感動・泣き

保湿クリームの有効成分と正しい選び方!

投稿日:

私たちは誰でもいつまでも若くありたいと思っています。特に最近では微魔女という言葉が流行しており年齢よりも若く見える人が魅力的という風潮が強いです。若く見せるためには若い人のファッションやメイクをマネするだけでは逆に老けて見えることもあります。そこで肌の内側からしっかりと肌を若返らせて年齢よりも若い肌を作ることが必要です。誰だって老化が起こることは避けられないですが、老化のペースを遅らせることはできます。少しでも老化のタイミングを遅らせるためには肌への保湿がとても大切になってきます。

保湿クリームについて

肌への保湿方法はいろいろとありますが、やはりクリームでの保湿はとても効果的です。そのため日ごろから保湿クリームを使って顔はもちろんですが全身の保湿ケアをしておく方が若くて美しい肌が維持できます。保湿のためにはクリームもいろいろな種類から選ぶことが必要です。

肌に油分の膜を作って美容成分を逃がさない

肌の潤いを保つためにはクリームがとても大切な役割を果たします。クリームが出れば何でもよいのではなく、しっかりとクリームの前につけた化粧水や乳液の美容成分を逃さないものを選んだり、それらの働きをより活発にするものを選んだりすることが大切です。そのためには肌の油分の膜をしっかりと作ってくれるものや美容成分を逃さない油分がしっかりと含まれているものを選ぶ必要があります。

クリームは化粧水と違いしっかりと油分が配合されていますが、油分も何でもよいわけではなくやはり美容成分が配合されているものや無添加で刺激の少ないものなど肌に良いものが配合されている方が効果的です。油分の膜を作ることはもちろん大切ですが、その成分も確認したうえで選ぶとより効果が得られます。

肌のダメージをケアしてくれる

クリームは肌にしっかりと貼りついて肌の内部まで浸透してくれる効果がありますから美容成分が豊富なものを選ぶほうが効果的です。その際、肌のダメージをケアしてくれるために潤い成分が豊富なもの、補修効果のあるものを選んでおくと寝ている間にしっかりと肌の中まで浸透して美肌を作ることができます。

この際、特に保湿に効果のある成分はしっかりと配合されている方が肌に効果があります。肌が乾燥していくとどんどんと肌のターンオーバー周期が乱れますしくすみが出てきますし、毛穴が開く原因にもなり肌の見た目が老化する原因となってしまうのです。そこで少しでも肌がきれいな状態を維持するためにも保湿効果が高いクリームを塗布してしっかりと肌の内部の細胞まで浸透させることが大切です。

肌を乾燥や外部の刺激から守ってくれる

肌の乾燥や外部の刺激など、私たちは毎日しっかりとダメージを付けています。そのためしっかりとスキンケアをして寝る前に保湿クリームを塗布して肌のダメージを修復することが大切です。肌のダメージは日々蓄積していくものです。そのため乾燥をしていたり外部の刺激で傷ついているものは早いうちにケアして解消していく必要があります。そこで毎日のスキンケアでしっかりと予防をしておくと加齢とともに出てくるシミやしわ、肌のくすみといったも物も毎日のスキンケアで予防ができ、年をとっても若い肌が維持できるのです。

肌に対して潤いを閉じ込めてくれる

肌は毎日しっかりと保湿をしていないとどんどんと肌から水分が抜けてしまい乾燥をしてしまいます。きちんと保湿をしているつもりでも保湿成分が正しいものでなかったり使用方法が正しくなかったりするとただ塗布しているだけで効果は全く出ていないことも多いです。そこで、化粧水の塗布した成分がしっかりと肌に吸収されて細胞が水分を抱え込むためにはクリームで肌にふたをすることが大切です。

肌にクリームをつけることは肌の上に一枚マスクを付けるのと同じ効果があります。潤いを閉じ込めることができるので肌の水分量をしっかりと補って肌が乾燥することを予防することができるのです。そこで、クリームはスキンケアの仕上げでしっかりと肌に塗布して保水することが大切になってきますが、クリームを塗布する量もたくさんつければよいわけではありません。付けすぎると肌に汚れとして毛穴に詰まる原因となりますし、皮脂が過剰分泌する原因となることもあります。付けすぎることなく肌に負担にならない程度に塗布をすることが大切です。

保湿クリームの成分について

保湿クリームにはいろいろな種類がありますが配合されている成分も違っています。そこで肌の保湿をするためにはしっかりと成分も確認して効果的なものを選ぶことが大切です。

エモリエントは肌の水分が蒸発するのを防止

肌に良いクリームを選ぶ際に「エモリエントが大切」ということがよく言われます。しかし、エモリエントは美容成分としてはあまり聞きなれない言葉です。モイスチャーもよく言われますが、モイスチャーは保湿効果を意味しており、エモリエントは油分での保護効果を意味しています。エモリエントが水分の蒸発を防いでくれる油分でのマスクとなってくれるのです。

エモリエント効果のあるものとしてスクワランやセラミド3、アボカドオイルやオリーブオイル、ホホバオイル、ワセリン、オレイン酸といったものがあります。これらは皮膚の膜を油分で覆ってくれることによって体の中から水分が抜けていくことを防いでくれるのです。

