感動・泣き

日本の離婚率について

投稿日:

日本国内の県別の離婚率や世界から見た日本の離婚率の割合がどうなのかが、ひと目でわかるように詳しく紹介しています。

日本の離婚率と結婚事情について

昔の日本では離婚をすること自体が恥ずかしいものだと言う文化が根付いていたせいか、離婚することなく一生をともにする夫婦が大半でした。最近の日本の夫婦の実態はどうなのでしょうか。離婚率は昔並みに低いのでしょうか。

最近の日本の離婚率を紹介するとともに、各県の離婚率や県民性も紹介します。日本だけではなく世界の離婚率も紹介します。

日本の離婚率:3組に1組が離婚


参照:厚生労働省:人口動態統計の年間推計
日本での離婚率を具体的な数字で見ていきましょう。今回紹介するのは平成27年の人口動向を元に日本の離婚率の統計を取ったもので、離婚件数は226215組。3組に1組が離婚をしていることになります。ただしこの件数はあくまでもその年に婚姻した組数と離婚した組数の統計を出しただけとなり、正確な結婚件数とその結婚に対する離婚件数ではありません。

データを下に1000人あたりの離婚件数を見ていくと、平成27年は1.81、平成24年は1.77となっています。このデータを見るだけでも徐々に離婚率が上がってきていると言えます。しかし、離婚件数だけ見ると減少していて離婚する人が少なくなっていると思えるかもしれません。ただし、婚姻件数も減ってきているので、一概には言えません。

最近はやりの熟年離婚だけを考えると、結婚20年以上の夫婦で離婚している件数は、1990年代では離婚件数全体の13.8%。1980年代が7.7%だったのを見ると熟年離婚は増え続けています。

これから見ると熟年離婚が一番多くなっているように見えますが、実際には30代の夫婦の離婚件数が一番多く、30歳から34歳の女ざかりの離婚件数は30283件となっています。この背景には女性の自立が大きく影響しているのではないでしょうか。女性でも働き盛りの年齢の30代では我慢して結婚をしているよりは独身生活を楽しむ女性が増えてきています。

離婚率と県民性:離婚率が最も高いのは沖縄県、最も低いのは岐阜県と富山県


2016年時点で日本の1000人あたりの離婚率の平均は1.73となっていますが、離婚率を県別に見ていくと、離婚率が高い県第3位は大阪府の1.99、第2位が宮城県の2.02、第1位が沖縄県の2.59となっています。逆に最も低い県第3位は岩手県の1.49、第2と1位が岐阜県と富山県で1.54となっています。

何か県民性があるのでしょうか。特に離婚率がどの県でも高いのが九州地方です。九州はなぜここまで離婚率が高いのでしょうか。九州と言えば九州男児という言葉が有名で、九州男児は亭主関白と言われがちです。男が力を持っていて女性はそれに従っていくというのが昔からの定説でしたが、最近は女性の社会進出も進んできていて、亭主関白に嫌気が差して離婚する夫婦が多いのではないでしょうか。
参考:e-stat:統計で見る日本

世界の離婚率:日本は第6位

第1位 ロシア 4.5
第2位 アメリカ 3.6
第3位 ドイツ 2.19
第4位 イギリス 2.05
第5位 フランス 1.97
第6位 日本 1.77
第7位 イタリア 0.91

参考:厚生労働省の:人口動態統計の年間推計
日本が世界基準で見るとどのくらいの離婚率になるのか気になるところです。世界から見て日本の離婚率は高いのかそれとも低いのか見ていきます。実際に1000人あたりの離婚率を見ていくと具体的な数値がわかり、どの国の離婚率が高くてどの国の離婚率が低いのかがわかります。

まずは一番離婚率が高そうなアメリカを見ていきます。アメリカの離婚率は3.6と非常に高くなっていて日本の約2倍になっています。では世界で一番離婚率が高いのはどこでしょうかあまりかではなくロシアの離婚率が一番高くなっています。ロシアの離婚率は4.5とアメリカよりもずいぶん高くなっています。

G7の先進国の離婚率ですがその他の国の離婚率を見ていきます。ドイツ2.19、イギリスが2.05で、フランスが1.97でイタリアが0.91となっています。この中でイタリア人は女性をみかけるとすぐに声をかけてくる民族で、離婚率も高いのかと思っていましたが、実はG7の中では一番低くなっています。イタリアといえば夫婦別性を名乗ることができる数少ない国ですが、もっと離婚率が高いものと思っていましたが、意外に低くなっています。実はイタリアの場合はカトリック教徒が多いので、離婚を簡単にすることが出来ないという背景があるようです。

日本の離婚率について


日本の離婚率は世界的に見た場合高い方なのでしょうかそれとも低い方なのでしょうか。先進国で考えると平均的な離婚率ではないかと思われます。国内に目を向けると地域によって離婚率が大きく変わってきます。地域性があって南の地方に行くにしたがって離婚率が高くなっているようです。

