感動・泣き

自然なマツエクで大人可愛い目元を演出しよう

投稿日:

マツエク装着を始めてする人向けにマツエクの選び方からマツエクを装着することで、どんなメリットがあるのかについて紹介しています。始める前に読んでから参考にしましょう。

自然なマツエクのメリット

マツエクを装着するときに何を基準にして選ぶかは重要です。派手な目元にしたい場合と普段の生活をしていく上でナチュラルな目元を演出したい場合では、付けるマツエクは変わってきます。普段の生活をしていく上でナチュラルな目元を演出したいという人が多いと思いますので、その場合のマツエクについて紹介します。

初めてのマツエクでも不安が少ない

何事も始めての事をするときには不安がいっぱいです。マツエクを始めてするときも不安なのでしょうか。初めてマツエクをするとき自まつ毛にエクステを装着するわけですが、サロンなどにいってからプロにやってもらえば何の不安もありません。仕上がりがきれいで自分とは思えないくらい目元がパッチリとしています。

ビジネスシーンでもOK

マツエクをしてから仕事をするのは問題はないのでしょうか。職場によってはマツエクが禁止というところもあるようですが、基本的にマツエクをしていても問題はなさそうです。マツエクをすることで目元がパッチリとするので、周りからは好印象でお客と接するときも好印象ではないでしょうか。

ノーメイクでも違和感がない

 


マツエクの一番のメリットと言えば、ノーメイクでも目元がもれて見た目がきれいに見えます。マツエクをしているとすでにカールが付いているのでビューラーの必要もなくマスカラも必要ありません。付けている状態のままで人前に出ても見栄えが良くてなんら違和感がありません。

ナチュラルに見せるデザインは?

エクステのデザインがいくつかあり、カールの度合いによって呼び方が変わります。カーブの度合いが小さいほうからJカール・Cカール・Dカールとなっていて、どのカーブのエクステを装着するかで目元の見栄えが変わってきます。ナチュラルな目元にしたいのであればJカールがおすすめです。さらに毛質も種類があってシルク・ミンク・セーブルと分かれていて、素材は一緒ですが柔らかさがまったく違います。それぞれのデザインや素材について詳しく紹介します。

Jカールはナチュラルに

マツエクにはいくつかのデザインがありその中でナチュラルなマツエクと言えばJカールと言われるものです。他にもDカール・Cカールなどというものがありますが、カールの度合いが違うようです。Jカールは自然なカールとなっていてあまりカーブがかかっていません。それに比べてCカール・Dカールはカーブの度合いが強くなっています。自然な目元を演出したければ、Jカールのエクステを使ってマツエクをすると見た目もナチュラルで周りからもそんなに変わったことがばれません。

毛質はミンクかセーブルを選ぼう

エクステの毛質には種類があってシルク・ミンク・セーブルというものがあります。どれも素材はナイロン素材となっていますが、自まつ毛に一番近いのがセーブルです。セーブルは柔らかくて軽いので付けていても違和感がありません。癖もなくカールが長持ちします。ミンクはセーブルほど柔らかくありませんが、シルクに比べると柔らかくなっていて自まつ毛に近い毛質となっています。

カラーはブラウンかダークブラウンを

まつ毛と言えば黒と思いがちですが、意外にもマツエクをするときの色で一番フィットするのはブラウンかダークブラウンです。黒のエクステを付けすぎると意外に派手になってしまいます。特に本数を多くつけたい時にはブラウンかダークブラウンのエクステを付ける方が自然な色になり、ナチュラル感があります。

自然に見せる長さと太さは?

エクステを装着する前に長さや太さを選ばなければいけません。エクステの長さと太さはどのようにしてから選べばいいのか迷うところです。基本はまつ毛の長さと太さにあわせてからエクステを選べば、ナチュラルな目元を演出してくれて違和感なく見せることが出来ます。

太さは自まつげと同じ0.12mmがベスト

マツエクを装着するときにエクス手の太さはどんな太さがフィットするのでしょうか。それは自まつ毛とほぼ一緒の太さの0.12mmの太さがベストな選択です。ただし人によってはもっと太い人や細い人もいるので、自まつ毛の太さにあったエクステの太さを選ぶ必要があります。

本数は80~100本

エクステの本数は何本にすればいいのか迷うところです。80本~100本というのがベストな本数でしょう。付けてから目元がパッチリと見える本数というのがこの本数になります。自まつ毛の本数がどのくらいあるのかでもエクステの本数は変わってきます。自まつ毛が少ない人もいれば多い人もいます。その場合は、自まつ毛の本数にあわせたエクステの本数を決めていくようにします。付けすぎると見た目も違和感があります。ナチュラルなまつ毛にするためにも本数の調整は重要です。

長さは自まつげに合わせ

エクステの長さですが、これは自まつ毛の長さに合わせるとナチュラルな目元を演出してくれます。長すぎてもよくないし、短すぎてもよくありません。自まつ毛の長さにあわせてからエクステの長さは選ばなければいけません。長さの調整は重要で、自まつ毛とエクステの長さが違うとバランスが悪くなり、見た目でエクステを付けているということがすぐにわかってしまいます。周りから見てしぜんなまつ毛に見えるようにするためにも自まつ毛とエクステの長さはあわせるようにしましょう。

まとめ

 


マツエクをする上でどんなメリットがあって、どのようにして使うのがベストなのかを詳しく紹介しています。初めて使う人でも簡単に装着できるマツエクについて知識を学ぶのにいろんな情報を提供しているので、参考にしてマツエクデビューを果たしましょう。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.