感動・泣き

マツエク60本は少ない?本数の選び方とは

投稿日:

まつ毛エクステは自まつ毛1本に対し、エクステを1本ずつ付けていくメイク法です。初めてまつ毛エクステをするとなると、たくさんの種類の中からデザインを決めるのが悩みとなるでしょう。そして、本数に関しても大きな迷いの種になるのは間違いありません。

何本が良いのか、あるいは自分には何本が適しているのかという点を考えるのは当然です。サンプルやモデルの写真を参考にしても、自分のイメージ通りにならない可能性もあります。まず知るべきは、まつ毛エクステの本数についての正しい知識です。好みに合うかどうかの問題はあるものの、基本をまずは知らないといけません。

マツエク60本はどのくらい?

まつ毛は目に異物が入るのを防ぐために生えており、上まつげは平均して片目に90本前後ずつ生えています。下まつげは片目で30~40本生えており、60本では大きく印象が変わるものではありません。一般的に可愛さがアップする本数は100本以上です。ただ、地まつ毛の本数は人によって様々で、目の大きさによって適している本数は変わっていきます。目安はあくまでも目安であって、ご自身に適しているかどうかは分かりません。

片目に約30本

まつ毛エクステ60分本は片目に30本という意味であって、両目換算ではありません。片目に約30本であっても、十分印象が変わる方も少なくありません。日本人の目の横幅の平均は3cm~3.5cmとされています。目の横幅が2cm~2.5cmであるのなら、80~100本で印象は大きく変わり、目の横幅が広くなると、必要な本数は多くなっていきます。

自まつ毛は約100本

上まつ毛は平均して片目に90本前後生えており、約100本と認識しておけば良いでしょう。ただ、当然ながらまつ毛が少ないという方もいます。あるいは、まつ毛が切れている、短い、抜けたといったトラブルでお悩みの方もいるでしょう。まつ毛エクステの本数にも影響してくるため、安易な判断をするのはおすすめできません。

ナチュラル?物足りない?


まつ毛エクステの本数が60本であるのは物足りなさを感じる方が多いでしょう。もちろん、60本であっても十分印象が変わるという方もいるものの、あまり変わらないという方もいます。日本人の平均的な横幅という観点で考えるのなら、100本~200本が基本となります。平均よりも横幅が短い場合は、片目100本前後が良いでしょう。

デザインによっても見栄えが変わる

まつ毛エクステの本数によって大きく見栄えが変わるのはもちろん、デザインによっても見栄えが変わるという点も頭に入れておいた方が良いでしょう。希望する仕上がりによって本数やデザインを決めていくのが基本となります。仕上がりには好き嫌いがあって当然であり、あくまでもご自身の好みに合うかどうかを考えないといけません。

マツエクは100本がおすすめ?

日本人の平均的な横幅であるのなら、100~120本なら可愛さアップになるのは間違いありません。ただ、あくまでも日本人の平均的な横幅を基準としているため、ご自身に適しているかどうかは分かりません。ただ、ひとつの目安として覚えておくべき数字ではあります。

60本は目尻を強調するのにおすすめ

目尻を強調するという目的でまつ毛エクステが付けるのなら、60本で問題ありません。60本なら大きく印象が変わるというものではないものの、目尻を強調するだけなら何も問題はないです。ただ、まつ毛は生え変わり時期によって少なくなっていることも、抜けたり切れたりしている場合もない訳ではありません。これらの要素も考慮した上で本数は選択すべきです。

80本はすっぴんで自然に見せたい人向け

すっぴんで自然に見せたいのなら、80本で問題ありません。ナチュラルな仕上がりであるものの、しっかり可愛さがアップする本数となります。いかにもまつ毛エクステを付けていると思われるのが嫌だと思う方にも適している本数といえるでしょう。