九州全県に関して言えることは離婚率が全国平均よりも高くなっています。これは、南国ならではの県民性も影響しているのではないでしょうか。それに九州人の気質も大きく影響しているようです。

3分の1の確率

日本の離婚率が世界の先進国に比べるとまだまだ低くなっているのがわかります。婚姻率が5.2としたら離婚率は1.77となっていて3組に1組が離婚していると言うことになります。ただしアメリカの場合は婚姻率が6.8に対して離婚件数は3.66となっていて全体の離婚率は2組に1組が離婚していることになります。

日本でも昔に比べると離婚率が徐々に上がってきていて、このまま行くと近い将来2組に1組が離婚すると言うことにもなりそうな勢いです。その大きな要因とは女性の社会進出の広がりなのでしょうか、それとも男性の収入の減少が影響しているのでしょうか気になるところです。

離婚率が高い年代とは

日本の離婚率は前年例で平均をしたものなので年齢別の離婚率はまた別にあります。離婚する確率が高い年代とは女性の年齢で考えると結婚5年目以降に離婚率が急激に増えてきています。結婚5年になると新婚のアツアツ感がなくなってきていて、現実の生活の中で一緒にいる男性に頼りなさや収入の低さなどいろんな原因で女性からの離婚が増えている傾向があります。

女性が1人で生活していく仕事が増えてきていて、嫌な人と我慢して結婚生活を送る必要がなくなってきているのも影響しているのではないでしょうか。それだけ女性の自立を促すような社会環境ができてきていると言うことにもなります。

女性の30代と言えば若い10代に結婚したような女性の場合、30代となると子供も大きくなってきていて手がかからなくなってきてから夫との生活が楽しくないとか、子供の世話を夫がまったくしてくれなかったなどの不満を抱えたまま過ごしてきたのが爆発してしまった結果、30代の離婚率が上がっている可能性があります。

都道府県別の離婚率について

最新の日本の県別離婚率の上位10県がどのようになっているのかを見ていきます。今回は2015年の県別離婚率の統計を取ったものを参考にしています。実際に上位5県を見てみるとある傾向があることに気が付きます。では第5位から順番に見ていきましょう。

第5位は福岡県となっていて離婚率は1.97となります。福岡県は毎回4位と5位を行き来していて常に上位5件の中に入っています。福岡県民を見てみると周りには離婚経験者が結構いるのではないでしょうか。若干離婚率は下がってきていますが、それでも第5位をキープしています。

第4位は大阪府となっていて離婚率は2.05となっていて、その離婚率では変わりありません。常に上位5位以内に入っていて第2位まで上がったこともあります。第4位は北海道となっていて離婚率は2.08となっています。北海道は九州と大坂以外では常に上位5位以内に入っています。第2位は宮崎県で離婚率は2.09となっています。宮崎県は預貯金が少ない県でも、有名で金銭感覚があまりないのが離婚率を高める要因になっているのではないでしょうか。

そして第1位は沖縄県で離婚率が2.51です。毎年沖縄県は他見に比べても離婚率が高くなっています。若干減少傾向にありますが、全国的に見るといまだにダントツで離婚率第1位となっています。なんごくとくゆうの楽天的な性格が離婚率に影響している可能性があります。

離婚率が高い年代とは


家庭円満の家庭では、離婚について考えたことがある人は少ないのではないでしょうか。より家庭円満になるためにも日本の離婚の現状を知ることで自分の夫婦仲の良さを再確認できるのではないでしょうか。離婚率が退会年齢や女性の自立について紹介します。

一番離婚率が高いのは

日本で年齢別に見ていくと、どの年齢の離婚率が高いのか見ていきます。テレビなどでよく放送されていた熟年離婚が多くなってきていると言う放送前後は確かに50代以上の熟年者の離婚が目立っていましたが、実際に離婚率を見てみるとそこまでの離婚率ではないことがわかっています。

離婚率が高い年齢と言うのは女性側から見て30代の女性の離婚率が多くなっています。結婚後10年未満の女性に多く見られる傾向で、家事をするよりは仕事をしたいと言う社会への憧れから専業主婦ではなく女性として社会に戻ろうとする女性が増えています。

ただ離婚者全体の比率からすると若い世代の離婚率が上がっています。女性は16歳から24歳までの年齢で離婚率が高くなっていて、男性は20代が一番高くなっています。この年代は収入が少なく生活をしていく上で苦労が多い世代でもあります。そこで男性の収入の低さに嫌気がさして若い女性が離婚に踏み切る人が多いように見えます。

