感動・泣き

日焼けの対策まとめ!紫外線のタイプ別の肌の影響とケア方法!

投稿日:

紫外線対策は美白を目指す方にとって必要不可欠で、少しでも油断をすると、すぐに紫外線の餌食になります。もちろん美白を目指していないという方でも、紫外線対策は重要な物。紫外線対策をこまめに行わないと、肌が日焼けを擦るだけでは無く、肌にダメージが蓄積し、しみそばかすや、シワ、肌のたるみの原因に繋がりますので、注意が必要です。

早いうちから紫外線対策をする事で、お肌へのダメージ蓄積を防ぎ、理想の美肌をゲット出来ます。日焼けをしてから後悔する事が無いように、紫外線対策はこのようなポイントを抑えて行う事が大切です。

紫外線のタイプ

UV−A波は長時間浴びると肌の細胞にダメージを与える


紫外線と一言で言っても、肌に悪さを引き起こすものはいくつか種類があり、その中でも厄介なタイプとして知られているのがUV-Aです。このUV-A波は長時間浴びることで、肌の細胞に直接ダメージを与え、肌にしみそばかすを作る原因、その他、肌トラブルを引き起こす原因と繋がります。

長時間浴びなければそこまで大した事はありませんが、夏場などは特に危険で、毎日のようにこのUV-A波を浴びることで、着実に細胞が壊されていき、夏が終わる頃には別人のように老化しているという方も多いでしょう。日焼け止めを塗ることで防げるタイプですので、こまめに日焼け止めを塗り直すなどして、影響を受けないように努力することが重要です。

紫外線は肌の悩みのもとを作る


紫外線は多少は浴びないと健康に悪影響を引き起こしますが、大量に浴びてしまうと、様々な肌の悩みの元を作ります。メラニン色素が肌の奥で活性化することで、しみそばかすが出来る事を始め、紫外線によって肌がダメージを受け、乾燥やしわ、たるみ、そして、日焼けに繋がる可能性が高いでしょう。

特に日焼けに関しては非常に関わり合いのあるのが紫外線で、紫外線を浴びれば浴びるほど肌が黒くなるという方も多く、気がついたら真っ黒になって居ると言う方も多くいます。紫外線は蓄積してダメージを残すタイプの危険な物体ですので、こまめに防ぐ事が重要です。また、紫外線ダメージを受けて、日焼けをせずに肌が真っ赤になる、しみそばかすに繋がるという方も多く、何かと厄介な存在と言えるでしょう。

UV-C波は非常に強いダメージを肌に与える


紫外線の中でも最も強烈なダメージを与える、非常に危険な存在として知られているのが、UV-C波です。通常紫外線はオゾン層によって有る程度破壊された状態で、人間の場所まで到達する頃には、有毒性がほとんど消えているのですが、近年のオゾン層破壊によって、初めて観測されるようになったのが、このUV-C波です。

UV-Cは紫外線の中で最も危険なタイプ、有毒性があるタイプとして知られており、各種皮膚炎や病気を引き起こす原因に繋がります。日焼けやくすみなどのレベルでは無く、人体に悪影響を及ぼす可能性が有るタイプですので、浴び続ければ肌はひとたまりもありません。下手をすると回復が難しくなるほど、肌に大きなダメージを受けるでしょう。

UV-B波は皮膚や目に有害


UV-A波の600~1000倍近い有害さがあることで知られているのが、UV-B波です。こちらのUV-B波は、それだけ強い紫外線ですので、シミやソバカスなどの皮膚トラブルを引き起こすのみならず、長期的に浴びることで、皮膚に火傷、細胞やDNAを破壊する可能性が有るでしょう。いわゆる日焼けを起こすのもこちらが原因の所が強く、直接浴びずとも、ガラス越しや窓越しでも、しっかりと肌にダイレクトアタックをしてきます。

紫外線は目からも吸収しますので、サングラスなどでケアをしておかないと、目の粘膜に悪影響を及ぼすでしょう。目の充血、各種皮膚炎を引き起こす原因ともなりますので、目を守ることも重要な日焼け対策の一環です。

日焼けの肌への影響

肌に炎症を与える


日焼けをする事で、肌が火傷をした状態となり、肌に炎症が発生します。いわゆる日焼けをした直後の赤みがこれに当たりますが、この状態は肌が焼けている状態、肌が弱っている状態ですので、放置すると肌に深刻なダメージが伝わります。赤くならないというタイプで、すぐに日焼けをするという方も居ますが、それは肌が焼けている状態ですので、炎症が起きている事に変わりはありません。

