感動・泣き

洗顔ブラシの効果をアップさせるための正しい使い方

投稿日:

美肌の基本は洗顔と保湿。なかでも毎日朝夕欠かさずに行う洗顔は、ニキビや毛穴の詰まりなどの肌トラブルを防ぐためにとても重要です。

最近ではツルピカ肌になると洗顔ブラシが話題になっていますが、ブラシで肌にダメージを与えるのではと不安に思っている方もいらっしゃることでしょう。そこで、洗顔ブラシを使うメリット、洗顔ブラシの選び方や使い方、使用する際の注意点などについて解説します。

洗顔ブラシの効果

洗顔ブラシは、手指の代わりに手動や電動のブラシを使って肌をマッサージしながら汚れを落とす洗顔アイテムです。

ブラシを使用することによって、顔の隅々や肌の奥の汚れをくまなく落とすことができます。手指で洗う洗顔に比べてどんなメリットがあるのかについて説明します。

ムラなく洗うことができる

一般的な洗顔では手のひらに洗顔料を泡立てて、顔全体を両手で包み込むようにしながら洗浄します。指を細かく動かすというよりも手のひらを使って洗顔するため、顔の中央はしっかり洗えても隅々まで指が届かないこともあります。

洗顔ブラシは数多くの毛を移動させながら洗顔することができるので、顔全体をムラなく洗うことができます。

肌への負担を減らせる

手指だけを使って洗顔する際には、両手の平いっぱいに洗顔料を泡立てて顔を滑らせながら洗顔することになります。肌と肌をゴシゴシとこすり合わせることになるため摩擦によって肌にダメージを与えることもあります。

また、手指を使って洗うよりも洗顔料も少なくて済むので、洗い過ぎやすすぎ残しなどの心配もいりません。

毛穴までしっかり洗える

手指を使った洗顔ではどうしても肌の表面のみを洗い流すことになりますが、ブラシは毛の先端が肌の奥まで届くため、毛穴の奥に詰まっている皮脂汚れや古い角質なども洗い流すことができます。

マッサージ効果がある

手指を使った洗顔では肌の摩擦が生じることから、それほど長く肌をこすることはありません。洗顔ブラシは、密集したたくさんの柔らかい毛の先端によって肌に適度な刺激を与えながらマッサージ効果を得ることができます。

電動の洗顔ブラシのなかには音波振動などを使ってマッサージすることができるものもあり、高いマッサージ効果によって血行促進や老廃物の排出が高まることが期待できるでしょう。

化粧水などの浸透が良くなる

古い角質や皮脂汚れが残っていると、どんなに高価な化粧水や乳液、美容液などを使っても肌の奥まで浸透させることはできません。

洗顔ブラシを使うことによって毛穴の奥に詰まった古い角質などを除去することができるため、化粧水などが肌の奥まで浸透するようになります。

洗顔ブラシの正しい使い方

洗顔ブラシが顔の隅々や毛穴の奥にある皮脂汚れや古い角質を取り除く効果があることがわかっていてもブラシによって肌が傷つくのではないかと使用を躊躇する方もいるのではないでしょうか。

肌を傷つけずにすっきりとしたツルツルの肌になるための洗顔ブラシの正しい使い方について説明します。

使う前にブラシと顔をしっかり濡らす

乾いたままで肌と肌をこすり合わせると摩擦によって肌に大きなダメージを与えることになります。洗顔ブラシを使用する際にも、事前に顔をしっかりと濡らしておくことが必要となります。

また、顔だけでなく洗顔ブラシの方も濡らして摩擦によるダメージが起こらないようにすることも大切です。

洗顔料はしっかりと泡立てる

手指を使った洗顔では、ゴシゴシと肌をこすると肌を傷めてしまうので滑らせるように泡の力で優しく洗うことが大切です。洗顔ブラシを使用する際にも、しっかりと泡立たせた洗顔料を含ませて洗うようにしましょう。

手指を使用するときよりも洗顔料の量は少なくても泡立たせることが可能となるので、洗顔料の付けすぎにも注意が必要です。

優しくマッサージするように洗う

洗顔ブラシに使用されている毛は肌に優しい柔らかいものが多いため、それほど肌に刺激を与えるものではありません。

それでも顔全体をまんべんなく洗おうとするとデリケートな肌を傷めてしまうことも考えられるため、泡立てた洗顔料を少量つけた後に顔全体を滑らせるように力を入れず優しくマッサージするように洗うといいでしょう。

ブラシは肌に対して垂直に当てる

洗顔ブラシは、斜めに倒すと毛先が肌に触れる面が鋭くなることにより肌に与える刺激が強くなります。洗顔ブラシを寝せることなく、肌に垂直にあたるように使用することが大切です。

洗顔ブラシを移動するだけで毛先が肌をマッサージしながら汚れを落とすことができるため、必要以上に力を入れないようにしましょう。

ぬるま湯でしっかりと洗い流す

洗顔の後、肌がつっぱったり、赤みや炎症が起きたりする原因のひとつには、すすぎが足りず洗顔料の成分が残ってしまうこともあげられます。

洗顔ブラシは手指よりも肌の奥に洗顔料を届けることができるため、すすぎはたっぷりのぬるま湯を使って十分に行うことが大切です。

洗顔ブラシ!効果アップのための正しい選び方

洗顔ブラシには、100均で手に入れられるものから職人技でつくられた高級品、電動のもの、などさまざまな種類があります。洗顔ブラシによる洗顔の効果をアップするためには、肌にダメージを与えずしっかりと汚れを落としてくれるものを選ぶことが必要となります。

