感動・泣き

陶器・陶磁器の美しさ!和食器《しのぎ皿》が並ぶ食卓がおしゃれ

投稿日:

《しのぎ》とは技法の名前

和食器のひとつである《しのぎ皿》。

縦線の筋模様が入っているところがポイント。

陶器で出来たお皿で、器の表面にある模様がまるで菊の花のようですね。

 

陶芸教室などで≪しのぎ皿≫に挑戦している人の姿もちらほら見られるようですよ。

 

質感が違う!陶器と陶磁器の違い

陶器と陶磁器の大きな違いは、作る上で使われる材料です。

陶器は粘土系の材料から作られます。

一方で陶磁器の元となる材料は石系の材料です。

陶器で作られた器は、作り手の温かさを感じられる風合いです。

陶磁器は表面がつるっとした質感が特徴です。

【陶器】
・ざらざらとした触り心地
・色に変化があり表情がある
・鈍い音

【陶磁器】
・つるっとした触り心地
・薄手の器
・高い音

 

いろいろなタイプの≪しのぎ皿≫

 

同じ≪しのぎ≫という技法が使われた器を紹介します。

技法の入れ方や器の形、色などによってもデザインの印象が大きく異なります。

 

お皿の縁の部分に、しのぎの技法を取り入れていますね。

しのぎが入っている部分は短めです。

シンプルな模様でありながらも、華やかさを感じさせます。

 

しのぎデザインのお皿と器が登場。

陶器ならではの温かみを感じさせる色味が魅力的ですね。

波佐見焼で一龍陶苑の商品です。

どの色合いがお好みですか?

 

しのぎの技法が、なんと器の内側に入ったデザインです。

おしゃれな淡い色合いの小ぶりのお茶碗です。

波佐見焼のイベントで出会った器。

普段の食事の中に、お気に入りの器があるといいですね。

 

しのぎとの間の幅が広いタイプのデザインです。

お花の花びらのように見えますね。

こちらはニトリで販売されている食器です。

 

陶芸作家が心を込めた≪しのぎ皿≫

陶芸作家として活動している方の≪しのぎ皿≫をまとめました。

それぞれの作家さんの魅力が詰まっています。

 

陶芸作家である長浜由紀子さんの作品です。

パステルカラーの淡い色合いのしのぎ皿が並びます。

少し深さがある器なので、副菜やデザート皿としてお使い頂けます。

 

陶芸作家である山田茂樹さんの作品です。

シルエットが美しさを感じさせます。

温かみを感じさせる白色ですね。

 

陶芸作家である堂本正樹さんの作品です。

どんなお料理も受け止めてくれるデザイン。

おうちでのご飯が楽しくなりますね。

 

陶芸作家であるAyako Sasakiさんの作品です。

小ぶりのお皿は、使い勝手も良さそうですね。

色の変化が美しいですね。

 

陶芸作家である阿部春弥さんの作品です。

お皿の縁のラインが綺麗ですね。

上品さを感じさせる白さに一目ぼれです。

 

≪しのぎ皿≫のある食事風景

 

実際にしのぎ皿を活用した食事風景をまとめました。

しのぎ皿の魅力をより感じられると思います。

 

茶色の≪しのぎ皿≫が登場。

おかずが映えて絵になりますね。

和食器なので和食との相性は抜群です。

 

ワンプレートごはんいもおすすめな≪しのぎ皿≫。

深い色合いの器を選ぶことで、おかずの色味がより映える印象がありますね。

波佐見焼(はさみやき)のしやぎ皿です。

 

ご飯系のおかずだけではなく、スイーツを乗せてもしっくり。

こちらのしのぎ皿は、柴田陸子さんの作品です。

深めの色合いで風合いのある雰囲気のしのぎ皿です。

 

おもてなしのお皿としてもおすすめ。

美濃焼き(みのやき)と呼ばれしのぎ皿です。

日本でも有名な陶磁器のひとつです。

 

美味しそうな朝ごはんの食卓。

白いしのぎ皿を活用していますね。

1枚使いやすい白色を持っていると便利ですね。

 

インスタ映えする≪しのぎ皿≫

今回は、さまざまなデザインのしのぎ皿を紹介しました。

焼き方や形の違いもあり、それぞれのしのぎ皿の魅力がありましたね。

よく料理をする人、特にInstagramなどで作った料理を載せる人にもおすすめです。

陶器市なども開かれる地域もあるので、足を運んでみるのもいいですね。

 

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.