感動・泣き

ワセリンでニキビが治せる!?ワセリンの効果と使い方をご紹介

投稿日:

保湿に優れ、皮膚トラブルがある際にも皮膚科医から使用を勧められることも多いワセリンは、さまざまなクリーム、軟膏があるなかでも皮膚への刺激がとても少ないものとして知られています。アレルギー体質でも使用が可能なワセリンには薬効や保水効果はありませんが、極端な作用、副作用がないことから、ニキビ対策にも向いています。そんなワセリンの特徴や種類、ニキビケアの仕方や効果的な使い方について紹介します。

ワセリンについて

ドラッグストアなどでもリーズナブルな価格で販売されているワセリン。実は石油から作られているということを知らない方も多いのではないでしょうか。ガソリンや石油というと肌への影響が心配されますが、ワセリンは石油製品を作る過程で出る不純物を精製してつくられたものです。生成過程で不純物が取り除かれているため、体への影響が少なく安心して使用できるものです。

ワセリンは安全性の高い保湿剤

純度の高いワセリンの安全性はとても高いとされており、皮膚に塗ったワセリンが少しくらい口に入っても問題にならないとさえ言われています。ワセリンは皮膚や粘膜に浸透することがなく、皮膚に塗っても表面に留まったままで高い保湿効果を発揮してくれます。口周りなどの保湿や乾燥ケアにもぴったりで、お子さんでも安心して使用できることができます。

肌の乾燥や外部刺激を防ぎます

化粧品などのクリームは、有効成分が角質層に浸透することで効果を発揮するものですが、ワセリンは肌にほとんど浸透することがありません。表面に留まったまま肌のバリア機能をサポートしてくれる役割があります。ワセリンを塗ることで、乾燥した空気やホコリなどの外部からの刺激を受けにくくするため、痒みや肌トラブルなどを防ぎ、常に肌を潤いをキープすることができます。

ワセリンの特長を生かしてニキビケアができます

ニキビは過剰な皮脂などが毛穴に詰まって起こることが多いものですが、過剰な皮脂が分泌されるひとつの原因として、肌の水分が不足しているためにそのわずかな水分を保持しようと防衛するために、皮脂が分泌されています。

ワセリンは、薄いベールを肌にまとわせることによって、肌が保持している水分が蒸発するのを防いでくれるため、肌の乾燥を防いでニキビができにくくすることができます。

ワセリンとオロナインの違いについて

あかぎれやしもやけ、切り傷や擦り傷などの万能薬として知られているオロナインはニキビケアにも効果があると言われています。これは、オロナインに強い殺菌効果のある成分が含まれており、角質層に浸透してその効果を発揮するからです。ワセリンはほとんど肌に浸透しないとともに、薬効成分があるわけではなく肌のバリア機能をサポートするものであるという点でオロナインとは違いがあります。

ワセリンを使ったニキビケア

ワセリンには薬効成分は含まれていないため、ワセリン自体がニキビ治療薬になるわけではありません。しかし、ワセリンで肌に膜をつくることで健やかな肌に最も必要となる水分を保持することができることから、ニキビケアにも活用されています。ワセリンに期待できる洗顔後の肌の乾燥防止や外部刺激から肌を守る役割、肌がひどく乾燥したときのラップの活用について紹介します。

洗顔後に塗って肌の乾燥を防ぐ

ニキビは毛穴が詰まることで生じることが多いため、普段から毛穴を清潔に保つことが必要です。しかし、過剰に洗顔すると肌のバリア機能に必要な皮脂まで奪われて、一時的に乾燥することになります。洗顔後の肌は水分が蒸発しやすい状態となっているため、保湿をした後にワセリンで蓋をして水分を維持することで肌の乾燥を防ぐことができます。

ニキビの原因となる外部刺激から肌を守る

体のほとんどの部分は服で覆われているために外部からの刺激を直接受けることはほとんどありませんが、1日中むきだしの状態となっている顔は、ホコリの付着や紫外線など外部からの刺激を受けやすく、それがニキビの原因となることもあります。ワセリンを塗れば肌の上にベールをまとわせるようなものとなるため、肌が直接外部からの刺激を受ける防御膜となって、肌を守ってくれます。

酷い乾燥からできるニキビはラップで覆って保湿ケア

ハリのあるきめ細かな肌は、みずみずしく弾力性に富んでいます。これは、表皮層の下にある真皮層や皮下組織にあるコラーゲンなどの働きによるもので、そのおかげで多くの水分を保持することができます。肌が乾燥すると少なくなった水分を蒸発させまいとして過剰に皮脂が分泌され、ニキビの原因となることもあります。肌の乾燥がひどい時には、ワセリンを塗ってラップで覆ってしばらく時間をおくとパックのような効果をえることができるでしょう。