1人で生活をした方がらくだと言う面もあり、社会に出て働くところがいろいろとあるので、若い世代では結婚生活で縛られるのではなく、自由な生活を求めてから離婚する人が増えてきています。若い年齢に離婚してもやり直しが効くということで20代の離婚が増えてきているのではないでしょうか。

女性の自立

女性の自立できる環境ができてきている世間なども離婚率が高いことに大きく影響しているのではないでしょうか。一度結婚して独身時代のような優雅な生活ができないと感じてから、1人になって働いた方が生活も楽になるし自由に振る舞うことができます。

女性の目線で考えると働く環境が昔比べると揃っているので、男性に頼らなくても生きていける傾向がありその影響で離婚率が高くなっています。年を取るとともに女性が働くことができる場所が限られてくるのと子供ができて養っていかなければいけないという責任感から高齢の男女での離婚率が低いのはうなずけます。具体的な年齢別の離婚率を見ていると、世間で騒がれているような熟年離婚はそこまで広がっているわけではありません。

熟年離婚が少ない理由としては、そのころから年金生活が始まってしまって、収入は限られていき、別れて1人で生活をしていくと考えると簡単には離婚できない状況です。2人の年金を合わせて初めて生活ができる程度のものなので、冒険をしてまで離婚をしようと考える人がいないと言うことです。

正確な離婚率について

年齢別に詳しく見ていくと男性であれば50歳以上になると一気に離婚率が下がっていき、女性であれば45歳以上になると離婚率が少なくなっています。その平均離婚率は01%程度でほとんどの夫婦が離婚をしていないし考えていないと言うことになります。

30代の男女の場合は離婚率がほとんど1%台となっていてそこまで悲観することはありません。若い年代の男女はどうなっているのでしょうか。若い男性の場合20代前半に離婚する人が多く、若い女性17歳から22歳までの離婚率が非常に高くなってきています。これだけ離婚率が高くなれば、欧米並みの離婚率となっていて日本人の若い男女の離婚率は急激に増えてきています。

日本の離婚率と対策


日本の離婚率の高さの原因をしっかりと究明しない限り、今後の日本経済の発展はないように思えます。それだけ離婚率が一番高い年代が10代後半と20代後半の方が多いようです。離婚率を下げるには離婚の原因を知ることが一番です。離婚の原因を知ることでその原因の対策をすることが出来ます。

対策をすることで離婚率を下げることができます。何よりも夫婦でいるときに不満を溜め込んでいき積み重なっていくことでストレスとなり離婚という形で爆発してしまいます。そうならないためにも今までの離婚の原因を調べてから対策を採るのが一番です。

離婚の原因

離婚率を下げるためには離婚の原因を知る事が一番です。離婚の原因にはいくつかあります。どんな原因で離婚している人がいるのかを見ていきます。男性側に特に多いのが配偶者に生活費を渡さないケースや浪費癖など生活をしていくうえで非常に重要な金銭的なものが大きく影響しています。

浪費癖は男性だけではなく、女性にもあることですが、特に多いのは男性がギャンブルなどにお金をつぎ込んでしまって生活費に苦労していると言うことです。これは女性側の不満による離婚原因として多い離婚理由です。生活費を渡さないと言うのは男性側が浪費癖などと絡んでからあることです。浪費することで渡すお金がないことが影響している可能性があります。

精神的な暴力やDVなどが離婚理由になることもあります。こちらも特に男性側からの攻めによる女性側の精神的・肉体的なダメージが影響して離婚理由となります。最後に浮気と言うのもあり、浮気は男女関係なく離婚に直結する最大の理由の1つでもあります。

離婚率を下げるには

このように離婚をする理由がいろいろとわかったところで離婚率を下げるにはどうしたらいいのかを見ていきます。離婚理由を見ていると、どちらかが勝手な行動をすることで相手に対して不快な気持ちにさせてしまってから離婚へと発展するケースがあります。

この場合は、ちょっとした話し合いをして常に気をつけるようにしていると直せることでもあります。お互いが怒りに任せて話し合いすらしないで過ごしていると直せることも直せないで最後は離婚へと言ってしまうことがあるので、その点は日本人の悪いところで相手に対してはっきりと言わないことが大きな原因ではないでしょうか。

不満は溜め込まない

最終的に離婚へと発展する大きな原因とは、お互いがお互いに対して言いたいことを言わないで不満を溜め込んでいることが離婚へと発展してしまう原因でもあります。何かあるごとに溜め込まないでぶつけ合うことも必要です。言って初めてわかることもあります。

まとめ

ここまで世界の中の日本の離婚率について紹介してきました。日本の離婚率が高いと言われますが、実際のところどうなのか世界から見た日本での離婚の原因や、今後の離婚率減少に向けた対策方法として考えられる簡単な方法が紹介されています。全国の都道府県別の離婚率も紹介しているので知りたいと言う人は、参考にされてみてはどうでしょうか。”

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.