感動・泣き

【不可 誤字】フェイスオイルの使い方や便利な使い道をご紹介!

投稿日:

フェイスオイルを始めて使おうと考えている人に、フェイスオイルの正し使い方を紹介しています。実際に貴重なフェイスオイル商品も紹介しているので、使う前に読んでから勉強しましょう。

フェイスオイルの使い方

ゆりはむさん(@yr.0813)がシェアした投稿 – 2018年 2月月27日午前7時21分PST

フェイスオイルというものがありますが、具体的にはどんな使い方をしてどのような役割をしているのか、知らない人には詳しく紹介しているので参考にしましょう。フェイスオイルはどのように使えばいいのか、フェイスオイル自体の本来の使い方について紹介しています。

ブースターとして

フェイスオイルの使い方としては、ブースター化粧水とも言われるものでスキンケアを行うときに最初に使うものが化粧水となります。基礎化粧品としてよく使うのがフェイスオイルであり、ブースター化粧水といわれるものです。肌にオイルをなじませていってから、肌に潤いや柔らかさを与える効果がフェイスオイルにはあります。肌のつやをよくするための基礎化粧品として使えるので、ブースター化粧水といわれています。フェイスオイルを使ってから肌に潤いをもたらしてくれて、化粧水を肌に浸透させていってから肌に潤いを与えていくことが出来ます。

乳液代わりに


オイルの特長としてはリラックス効果があり、フェイスオイル自体が乳液の変わりになることが出来るほど繊細なもので、誰もが使ってからリピートするほどの保湿効果を秘めています。乳液の代わりとしてフェイスオイルを使ったら、乳液などを手に取ってからその上にフェイスオイルを数的垂らして混ぜ合わせて使うことで、保湿効果が数段アップします。オイルをスキンケアの最初や最後で使うより、乳液などに入れてから使うほうがべたつきを感じにくく肌のすべすべ感が出てきます。

保湿剤として

フェイスオイル自体は、そのまま使っても肌に潤いを与えてくれて肌への保湿効果はありますし、乳液や化粧水などに数的垂らしてから使っても保湿効果はあります。フェイスオイルは乾燥肌で悩んでいる人が使うと、肌が滑らかになり保湿されていることを実感できます。オイルを塗ることで、表面に膜を張ってくれて水分を閉じ込めることが出来ます。それが保湿効果に繋がります。

顔以外の使い道

フェイスオイルは名前だけを見ると顔専用のオイルのように見えますが、顔以外でも使うことが出来て、肌の保湿効果や肌への美容成分を浸透させることで肌をツルツルにする効果もあり、全身に使って肌のケアとして利用できます。

ヘアオイルとして


頭皮ケアをするときにはオイルが重要です。オイルにはフェイスオイルを使って頭皮のケアをすることができます。フェイスオイルを頭皮に塗るとベタベタして大変になるのではと思うかもしれませんが、そんな心配はいりません。フェイスオイルを使って頭皮に塗ってもべたつくこともありません。

オイルパックに

フェイスオイルを顔のパックに使うことも出来ます。フェイスパックをすることで肌に必要な保湿成分や栄養を吸収させることが出来ます。パックして長時間オイルを塗っておくことで、肌への吸収は進み肌がツルツルになります。フェイスオイルを10ml程度使ってから顔全体にパックすることでフェイスパックができます。最初に熱いタオルなどで顔全体を温めてからその上にオイルを塗ると、より浸透性が高まり肌に良いオイル効果が発揮されます。

ハンドケア

フェイスオイルは顔だけではなく、いろんな部位に塗ってその効果が発揮されます。フェイスオイルとなっていますが、顔に使えるということは他の部位にも使えて、ハンドクリームとして手に塗ってケアすることが出来ます。ハンドケアにも使えるフェイスオイルです。

