感動・泣き

自宅でも簡単にできる《ジェルネイル》の特徴とイチ押しデザイン11選まとめ◎

投稿日:

今流行りのジェルネイル。いろんなデザインがあってとても可愛いですよね!

ジェルネイルはネイルサロンでやってもらうイメージがありますが、実はセルフでも簡単にできます。今では百均でもジェルネイルやマニキュア、飾りシール、ストーンなどを売っていることが多いため、低価格でも十分ネイルを楽しむことができます。

今回は、ジェルネイルの特徴と一押しのデザインをまとめてみました◎

ジェルネイルの特徴

ジェル状の樹脂をUVライトで硬化させるもの

ジェルと言われるジェル状の液体を爪に塗ることで爪を保護しツヤを保つことができるネイルがジェルネイルです。ジェルと言われる液体は塗ったらUVライトを当てることで固まります。普通光では固まるまで時間がかかるので、UVライトを当てて数秒で乾かします。セルフでやる場合はLEDライトのタイプが多いです。

発色が良く透明感が高いためツヤ感がある

やはりジェルネイルはマニキュアより発色が良いので、とても美しい色を保つことができます。そして透明度やツヤ感も高く美しいと人気があります。一般のマニキュアの場合、ツヤはせいぜい2日目まで。でもジェルならツヤや透明感が3週間ほどきれいなまま保つことができます。

爪を強化してくれ折れにくくする

マニキュアには弱い爪の補強効果はほとんどありません。しかしジェルネイルなら厚みがあり弱い爪の補強効果があるので、トラブルなく伸ばすことができます。二枚爪や反り爪などの人もジェルネイルを使うことで、安心して綺麗に伸ばせるのです。

3週間ほど施術した維持できる

マニキュアなら塗ってから3日目には、いろいろ手を加えてもボロボロになってきます。しかしジェルネイルの場合は3週間ほど維持できると言われています。そのためマニキュアのように、数日おきに塗り直さないとすぐにボロボロになるというようなこともありません。

ジェルネイルは自宅でもできる

セルフネイルは普通のマニキュアに似ていて意外と簡単

普通のマニキュアと同じ感覚で塗ることができ、トップコートを使うこともないので便利です。まず甘皮の処理だけはしっかりしておきましょう。ただしオイル分がついていると定着が悪いので、ジェルワイプクレンザーなどでオイル分をしっかり取って、そこにジェルネイルを塗るだけです。1度塗ったらUVライトで乾かすようにすれば、自宅で簡単にできます。

ネイルサロンの1回分の費用で必要な道具は揃えられる

セルフネイルを初めてするときに、必要なものを個別に購入してもOKですが、今はキットとして必要なものをまとめて購入することもできます。最近は百均でもジェルネイルが売られており、それらを利用すれば格安で体験できます。これらリーズナブルなものを利用すれば、ネイルサロン1回分にも満たない程度で、セルフネイルに必要な道具を揃えることができます。

初めての人はセルフネイルキットを購入するのがおすすめ

まず初心者はセルフネイルキットがおすすめです。必要なものがすべて揃っているので、いろいろ買いそろえる必要なく便利です。慣れてきたら、必要なものを別々に購入することもできます。とにかく最初はキットで揃えれば失敗がありません。キットは3000円程度からあります。

空き時間を使ってできるためいつでもネイルがきれいな状態を維持できる

自宅でジェルネイルを行うことができれば、空いた時間を利用してネイルができるので、いつも綺麗な状態を保つことができます。ネイルサロンでは予約を取る必要があります。ネイルの状態はもちろんそのときどきで変化するため、いちいち予約を取るより、セルフネイルができれば、すぐに新しいジェルネイルを塗り替えることもできます。

自宅でセルフネイルをする際のコツ

甘皮処理をして爪を整えるのはしっかり丁寧に

セルフネイルも簡単にできますが、甘皮処理はしっかりしないと、保ちが悪くなったり綺麗に仕上がらない、爪が欠けるなどの原因となるので注意しなければなりません。甘皮を取るネイル用のウッドスティックなど、竹串のようなものがあるので購入しましょう。百均などでも購入できるので、しっかり甘皮を取る必要があります。

やすりは正しくかけて、爪が欠けるのを防ごう

甘皮処理と同時に全体が平らになるように、やすりもきちんとかけなければ爪が欠ける原因になってしまいます。爪の表面に凸凹があることでそこに空気が入り、ジェルネイルを塗った後にその空気の入ったところから剥がれることがあります。

ジェルネイルが剥がれると、何かに引っかかって爪が欠けたり割れたりする事故にもつながります。そのためジェルネイルを塗る部分は甘皮処理をし、やすりを掛けてできるだけ凸凹をなくすことが基本です。プロの行ったジェルネイルが剥がれたり爪が欠けないのは、この基本の部分をしっかり行ってくれているからなのです。

そのため早くネイルを塗りたい気持は分かりますが、まずその気持を抑えて下準備をしっかりすることが大切なのです。

ジェルを塗る際にはゆっくり丁寧に塗りはみ出さないようにする

どうしてもぎりぎりまで塗ろうと思うと、はみ出してしまいます。そこで実はぎりぎりまで塗りたいと思っている部分の、髪の毛1本分手前までで止めると、はみ出さずにきれいに塗ることができます。ジェルネイルは厚く塗れるので、余計はみ出しが目立ちます。はみ出してしまうと、いかにも素人のネイルという感じに見えてしまうので注意しましょう。