実は私たちの皮脂もエモリエントです。どうしても皮脂は毛穴の詰まりやテカリの原因となるために悪いイメージがありますが、適切な量の皮脂は肌を保湿する大切なものをなってくれます。そこで、エモリエントを考える際には皮脂を適正に保つことも考えることが大切です。

ヒューメクタントは水分を保持する

水分を保持するための成分がヒューメクタントと言われています。そのため肌から水分が蒸発せず肌の中に保持できるためにヒアルロン酸やコラーゲン、アミノ酸、グリセリン、セラミド、プロテオグリカンといった水分を保持することのできる水溶性の成分を配合している化粧品を使うことが大切です。

水溶性の成分の中にはほかにもグリセリンやセラミドといったものもありますがどれも配合している必要はなくその中の一部が配合されていても十分肌の中に水分を保持することはできます。しかし、肌への刺激や成分の有効成分の量といったものによっても保水力は大きく違ってくるものです。そこで、できるだけ水分が維持できるようにきちんと成分を確認してその中の有効成分や抽出元といったものを考えて選んでおくと安心できます。

保湿クリームに含まれている保湿成分

保湿クリームを選ぶ際にはやはり少しでも肌への効果が期待できる成分が配合してある方が安心できます。せっかく毎日ケアをするのですからやはり保湿力が高く肌に効果のあるものを使った方がよりアンチエイジング効果も出るものです。そこで、ここではおすすめの保湿クリームの成分を紹介していきます。

プロテオグリカン

プロテオグリカンはここ数年で注目を集めるようになった美容成分です。皮膚のハリと弾力を作ってくれる成分でありヒアルロン酸よりも肌に水分を蓄える力があるといわれています。年齢肌や乾燥肌など老化に伴って出てくる肌トラブルの解消にも効果的です。

肌に水分量を蓄えてくれるプロテオグリカンですが、もともと私たちの体の中では皮膚や軟骨、骨といった場所にも存在しています。それ以外にも皮膚の真皮で重要な働きをしているのもプロテオグリカンです。コラーゲンの繊維の間にあり水分を保湿することができる大切なものなのですが、プロテオグリカンがあるおかげでコラーゲンがしっかりと形を維持することができています。

そこで保湿のためのクリームを選ぶ際はしっかりと保湿成分が肌の中で維持できるようにプロテオグリカンが配合されているものを摂取することが大切です。ここ数年で美容成分としてとても注目されるようになっており、プロテオグリカンが配合されているクリームはかなり増えています。

コラーゲン

コラーゲンは骨粗鬆症対策や関節痛予防など美肌以外にもたくさんの効果があるために女性は摂取しておく方が良いといわれている成分です。どうしても加齢とともに減ってしまうものですから肌のためはもちろんですが健康な体を維持するためにも摂取しておく必要があります。しかしどうしても私たちの生活では肌よりも優先するべき場所があり食事やサプリメントで摂取したコラーゲンは肌以外の場所で使われていることが多いです。そのため、肌のためにはクリームで補っておく必要があります。

アミノ酸

アミノ酸は筋肉を作ることはもちろんですが体の中では血管や肌を作るためにも使われているものです。毎日の生活の中でしっかりと摂取をしておかないと代謝も下がってしまいどんどんと肌が老化する原因となってしまいます。そこでクリームでもアミノ酸は摂取しておく必要があるのです。

グリセリン

最近ではグリセリンが肌に悪いという考え方をしている人もいます。グリセリンを配合しているものを使わないという人が出てきており成分として悪いものなのかということがよく話題になっているものです。グリセリンは合成のものと天然のものとがあり、合成されているものは石油系、天然のものはヤシの実からできています。そのため合成品の方が石油系であるために肌に良くないということが言われるようになっているのです。

しかし、実際にはどちらも良い悪いというものはなく、石油系のものの方が純度が高いですし価格もリーズナブルです。そのためグリセリンを配合しているものを選ぶ際にはどちらのものは言っていても基本的に心配する必要はありません。ただし、石油系のものにアレルギーが出てしまう人も中に入るので、そういった観点から考えるとグリセリンは天然のヤシの実由来のものを使った方が低刺激でトラブルが起きにくいということもあります。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は肌の水分量を維持することができるのはもちろんですが、ハリのある弾力のある肌を作るためにも大切なものです。食事で接種するだけではなかなか補えないためにヒアルロン酸を配合しているクリームも塗布してしっかりと補う必要があります。

セラミド

セラミドも肌の保水力を高めて細胞にしっかりと蓄えるためにとても大切なものです。セラミドが配合されているクリームを選ぶと翌日の肌の仕上がりはやっぱり違ってきます。ただし、セラミドにも種類があり、合成のものから植物由来のもの、動物由来のものと種類が様々です。もちろんどれも肌への効果は違ってきますが、動物由来のものは特に効果が高いために高額で少ししか配合されていないことも多くあります。