洗顔の効果をアップするための洗顔ブラシの正しい選び方について説明します。

電動タイプのメリット

電動タイプの洗顔ブラシの大きなメリットは、音波振動などを使って手動ではできない超高速の振動を発生させて汚れを取ることができることです。

汚れを落とすだけではなく血行をよくする高いマッサージ効果を期待することもでき、ブラシやシリコンなどの素材やヘッドの形状の違いによってさまざまなタイプの中から自分に合ったものを選ぶことができます。

手動タイプのメリット

手動タイプの洗顔ブラシは、筆タイプのものが多く繊細なマッサージ効果が得られるとともに、軽くて持ち運びが便利であるため、いつでも携帯できるというメリットがあります。

化学繊維や動物の毛など、素材にはさまざまな種類があり、場合によっては肌に合わないこともあるため注意が必要となります。

小鼻専用のコンパクトタイプ

顔の中心にあり顔の立体感を演出してくれる鼻。頬やおでこなどのようにフラットではなく傾斜があり、皮脂が溜まりやすく、イチゴ鼻などの肌トラブルも起きやすい部位です。

小鼻専用のコンパクトタイプの洗顔ブラシがあれば、気になる小鼻周りの汚れをすっきりと落とすことができ、鼻にブツブツができたりテカったりすることも防ぐことができるでしょう。

毛が柔らかいものを選ぶ

洗顔ブラシを選ぶ際に最もこだわりたいのが毛の柔らかさではないでしょうか。化学繊維のみならず、動物の毛を使用していても剛毛であったら肌を傷つける可能性があります。

ファンデーション用の筆として国内だけでなく世界的に有名な熊野筆のようなものを選べば抜群の肌触りのよさで洗顔することができます。

なるべく毛が細く密集しているものが良い

洗顔ブラシは片手で持ってマッサージしながら洗うことができるコンパクトなサイズがおすすめです。また、ブラシ面の毛が太くばらついていると肌に摩擦を与えてダメージを与えることもあるので注意が必要です。

毛が柔らかいだけでなく細くて密集しているタイプの物であれば、肌を傷つけないだけでなく短時間で効果的に洗顔することができるでしょう。

洗顔ブラシを使う時の注意

毛の柔らかさ、マッサージ効果、サイズなど、さまざまなポイントで選んだ洗顔ブラシでも、誤った使い方をすると肌を傷つけてしまうことがあります。

洗顔ブラシを使用する際に注意すべき点として、力加減や時間、頻度やメイクとの関係などについて説明します。

強くこすりすぎない

洗顔する際は、汚れや皮脂などをしっかりと落とそうとつい力を入れてゴシゴシこすってしまうことがあります。柔らかい毛でできた洗顔ブラシは、肌にそっと添えて滑らせるだけで毛穴の奥に詰まった汚れもかきだしてくれます。

力を入れて押し付けてマッサージするとどんなに柔らかな毛であっても肌に負担をかけることになるので、注意が必要です。

肌が弱い人は毎日使わない

一般的なスキンケアでも、洗浄力の高い洗顔料を使ったり、長時間洗ったりすることで肌トラブルを引き起こしてしまうことがあります。

手指で洗うよりも効果的に汚れを落とすことができる洗顔ブラシですが、やはり使い過ぎは禁物です。特に肌が弱い人は毎日の使用は控えるようにしましょう。

必ずメイクを落としてから使う

ファンデーションやフェイスパウダー、マスカラやチークなど、メイクにはさまざまな化粧品を使用します。洗顔前にはクレンジングでメイクをしっかり落としておくことが大切です。

メイクしたまま洗顔ブラシを使用すると洗顔料とメイクが混じった物質が毛穴に残って肌に刺激を与えるとともに、洗顔ブラシが汚れて持ちも悪くなります。

長時間洗い続けるのは良くない

洗顔ブラシの適度な刺激はマッサージ効果があり、心地いいのでついつい長く使用してしまいがちです。柔らかい毛先でも長時間にわたって肌を刺激するとやはりダメージを与えることになります。

使用後はよく洗って乾かす

洗顔ブラシはぬるま湯で濡らして洗顔料を泡立ててから使用することになります。使用後のブラシには古い角質や皮脂汚れなどが付着しているため、きれいに洗って風通しのいい場所でよく乾かすようにしましょう。

洗顔ブラシを濡れたまま放置すると雑菌が繁殖して肌トラブルを引き起こすことがあります。

まとめ

洗顔ブラシは、毛穴に詰まった汚れをきれいに除去するだけでなく、隅々までまんべんなく汚れを剥ぎ取ることができる便利なアイテムです。

手動、電動の2つのタイプがありますが、なるべく毛が細くて柔らかく密集したものを選ぶようにするといいでしょう。肌へのダメージは少ないものですが、正しい洗顔の仕方を理解しておくことが大切です。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.