感動・泣き

ファンデーションのカバー力はタイプによってどう違う?

投稿日:

ファンデーションのカバー力の効果は?なにができる?

ファンデーションは、メイクの基本となるメイクアイテムになります。選び方次第で、肌に違った印象をもたらせてくれるもの。選ぶ基準は、肌質、カバー力、効果になります。ここでは、女性の天敵とも言えるシミをカバーしてくれるカバー力について、説明します。

ファンデーションのカバー力には「シミ」の対策がある

まず、女性の悩みの中でも上位にランキングされる「シミ」についてです。「シミ」のない人はいません。いないと言い切っても、まったく問題ありません。どんなに紫外線に強い肌をもっていても、「シミ」一つない肌なんて、何らかの特殊技術をもって修正しなければ、手に入るものではありません。

さて、その「シミ」をしっかりとカバーしてくれる高いカバー力をもったファンデーションについてですが、高いカバー力を求める人にはクリームタイプのファンデーションをおすすめします。

リキッドタイプのファンデーションもクリームタイプのファンデーションと同様の効果をもつ商品が多数販売されておりますが、濃いめの「シミ」を隠すには、クリームタイプのファンデーションがおすすめ。リキッドタイプのファンデーションでも、十分に隠すことができますが、長時間カバーしてくれると言う点では、クリームタイプのファンデーションに軍配が上がります。

また、「シミ」をカバーする機能をもっていると勘違いし、よく間違われて使用されるアイテムの一つに化粧下地があります。たしかに、メーカー、ブランドによっては、化粧下地でも「シミ」をカバーする機能をもった商品がありますが、長時間カバー力が持続すると言う点では、クリームタイプのファンデーションに叶う商品はありません。

化粧下地は、 「シミ」を予防する商品になり、できてしまった「シミ」をカバーする能力は持ち合わせておりません。化粧下地にその効果を求める時は、化粧下地とコンシーラーが一緒になった商品を選びましょう。ちなみに、昨今、コンシーラーとBBクリームの機能をもつリキッドBBクリームバーなる商品が販売され、高い人気を得ております。

ファンデーションのカバー力には「保湿」の効果がある


ファンデーションを塗るたび、シミはカバーしてくれるけど、肌はカサカサ。これでは、ファンデーションを塗るメリットが半減してしまいます。わたし達の肌は一日中紫外線にさらされ、シミ、乾燥の被害を受けております。シミはUV効果のあるファンデーションを選べばカバーすることができますが、乾燥まではカバーできません。

そこで登場するのが「保湿」効果をもったファンデーションになります。ファンデーションには、「保湿」ファンデーション、美白ファンデーション、エイジングファンデーション等、それぞれの機能に合わせた成分が配合されておりますが、「保湿」ファンデーションには、潤いを補い保つ成分のヒアルロン酸、コラーゲン、アルガンオイル、シアバター、ホホバオイル、ローヤルゼリーエキス等の「保湿」成分が配合されております。

ファンデーションのカバー力は年代により変わる:年代別の効果への期待

アンチエイジング。昨今は誰もが知る言葉となりましたが、女性であれば、どなたでも若く見てもらいたいもの。ですが、50代の女性が20代の女性が使用するファンデーションを使っても、なぜか、綺麗な肌にはなりません。何が、間違っているのでしょうか。

それは、カバー力です。わたし達は、どなたでも平等に年齢を重ねますが、20代の肌には20代の肌に合うファンデーションが、40代の肌には40代の肌に合う機能をもったファンデーションを、50代以降の肌には50代の肌悩みをカバーするファンデーションが必要になります。

ファンデーションは20代の頃から変えていない。そんな人も少なくありませんが、そのファンデーションは本当に肌に合っているのでしょうか。20代の頃にはシミやしわを気にするよりもニキビ、吹き出物を気にしていませんでしたか。40代の頃には徐々にシミが増えはじめ、シミをカバーするファンデーションを買っていませんでしたか。50代半ばになる頃には、ひたいや口もとの深いしわが気になりませんでしたか。

肌の悩みは、年代によって変わってきます。綺麗な仕上がりを目指す場合は、その年代の肌質、悩みをカバーする機能をもったファンデーションを選ぶことをおすすめします。

ファンデーションのカバー力をタイプ別に比較してみたら!

