感動・泣き

お尻ダイエットの方法とは?お尻をダイエットして下半身をスリムにする

投稿日:

昭和の時代にはお尻が大きいのはセクシーな証拠のようなイメージでしたが、最近では少し小さくて引き締まっているようなお尻が魅力的のような風潮になって来ております。女性誌で紹介されるファッションなども小さなお尻のモデルさんに似合うようなデザインが多く、下半身太りをしている方には憧れの存在となっております。

お尻の大きさは遺伝の部分もありますが、しっかりとダイエットやトレーニングする事で意識的に小さく引き締める事ができます。そこでこちらのページでは、お尻をダイエットして下半身をスリムにする方法などの情報をご紹介します。お尻が大きくて悩んで入る方は、ぜひチェックしてください。

お尻の簡単な痩せ方について

お尻の大きさをモデルさんまでとは言わないけど、少しでもサイズダウンしたいという方は多いのですが、毎日の仕事で忙しい方の場合には、どうしても後回しになってしまい、サイズダウンする所か徐々に大きくなってしまいがちです。

お尻をなるべく簡単な方法で痩せたい、忙しくても続けられる方法が知りたいというわがままな方でもしっかりと効果のあるダイエット方法をご紹介します。

歩き方や立ち方に気をつける

お尻の簡単な痩せ方として重要なのは、普段の生活の仕方に気を付けるという事です。歩き方や立ち方を気を付けるだけで効果的にお尻を小さくする事が出来ます。内股で立っていたり、片方の足に重心をかけて立っていたり、歩く時の歩幅が小さかったり、日常的に足を組んでいたり、ソファに座る時に浅く座っていたり、猫背になっている事が多いという方はお尻が大きくなりがちです。

お尻の大きさは脂肪などの影響が強いのですが、骨盤がずれていたり開くような事もお尻が大きくなる原因となっております。その為、普段から歩き方や立ち方に気を付け、骨盤が開いたりずれたりしないように意識して生活する必要があるのです。

日頃から冷やさないように心がける

日頃から冷やさないように心がける事もお尻のサイズダウンにはとても重要になっております。冷え性の方というのは、他の方よりもどうしても下半身が太りやすくなっております。むくみやすく脂肪を蓄えやすいのでお腹から下を冷やさないような服装を心がけるのもお尻をサイズダウンするのに適しています。

長時間座り続けないようにする

長時間座り続けるような生活をしていると、骨盤が開きやすくなってしまいます。お仕事などでオフィスワークをしている方は、なるべくコンスタントに席を立ってトイレにいったり、伸びをするなどで連続で座っている時間を減らすようにしてください。

もし可能でしたら、骨盤快適クッションなどを使うようにすると、骨盤が開いてお尻が大きくなるのを効果的に防ぐ事が出来ます。

お尻周りのダイエット方法とは

お尻周りをピンポイントでダイエットする為には、単なる食事制限では難しくなっております。その為、食事制限でカロリーの摂取量を減らしつつ、効果的なエクササイズなどお尻を小さくするチャレンジを行う事が重要になってきます。忙しい方の場合には、時間をかけてエクササイズなどが出来ないという方も多くいらっしゃいますので、こちらでは短時間で効果的にお尻のサイズを落とす事ができる方法をご紹介します。

マッサージをする

お尻周りのダイエット方法で効果的なのはマッサージです。特にリンパ系のマッサージは非常にお尻周りのサイズダウンに効果がありますので人気があります。お尻周りのお肉には老廃物がたまったセルライトが原因となる事が多くなっておりますので、老廃物などが原因でリンパがつまらないようにする事も効果的なお尻周りのダイエットです。

お尻周りに効果のあるリンパマッサージは色々な方法がありますが、おすすめなのは、立ちながら片脚を少し後ろに引いて行うリンパマッサージです。最初に真っ直ぐに立った状態から片方の足を少し後ろに出します。後ろに出した足はかかとが出ないようにするのがポイントになります。

その状態のまま両手の手のひらを使って、太ももの上の方からお尻を通過し腰骨の上のラインまでさすり上げてください。少し力を入れて太腿からお尻についている贅肉を上に持ち上げるようなイメージで行うと成功しやすくなっております。この動作を5回程度行ったら足を変えてもう一度おこなってください。これだけで老廃物が溜まりにくくする事ができますのでおすすめです。

ストレッチをする

お尻を小さくするためにはストレッチなども欠かせません。普段からあまり運動をしていないという方は、かなり効果が期待できますので最初に行うべきチャレンジだと言えます。

お尻のストレッチの方法は、

①体操座りの状態になります。

②片方の足首をもう片方の足の膝に乗せてください。

③背中を地面に着けるように寝転がります。

膝の上に足が乗っている方の足の太物の裏に手を当て乗っかっている足を胸に近付けるようにすると太ももの裏からお尻までを効果的にストレッチする事ができます。

このお尻のストレッチは、お尻の筋肉を効果的に伸ばす事によってセルライトを付きにくくする効果の他にも腰痛の軽減にも効果がありますのでおすすめです。

筋トレをする

筋肉と脂肪では、同じ量でも筋肉の方が体積が少ないので引き締まって見えます。その為、筋トレをするのもお尻を小さくするために必要です。

スポーツジムなどに行かなくてもスクワットなどをすればお尻や太ももなども綺麗に引き締める事ができますのでおすすめです。ただし、慣れるまでは負荷よりも正しいフォームを意識して怪我をしないように注意してください。

お尻痩せに有効なツボを刺激する

お尻痩せに有効なツボを刺激するのもおすすめなお尻を小さくする方法になります。ヒップアップ効果が期待できる承扶には太ももを引き締める効果がありますのでお尻の筋肉を持ち上げる効果も期待できます。

