感動・泣き

付き合ってない人からキスされたら?うまく対応する方法

投稿日:

キスは好きな人とするもの、好きな人でなければしたくないと考える人は多くいることでしょう。しかし、お酒の勢いやその場の雰囲気などで上手く断ることが出来ず、仕方なくキスをしてしまったと言う人もいるのではないでしょうか。

どうしてキスしてしまったのだろうか、断ろうと思えば断れたはずなのになどと、後悔した人もいるでしょう。また、好きな相手だからと舞い上がって付き合ってもいないのにキスをしてしまい、軽い女だと思われたと言う人もいるのではないでしょうか。

もう2度と同じ失敗を繰り返さないためにも、付き合っていない人からキスを迫られた場合、どうやって対応すれば良いのか、きちんと知っておくことが必要です。

キスしたいシチュエーションとは

思わずキスをしたくなると言う感情は、どういうシチュエーションで芽生えるのでしょうか。キスするつもりなんてなかったのに、好みのタイプではないのにキスしたくなったなどと言う人もいることでしょう。

一体どんなシチュエーションでキスしたいと思うのでしょうか。

一般的に王道なのが、夜景の見えるロマンチックな場所です。美しい夜景を観ながら2人寄り添えば、自然とそのようなムードになります。

良いムードになることで気持ちが盛り上がり、キスしたいと思うのです。ムード満点な綺麗な場所、静かな場所で二人きりなど、キスするシチュエーションとしては最適でしょう。

キスが起こるシチュエーション

キスをする場合、人混みなど多くの人がいる場所ではしませんし、キスしたいとも思いません。キスする場合、誰もいない2人きりの空間でしますし、そのような場所でキスしたくなります。

では、具体的にどういったシチュエーションでキスはおこるのでしょうか。

キスが起こるシチュエーションは大抵の場合、2人しかいない密室です。観覧車の中や車の中、誰もいない放課後の教室やオフィスなどでしょう。

2人きりになると自然とキスするような雰囲気になります。また、誰かに見られるかもしれないと言うドキドキ感から気持ちも昂り、それが逆に刺激となってキスしたくなるのでしょう。

場所の影響

キスをする場合、なるべく人目につかない落ち着いた静かな場所を選ぶ、またはそういった場所だとキスする流れになりやすいです。昼間よりは夜、大勢いる場所よりも2人きりの場所、うるさく騒がしい場所よりも静かな場所ですと、キスしやすいです。

夜景が見える場所やイルミネーションが綺麗な場所、2人しかいない密室、夜の公園、さらに、恋人と訪れると幸せになれるなどと言ったスポットなどもキスしやすい流れになります。このように、キスしたい、キスしやすい流れになるのは、場所にもかなり影響されるのではないでしょうか。

雰囲気の影響

キスは、その場の雰囲気によってもしたくなります。そのつもりは無かったのに、雰囲気にのまれてついキスをしてしまったと言う経験がある人もいるのではないでしょうか。

なかなかキスが出来ないなどと悩んでいる人は、是非そういった雰囲気を作る、またはキスできそうな雰囲気のある場所を訪れてみてはいかがでしょうか。

例えば、ラブシーンの多い恋愛映画やドラマなどを観ることで、そのラブシーンに影響されてキスしたくなりますし、しやすくなります。また、定番の夜の公園や夜景の見える場所の他にも、薄暗い場所で身体を密着させることで、自然とそのような雰囲気になります。

キスする男女の心理

キスをする際の男女の心理は、少し異なります。相手に好意があるからキスをしたいと思うのは当然であり、男女ともにそこは大前提でありますが、男性の場合と女性の場合はキスをしたいと思う時、理由など、キスする際の心理状態は違うのです。

また、急にキスをしたいと思う時もあります。しかし、それはお互いが同時に思うわけではなく、キスをしたいと思う時は男女で異なるときもあります。イチャイチャしていて一方がキスをしたくなった場合でも、もう一方はふざけているだけでそんなつもりは無いと言うこともあります。

男からキスする

多くの女性は、キスは男性からするものと考えているのではないでしょうか。男性でもそう思っている人は多いでしょう。しかし、好きな女性から積極的にキスされると嬉しい、して欲しいと思っている男性も多いです。

また、最近では恋愛において奥手な男性、いわゆる草食系男子も増えており、女性からキスされるのを好む男性もいます。

単純に好きな女性と触れ合いたいという他、女性のさりげない仕草や表情にキュンとなる、愛おしいと言う理由からキスしたくなります。男性は女性とは恋愛においての考え方が異なります。

女性の場合、慎重に順を追う人が多いですが、男性は好きになると気持ちが抑えられなくなり、行動に移してしまう人が多いです。

女からキスする

最近では消極的な男性が増えている反面、女性においては積極的な人が増えています。これは、恋愛においてガツガツしない男性が増えてきたため、女性が積極的なったとも言えるでしょう。

