感動・泣き

妊婦便秘解消法の注意点や正しい方法を把握!サプリもあわせて紹介

投稿日:

妊娠すると女性の体は大きく変化します。見た目にも大きく変化するのですが、実は体内こそ、非常に大きな変化が生まれているのです。子宮という妊娠した時にしか存在しない臓器ができ、胎児を育てるために必要な状態になります。

お腹が大きくなると子宮に圧迫されて、内臓が狭い場所に追いやられることになるので、便秘なども悩みの種となるのです。ホルモンバランスも大きく変化するので、胃腸の動きも悪くなり、それにより便秘が悪化することもあります。

妊婦便秘解消法のポイント

便秘の解消を素早く行うと考えると、便秘薬などの利用も考える事ができます。しかし妊婦さんの場合、便秘薬などを利用する事は、子宮に刺激を与え収縮を引き起こすことにもなるので、医師が利用を許可した薬以外利用できないのです。

となると、食事や運動などでうまく排便を促す、もしくは医療機関で妊婦が利用できるお薬を利用することになります。食事や運動など、妊婦便秘解消法となる手段を理解しておくべきです。

ヨーグルトなどで整腸作用を摂り入れて腸内環境を綺麗にする

整腸作用のある食べ物、腸の蠕動運動を活発にしてくれる菌類を多くするためにはヨーグルトなどが効果的とされています。ビフィズス菌などの善玉菌をヨーグルトで摂取することで、整腸作用が促されるのです。

ヨーグルトを朝食などでいただいてもいいですが、気を付けたいのが糖分や脂肪分になります。体重制限がある妊婦さんもいますが、その場合、ヨーグルトなども脂肪量が多いものがあるので、無糖で低脂肪の物を選択する方が安心です。

水分をこまめにとって便通に必要な水分をしっかり維持

妊婦さんは胎児を育てるために、血液量が多くなり体がむくみやすくなります。しかし、水分量はしっかり必要なので、こまめに水を飲む習慣をつけることも必要です。

便通がよくなるように食物繊維の多い野菜を摂って、でも水分不足で逆に便秘がひどくなるという人もいるといいます。そうならないように、適度に水分を摂取することも考える事が必要です。

適度な運動をして体内の筋肉を維持

妊婦さんの中には切迫流産や切迫早産の危険性があり、運動を禁止されている人もいます。運動を制限されていない人は、妊婦さんのヨガや水泳教室などに通って運動をするということも便秘解消の手段になるのです。

こうした特別な運動を行わずとも、ウォーキングやお散歩をするだけでも運動になりますので、積極的にお散歩など外出することもいい方法になります。自宅で柔軟体操を行ったり、ストレッチをしても効果が期待できる方も多いようです。

バランスのよい食生活をして体内に栄養を摂り入れる

食事は妊婦さんにとって重要な要素となります。胎児に栄養を送るためにも、バランスのいい食事をすることが求められます。また便秘を予防するということを考えても、野菜などのビタミンやミネラル、食物繊維の多い食事は効果的です。

バランスのいい食事と水分補給をしっかり考えるべきなのです。お子さんがおなかにいるから、2倍食べろというのは昔の考え方、今は、バランスのいい食事をしっかり摂取し、太り過ぎないことも求められています。

妊婦便秘解消法の注意点

妊婦便秘解消法も間違った方法でとらえていると、便秘をひどくする可能性がでてくるのです。そのため、しっかりと正しい知識を持つことが求められます。

便秘薬の使用について、また食品についてなど、理解しておくべきことが多数あるのです。本などを読み、理解に努めることも重要になります。

便秘にいい食品ばかり摂り入れて栄養バランスが乱れないようにする

便秘にいいからと野菜ばかり食べている妊婦さんが、野菜を食べすぎて水分を取らず便秘がひどくなったとか、炭水化物やタンパク質、鉄分などが足りず貧血になったという話も聞くことがあり、これはマイナス行為です。せっかく野菜などを主軸にいい食事をしていても、野菜だけ多くするということはマイナスになります。

食事の中でそれぞれの食材、栄養素をバランスよく食べる、これが基本です。体内ですくすく育っている赤ちゃんのためにもバランスのいい食事を毎日リズム良く頂くことを考えるべきです。