繰り返し日焼けをしている方は、常に肌に炎症が起きている状態ですので、非常に危険です。肌は炎症を起こし続けると、身体を守ろうとしてしまい、肌の硬化を始め、肌のくすみや肌トーンの低下に繋がります。更に、皮膚炎や皮膚病を引き起こす原因にもなりかねませんので、非常に危険です。

肌を老化させる

紫外線は肌に負担をかけますので、肌を老化させ、著しい肌の乾燥や、粉を吹いたような状態を引き起こします。また、肌トーンも明らかに暗くなる他、シワやたるみ、しみそばかすが出来、年齢に全くふさわしく無いような皮膚になりかねないでしょう。お肌の硬化も引き起こすと共に、毛穴の開き等にも繋がり、肌が全体的に美しく無い状態で定着してしまいます。

紫外線によって老化した肌は、そう簡単には元に戻りません。食事内容の見直しやスキンケアの見直しをして、半年以上のスパンを見て治す必要がありますので、長い戦いになるでしょう。皮膚科で治療を受けるという場合もそのくらいの期間がかかる他、一度老化してしまった肌は戻らないと言うケースもありますので、出来るだけ最初から老化をしないように、ケアする事が重要です。

しわやしみの原因となる


紫外線を浴びることでメラニン色素が過剰生成されてしまい、その結果しみそばかすが出来やすくなります。1日紫外線を浴び続けただけで、しみそばかすが大量発生したというケースも多く、誰もが羨む美白肌が、一瞬にして消え失せたというケースも多いのです。

またしみそばかすだけでは無く、紫外線を大量に浴びることで、肌に過剰に負担がかかった結果、しわやたるみの原因に繋がることも多くあります。一度こうした出来たシワやたるみはそう簡単に戻らず、いわゆる肌が老化した状態になりますので、本格的な手術を受けないと、治らないというケースも多いでしょう。もちろんケアを続ける事で良くなるケースも多いですが、非常に長いスパンをかけた戦いになります。

肌のコラーゲン成分を破壊


紫外線は美肌をキープするために欠かせない成分を軒並み破壊していく効果がありますが、その内の1つが、コラーゲン成分です。体内のコラーゲンを破壊し、肌のハリツヤが失われ、肌の生成がストップすることで、しわやたるみを初めとした、肌トラブルが発生してしまいます。

一度破壊されたコラーゲン成分は、再度作り出されるまでに非常に時間がかかるため、コラーゲン成分が失われている状態で、更に紫外線を浴びよう物なら、ひとたまりもありません。最早肌にとって自殺行為と言っても過言ではありませんので、肌のコラーゲン成分を少しでも多く残すためにも、出来るだけ紫外線は浴びないようにしましょう。

日焼けマシンについて

日焼けをコントロールできる


紫外線を大量に浴びることで日焼けをするというのが身体の仕組みですが、人工的に紫外線をコントロールし、日焼けの具合をコントロールできる、日焼けマシンについては話が別です。日焼けマシンには通常の太陽からの紫外線とは違って、有毒となる紫外線成分がほとんど含まれて居らず、綺麗に日焼けをする事が出来ます。

日焼けの量をコントロールする事で、理想のボディ、理想の焼け方になれますので、活用している方は少なくありません。浜辺で横たわって紫外線を浴びるよりも、より綺麗に、より安全に日焼けを出来ますので、日焼け好きな方には重宝されています。

気分爽快できてリフレッシュできる


日焼けマシンはメンタルにも大きな影響を及ぼします。健康的に日焼けをした姿を見て、気分転換にもなり、リフレッシュにもなるのです。また日焼けマシンに使われている紫外線に関しては、有毒成分がほとんど含まれていませんので、サウナのように温かい状態で、じんわりと汗をかきながら、日焼けを出来ます。

いわゆるデトックス効果も強く、日焼けマシンに入るだけでリフレッシュにも繋がる為、気分転換をしたいというタイミングでは、正にピッタリと言えるでしょう。気持ちのデトックスだけではなく、物理的に身体のデトックスにもなりますので、頻繁に通っているという方も多くいます。

体質改善の効果が期待できる


体質改善の効果が期待出来る点も、日焼けマシンの魅力です。見た目に日焼けをして明らかに健康的になれることはもちろん、人工的な紫外線を浴びることで、じんわりと暖まりながら日焼けをした結果、新陳代謝アップ、ダイエット効果も期待出来るでしょう。もちろんこちらには個人差がありますが、日頃から日焼けをほとんどしない、室内からほとんど出ないという方にとっては、特に劇的な変化が現れます。

日焼けマシンは肌への負担が少ない

日焼けマシンで使われている紫外線は、当然人工で作られた物です。その為身体への負担や肌への負担が少なく、いわゆる火傷、皮膚炎のような症状を引き起こしません。綺麗に焼きたいように焼けるだけでは無く、太陽の紫外線と違って赤みが出て痛くなるということが無くなりますので、ただ焼きたいと言う方にとっては、正に天国とも言える空間です。

日焼けのときのケア方法!