ファンデーションには、手軽に使用できるパウダータイプをはじめ、肌なじみの良いリキッドタイプ、カバー力のあるクリームタイプ、パウダータイプよりも更に手軽なBBクリーム、CCクリームと、それぞれに特徴をもったファンデーションが販売されております。

それらの中でも、ファンデーションの基本ともいうべき、パウダータイプ、リキッドタイプ、クリームタイプのカバー力、効果について説明します。

ファンデーションのカバー力:パウダータイプの場合

現在、販売されているファンデーションの中でも、もっとも一般的な、もっとも売れている、ファンデーションの代名詞ともなっているのが、パウダーファンデーションになります。ちなみに、パウダーファンデーションのメリットは、防腐剤等の添加物が少ない、手軽に化粧直しができる、パフに取って塗っていくので手が汚れない、適度なカバー力がある等になります。

パウダーファンデーションでも、高いカバー力をもつ商品がありますが、カバー力の強いクリームファンデーションに比べると、その効果は当然低くなります。濃いシミ、そばかす等が気になる時は、まずはシミをコンシーラーで隠し、その上から、パウダーファンデーションを塗ることをおすすめします。

ファンデーションのカバー力:リキッドタイプの場合

リキッドタイプのファンデーションは、濃いシミ、そばかすを確実にカバーしたい人におすすめのファンデーションになります。その高いカバー力は、クリームタイプのファンデーションよりも高いとされる商品も少なくありません。

リキッドタイプのファンデーションの最大のメリットは、クリームよりもみずみずしく、ツヤ感がありながら、透明感のある肌を演出できることになります。隠したい目もとやほおのシミ、そばかすに悩む人たちの期待に応えられるだけのカバー力をもつファンデーションと言っても過言ではありません。

但し、それだけのカバー力があると言うことは、それだけ、肌に負担をかけていると言うことにもなります。リキッドタイプのファンデーションを落とす際には、オイルクレンジングを選びましょう。毛穴に入り込んだリキッドファンデーションを包み込み、確実に落としてくれるクレンジングを選ぶことをおすすめします。

きちんと落とした後は、その日の肌の疲れをとる美容成分配合の化粧水、美容液等で、肌を労わることをお忘れなく。

ファンデーションのカバー力:クリームタイプの場合

油分を多く含むクリームタイプのファンデーションは、シミ、そばかす、しわ、くすみ、たるみ、ニキビ痕等、すべての肌悩みをカバーしてくれる高いカバー力が魅力のファンデーションになります。肌になじみやすいリキッドタイプのファンデーションと違い、クリームタイプのファンデーションは、肌に乗せた瞬間、少し重いと感じる人も少なくありません。

肌がヒリヒリする、口を開けるたびにツッパリ感がある、以前に比べ乾燥しやすくなった等のトラブルを実感した場合は、そのファンデーションの使用を中止しましょう。これらの原因は、肌質に合わないクリームタイプのファンデーションを使用したことになります。

クリームタイプのファンデーションには、ミネラルオイルをはじめ、ホホバオイル、アルガンオイル等の様々な油分が配合されております。その油分が毛穴を詰まらせ、ニキビ、肌荒れの原因をつくっているのかもしれません。

ちなみに、クリームタイプのファンデーションは、手を汚しにくいチューブ型の容器に人気がありますが、そのほかにも、ボトル、ジャー、コンパクト等があり、メーカー、ブランドごとに、こだわりの容器が用意されております。

最後に、BBクリーム、CCクリームと言った多機能ファンデーションが人気ですが、実は、これらの商品は、クリームと名付けられておりますが、クリームタイプのファンデーションではありません。クリームタイプのファンデーションの仲間と思われがちですが、機能、成分、効果、用途すべてが異なります。BBクリーム、CCクリームとは、簡単に説明すれば、化粧水、乳液、美容液、化粧下地等の様々な機能をもったファンデーションになります。

シミ、そばかすを確実にカバーできるクリームタイプのファンデーションではありません。カバー力重視で選びたい時は、クリームタイプのファンデーションをお選びください。

ファンデーションのカバー力にこんなことも期待したい!


ファンデーションのメリットは、シミやそばかすをカバーするカバー力だけではありません。昨今は、ミネラルオイルやコラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドと言った保湿成分を配合し、カバー力のほか、潤い、ツヤ感、透明感等の効果をもったファンデーションが多数販売されております。メイクの基礎となるべきファンデーションは、今や、万能のメイクアイテムと言っても過言ではありません。

透明感を出すファンデーションを選ぶ際は、どのタイプのものを、どんな点に気をつけて選べば良いのでしょうか。

ファンデーションでカバー力もあり透明感も出したいときは?


