感動・泣き

グリーン下地の使い方とは?正しく使って気になるお肌の赤味をカバーしよう!

投稿日:

メイクをするときに化粧下地を使用していない方もいます。化粧下地は肌の色を補正する効果に優れており、疲れた時に出来てしまうクマ、いつの間にかできてしまったシミやそばかすを隠してくれる効果にも優れています。そのため、より美しい肌を演出するためには欠かせないものです。

化粧下地はいろんなカラーがありますが、その中でも赤みをカバーする効果を持っているのがグリーンの下地です。肌に赤みがある方はこのカラーをファンデーション前に使用することで肌を美しく見せることができます。これまでこのカラーの化粧下地を使用したことがない方、また化粧下地を使ったことがない方に向けてグリーンの下地の効果などについて、説明してきたいと思います。

グリーン下地について

グリーンの下地には赤みのある肌に対して特に効果が感じられます。しかしこれまでこのカラーを使用したことがない方にとっては、よくわからないかもしれません。そこでグリーンカラーの下地が持つ効果や特徴について説明をしていきたいと思います。

赤みをカバーすることができる

日常的に赤みが感じられる肌質の方がいます。こういった赤みがある肌の場合、反対の色を使うことでナチュラルに隠していくことができます。赤みを隠してくれるカラーはグリーンです。そのためグリーンの下地を使うと上手に赤みをカバーすることが可能です。

化粧下地で肌色の補正をした後にファンデーションを塗っていきます。ファンデーション単独では赤みをカバーすることは難しいのですが、化粧下地を併用することできれいに赤みを隠すことができます。

グリーン下地で赤ら顔をカバーするには

グリーンの下地を使って赤みを隠していく際にはコツというものがあります。グリーンの下地は血色が悪い印象を与えてしまうことがあるため、一部の部分のみに使用することを心がけ、顔全体が不健康で老けたような印象にならないようにしていくことが大切です。

グリーンの下地を使って赤ら顔をカバーしたいという場合、いくつかのコツをしっかりと覚えたうえで化粧下地を使っていく必要があります。そこでそのコツについてご紹介したいと思います。

 

使い過ぎないようにする

グリーンの化粧下地をつける時には決して使いすぎないようにすることが大切です。そのためつけていく時には、少量ずつつけていくようにします。また下地用のブラシを使用してナチュラルに仕上げていくのもいいでしょう。あくまでも赤みを消すために使用するものですから、ある程度補正ができれば終了することが大切です。

基本的に赤い部分にのみ使う

グリーンの化粧下地は赤みのある肌には特に有効なカラーです。しかし顔全体に使用すると不健康な感じに見えてしまうことがあります。血色が悪い感じに見えることもあるため、グリーンの化粧下地は基本的に赤みがある部分のみに対して使用することが大切です。

全体の下地を塗った後に使う

赤みがある肌を隠す前にはグリーンの化粧下地を使用します。しかし赤みのない部分に対してはグリーンの化粧下地では不健康な肌に見えてしまうことがあります。

そのため肌質に合った化粧下地を選択し、それを使って下地を塗っていきます。その上にグリーンの化粧下地を赤みがある部分のみ、塗っていきます。こうすれば健康的できれいな肌質に見せることができるようになります。

他の色と混ぜてもOK

グリーンだけでは肌の補正がきれいにできないという方もいます。この場合にはグリーンを多く使用するほど不自然に見えてしまいます。そのため、他の色と混ぜて使用してみるのもいいでしょう。肌色を補正できるように色を変えていけば、より自然な感じで赤みを隠していくことができます。

赤ら顔におススメのグリーン下地

赤みがある方でこれまで化粧下地を使用したことがない方は、実際にどういったものを使ったらいいのかわからないのではないでしょうか。こういった方に向けてお勧めしたいグリーンの化粧下地をご紹介したいと思います。これらの下地について知ることで、化粧下地にはどういった特徴があるのかわかっていくことでしょう。その上で実際にグリーンの化粧下地を使ってみてください。

media / メイクアップベースS

 

赤みやニキビ跡など、赤く目立ってしまう部位にピンポイントで使用できる化粧下地がメイクアップベースSです。肌色の補正用にもピッタリですが、全体的に使用しても透明感を維持できるため、血色の悪い感じにならない効果は好印象です。SPF27で夏場の紫外線が強い時期でもしっかりと肌を保護してくれます。

ちふれ / カラーメーキャップクリーム

 

肌色の補正を自然にしてくれる効果だけではなく、ファンデーションの付きを良くしてくれる効果も期待できるのが、ちふれのカラーメーキャップクリームです。部分的に使用し、赤みがある部位やニキビ跡などに使って全体的な印象を良くしていくことができます。カバー力が高いため、赤みが目立つ部位でもしっかりと隠すことができます。

キスミーフェルム / トーンアップベースクリアグリーン

ナチュラルに赤みを隠し、クリアで透明感のある肌色に補正してくれるのがキスミーのフェルムトーンアップベースクリアグリーンです。肌の凹凸もしっかりと隠してくれますし、またファンデーションの付きも良くしてくれます。

2つのパウダーで肌を若々しい印象に導きます。さらにシルクエキスやカミツレエキスの配合で、乾燥しがちな肌にしっとりと保湿効果を与えてくれます。

ケイト 化粧下地 シークレットスキンCCベースゼロ EX-2 赤みを抑え、透明感のある肌に仕上げるライトグリーン

気になる肌赤みやくすみ、血色の悪さなど、肌色の悩みをしっかりとカバーしてくれるグリーンの化粧下地です。色ムラを補整し、肌の色をワントーン明るく見せるビューティアップパールが配合されています。さらに保湿成分として水溶性コラーゲンが配合されており、しっとりと潤った状態でより美しい肌に導いてくれます。

エリクシール シュペリエル コントロールベースUV (グリーン) (SPF25・PA++) 25g

エリクシール シュペリエル コントロールベースUV (グリーン) (SPF25・PA++) 25g

赤みやくすみを上手に、またナチュラルに隠してくれるグリーンカラーの化粧下地です。肌表面をなめらかに整え、透明感のあるはり肌を長時間持続することができます。使用感も良く、均一にのびて、ファンデーションのつきや持ちを高める点が好印象です。また保湿成分として、コラーゲンやエラスチンエキスを配合しています。乾燥しやすい肌質の方もしっとりとした肌に導いてくれます。

まとめ

いかがだったでしょうか。赤みをしっかりとカバーしてくれるのは、グリーンの化粧下地だからこそできる効果です。しかし多く使いすぎてしまうと血色が悪く見えてしまうため、少しずつ使用していくことがコツです。

とても便利なカラーの化粧下地なので、赤みなどが気になる方は1つアイテムを持っておき、メイクの際に活用するといいでしょう。今まで以上に肌を美しく見せることができます。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.