失われた水分を保湿でケア


日焼けをした後は、体中の水分か皮膚から蒸発してしまっており、肌が非常に乾燥している状態です。そのまま乾燥が続くと、お肌はみるみるうちに衰えていきますので、失われた水分は保湿ケアをしましょう。保湿ケアをする際には、日焼けで痛んでいる部分に負担がかからないように、刺激が少ないタイプのスキンケア商品、敏感肌用のスキンケア商品を使う事がおすすめです。

また、通常のスキンケアアイテムでは、肌の奥まで水分が浸透せず、太刀打ち出来ない可能性が高いので、出来るだけ失われた水分を肌の奥までしっかりと保湿出来る、保湿力の高いアイテムを利用しましょう。日焼けをした後のお肌は特に、保湿力が高いアイテムを利用する事でやっととんとんになると言っても過言では無いため、積極的に利用をおすすめします。

体内に水分補給をする


外側からスキンケアをすることはもちろんですが、水分をタップリと飲んで、身体の内側から水分補給をする事も重要です。どんなにしっかり化粧水などで水分補給をしても、内側の水分がそもそも足りて居ない状態では、取り入れた水分が別の所に巡ってしまう可能性があります。体内に水分補給をすることで、保湿力もアップしやすくなりますので、日焼けをした後は、出来るだけ早めに、出来るだけこまめに、水分補給をしましょう。

日焼けした部分を冷やす


日焼けをしている部分は、いわば火傷をしている状態です。そのまま放置していると、肌の赤みが悪化し、肌に深刻なダメージが残ります。肌へのダメージを少しでも軽減するためにも、火傷状態を静める為、日焼け部分を冷やすことが大切です。日焼けしている部分は放置すると、酷い場合、水ぶくれに繋がります。通常の火傷と全く変わらない対応をしないと、後から自分が困ることになるでしょう。

日焼けした部分を冷やす際には、保冷剤にタオルを巻いて冷やしたり、冷たいペットボトルをあてたり、冷水をあてたり等、方法は自由で構いません。日焼けをした場所によってもやりやすさが変わってきますので、患部に合わせた方法を見つける事が大切です。間違っても冷やさないという選択肢を取らないように、取った場合は、炎症が残らないように出来るだけ早めに日焼けケアを始めましょう。

日焼け対策について

UV対策の防止やマスクを使用する

UV対策の帽子やマスクを使用することで、物理的に紫外線をシャットアウトし、非常に高い紫外線対策効果を得られます。長袖を着用する等も同じように、物理的に紫外線をシャットアウト出来る方法ですので、積極的に取り入れることが重要です。

UV対策用の帽子やマスクは、通常アイテムとは異なり、特殊な加工が施されています。紫外線が強い場面で非常に重宝しますので、大切に扱いましょう。夏場のみならず、オールシーズン使えるタイプも多い為、長時間外に出るという際などには、特に着用をおすすめします。

UV対策をしてある服を着る


UV対策をしてある服を着ることも、非常に効果が高い紫外線対策です。長袖など物理的に隠すだけでは無く、繊維の隙間から入り混む紫外線もしっかりとシャットアウトしてくれますので、安心して外を出歩けるでしょう。

UV対策をしている服には色々なタイプがありますが、パーカーなどの上着を始め、タイツやインナー等のちょっとしたアイテムも非常に効果的。おしゃれに着こなせるアイテムも非常に多く、UV対策アイテムとは思えない程、ファッショナブルなアイテムも少なくありません。ちょっとしたお出掛けの際や、長時間紫外線を浴びる可能性があるタイミングでも、非常に重宝します。

日焼け止めを肌に塗る

日焼け止めを肌に塗ることは、紫外線対策において鉄板中の鉄板です。お出掛けの際に顔や身体に塗って出かけるのと、そうでは無いのとで、一瞬でも大きな違いが出ますので、日焼け止めは忘れずに塗りましょう。日焼け止めを肌に塗る際には、顔はもちろん、耳や首などの、忘れやすい部分もきちんと塗ることが重要です。

また日焼け止めには様々な種類がありますので、その都度使い分けましょう。大きな違いはその効果の違い。SPF数値、+数値をそれぞれチェックして、数値が高く+がたくさん付いている商品ほど、高い効果を発揮するということを覚えておきましょう。特に、強い紫外線が予想される場面では、それぞれの数値が高いタイプを塗るようにしないと、太刀打ち出来ません。

