉コレストロールの吸収や脂肪燃焼あるいは糖質をエネルギーに代謝させる事で、脂肪の蓄積を抑制するという、いわばデトックス効果を促進させるためのサプリです。いずれになるかはメーカーによって違いますから、どちらのタイプになるのかを確認して、適切な時間帯に飲む事がダイエット成功の秘訣です。酵素ダイエットは酵母ダイエットとは基本的な部分が違うのですが、両方のいいとこ取りのようなタイプのものも市販されています。

効果がなくならないよう水かぬるま湯で飲む


そもそも酵母菌は胃酸や熱に弱く、体内に取り入れていった時にすぐ消化されていってしまうのが特徴です。さらに体内に取り入れた時に水分を大量に吸収していくゆえに、ひどくのどが乾いたり便秘に陥ったりする事があります。そのため、水もしくはぬるま湯と一緒に飲む事と水分を多く摂取することがおすすめ。ジュースやお茶で飲むと本来のあるべき発酵の形をとらなくなる事があるので注意が必要です。

摂取のタイミングを考える

しっかり食事を取らないと空腹感に勝てない人や、大食漢で肥満になってしまったような人は、食前に飲む酵母ダイエットの方が取り組みやすいかもしれません。脂肪を落としたい人やメタボリックシンドロームを指摘された人などは、デトックス効果の高い食後に飲むタイプの方がオススメです。

ともかくもしっかり結果を出したいなら、メーカー推奨のタイミングに摂取しなければ、ダイエットの意味がありません。その際にはミネラルやビタミンあるいはタンパク質など他栄養素が豊富に含まれているものを選ぶのが重要です。

味に好みがあるので飲みやすいものを選ぶ

酵母ダイエットが続かなかったケースで味があわなかったという声もあります。確かにいくら効果が期待できるとはいえ、まずいものを我慢して飲むのはつらいものです。ましてや酵母菌ダイエットのように特定の菌発酵を行うものは、飲み合わせも考えなければいけませんから、好みにあうものを選ぶのが最適です。しかしながら研究は進んでいますから少しずつですが、味の良いものも出回るようになりました。クチコミも参考にしながら探してみてください。

酵母ダイエットの効果

デトックス効果による肌荒れ改善


糖はエネルギー代謝するために重要な成分ではあるのですが、過剰摂取によって体内に増えすぎると様々な悪さをするようになります。タンパク質と結合して細胞を次々と破壊していきます。その結果老化促進成分を作り出してシミやしわ、たるみを引き起こす事に加えて、活性化酸素を促進させ代謝機能を抑制する事により血管をも悪玉コレストロールにより汚していきます。いわゆる糖化を招くのです。

酵母菌には免疫機能もあると言われていますから体内に侵入した病原菌を体外に排出させる効果も期待できます。

成功することによりストレスの軽減

酵母ダイエットにより脂肪燃焼の促進や新陳代謝の改善などが進めば、寝不足や疲労感なども改善されて、ストレスも軽減されていくはずです。

整腸作用による腸内環境の改善

生きた酵母が体内に取り込まれると善玉菌に吸収されて、腸内での消化酵素となって新陳代謝を促進させます。酵母の多くは食物繊維から出来ていますから、整腸作用にも優れています。腸内環境が改善される事によって様々な栄養成分やビタミン群を作りだし病気に強い体を作る効果も期待できます。ビタミンの多くはエネルギーに還元されて、毎日を生き生きと生きていく事ができるようになります。

脂肪燃焼効果による生活習慣病対策


酵母はこうした糖化の原因となる糖を食べながら発酵作業を腸内で進めていきます。その際にアルコールや炭酸ガスが発生して体外に排出します。生きた酵母を取り入れる事によって、老化の原因となる増えすぎた糖を吸収してくれますから、肌荒れがみるみる改善され、発酵の過程で酵素も生成されます。こうした糖質カットにより脂肪が蓄積しにくい体をつくっていくのが、酵母菌の主要な働きの1つです。

まとめ

酵母ダイエットはパンを発酵させて大きく膨らむ働きを腸内で行う事によって、様々な健康的メリットを与えてくれる、ありがたいものであるのと同時に、自然に近い形で痩身を体験できる優れたダイエット方法です。お好みの味を楽しみながらデトックスも体験できるのは魅力です。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.