保湿クリームの選び方

保湿クリームを購入する際にはやはり使いやすいものが便利です。毎日使うものですから効果萌えられてなおかつ使いやすいものを選ぶようにしましょう。

好みの使用感を感じるクリームを選ぶ

好みのテクスチャーは人によって違うものです。さらさらしたほうがいい人もいればこっくりとしていて肌に残ることが大切な人もいます。肌質によっても違いますから、肌が乾燥している人はやはりこっくりとして肌に残るものを使った方がしっかりと保水力が合って肌の水分量が維持できますし乾燥した肌の補修ができます。使っていてテクスチャーが好きではないとなるとどうしてもクリームを塗る頻度も下がってしまうものです。できるだけ楽しく長く継続するためにも使用感が好きなものを選ぶようにしましょう。

継続性を維持するためにも価格が安いものを選ぶ

せっかく購入して使うならば長く続けられる価格帯のものを選ぶ必要があります。高価なものはやはり成分もこだわっていますし原材料もこだわっていますが高級すぎるとリピート購入ができなくなってしまい効果を維持することができないです。必要な量を毎日きちんと塗布するためにも購入する際には成分だけでなく価格も使いやすいものを選ぶことが大切になってきます。

使用したい部位に合ったものを選ぶ

使用する部位によってクリームに求める成分や効果も違ってくるものです。そこでクリームを使用する場所と必要な効果によって自分に合ったクリームを選ぶ必要があります。クリームを塗布しても効果が感じられない場合には続けられずに挫折してしまうことも少なくないです。

自分の肌質に合っているものを選ぶ

やはりどれだけ高価なクリームでも肌質にあっていないと効果が出なくなってしまいます。乾燥肌の人はしっかりと保湿することが必要ですし、オイリー肌の人は油分が少ないものでないと塗布することで逆効果になってしまいます。そこで肌に合ったクリームを選んで使用することが大切です。

保湿クリームの使い方のポイント

保湿クリームを使う際にはただ塗布するだけでは効果がありません。きちんと正しい方法で塗布することが大切です。

肌のお手入れの最後に保湿クリームを使用する

肌のお手入れの最後が保湿クリームを塗布するタイミングです。その際しっかりと肌全体に塗ることで化粧水や乳液の成分をしっかりと肌に閉じ込めることができます。

保湿クリームは肌をマッサージするように使用する

保湿クリームを塗布する際、そのテクスチャーを利用してマッサージをするように塗布していきます。そうすることで肌の老廃物が流れていき肌のくすみも取れるのです。

スパチュラを使用して保湿クリームを清潔な状態で使用

クリームを取り出すとき、容器からそのまま指で取り出す人がいますが、クリームの清潔を保つためにはスパチュラを使う方が良いです。指で直接取らずスパチュラを使うことでいつまでもクリームが鮮度のよいきれいな状態が維持できます。

化粧水などで肌に水分を与えてから保湿クリームを使用

保湿クリームも成分が大切ですが、それだけでなく化粧水も大切になってきます。肌の水分量を維持するためにも化粧水や乳液も肌に不足している水分とクリームを補いそれが外に出ないようにクリームでふたをするのです。

保湿クリームランキングを商品別に紹介

保湿クリームにもいろいろな種類がありますから自分に選ぶものを選ぶのは大変です。そこでここではおすすめの保湿クリームを紹介していきます。

ユースキンA


ロングセラー商品で子供のころから一度は使ったことがあるといえるのがユースキンAです。潤い成分も配合されているので子供からお年寄りまで肌のトラブルに塗布することができます。手荒れやかかとのひび割れにも使えますが、顔への塗布もできます。

肌美精


肌美精も潤いケアと同時に肌のバランスケアをしてくれる保湿効果のある乳液です。テクスチャーもしっとりしており毎日塗布しても十分効果が感じられます。健康な肌質を安定的に維持できるように肌にしっかりとバランスを整えて売れます。使い続けていくうちにくすみが取れてきめの整った美しい肌にしてくれる乳液です。

DEW クリーム レフィル


DEW クリーム レフィルは濃厚なとろみがあるテクスチャーで柔らかくもっちりとしたハリのある肌を作ってくれるクリームです。カネボウが独自に開発した成分が配合されておりべたべたにならずに角質層まで成分が浸透してくれます。そのため肌が潤いが出てくるのはもちろんですが、乾燥によってできる小じわやしわの予防にも効果的です。

ニールズヤード レメディーズ フランキンセンスインテンスクリーム


ニールズヤード レメディーズ フランキンセンスインテンスクリームはニールズで初めてのエイジングケアクリームです。植物の生命力とサイエンスを癒合させて潤いに満ちたハリのある美しい肌を作ってくれます。香りもとても良くマッサージをすると癒やし効果も高いです。

まとめ

毎日のスキンケアの中でクリームはとても大切です。少しでも気持ちよくスキンケアをするためにも香りが良いこと、テクスチャーが良いこと、効果が実感できることはとても大切なポイントになってきます。肌は日々の積み重ねで美しさが維持できますから毎日のケアは丁寧に行うべきであり、その際にクリームはとても大事な役割をするものです。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.