感動・泣き

【緑のネイル】おすすめデザイン集

投稿日:

世代を超えて人気を増すネイルアートの2018年度人気デザインは、シンプルな単色ものが多く特に綠ネイルに注目が集まっています。あらためて綠ネイルの人気をまとめてみました。

緑のネイルは意外と人気

オリジナリティがあり目立つ

綠といっても明度や彩度などをほんの少し変えただけでも、まったく雰囲気の違うものになります。深い緑にすると奇抜な印象を受ける事もありますが
上品さやこなれ感も発揮します。誰にもこびず自分だけのカラーやデザインにしたい人は、一度綠に挑戦してみるのも良いのではないでしょうか。

秋冬は深緑が似合う

秋冬デザインにふさわしいカラーと言えば、なんといっても深緑でしょう。クリスマスには深緑ネイルとゴールドのお星様の組み合わせで、雰囲気もバツグンです。温かみを感じさせるカラーでもあります。ネイルのデザインは無限大と言っても良いほど多種多様あり、白系のパーツを添えればエレガントな雰囲気を楽しめますし、他色と組み合わせて和風に仕上げる事のもオススメです。

春夏は明るい緑が似合う

綠は明度や彩度を変えるだけでまったく違った雰囲気を楽しむ事ができます。エメラルドグリーンに花柄を添えれば卒業式に振袖のコーディネートで、とてもかわいらしい雰囲気にまとまります。ぼかしを入れてパーツを乗せるだけで女性らしく男性受けもいい、おしゃれな感じにまとまります。明るめのマーブルデザインにすれば、見た目も涼しげで夏にぴったりです。他の指をカラフルにして綠を指ひとつに乗せてみるのも華やかな雰囲気を楽しめます。ポイントでグリーンを乗せるのもオススメです。

洋服やネイルアートを合わせやすい

綠は中間色で青と黄色の混合色なのはご周知の通りです。和服でも洋服でも柄によって自然なコーディネートができて便利です。強く自己主張するカラーではありませんから、メーンのネイルアートを引き立たせる意味でもよく使われます。洋服のデザインに合わせてパールやキラキラパーツを乗せたい時にも土台に緑を使うだけで、ゴージャスな雰囲気を演出します。

緑のネイルは単色塗りでも緑の種類で印象が変わる

カーキ

緑にお抹茶のようなくすみを入れたパターンですが、仕上がりが意外と上品でおしゃれです。この色に仕上げるために緑+黄色+白+赤といった複数のカラーを組み合わせていきますが、赤の度合いによってくすみ具合を多種多様に調整できます。白を少しずつ多めにしていくとパステルカラーに近づいていきますから、その日の気分によって雰囲気を変える事も可能です。

大人っぽさを出したい時にもオススメの色です。世代を越えてネイルアート人気が広がっている事もあり、高齢者でもこの程度のカーキネイルなら、安心して活用できます。もちろん若い世代でもまったく違和感なく楽しめるカラーでもあります。

ターコイズ

ターコイズと名付けられた当ネイルはなんと素人さんの作品です。セルフでも慣れてくればここまでできるという見本ですが、ほれぼれするほどきれいです。海の底のようなすがすがしさも感じさせます。緑に白を多めに使っていく事で、このように全く違う雰囲気を出せるという例です。特にルールがあってやっているというよりも、カラーでいろいろ遊んでいたらこうなったという感じもしますから、あまり難しく考えないで遊んでみる事が一番という事でしょう。ぜひお試しあれ。

ネオングリーン

緑が大変鮮やかでエメラルドグリーンに近い明るい緑色を、ワンポイントで利用してみたパターンですが、まさに夏らしいカラーです。キラキラパーツをさりげなく乗せる事で、華やかさも加味されていて楽しい仕上がりです。緑は冷たすぎず明るすぎずどのような色やパーツとも相性がいいですから、楽しみ方も無限にひろがります。まさにネオングリーンとよぶのがぴったりです。

ライトグリーン

優しいいい色に仕上がっています。春に萌える若草のような雰囲気で女性らしさも感じます。そのままでも優しくてきれいなのですが、パーツアクセントになっていて上品さも出ています。実は男性の中にはごちゃごちゃと飾ったネイルアートに不快を示す人もいるのですが、この程度なら赦してもらえそうです。フォーマルでもアンフォーマルでもいかせるのが、ネイルアートの魅力ですからぜひ様々な雰囲気を気軽に楽しんでみてください。

グリーンのネイルに抵抗のある人はアートでグリーンを取り入れる

フレンチ

ネイルアートに定番のデザインでフレンチがあります。爪の伸びている白い部分にだけ色を乗せていくもので、左右対称に乗せていくのが特徴です。色を塗るというよりはまさに“乗せる”というものです。グリーンは色合いによってはかなりインパクトがあり、人によっては奇抜な色と感じる場合もありますが、フレンチは前面ではなく爪の先にアートするものですから、グリーンはいい色だけれど奇抜すぎて使いづらいという人や、初めてネイルアートに挑戦するという人にオススメです。

単色デザインもおしゃれでいいのですが、画像にあるようにパステルカラーと白の組み合わせも、女性らしさや清涼感があっておしゃれになります。基本の形とは若干違いますから変形フレンチとよばれています。変形フレンチもアレンジの方法によって多種多様なパターンに分かれる事もあって楽しさがあります。

爪の原半分までデザインするものや八分目までデザインでうまっているものがあるなど、特にこうでなければいけないといったルールはありませんから、好みとセンスで様々な色のかけあわせやデザインを楽しめるのも、フレンチならではです。

シールでグリーンを取り入れる

2018年度に流行りそうな勢いでファンを増やしているのが、押し花などシールを使ったネイルアートです。ジェルネイルを使いこなすためには、ネイル用塗料を使いこなせなければいけませんから、ちょっとそっちは苦手という人はぜひシールを試してみてください。画像はまさに押し花ネイルの定番です。春らしく若葉らしき葉っぱを使っていますが、かわいらしさと共に優しさや暖かさを感じさせてくれる一品です。

葉っぱネイルだけとりあげても実に種類もデザインも様々で、まるでネイルというキャンパスに描かれた油絵のような効果をもたらしてくれますから、いつまでも見ていたい気分になるはずです。ヒーリング効果もバツグンの緑の押し花ネイルを、ぜひお試しください。

グラデーションにする

グラデーションも人気のデザインでよく見かけます。こちらの作品はお抹茶色のカラーをポイントでおいてグラデーションにしたものですが、単色でも雰囲気がまた違って見えます。ひかえめでやさしげな上に春のような暖かさも感じられるはずです。グラデーションの描き方はとても簡単で、初めてネイルに挑戦するという人にもオススメなのです。

初めは濃いめのカラーを入れます。2~3回にわけて重ね塗りをしていくだけです。パターンは豊富にありますから自分なりのグラデーションを作って楽しんでみてください。

マーブルにする

マーブルもネイルでは定番のデザインです。プロの方が描いていますから、さすがに美しくまとまっていますが、素人でも簡単にできます。土台になるカラーを爪腹にまんべんなく塗っていきます。完全に乾いたらさらに背景になるカラー(同じ色でもOK)を乗せてから乾かないうちに、マーブルもようになるカラーを落としつつS字に描いていきます。ラメあるいは好みのもう1つのカラーをランダムに乗せていくと、より複雑でおもしろいネイルアートになります。

まとめ

いかがでしたか。緑もなかなか奥が深くておしゃれなネイルになりそうです。ぜひご紹介したいくつかのデザインも参考にしながら、ネイルアートを楽しんでみてください。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.