感動・泣き

20代のお肌のためのファンデ―ション選びとは?

投稿日:

20代の女性はファンデーション選びを手抜きしてはいけません。乾燥肌、敏感肌、脂性肌などのそれぞれの肌質に合わせた選択をすべきです。特に20代の女性が拘るべきなのは、肌が変化しやすいからです。20代女性ならではの適切なファンデーション選びの基本をマスターしていくべきでしょう。

20代のお肌は他の世代とどう違うのか

20代に入ると、ホルモンバランスが比較的落ち着き、皮脂分泌も少なくなります。ただ、20代も後半になると肌が乾燥してきて、大きな変化が起こりやすいです。人それぞれ異なるものの、20代女性はまず自分の肌の状況をしっかり確認する必要があります。自分がどういった肌質であるのかを知らないと、化粧品選択も間違えてしまう可能性もない訳ではありません。

皮脂が多い

皮脂が多いと自覚している方は、脂性肌であると認識した方が良いでしょう。脂性肌の原因となるのは、食生活や生活習慣によるホルモンバランスの乱れや不適切なスキンケアなどが挙げられます。スキンケアとして気を付けないといけないのは、皮脂をとりすぎないことや優しく洗顔することやしっかり保湿することなどです。

ニキビなどの肌トラブルが多い

ニキビなどの肌トラブルが多いのは顔の部分で肌のタイプが異なる混合肌の可能性が高いです。混合肌の原因となるのは食生活や過剰なスキンケアやエアコンによる乾燥などです。混合肌に適したスキンケアとしては、保湿と水分や油分のバランスを整えることとなります。

毛穴トラブルも

毛穴トラブルはどの肌のタイプでも起こるものです。そして、保湿ケアをするにしても方法は異なります。ちゃんとケアはしているのに毛穴トラブルが一向に良くならないのは、効果的な保湿は肌質によって変わっていくからです。20代の場合は肌のタイプも変わっていくため、特に注意しないといけません。

20代のタイプ別のファンデーション選びの基本

20代の女性は肌のタイプに合わせてのファンデーション選びを頭に入れておくべきです。ご自身がどの肌のタイプであるのかを把握しているのなら、ポイントを抑えておけば、選択するのはそう難しくはないでしょう。それぞれの肌のタイプに適しているファンデーションを選択しないと、適しているとは言い難いです。問題となるのはファンデーションの選び方をしっかり頭に入れているかどうかでしょう。選び方のポイントを知っておけば、迷うこともなくなるはずです。

乾燥肌タイプに最適な20代のファンデーション

乾燥肌の20代女性は、保湿を大きなキーワードとしてファンデーションを選択すべきです。
保湿成分がたくさん入っているものか、あるいはツヤのある仕上がりになるかといった点に注目しましょう。セラミドやヒアルロン酸といった保湿成分を含むファンデーションであるのなら、化粧をしていても肌の潤いを保てるのが大きいです。

さらに、肌に優しい成分で構成されたファンデーションの場合は、メイク中に肌に負担をかけないという嬉しいポイントもあります。また、クレンジングを必要としなければ、肌ダメージを減らせます。

脂性肌タイプに最適な20代のファンデーション

脂性肌の20代女性は油分が少ないパウダーファンデーションやミネラルファンデーションを選択すべきです。パウダーが余分な皮脂を吸収してくれるのが大きいです。リキッドやクリームタイプは油分が多く配合され、皮脂と混ざり合ってファンデーションが崩れてしまいます。適切なファンデーションを選択した上で、化粧水で水分をしっかり補うことやぬるま湯で洗顔することも大切です。

混合肌タイプに最適な20代のファンデーション

混合肌の20代女性は保湿効果の高いファンデーションを選択すべきで、パフやブラシなどの重ね付けに適しているものであるのが望ましいといえるでしょう。乾燥が過剰な皮脂分泌を引き起こすのを防ぐために、保湿効果が高いものであるのが重要です。さらに、美容液成分配合のものであるのが良いでしょう。