好きな人と一緒にいれば、触れ合いたいと思うのは当然の心理であり、女性も当然そう思っているのです。

好きな人からのキスであれば、たとえ付き合う前でも嬉しいものです。付き合う前にキスすることに抵抗のある人もいますが、気持ちはやはり舞い上がることでしょう。

女の私からキスをするなんて、軽い女だと思われないかななどと不安になる人もいるでしょうが、男性のほとんどが嬉しい、ドキッとしたと感じるようです。

キスをする側の心理

キスをする側としては、当然不安や緊張があります。失敗しないかな、嫌われないかな、相手はキスされてどう思うのだろうと考えることでしょう。しかしそんな気持ちとは裏腹に、相手が愛おしくて仕方ない、相手の気持ちを確認したいと言う欲求からキスをしたい衝動に駆られ、理性がきかなくなりキスしてしまうこともあります。

好きな人が隣にいれば、自分のものにしたい、触れ合いたいと思うのは当然の心理です。良い雰囲気になれば、チャンスとばかりにキスをしてしまう人もいるでしょう。つい焦ってしまうこともありますが、本当に好きと言う感情が根底にあるからこその行動でもあります。

付き合ってないのにキスってアリ?

付き合ってないのにキスをするのはたとえ好き同士でもNGと言う人もいますが、キスをきっかけに交際に持ち込めると言う意見もあります。中には大人であればキスくらい、と言う意見もありますが、男女とも基本的にキスは、好きな相手としかしたくないと言う意見が多いです。

イチャイチしていたらキスしたくなった、2人きりでムード満点だったからなど、付き合ってなくても既に恋人同然の言動や雰囲気になっていれば、キスしても受け入れてくれるのではないかと考えてしまいます。もし付き合う前は絶対にキスしたくないと考えているのであれば、相手を傷つけない為にも、事前に言動で示しておきましょう。

付き合ってないキスの意味

付き合っていないのにキスをしてしまうことの意味はいくつかありますが、ほとんどの場合やはり、好きだからと言うシンプルなものではないでしょうか。きっとこのままいけば付き合うことになるんだろうなと言う確証が持てれば、尚更かもしれません。

しかし、仲には遊び心だけの人もいます。相手は自分のことが好きだからキスしても拒否されないだろう、キスすればそのままそれ以上のことも受け入れてくれるのではないかと考えている人もいます。キスする前の言動から相手は自分のことを大切に思ってくれているか、好きと言う気持ちは本物なのかを見極める必要があります。

付き合ってないのにキスする理由

付き合っていないのにキスする人は、意外と多くいます。逆を言えば、受け入れる人も多いと言うことです。キスくらいと、軽く考える人も当然いますが、キスをすることで相手とより親密になれると考えている人が多いのも事実です。キスは恋愛においてボーダーラインと考えている人も多く、そのボーダーラインを越えれば今以上に距離が縮まると考えるのではないでしょうか。

基本的に、キスは他のどんなスキンシップよりも特別な行為と考える人が多く、たとえ遊びであっても好意がある相手にしかできないと言われています。お酒の勢いやその場の雰囲気に流されてと言う人もいますが、それも好意があること前提です。ですから、単純に相手に好意を寄せているから、付き合っていなくてもキスしたくなるのです。

付き合ってからのキスと違う点

付き合う前のキスは、相手ともっと近づきたいと言う気持ちが強くあり、自分のものにしたいと言う独占欲も当然ありますから、失敗したくない気持ちが生まれます。ですから、付き合ってからキスする時よりも緊張感や不安な気持ちが強いです。

付き合ってからのキスは、既に自分のものにした後になりますので、緊張感よりも安心感の方が強いです。付き合う前よりもドキドキ感や初々しい気持ちは明らかに減りますが、いつでもキスできるようになったことから優しく、また、自然体でキスできます。

付き合ってない人からキスされたら

付き合っていない人からキスされた場合、困惑する人もいれば、嬉しいと舞い上がる人もいます。このように感じ方は人それぞれですが、好きな人なら単純に嬉しい、またそこまで好意を持ってない、好きじゃない相手だと、迷惑と思う人も当然います。

自分も相手が好きで相手も自分が好きであることがわかっている場合は、すんなり受け入れらることが多いです。たとえ付き合っていなくても、今後付き合うことになるとわかっていれば拒否する理由はありません、むしろ嬉しいと感じます。しかし、そうでない場合は素直に気持ちを伝えましょう。

付き合ってない人からキスされた時の対応

付き合っていなくても相手のことを好きであれば嬉しいですし、そうでなければ嫌だと感じることでしょう。好きな相手からキスされた場合、相手の顔がまともに見れないなどの理由で照れてしまったり、沈黙してしまうのです。まだ正式に恋人関係でなくても既に相思相愛の仲であれば、もう一回キスして欲しいと言ってみたり、ぎゅっと抱きしめてしまえば、相手は相当喜ぶのではないでしょうか。

好意があったから仲良くしていたものの、やっぱり好きじゃない、付き合う前にキスすることがどうしても嫌だと言う人は、相手を傷つけぬようきちんと説明するべきでしょう。何も言えずに困惑した表情を見せたりせず、心を落ち着かせて冷静になって下さい。相手が自分のことを好きであるとわかっていれば尚更です。うやむやにせず、きちんと自分の気持ちを伝えましょう。