更に、一度塗っただけではすぐに効果が切れてしまいますので、こまめに塗り直しをすることも忘れないでおきましょう。SPFの数値が分の目安になっており、SPF60であれば、60分ごと、つまり、1時間おきに塗り直しをしないと、最高の効果を得られないのです。あくまで目安時間ではありますが、それだけこまめに塗り直しておくことで、汗などで流れてしまっても、安心出来ます。

日よけ傘を使う

こちらも紫外線対策の鉄板、日よけ傘を使うと言う方法です。いわゆる日傘ですが、日傘を差して出歩いているかどうかで、紫外線を受ける量が全く異なります。紫外線を肌にダイレクトに受けないためにも、お出掛けの際には日よけ傘を活用し、暑さも避けることが大切です。

日よけ傘にもいくつか種類が有り、色の違いでも紫外線を受ける量が異なります。出来れば、空に面が銀色や黒色、傘の内側の面が白などの、光を効率良く受け、効率良く反射できるタイプを活用することで、より紫外線を一掃できるでしょう。日傘を差すだけでも大きな効果がありますが、カラーも意識して選ぶ事で、より効率良くUV対策が可能になります。

日焼け対策用の商品

コパトーン タンニング ウォーター

スプレータイプのタンニングウォーターです。シュッと一吹きするだけで、手軽に濡れる日焼けオイルになります。直接紫外線を浴びて日焼けをするよりも綺麗に、紫外線のダメージを抑えて塗ることが出来るでしょう。

コパトーン タンニング ウォーター SPF2 200ml

コパトーン ゴールデン タン オイルフリー ローション

見た目が可愛いオイルフリーローションです。こちらもサンオイルですが、オイルフリーでテカりすぎず、べたつき無くさっぱりと使いやすいのが魅力になります。

コパトーン ゴールデン タン オイルフリー ローション (SPF4) 120ml

コパトーン アフターサン オイルフリー ジェル

ジェルタイプの日焼けオイルで、オイルフリーでべたつかず、手軽に塗れる点が特徴です。肌にしっかりと密着し、潤いをキープしながら、蒸発を防ぎながらオイルを塗ることが出来るでしょう。

コパトーン アフターサン オイルフリー ジェル 140g

コパトーン トロピカル サンドフリー ハワイ

ミネラルオイルやヤシ油を使うことで、非常に肌に優しく使えるサンオイルに仕上がりました。べたつき少なくさっぱり使える人気シリーズの1つです。

コパトーン トロピカル サンドフリー ハワイ (SPF2) 120ml

まとめ

日焼けは百害あって一利なし。そのまま蓄積すると恐ろしいことしか起きませんので、出来るだけ早めにケアをして、肌ストレスを軽減、紫外線恐ろしさを軽減するようにしましょう。紫外線を長時間浴びることで、日焼けをするだけではなく、各種皮膚病や皮膚炎を引き起こす可能性も有りますので、十分注意が必要です。

とはいえ、日焼けをする事が悪いという事ではありません。あくまで身体に悪いのは太陽から発進される紫外線ですので、日焼けマシンを使った人工的な紫外線であれば、身体に負担無く、むしろスッキリとした気持ちで日焼けをする事が出来るでしょう。メンタルにも良い影響を及ぼしますので、日焼けはやり方次第という所が強くあります。

紫外線を防ぐ為には、紫外線対策を徹底して行う事が重要です。日焼け止めを塗ることはもちろん、洋服や帽子、マスクなども、UVケアアイテムを使う事で、より確実に、より多くの紫外線を防ぐ事が出来ます。通常のアイテムに比べると、大幅に紫外線カットが可能ですので、絶対に焼けたくないという方こそ、重宝するべきアイテムです。

また、紫外線対策の一環として鉄板アイテムの日焼け止めを選ぶ際にも、適当に選ぶのでは無く、その効果や強さを比較して選びましょう。数値が高ければその分強い日焼け止めではありますが、もちろん強い分、お肌への負担も強くなるタイプがほとんどです。自分の肌質に合わせて選ぶようにしないと、肌に負担がかかり、日焼けはせずとも肌にダメージが蓄積するという可能性があります。

紫外線対策が出来ていても、お肌への負担が深刻では意味がありませんので、その時々で日焼け止めを使い分けることが大切です。普段使い用をはじめ、紫外線が強い日用など、その時々に併せて、いくつか日焼け止めを持っておくと便利でしょう。また、肌質によっても日焼け止めは合う合わないがありますので、成分を良く比較した上で、肌質に合っているタイプを選ぶ事を忘れてはいけません。

日頃から紫外線対策をしておくことで、紫外線を防ぐ事が出来ます。紫外線対策は毎日の積み重ねですので、油断をせずに、しっかりと向き合って行う事が重要です。自分に合っている方法を見つけて、紫外線の魔の手から逃れましょう。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.