20代のファンデーション選びで見落としがちなこと

 

20代女性がファンデーション選びで見落としがちことは大きく3つです。UVカット機能、保湿成分が配合されているか、ミネラルが配合されているかといった点になります。価格が見合っているか、あるいは肌タイプに合っているかといった点ばかりに注目し、これらの点を見逃してしまっている方は確かにいます。

UVカット機能

UVカット効果のあるファンデーションは日焼け止めの役割を担っており、日焼け止めとの併用で確実な紫外線対策となります。20代女性は外で遊ぶという機会も多いものの、日焼け止めをしておけば大丈夫と考えているでしょう。しかし、しっかり紫外線対策をするのなら、UVカット機能を備えているファンデーションを選択すべきです。紫外線効果が高いと、肌への負担も大きくなってしまいます。

ヒアルロン酸などの保湿成分

乾燥肌の方はファンデーションヒアルロン酸などの保湿成分が含まれているかどうかが大事になります。まず化粧水を塗って、美容液を塗った後にベースを塗り、ファンデーションを塗るのが基本となる流れです。ファンデーションは肌から最も遠いところに付着するもので、基本的には保湿に固執する必要はありません。

しかし、化粧水や美容液などにしっかりと保湿成分が含まれているかといった問題もあります。さらに、乾燥肌の方はとにかく保湿に拘ってファンデーションを選択すべきです。

ミネラル配合で肌トラブルを軽減

肌トラブルに頭を悩ませている方は、ミネラルが配合されているファンデーションを選択すべきです。肌への刺激が少なく、カバー力や保湿力があるファンデーションとなります。ただ、重要となるのはどれぐらいミネラルが配合されているかです。しっかりそれぞれの商品を比較し、ミネラルの配合量に問題がないかをチェックしないといけません。

おすすめ商品

20代女性におすすめできるファンデーションはたくさんあります。それぞれで異なる特徴を持っているため、ご自身の求める特徴に合っているかどうかで判断するのが良いでしょう。

プチプラコスメ:ファンデーションとパウダーの機能【エチュードハウス(ETUDE HOUSE) トータルARP ツーウエイパクト】


この商品はファンデーションとパウダーの機能を1つにしたもので、肌のケアをしながら気になる部分をきれいにカバーできます。肌の潤いで重要となるローヤルゼリー、ワインエキス、カタツムリ分泌液が配合され、サッカロミセスとオタネニンジン根発酵液が肌を明るく生き生きとした印象にします。

プチプラコスメ:爽やかでみずみずしい使用感【エチュードハウス(ETUDE HOUSE) BB Mクリーム】


この商品は紫外線から肌を守り、肌に潤いを与えるUVカットBBクリームとなります。肌にサッとなじんで、ほとんど色が付かないタイプです。しっとりするとともに、べたつかないのも嬉しいポイントになります。ユーカリエキス、キュウリエキス、チャ葉エキスといった成分が肌にしっかり潤いを与えます。

プチプラコスメ:エアリーマットなお肌【エチュードハウス(ETUDE HOUSE) リアルパウダー クッション 】


この商品はファンデーション、コンシーラー、パウダー、皮脂コントロール、日焼け止め、下地の6つの機能を備えています。ひと塗りでテカリ肌やくすみや毛穴などの気になる肌をしっかりカバーしてくれます。さらに、化粧膜が密着し、なめらかなお肌を一日中持続させます。肌に塗った瞬間にリキッドがパウダーの質感に早変わりする「エアーライトパウダーコンバージョン テクノロジー」によって、ファンデーションを付けていることを忘れるほどの軽いつけ心地が実現されています。

まとめ

20代の女性はご自身の肌の状態はちょっとしたきっかけでどんどん変わっていくものと認識した方が良いでしょう。そして、どういったファンデーションを選択しないといけないかも把握できたはずです。ご自身の肌のタイプや状態に合わせてファンデーションを選択しないといけません。おすすめの商品も含めてご自身にピッタリのファンデーションを見つけましょう。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.