感動・泣き

コレステロールはサプリでも下げられる!「コレステ生活」を紹介!

投稿日:

コレステロールという言葉に馴染みはあっても、コレステロールの特徴や種類、実際にどんな影響を及ぼすのかをご存知でしょうか。飽食の時代とも言われる現代において、健康診断で「コレステロール値が高い」という結果が出る人も多いと思います。コレステロールによって病気を引き起こす可能性がありますので、健康リスクを低くするためにも、コレステロールについてきちんと理解しておくことが大切です。

コレステロールとは?

HDLコレステロール(善玉コレステロール)

コレステロールとは、血液中にある脂肪分の1種です。細胞膜や男性ホルモン、女性ホルモンなどの材料にもなり、ビタミン類を代謝する働きもありますので、ダイエットの観点から敵視されがちな脂肪分ですが、本来、人の身体にとって、重要な役割を持つ大切な成分となります。

コレステロールには、HDL(善玉コレステロール)とLDL(悪玉コレステロール)の2つに分かれており、HDLコレステロールとは、体内で余分となったLDLコレステロールを引き抜いて肝臓に戻す役割があり、善玉と呼ばれています。

LDLコレステロール(悪玉コレステロール)

善玉に対して、LDLコレステロールは、肝臓で作られたコレステロールを全身に運ぶ役割をするコレステロールです。2つのコレステロールはどちらも不可欠で、一定の量を保ちながら存在しています。

コレステロールは約60~70%が肝臓や小腸で合成されて作られます。残り約20~30%を食事から摂取して補っています。体内のコレステロールの量は、一定のバランスを保とうとする機能によって、常に安定しているのですが、過剰な脂質の摂り過ぎや、偏った食生活などの要因によって、コレステロールの量が増えてしまうことで、動脈硬化や他の病気を引き起こす原因となります。

コレステロールが高いとどんな危険性がある?

血液がドロドロで流れにくい状態に

血液中の脂肪の量が多い状態、つまり、血液がドロドロで流れにくい状態になっていることを「脂質異常症」と呼びます。血中コレステロール値や、中性脂肪がある一定のレベルを超えると脂質異常症と診断されます。高血圧の人は、この脂質異常症に注意が必要となります。高血圧の場合、通常でも血管に圧力がかかっている状態ですので、血管が破れやすくなっています。この状態で脂質異常症になると、血液はより流れにくくなり、脳梗塞などの重篤な症状を引き起こす可能性があります。

動脈硬化や心筋梗塞などのおそれも

脂質異常症を発症すると、動脈硬化や心筋梗塞などの血管系の病気のリスクも高まります。血中コレステロール値が高くなると、HDLコレステロールが、LDLコレステロールを回収しきれなくなります。血管内で溜まってしまったLDLコレステロールは、血管の中に潜り込み、血管を固くして動脈硬化や心筋梗塞の原因となってしまうためです。この状態を、脂質異常症の1つである「高コレステロール血症」といいます。脳の血管が詰まれば脳梗塞となり、心臓で詰まれば心筋梗塞となってしまいます。脳血管疾患と心疾患は、自覚症状がほとんどないことから、「サイレントキラー」と呼ばれており、ある日突然発症する危険性があります。

LDLコレステロールを下げるには?

食事改善!不足している栄養素を摂取

コレステロールは、食べ物から摂取して補う割合は約20~30%で、約70~80%を体内で生成しています。食事からの摂取が少なければ、体内で多く生成するよう身体が働きかけます。つまり、LDLコレステロールを下げるには、食事改善を行い、不足している栄養素を摂ることで、体内での生成を抑えることがポイントとなります。

まず気をつけたいことは、「動物性の脂質を控えること」です。脂身の多い動物性脂質はLDLコレステロールが作られる材料となりますので、摂取を控えることで生成を抑えます。脂を摂るのであれば、青魚に含まれるDHAやEPAには血液をサラサラにする効果がありますので脂質異常症の改善にも効果があります。意識的にDHAやEPAの脂を摂るようにしましょう。

コレステロールを下げるサプリを摂取

生活習慣病とも言える脂質異常症には、生活習慣の見直しや食生活の改善が望ましいですが、ストレスの多い現代人にとって、生活スタイルは簡単に変えることは難しいかもしれません。その場合には、積極的にサプリメントを活用しましょう。DHAやEPAなどの青魚の脂は焼くと半減してしまいます。このことからも、効率良く摂るためにはサプリメントがおススメです。

コレステロールを下げるサプリメント「コレステ生活 」を紹介

コレステロール 悪玉コレステロール LDLを下げるサプリ コレステ生活 機能性表示食品 1袋62粒入

悪玉コレステロール値を下げる

「コレステ生活」に含まれる松樹皮由来のプロシアニジン(プロシアニジンB1として)が、悪玉コレステロールを下げる効果がありますので、悪玉コレステロール値が高い人に特におススメです。

総コレステロール値を下げる

先述したように、「コレステ生活」には、フランス南西部で育った海岸松の樹皮から抽出された、注目の自然素材である「フラバンジェノール」の有用成分として、プロシアニジンが含まれます。この成分により、コレステロールの吸収や、コレステロールから合成して作られる胆汁酸の再吸収を抑える作用が働き、体外に出されます。結果、総コレステロール値を下げることにつながります。

ダイエット効果もある!

ぽっこりお腹や、ダイエットがなかなか上手くいかないという方は、悪玉コレステロール値や、総コレステロール値が上がっていることが、深く関わっている可能性があります。現代人の食生活は、動物性脂肪が多く、野菜不足で、さらに慢性的な運動不足によりコレステロール値が高くなりやすくなっています。そのため血液がドロドロになり、健康にも大きな影響を及したり、痩せにくい体質になる可能性があります。

そのような日常に、「コレステ生活」1つプラスするだけで、コレステロール値を下げる効果が期待されます。コレステ生活でコレステロール値を下げることで、ダイエット効果が現れやすくなりますので、ダイエットにもコレステ生活はたいへんおススメのサプリメントと言えます。特に、40代を過ぎると、コレステロール値が高くなりがちですので、コレステ生活を活用し、効果を実感できると長く続けやすくなるメリットがあります。

「コレステ生活」の口コミまとめ

本当にコレステロール値が下がった!

もともと太っている方ではなく、健康診断でLDLコレステロールが高めと診断されたためコレステ生活を試してみました。食事制限は、栄養バランスが崩れたり、必要以上に痩せてしまう可能性があり、健康には良くないと判断しました。他にも、DHAやEPAのサプリメントを試してみましたが、ゲップが魚臭くなる気がして長続きしませんでした。「コレステ生活」は、3度ほど続けて飲んだだけで、本当にコレステロール値が下がりました。薬を飲みたくない、けれどそのままにしておきたくない、という方にもおススメだと実感しました。

食生活を変えなくても効果が出た

「コレステ生活」を平均すると2月に1袋、1年ほど続けて飲んでみたところ、先日の健康診断では、悪玉コレステロールの値が163から130まで落ちていました。特別食生活を変えていませんので、コレステ生活の効果があったのだと判断できます。

まとめ

コレステロールとは、体内にも存在する脂肪分であり、本来は身体に必要な成分ですが、バランスが崩れると血液がドロドロになって動脈硬化を引き起こしたり、さらには脳梗塞や心筋梗塞になって命に関わる危険性があります。コレステロール値を下げるために、簡単に摂ることができるサプリメント「コレステ生活」がおススメです。コレステロール値を下げるだけではなく、ダイエットにも効果的です。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.