腰痛や股関節のコリなどに効果のある環跳は、足の付け根のリンパの流れを改善する効果が期待できますので、お尻を始め下半身ダイエットに効果があります。むくみの解消にも効果的なツボです。

冷え性や腰痛などの改善に効果がある次りょうというツボを押す事によって、代謝を良くする事ができますので効果的に下半身を痩せさせることができます。特に冷え性などの方に効果が期待できるツボになっております。

お尻と太ももの鍛え方について

お尻を効果的にダイエットしたいのであれば、食事制限はもちろんのことお尻の筋肉をしっかりと鍛えてあげる事が重要になります。スポーツジムなどに置いてあるマシンを使ってトレーニングしたり、水泳などで泳ぐのもおすすめですが、お仕事が忙しくて通う暇がないという方は、ご自宅でお尻の筋肉を鍛えるトレーニングをする事がおすすめになります。

色々なトレーニング方法がありますが、自宅でも簡単にでき、尚且つ効果的にお尻と太ももを鍛える事ができるトレーニングをご紹介します。

仰向けになってひざの角度を90度にしてつま先を上げる

仰向けになってひざの角度を90度にしてつま先を上げるヒップリフトというトレーニングは、太ももからお尻の筋肉を効果的に鍛えてくれるおすすめのトレーニング方法です。ひざの角度を90度にするとお尻よりも太腿の裏側に効果がありますので、太ももの裏側をしっかりと鍛えたいという方におすすめのトレーニングになります。

ヒップリフトの方法は、最初にあおむけに寝てもらい、膝を90度の角度に曲げます。そして足先を天井に向けるようなイメージで床から足先を話します。左右の腕は身体に平行になるように置きます。

この状態で肩から膝までが一直線になるように体を地面からゆっくりと浮かします。腕でバランスを取るようにするのがポイントです。この動作を5回程繰り返してください。体を浮かした時に腰が下がりすぎたり、逆に上がりすぎてしまうと太ももの裏側にあまり効きませんし、首や腰に負担がかかってしまい痛めてしまうので注意が必要になります。

仰向けになってひざの角度を45度にしてつま先を上げる

ヒップリフトをする際に足の曲げる角度を半分の45度にして行うと太ももよりもお尻を引き締める効果があります。その為、ヒップリフトをする時には足の角度を90度と45度の両方で行うのがおすすめです。それぞれの角度の時に、しっかりと狙った所の筋肉に負荷がかかっていることを確認しながら行うようにしてください。

スタンディングドンキーバックキック

スタンディングドンキーバックキックは、たったままでお尻から太ももの裏側の筋肉を鍛える事ができるトレーニング方法になります。椅子の背もたれを両手を付けた状態から片脚を上げます。上げた足を90度くらいの角度で膝を曲げ、それを後方に蹴り上げるように動かします。蹴り上げたら蹴り上げる前の位置に戻して、もう一度繰り返してください。

スタンディングドンキーバックキックは片方ずつ10回を目安に行って下さい。

ヒールスカルレイズ

ヒールスカルレイズは床に肘をつけて四つん這いになった状態から行うエクササイズです。膝をついている片方の足を床からはなし真っ直ぐ伸ばします。その状態のままかかとを上に持ち上げるように動かします。上がりきったらまた床から離れて真っ直ぐ伸ばしている状態に戻します。

この運動を10回を目安に左右行うとお尻から太ももの裏側に効果的に負荷をかける事ができます。勢いを付けて行うと腰を痛める恐れがありますので十分に注意してください。

おすすめのグッズ

お尻を鍛えるためにはそれ専用のグッズを用意するのもおすすめです。特に最初のうちは中々鍛えるという事が理解できない部分もありますので、こういったお助けグッズの力を借りるのがおすすめです。こちらでは、お尻を小さくしてくれる効果が期待できるお助けグッズをご紹介します。

RanBow 小尻ベルト ヒップアップベルトエクササイズ用ベルトダイエット用ベルトフィットネス用マシン筋肉ベルトEMS筋トレマシーンUSB充電式ベルト美姿勢ベルト


RanBowから発売されている「ヒップアップエクササイズ用ベルト」は、巻きつけるだけで太ももやお尻を引き締める効果があります。最近ブームになっているEMSが搭載されておりますので、中々忙しくてスポーツジムに通えないという方にピッタリのアイテムとなっております。元々筋肉の弱い方でも無理せず効果的にダイエットする事ができます。

おしりが変われば全身するっとやせる。おしりリセットダイエット

おしりが変われば全身するっとやせる。おしりリセットダイエット

中村奈緒子さんの著書の「おしりが変われば全身するっとやせる。おしりリセットダイエット」は、お尻痩せに特化したダイエット本です。1日3つだけの簡単エクササイズで効果的にお尻のサイズを小さくする事ができますので忙しい方にもおすすめです。

寝ながらメディキュット ボディシェイプ スパッツ 骨盤サポート M

寝ながらメディキュット ボディシェイプ スパッツ 骨盤サポート M (MediQtto body shape spats pelvic M)

運動や食事制限が苦手だという方は、メディキュットから発売されている「寝ながらメディキュット ボディシェイプ スパッツ」がおすすめです。眠る前に着用するだけで効果的に骨盤を引き締めながら足全体を細くする事ができます。忙しい方でも効果的にお尻を小さくする事ができますのでおすすめです。

まとめ

太ももやお尻は、体の部位の中でも特に太りやすく痩せにくい場所です。その為、単純な食事制限をしてもあまり効果が期待できません。

今回紹介したアプローチの方法は、より効果的にお尻を小さくする事ができるダイエットになっておりますので、これまで食事制限をしてもお尻のサイズダウンが出来なかったかたは、ぜひチャレンジしてみてください。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.