ワセリンの種類

石油精製の過程で出る不純物を精製したワセリンの歴史は古く、純度は高くないものの19世紀にはすでにワセリンが製品化されていたと言います。現在市販されているワセリンは、純度の高さによっていくつかの種類があり純度によって価格にも違いがあります。そこで、黄色ワセリン、白色ワセリン、プロペトを例に、ワセリンの種類と特徴について紹介します。

ヴァセリンなどの「黄色ワセリン」

ドラックストアなどでもよく見かける大容量のヴァセリンは、リーズナブルな価格で購入できることから愛用しているという方も多いことでしょう。ヴァセリンなどの黄色ワセリンは、その名のとおり黄色みがかかった色をしており、白色ワセリンよりも不純物の含まれている割合が多いものです。体への使用には問題はありませんが、顔などのデリケートな部分の使用には注意が必要です。

ドラッグストアでも買える「白色ワセリン」

白色ワセリンは、その前身となる黄色ワセリンをさらに精製して不純物を取り除いたワセリンです。純度や配合されている成分によって医薬品、化粧用油に分けられています。安心してニキビに使用したいのであれば、酸化防止剤や香料などの添加物が使用されておらず、肌への刺激が一切ない医薬品をおすすめします。第3類医薬品に分類される白色ワセリンは、薬剤師がいるドラッグストアでも購入することができます。

安全性が高い「プロペト」

プロペトは、純度が高い白色ワセリンをさらに精製して不純物を除去したワセリンで、精製度が非常に高いものです。皮膚科でもプロペト軟膏として処方されることが多いものです。純度、安全性ともに非常に高いため、目の周りなどのデリケートな部分に塗るのにも向いています。肌への刺激がほとんどないため、敏感肌やアレルギー肌の方が使用するのにもぴったりです。

ワセリンを効果的に使うには

肌を外部刺激から守り、肌内部の水分の蒸発を防ぐことができるワセリンは、特に乾燥肌や乾燥肌が原因となるニキビなどに効果があります。しかし、使用の仕方や症状によってはワセリンが悪影響となることもあります。そこで、ワセリンの適切な使用量や使用を避けた方がいいニキビの種類、ニキビを悪化させるワセリンの使い方などを例に、ワセリンを効果的に使うポイントについて説明します。

ワセリンは適度な量をつけましょう

ワセリンを効果的に使用するための一番のコツは、少量を薄く塗り広げるということです。保湿効果を高めようと厚塗りすると、皮膚の内部の水分を奪い乾燥させることになるため注意が必要です。ワセリンを手のひらにとって温めると柔らかくなり、広い面積に薄く塗り広げることができます。指や手のひらの力は必要なく、皮膚の上面を滑らせるようになじませるだけでしっとりと落ち着きます。

思春期ニキビや炎症ニキビへの使用は避けましょう

角質層の乾燥などが原因で起こる大人ニキビは、肌の乾燥を防ぐことでニキビの状態を緩和させることができることからワセリンが効果的です。しかし、ワセリンは肌表面に油分が増え、毛穴を詰まらせてしまう可能性もあります。皮脂の過剰分泌が主な原因となる思春期ニキビや炎症をともなう赤ニキビなどでは、ワセリンを塗ることで悪化させてしまうことがあるため注意が必要です。

ワセリン+絆創膏は悪化の可能性アリ

ワセリンを塗ると肌に薄い膜をつくって肌の内部から水分が蒸発するのを防ぐことができます。しかし、ニキビは過剰な皮脂や古い角質が毛穴を詰まらせることによってできるため、ワセリンを塗ってその上から絆創膏を張ると二重に肌に蓋をすることになり、毛穴に溜まった皮脂やアクネ菌が外へ排出できなくなることがあります。

乾燥肌やアレルギー肌の方は特に、ワセリンをつけすぎないとともにラップや絆創膏でさらに蓋をして炎症を起こさないようにすることが大切です。

まとめ

肌の乾燥を防ぐだけでなく、外部からの刺激も防いでくれるワセリンは、石油由来の製品であり純度によって複数の種類があります。肌の乾燥が元となるニキビのケアには有効ですが、思春期ニキビや炎症を伴うニキビなど、ワセリンが向かないニキビもあることを理解する必要があります。効果的にワセリンを使ってニキビができにくい肌づくりに努めましょう。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.