100本はナチュラルメイクが多い人向け

ナチュラルメイクが多いのなら、100本がひとつの目安の本数になります。可愛さアップやイメージアップを考えるのなら、100本もあれば十分です。いかにもという印象を抱かれることはなく、ナチュラルな仕上がりでありながら可愛さアップやイメージアップができます。

120本は目をパッチリさせられる

パッチリした仕上がりを目的にまつ毛エクステを付けるのなら、120本が良いでしょう。100本と比べると印象が大分変わるのは実際に試してみると分かるはずです。目が小さいことがコンプレックスであるのなら、まつ毛エクステを付けて目を大きくしたい狙いがあるでしょう。120本もあれば、しっかり目をパッチリできて、コンプレックス解消に繋がるはずです。

150本だとかなり派手に

とにかく派手な仕上がりを目指すのであれば、150本がひとつの目安になります。実際に150本付けたことがある方は、ナチュラルな仕上がりとは言い難い仕上がりになるのが分かるでしょう。派手にしたいと思う気持ちが強いのなら、150本を選択するのが良いといえます。

マツエク60本にかかる費用


まつ毛エクステを楽しみたいと思う方にとって、気になる点となるのがかかる費用でしょう。実際にまつ毛エクステをする前はどうしても高そうと思ってしまう部分もあるはずです。60本にかかる費用としては、3000円~5000円がひとつの目安にはなるものの、毛質によって変わるのが注意点です。シルクが最も安く、ミンクが普通でセーブルが最も高いです。本数だけで費用が決まる訳ではなく、他の要素も頭に入れておいた方が良いでしょう。

少なければ安いわけではない

毛質やデザインによってまつ毛エクステでかかる費用は大きく変わっていきます。決して少なければ安いという訳ではありません。もちろん、それぞれのサロンによっての価格差もあります。やはりご自身がどういった仕上がりを求め、それに対してどれぐらいの価格となるのかをしっかり把握した方が良いでしょう。

マツエクの毛質によっても変わる

シルク、ミンク、セーブルのいずれを選択することになるものの、それぞれのよって価格は大きく異なります。安く済ませることを考えるのならシルクを選択するのが良いでしょう。セーブルが最も高い毛質に該当します。もととなる素材はナイロンではあるものの、それぞれによって柔らかさや持ちが異なるものです。どういった仕上がりにしたいかによって変えるのもひとつの手で、いつも同じでないといけない訳ではありません。

60本なら3000~5000円くらいからできる

本数が60本なら3000~5000円でほとんどのサロンで対応できます。まつ毛エクステを試してみたいと思うのなら、まずは60本からスタートするのが良いでしょう。そして、少しずつ本数を変えていき、ご自身に適した本数を探していくのも楽しみになるものです。

120本でも7000円前後でできることも

120本という多くの本数でも、7000円前後でできるサロンもあります。もちろん、セーブルが選択できずに、シルクやミンクを選択しないといけない場合もあるでしょう。本数を多くするとなると、経済的な負担が気になるところではあるものの、7000円前後ならと思う方もいるはずです。

マツエクはコスパが良い

まつ毛エクステはコストパフォーマンスが良いといえます。毛質によって価格が変わるため、その時々の財布の中身に合わせて選択もできて、自まつ毛への負担もそう大きくはありません。まつ毛エクステは1回付ければ2〜4週間付け替えせずそのままでいられるのが大きいです。決して毎日付け替えるというものではなく、継続して楽しむことができるのは分かるでしょう。

まとめ


まつ毛エクステの本数の選び方の基本はしっかりマスターできたでしょう。あくまでも目安となる部分もあるため、ご自身に適している本数を見つけるべきです。そして、どれぐらいの費用でまつ毛エクステを楽しめるのかという点も理解できたでしょう。それほど大きな経済的な負担とはならずに、継続して楽しむことができます。デザインや毛質によって費用が変わるのがひとつのポイントになるでしょう。まつげエクステを楽しむためには、様々な要素についての知識を有するのが大切です。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.