便秘薬などを使用して無理やり体の環境を変えない

便秘薬には通常使ってもそれほど怖さが無くても、妊婦さんが利用すると子宮の収縮を起こしてしまう使い方になることもあります。そのため、お薬を利用するときには、必ず医師に相談し、出来れば医師の処方によるものを利用すべきです。

便秘薬を利用するのは、体の環境を大きく変える事にもつながるのです。そうならないように、いつも通りの食事に、プラス、野菜や水分、ヨーグルトを増やすという気持でいる方がいいと思います。

身体に大きな負担をかけてホルモンバランスを乱さない

妊婦さんはそれでなくても、ホルモンバランスが悪い状態となっているのです。だから体に負担をかけるようなことをしてしまうと、余計にホルモンバランスが乱れ、体に不調が起こるかもしれないといいます。

ホルモンバランスが乱れないように、規則正しく生活し、バランスが乱れるようなことを無理にすることはやめます。穏やかに生活することも、健康的な妊婦生活に欠かせないのです。

妊婦便秘解消法に欠かせないサプリ

妊婦便秘解消法にはサポート役となるサプリが欠かせないといいます。便秘がかなりひどいという場合は、医師にみせてお薬を処方してもらう方がいいのですが、それほどひどくないという場合、サプリを利用してみるのもひとつの方法です。

妊婦さんが利用しても安心のサプリが多くなっていますが、一度、医師に確認してから利用する方が安心だと思います。健診などの際にちょっと聞いてみて、差支えないようなら利用してみると役立つ可能性が高いです。

大塚製薬 ネイチャーメイド

大塚製薬 ネイチャーメイド スーパーマルチビタミン&ミネラル 120粒
大塚製薬のネイチャーメイドは、古くから日本でも利用されているメジャーなサプリで、ドラッグストアなどいろいろなところで販売されています。安心して利用できる商品としても知られているサプリです。

食物繊維のサプリもネイチャーメイドから販売されていますので、便秘解消に利用されている方も多く、人気のサプリとなっています。お値段もそれほどお高くないので、継続利用しても懐に痛くない商品です。

ディアナチュラスタイル

ディアナチュラスタイル EPAxDHA・ナットウキナーゼ (60日分) 240粒
ディアナチュラスタイルも、女性に人気の高いサプリとして知られています。48種もの発行植物が配合されていて、食物繊維含有量がとても高い商品です。

抗酸化作用の効果もある栄養素がたっぷり含まれているので、妊娠中にひどくなりやすいそばかすやシミなどにも効果が期待できます。無添加なので安心して利用できる商品です。

ピジョン サプリメント 乳酸菌プラス

ピジョン サプリメント 乳酸菌プラス 60粒入
ビジョンといえば赤ちゃん用品のメーカーなので、ママたちも安心して利用できるサプリとなっています。このピジョン サプリメント 乳酸菌プラスは、妊娠中や授乳期、健康な体を維持するサポートサプリです。

乳酸菌の栄養素となるオリゴ糖が含まれているので、便秘にも効果が期待でき、飲みやすい小さい粒なので、ストレスなく飲めると思います。こちらの商品も無着色、香料なしで安心のサプリとなっているのです。

塩分や糖分を多くとらないなど、健康的な妊娠生活を送るポイントはたくさんありますが、便秘にならないことも大切なことといわれています。お肌のトラブルなどを防止するためにも必要な栄養素を摂取することは大切です。

野草酵素

野草酵素 約5ケ月分/150粒 (約80種類の自然が持つ栄養素を配合)
野草発行は、80種類もの野菜や果物、また野草などが含まれている良質なサプリとなっています。山野に自生する力強い生命力を持っている植物や野菜、果物、キノコなどの栄養素がぎゅっと詰まっているのです。

美容トラブルに悩む女性にも、妊娠中の方にも安心して飲んでいただきたいと、残留農薬検査証明等も行い、安全性に高い配慮のある商品となっています。妊娠中は特に安全ということに気を使いたいので、こうした検査を行っている商品はありがたいのです。

まとめ

妊娠中は何かと心配事があり、ホルモンバランスが不安定なので精神的に不安定になることも多く、それが便秘の要因となることもあるといいます。妊娠中は、精神的にも肉体的にも便秘になりやすいと心得ておく方がいいのです。

野菜等も取り入れてバランスのいい食事にすることは、体内の赤ちゃんにとっても大切なこととなります。妊娠中、気持ちよく楽しく過ごせるようにするためにも、便秘解消はとても大切です。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.