ネイルケア

ネイルケアをするのにはネイルオイルを塗りますが、そのネイルオイルの代わりにフェイスオイルを使って代用することが出来ます。フェイスオイルには保湿効果などがネイルでも問題なく使える成分となっていて、顔に使えるものは他のどの部位でも使えるといっても過言ではありません。

人気のフェイスオイル

フェイスオイルにはいくつも植物から作られたものがあり、その中でも貴重な植物から作られていて保湿成分などの効果が高いオイルを3つ紹介します。少量なので価格は高くなりますが人気のフェイスオイルばかりです。

ホホバオイル


ホホバオイルはホホバの種から作られているオイルで、化粧用に精製されていて肌になじみやすくなっていてカサカサ肌に塗るとしっとりとした肌に変身します。保湿効果があり、頭皮のケアにも役に立ちます。ホホバオイルはアメリカ南西部やメキシコ北部で原産されているホホバという植物から採取されるオイルで、冬場の乾燥する時期にフェイスオイルとして使うと、肌に潤いをもたらしてくれます。

ローズヒップオイル

ローズヒップオイルはローズの実の部分をオイルとして抽出したものです。ローズヒップオイルは1kgのローズヒップからわずかな量しか取れない貴重なオイルとなります。フェイスオイルとしてはもちろんのこと、全身に使える貴重なローズヒップオイルです。オイルには未精製のものと精製されたものの2種類があり、ローズヒップオイルには精製されたものが使われています。

アルガンオイル

アルガンオイルはアルガンの木の種子を精製して作られたオイルです。乾燥肌に最適で肌に潤いを与えてくれます。アルガンオイルには抗酸化力がありアンチエイジングの救世主として人気のフェイスオイルとなっています。肌に適度な油分を与えてくれて、潤いのある肌を作ってくれる高価なオイルです。アルガンの木はきびしい環境の中育つ木で、生命力の源といわれるくらい強い生命力を持っている木なので、そこで育った実を使って作られているのがアルガンオイルとなります。200個の種子からはたったの50mlしか精製できない貴重なオイルです。

手作りフェイスオイル

フェイスオイルは購入して使うだけではなく、自宅にある植物性油を使って簡単に作ることが出来ます。香り付けには精油(アロマオイル)を使えば香り豊かな自家製フェイスオイルが完成します。具体的にどんな油を使ってフェイスイルを作っていけるのか紹介します。

キャリアオイルとは

キャリアオイルとは、植物から抽出された植物油のことになります。使い方としては、エッセンシャルオイルをキャリアオイルで薄めてからアロママッサージ用として使うことが出来ます。キャリアオイルの名前の由来としては、エッセンシャルオイルを全身に運ぶことからその名前が付きました。キャリアオイルには、植物性油であればほとんどがキャリアオイルとして利用できるので、その種類は豊富で実際にいろんなキャリアオイルがあります。

精油で香り付け


フェイスオイルを自分で簡単に作れて香りつけに精油を使うことで、香り豊かなフェイスオイルが完成します。フェイスオイルに香り付けをして香水のような香りを出すには、精油を少し垂らすだけで香水のような香りがします。フェイスオイルとして使うのであれば、性能だけではなく香りも重要で、女性は特に香りには敏感なので精油を混ぜて香りの良いフェイスオイルを作りましょう。

ごま油でも作れる

フェイスオイルと呼ばれるものを持っていない場合は、ごま油を使って簡単にフェイスオイルとして使うことが出来ます。キャリアオイルとしてごま油を使ってから、その上で香り付けに精油を垂らすだけで香り豊かなフェイスオイルが完成します。自宅でも簡単に作れるフェイスオイルはごま油で代替できます。ごま油に使うごまには白ごまが最適です。

まとめ

フェイスオイルは女性にとっては必要不可欠なものです。フェイスオイルとなっていますが、いろんな使い方が出来て顔だけに使うものでもありません。そんなフェイスオイルの使い方を詳しく紹介してきました。実際にフェイスオイルの中でも貴重な商品も紹介しているので、フェイスオイル選びのときの参考にしてみてはどうでしょうか。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.