もしはみ出したときには、固める前が命です。そのためUVライトやLEDライトで固める前に修正するようにしましょう。固めてしまってからではなかなか修正が難しくなります。はみ出したままにしておくと、見た目の問題だけでなく、そこから剥がれやすくなり爪割れなどにもつながり危険なのでしっかり修正しなければなりません。

もし固めてしまった場合は、はみ出したところをやすりでしっかり取り除くようにしましょう。そのため固める前に、はみ出しがあるかをしっかりチェックすることが大切です。しっかりぎりぎりまできれいに塗れていると、爪が長く見えるとも言われているので、上手に塗り込みたいものです。

ジェルは均一になるように一度で塗るのではなく何回かに分けて塗る

マニキュアでも同じですが、ジェルネイルを均一に塗らないとやはり綺麗には見えません。そこで1度で塗りきろうと思わずに2度塗り、3度塗りをしましょう。その場合、そのたびにUVライトやLEDライトで乾かすことが大切です。ここは面倒臭がらずに行うようにしなければなりません。

乾かすにはUVライトやLEDライトが必要となりますが、ジェルネイルによってはUVライト以外固まらないタイプや、逆にLEDライト以外固まらないタイプのものがあります。また両方どちらもOKのものなどあるので、ジェルネイルとライトがあっていることを確認することが必要となります。

ジェルネイルおすすめデザイン7選!

落ち着いた色合いでバランスよく


落ちついたカラーを使用し、それぞれの指にドラマを感じさせるデザインになっています。とてもゴージャスなのに、けばけばしくないのはやはりベースのカラーがそれぞれ落ちついたカラーを使用しているからなのではないでしょうか。落ちついた色とバランスの良さが華やかさを演出しています。miko( ミ コ )さんの作品です。

カラフルでかわいいデザイン


カラフルな可愛いデザインはネイルデザインでも大人気です。しかし単純にビビットな色を使うのではなく、驚くような組みあわせの色をベースに使うことで、落ちつきのあるカラフルさを表現することができます。この作品はとても高いセンスを感じるデザインではないでしょうか。

表参道ネイルサロン「VINGT NAIL 」のネイリスト山藤萌永さんの作品です。

大人かわいいドット柄


ドット柄を生かしたデザインですが、渋めの地色が大人のおしゃれ感を感じさせてくれます。ドットをしつこく感じさせないデザインがお見事です。mo.mo7617さんの作品です。

モロッコ風カラフルジェネイル


モロッコの風景が思い浮かびそうな素敵なデザインです。イメージをしっかり定めているので、カラフルな色をたくさん使っても統一感があり、ハイセンスなデザインです。sum0m0ngaさんの作品です。

マットデザインでシンプルに


マットなデザインとミラーパウダーの作品です。落ちついたピンクが優しさを感じさせるデザインです。ミラーパウダーが品良く輝いているところが落ちついたピンクにピッタリです。yuuushooo0613さんの作品です。

パープル×ホワイトで大人の仕上がり


難しいパープルを品良く上手にアレンジ。逆フレンチを利用してすっきり感をプラス。ゴールドをプラスすることで、ミステリアスな大人の女性を演出しています。白と組み合わせルことでクール感もあり、涼しげなイメージも。神戸垂水区の「ネイル&フェイシャルエステ」さんの作品です。

黒でかっこいいデザインに


黒を基本にまるでオパールのような美しいデザインとなっています。グレーが柔らかさを演出。大人の女性のおしゃれ感いっぱいのデザインとなっています。yuma_mileyさんの作品です。

初心者にも簡単にできるおすすめセルフネイルデザイン4選

シンプルなワンカラー


ナチュラルなパールピンク単色のデザインです。この作品のように単色塗りは、塗り方がとても重要となってきます。塗りむら、はみ出しなどがとても目立つので、綺麗に塗ることが重要なデザインです。東京・渋谷の「parkbytokyo shibuya」のネイリスト吉川彩碧さんの作品です。

ラメ単色塗り


ラメの単色塗りと単色塗りの組みあわせ。これこそ技術が光るデザインです。セルフネイルで行うなら、慣れてからの方がおすすめ。意外と上級技術が必要なデザインではないでしょうか。千葉県柏市ネイルサロン「vio la vie’」さんの作品です。

ラメグラデーション


ラメを使ったグラデーション。爪の先に流れる銀河のようなグラデーションラメ。長めの爪に似合うデザインです。新丸子・武蔵小杉の「HARNEYS」のayumiさんの作品です。

アートをする際はネイルシールを活用して


ワイヤー風のネイルシールを使用しています。難度の高いワイヤーデザインが簡単にできてしまうのがネイル用飾りシートです。いろいろなタイプのシートがあるので、難しいことのできる技術がなくてもOK。まして百均のシートを使用しています。ナチュラルなカラーにワイヤー柄がとてもマッチしているこのデザインは、ai_nail_nyaさんの作品です。

まとめ

今流行りのジェルネイル。意外にも自宅で簡単にチャレンジすることができます。自分で出来ることの魅力は、いっでも好きな時に、自分の好きなデザインをのせることが出来るということ。

低価格ですぐに取り組むことができますので、ぜひセルフネイルを楽しんでみてくださいね!

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.