受け身のキス

キスは男性からしてくるもの、女性は基本的にキスされる方と考える方は多くいます。昨今では草食系男子などと言った恋愛に消極的な男性も多くいますが、キスは男性からするものと言う考え方は、今でも根強く残っています。では、される側の女性は、どういう風に受け身をとれば良いのでしょう。

キスをする雰囲気作りからキスをするところまで、基本的に女性には受け身でいて欲しいと考える男性が多いです。男性は独占欲が強いので、自分から攻めて女性を自分のものにしたいと言う考えがあります。キスすることで自分のものにできたと言う満足感を得られるので、出来るだけ女性は何もせず、男性に誘導されるがまま受け身でいて欲しいと思うのです。

積極的にキスを返す

男性からキスをされるまでは受け身でいたものの、女性も気持ちが高揚して積極的にキスを返してしまうと言うことも珍しくありません。男性は女性を自分のものにするまでは、基本的に受け身でいて欲しいと思う人が多いですが、積極的に返された場合、どう感じるのでしょうか。

好きな女性からのキスを嫌だと思う男性はいません。かえって嬉しいと思うものです。しかし、中には慣れているのかなと思う男性もいますので、最初からガンガン責めることはせず、徐々にキスを返す方が良いです。不意打ちなどのキスはドキッとしますが、あまりにもガツガツ積極的に来られると、かえって引いてしまう可能性もありますので、様子を見ながらにしましょう。

付き合ってない人からのキスを断る方法

基本的にキスは付き合ってからするものと考える人は、少なくありません。どんなに好きでも付き合う前はしたくない、きちんと気持ちを確かめるまでは、例え好きであってもキスはしたくないと言う女性も多くいます。では、付き合う前にキスを迫られた場合、どのように断るのが良いのでしょうか。

基本的には、きちんと言葉で伝えることです。相手が自分のことを本当に好きであれば、大切に思っているはずです。ですから、きちんと言葉で説明すれば、納得してくれるはずです。説明もせずにそっぽ向いたり、何事もなかったかのようにしてその場の雰囲気を壊すようなことをしてはいけません。

付き合ってない人からのキスの印象は?

恋人じゃない人からキスを迫られた場合、誰にでもすぐキスするのかなと考える人もいることでしょう。基本的に好きな人でなければキスは出来ないと言う意見が多いですが、残念ながら全員ではありません。もし本気だとしても、その意思表示がきちんと出来ていなければ、遊び人なのかなと言う印象を抱いてしまっても仕方ありません。

付き合う前でも好き同士であることがわかっていれば、たとえ付き合う前にキスをされても悪い印象は持たないでしょう。しかし、相手がどう思っているかわからなければ、不安になります。下心からなのかとも考えてしまいます。ですから、相手が自分のことをどう思っているのか、きちんと知っておくことで、印象も随分変わるでしょう。

付き合ってない人からのキスへの抵抗感

付き合っていないけどキスを断る理由もないから、お酒の勢いでなどの理由から、割と簡単にキスを許してしまう人が多い一方で、付き合っていない人からのキスに抵抗ある人も大勢いることでしょう。好き嫌い関係なく、きちんと順を追ってからと言う考えの人も多くいるのです。

また、付き合う前のキスに抵抗あると言う意見の中には、キスしたことで付き合う前に振られるのが怖いと言った理由もあります。すぐに体を許してしまう人かどうか試されているのではないかと言う考えから、本当はキスしても構わないけどあえて抵抗する人もいます。

付き合ってない人からのキスをうまく断るには

気持ちは嬉しいけど、付き合っていない人からのキスは受け入れられないと言う人はたくさんいます。好きだけど付き合う前はキスしたくない、そもそも好きではないからキスできないなど、そういった場合、相手を傷つけずに断るには、どうすれば良いのでしょうか。

好きな人のキスを断る場合は、あなたのことを本当に大切に思っているからこそキスは正式に付き合ってからしたいなど、好意があることを伝えた上で断りましょう。嫌いだから拒否したわけではないと言うことを強調する事が、ポイントです。気持ちが無い場合は、期待を持たせるようなことを言ってはいけません。今はまだキスをしたいと思えないなど、正直な気持ちを伝えることも大切です。

まとめ

好きな相手とキスをしたいと思う気持ちは当然の心理であり、たとえ付き合っていなくてもお互いの気持ちが確認できていればキスできると言う人は大勢います。ですから、付き合っていなくてもキスしてくる可能性は大いにあり、もし嫌な場合は相手を傷つないように断れるよう準備しておかなければいけません。

男女ともに付き合う前のキスに対する考えは異なりますが、基本的にキスは好きな相手としかしたくないと考えるのは男女ともに同じです。ですから緊張もしますし、失敗もするかもしれません。しかし、好きな人であれば失敗も許せますし、失敗よりも嬉しいと言う気持ちの方が勝るのではないでしょうか。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.