感動・泣き

目線心理はどんなのがあるの?男女それぞれに注目

投稿日:

恋愛には欠かせない目が合う心理についてご紹介します。目が合うのはとてもよい印象を持っている方も多いのですが、目が合う心理をしっかりと理解していないと自分に好意があると勘違いしてしまうかも知れません。こちらでは、男性と女性の目が合う心理パターンや、目線心理でわかる恋愛中の細かな感情などについての情報をご紹介します。

目が合う心理を紹介!


目が合う心理についてご紹介します。目が合うという事はどのような心理状況なのかについてしっかりと理解しておくと、恋愛などの時に相手の心理状況が良くわかるようになります。逆に言えば、目が合う心理についてしっかりと理解できていないのは、恋愛において情報戦に敗北していることになりますので、しっかりとどのような心理があるのかを理解するようにしてください。

目が合う時のパターンとは?

目が合う時のパターンはいくつかあります。それぞれのパターンによって深層心理が大きくことなりますので、パターンの違いによる深層心理の違いについて理解しておく事が重要になります。こちらでは、目が合う時のパターンについてご紹介します。

目が合う 知らない人の心理

知らない人と目が合う時の深層心理は、興味の現れです。知らない人の事を見ていないと視線が合うという事はありませんので、少なからずこちらに興味をもっているという事になります。もちろん一度では単なる偶然の可能性が高いといえますが、何度も視線が合うような場合には、もしかしたら相手の男性が自分の事をもっと知りたいと興味を持っているのかもしれません。

目が合う 話したことない人の心理


話したことがない会社の同僚などと頻繁に目が合うような場合には、もしかしたら自分の事をタイプと思ってくれているのかもしれません。業務上の事でしたら会話なりメールで意思の疎通をする事が出来ますが、そういった事もなく目が合うという事は、もしかしたら業務上以外のことでこちらを見ている可能性もあります。そういった場合には、こちらから何か理由をつけて話しかけてみるのもおすすめです。

目が合う心理 男性の場合

男性の方が目が合う心理をご紹介します。男性と女性とでは目が合う際の深層心理に差がありますので、必ず男性がどのような深層心理があるので目が合っているのかを確認しましょう。

遠くから目が合う男性心理って?

遠くから目が合う男性心理状況は、こちらに好意を持っている可能性が非常に高くなっております。近くで見つめるのは恥ずかしいという男性もいますので、遠くからだったら目立たずに見つめる事ができるといった安全面などもあるようです。何度も遠くから見られているのであれば、好意を持たれている可能性があります。

職場で目が合う男性の心理は?

職場で目が合う男性の心理としましては、興味があったり好意を持たれているというのが大半ですが、中には視線の先の女性が仕事をさぼっていないか監視していたり、嫌いだからついつい視線がいってしまうといったマイナスな要素もあります。あまりうかれてないようにして、業務時間内は、しっかりと仕事に集中するようにしてください。

目が合う心理 女性の場合


女性の場合は、目が合う時の深層心理は男性とは少し異なります。男女の違いをしっかりと確認しておくために、どのような違いがあるのかをこちらで確認するようにしてください。

目が合うとそらす女性の心理

目が合うとそらす女性の心理は、男性に対して強い好意を持っているという事になります。男性と違い、女性は好意をもっている男性に対して真っ直ぐ見つめ返すという事ができません。そのため好意を持っている男性と目が合うと無意識に目線を外してしまいがちです。逆に目があった時に目線をそらさない女性がいたら、それは男性の事をどうでもよい人と思っている可能性が高くなります。

目が合うとそらす男性の心理

男性が目が合った時にそらすような場合には、女性とは反対で女性に対して興味がないというケースが殆どです。男性は女性と違って、興味のある人に対して照れ隠しなどはしません。じっくり見たいと思うのが一般的です。そのため、興味がある女性の場合には、じっくりと視線を合わせますし、興味が無い女性に対しては、直ぐに目線をそらしてしまうのです。

目線心理でわかる心情


人間は無意識に心理状況が視線に現れるようになっております。その為、目線を確認することによって、疑わしい事をしているのか、それとも誠実にお付き合いをしているのかが分かるようになっております。こちらでは、目線がどのように動いたら、心の中でどのように思っているのかなどをご紹介します。彼氏が浮気していると感じているような時には、こちらの情報を使って彼氏の深層心理について確認しておくようにしましょう。

嘘つきは右上

人間は嘘をついている時には、無意識に目線が右上を向くようになっております。これは、嘘をついている時に右脳を頻繁に使っているからです。嘘をつくという事は、フィクションを語るという事になります。そのため想像力を働かせながら会話をしているので、どうしても目線が右上を向きやすくなっているのです。

真実を語る時は左上

真実を語っている時には左上に視線が向きやすくなっております。これは、過去に実際に会った事柄を思い出して会話をしているからなのですが、過去の経験を思い出す際に使っているのが左脳だからになります。彼氏に、「昨日連絡着かなかった時に何してたの?」というような質問をした時に左上に視線が動いた場合には、昨日本当にあった事を話している可能性が高くなっているのです。

正直な気持ちは正面を見つめる

正直な気持ちを話している時には、目線は真っ直ぐと会話している相手の方を向いております。自分に自信があるからこそ正面から見られても恥じる事がないからです。目線を真っ直ぐにこちらにむけて話している時には、嘘がないという事になります。

視線が細かく動くのは落ち着かない


視線が細かく動くのは落ち着かない証拠です。自分の話していることに自信が持てないという時には、目線が左右に細かく動きます。後ろめたい事があるような場合であったり、恥ずかしい時には目線が細かく動くようになります。

下を向くのは拒絶

目線が下を向くような時には、相手との会話を拒絶しているような心理状況になっております。色々と会話をしていても目線が下に向いてしまうような場合には、何を言っても相手には伝わりませんので、会話を中断して別日に改めて話す場を設けるようにしてください。そのまま会話をしていても、労力にあった内容の会話をする事が出来ない可能性が高くなっているからです。

まとめ

いかがだったでしょうか。男性と女性とでは、目が合うという事の意味合いが全くちがっているという事をご理解いただけたのではないでしょうか。特にオフィスなどで目が合うような場合には、勘違いしやすいので浮かれずに注意するのがおすすめです。

また、彼氏との付き合いを良好に続けて行くためには、相手の深層心理をしっかりと確認しておく事が重要になりますので、目線の動きなどによって深層心理を理解するのはとても重要になります。目線があった時にどのように相手が思っているのかや、付き合ってからの関係で、言葉では上手い事を言っても、かくれて何をしているかわからないという可能性もあります。しっかりと相手の深層心理を確認できるように目線心理を確認しておくようにしましょう。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.