感動・泣き

皮膚科で処方されるリンデロンってどんな薬?使い方と副作用とは

投稿日:

局所的な皮膚の赤みや腫れ、かゆみなどに対して処方されることの多いリンデロン。正確には「合成副腎皮質ホルモン剤」といい、ステロイドの一種に分類されます。同じように見えても、リンデロン軟膏には強さや適用範囲などの面で違いがあり、作用の強さも細かくランク分けされています。

皮膚疾患を早く治したいからと強い薬をやみくもに使用してしまうと症状の悪化につながりかねないため、専門医の指示をきちんと守って適切な薬を選択し、安全な治療を心がけましょう

リンデロンの種類

リンデロンVG軟膏

ステロイド剤は作用の強さによって5段階のランクに分けられています。このうち、リンデロンVG軟膏はランク3(強い)に分類され、おもに手足や顔まわりの赤みや腫れ、かゆみなどに処方されます。薬の作用としては後述するリンデロンDPよりも弱く、そのためリンデロンDPを使うことができない皮膚の薄い箇所の治療にも適用されるという特徴があります。

抗生物質が含まれているのも特徴のひとつで、リンデロンⅤなどと異なり疾患の原因菌にしっかりとアプローチできるというメリットがあります。

リンデロンDP

ステロイド系薬剤の中ではランク2(非常に強い)に分類されるリンデロンDP。作用が非常に強力なため皮膚の薄い箇所に使用することができず、手足など比較的耐性の強い箇所の治療に適用されます。薬のタイプとしては軟膏、クリーム、ゾルなどがあり、患部の状態によって使い分けられてます。

高い治療効果が期待できる反面、副作用も強く、安易な自己判断で長期間にわたり使いつづけるとかえって疾患がひどくなったり、炎症が目立ってしまったりする場合があります。処方薬での治療の場合には必ず専門医の指示のもと行うようにし、薬の用法容量を厳格に守るようにしましょう。

リンデロンの塗り方

洗顔後使う

リンデロンの治療効果を最大限に引き出すためには、いくつかの工夫が必要です。まず、洗顔後のきれいな皮膚に塗布することで成分が皮膚の内部にまで浸透しやすくなり、より安定した治療効果が期待できます。顔まわりの皮膚はとくに知らないうちに汚れがつきやすく、雑菌の影響を受けやすいものです。

顔を洗っていない状態でリンデロンを塗ってしまうと、積み重なった汚れのうえから薬をつけることになり、せっかくの治療効果が半減してしまいます。薬の種類にもよりますが、比較的弱いものでは朝晩の洗顔後に軽く塗り込むことで治癒効果が安定すると言われています。

薄く塗りこむように使う

リンデロンのように強い作用をもつ薬は、取り扱いの面でも特別な注意が必要です。より高い効果を期待して皮膚にごしごしとこすりつけるように強く塗り込む人がいますが、それはあきらかな逆効果であり、レベル3以上の強い薬となると予期せぬトラブルにつながりかねません。

どのタイプのリンデロンであっても皮膚にゆっくりと浸透させるようにやさしく塗り込むのが基本であり、洗顔後など皮膚のきれいな状態で行うとよりいっそう効果が高まります。指先についた雑菌から炎症が拡大することも考えられるため、薬を塗り込む際には必ず手を清潔にし、傷口が見られる場合はプラスチック手袋などを着けるようにしましょう。

気になるリンデロンの副作用

皮膚が薄くなることがある

ランク2以上の作用の強いリンデロン系薬剤を長期間使用すると、ごくまれにではありますが、皮膚萎縮といって患部周辺の皮膚が薄くなる場合があります。皮膚が薄くなるということは当然傷つきやすくなるということであり、新たな細菌感染のリスクが高まることを意味します。

ただ、皮膚萎縮が見られるからといってただちに危険な状態であるというわけではなく、きちんと経過観察を行い、薬の分量をコントロールしていれば副作用が極端に強くなることはありません。皮膚萎縮が広範囲にわたって確認され、強い痛みを感じるようであればすみやかに専門医の診察を受け、薬の量を調節するなどの対処を行いましょう。

赤み

皮膚は外部からの刺激にさらされやすく、ちょっとしたことでも赤みやただれを起こしやすい部位でもあります。リンデロンをつけることはある意味で皮膚に異物を取り込むことですから、薬の種類や体調次第では患部周辺に赤みが生じる可能性があります。

ほとんどの場合は一過性の赤みでおさまりますが、もともと皮膚の弱い方では赤みが長引き、痛みやかゆみをともなうことがありますので、副作用の経過観察のほうもこまめに行う必要があります。

かぶれ

リンデロン系薬剤の副作用として、皮膚の赤みの次に多く見られるのがただれです。とくにランク2以上の強い薬で起きやすく、患部がひどくふくれたように見えるので「ニキビが大きくなったのでは?」とあわてて病院を再受診する方も多いようです。

ただれも基本的な対処法としては赤みとほぼ同じで、症状が極端にひどい場合には主治医と相談して薬を弱いものに変えるか、使用頻度を減らすなどの対策をとることになります。

リンデロン使用の注意ポイント

決められた期間以上使わない

これはリンデロン系薬剤以外にもどの薬でも言えることですが、「きめられた服用期間をきっちり守る」ことが安全な治療の大原則となります。とくに、リンデロン系薬剤はステロイドをふくむため薬としての作用が強く、安易に長期間使用したり、一度に大量に塗布したりすると予期せぬ副作用が表れ、肝心の治療効果が薄れてしまいます。

もちろん、安易に使用を中断することも厳禁で、ニキビが治ったと思って自己判断で使用を中止してしまうと原因菌が皮膚にとどまってしまい、再発につながります。

ニキビ部分だけに塗る

リンデロン系薬剤は幅広い皮膚疾患の治療に使用されますが、ニキビの治療薬として処方された場合にはニキビの箇所に限定して塗り込むようにしましょう。予防につながるから、効果がありそうだからと安易な判断で患部以外の箇所に塗り込んでしまうと皮膚が強い刺激を受けてしまい、赤みやただれなどの二次症状を引き起こしかねません。

使用期限内の物を使う

薬にも使用期限があることは意外と知られていないのではないでしょうか。リンデロン系薬剤もまた薬である以上使用期限が厳格に定められており、期限切れのものを使用することは治療効果を妨げるだけでなく、極端な副作用など、コントロールできないトラブルの原因となります。

処方された薬は必ず適切な方法で保管するようにし、しまい込んである薬は定期的に交換するようにしましょう。保管場所としては直射日光をさけた風通しの良い場所が最適とされていますが、リビングなどに普通にしまっておけばとくに問題はありません。

まとめ

ニキビだけでなく、幅広い皮膚疾患の治療に使われているリンデロン系薬剤。使用にあたってはステロイドの一種であることを意識し、専門医の指導管理のもと用法用量をきっちり守って塗り込むことが大切です。万が一赤みやただれなどの副作用が見られる場合にはただちに使用を中断し、主治医に相談するようにしましょう。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.