しっかりとカバーするだけでなく、肌に透明感を出してくれるファンデーションが欲しい時は、水分と油分のバランスが良いリキッドタイプのファンデーションがおすすめです。毛穴、シミ、くすみ等の肌トラブルをカバーしつつ、ツヤ感のある透明感は、リキッドタイプのファンデーションのみがもつ伸びやかなテクスチャーに、その理由があります。より透明感を出したい時は、油分よりも水分を多く含むリキッドタイプを選ぶことをおすすめします。

ファンデーションのカバー力の比較

パウダータイプのファンデーション、リキッドタイプのファンデーション、クリームタイプのファンデーションをカバー力で比較してみると、もっともカバー力が弱いのはパウダータイプのファンデーション、もっとも強いカバー力をもつのはクリームタイプのファンデーション、その中間に位置するのがリキッドタイプのファンデーションになります。

ちなみに、シミをしっかりとカバーしてくれるクリームタイプのファンデーションは、塗り方を間違えれば、ただの厚塗りメイクになってしまう恐れがあり、サラッとした感触が魅力のパウダータイプのファンデーションは、カバー力が弱いために、濃いシミ、そばかすをカバーできない恐れがあります。

リキッドタイプのファンデーションは肌へのなじみが良く、どなたが塗っても大きな違いはありませんが、それだけに、フィット感のある付け心地、感触、カラーにこだわって選ぶことをおすすめします。

おすすめ商品

ファンデーションは慎重に選ばなければなりません。ですが、メイクの仕上げとなるフィニッシュパウダーも、ファンデーション同様、慎重に選ぶ必要があります。よく耳にするメーカーだから、人気のブランドだから等の安易な考えで選んではいけません。効果、用途、目的を確認し、必要な機能をもったフィニッシュパウダーを選びましょう。

ふわっとした軽い仕上がりマシュマロ美肌【キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダー リフィルMO マットオークル 10g】


天然ミネラルパウダーを配合したフィニッシュパウダー【キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダー リフィルMO マットオークル 10g】は、さらさらとした軽い付け心地が魅力のパウダーになります。仕上がり、コスパ、感触等、すべて最強のプチプラパウダーになります。リキッドタイプ、クリームタイプのファンデーションの上に乗せても、色浮きしないマット系のフィニッシュパウダーとなっております。

汗をかいても崩れず長持ち【CHACOTT(チャコット) フィニッシングパウダー 30g 764.オークル01】


【CHACOTT(チャコット) フィニッシングパウダー 30g 764.オークル01】は、肌より明るめの仕上がりが期待できるフィニッシュパウダーになります。汗をかいても、マスクをして歩いても、化粧くずれのない最強フィニッシュパウダーとなっております。愛用中のお客さまからも、使い始めて4か月経った今も使用中、とにかく崩れないと絶賛の口コミが多くみられました。

ナチュラルカラーのフェイスパウダー【チャコット フィニッシングパウダー 761 ナチュラル】


【チャコット フィニッシングパウダー 761 ナチュラル】は、バレエを踊る人たちが舞台に上がる際に愛用しているとの口コミから、更に売り上げを伸ばした、大人気の商品になります。顔色の悪さをカバーしてくれるナチュラルな色合いは、20代から50代までの幅広い年齢層の人たちから、長く愛されているベストセラー商品となっております。

ちなみに、【チャコット フィニッシングパウダー】は、暑い夏、どんなに汗をかいてもメイクが崩れないと絶賛されたことが独り歩きしている感がありますが、この商品を人気商品に変えたのは、それだけではありません。ふわっとした軽い付け心地、黒の可愛いパッケージ、安価な価格、コスパ、色の良さ等、すべてに満点をもらっている優れもの。誰もが一度は検索をかけ、購入を検討されたことがあるのではないでしょうか。

まとめ


メイクの基本は、ファンデーションになります。メイクはファンデーション選びに始まり、ファンデーション次第で肌質が変わると言っても過言ではありません。自分の求める機能は何なのか、カバーすべき点は何なのか、自分自身の肌悩み、肌質を十分に理解した上でファンデーションを選ぶことをおすすめします。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.