感動・泣き

クレンジングの種類、どれだけ知ってる?肌質に合った選び方が大切です

投稿日:

美肌を維持するにはスキンケアも大切ですが、洗顔も重要です。洗顔前のクレンジングも同じように選び方や使い方にポイントがあります。クレンジングについて詳しく解説します。

クレンジングの基本的な種類

クレンジングの種類は大きく分けて、オイル・リキッド・ジェル・クリーム・ミルクの5種類です。使い方はほぼ同じですが、種類によってテクスチャーが違います。メイクの仕方によってクレンジングを使い分けたり、肌質に合わせて選んだりする工夫も必要になってきます。クレンジングの種類ごとに、使い方や特徴を紹介します。

クレンジングオイル

オイルはその名の通りオイルでメイクや汚れを落とします。ファンデーションや下地、アイメイクなどはほとんどが油性のため、メイクになじみやすく最もクレンジング効果が高いと言われています。使い方は洗顔前にメイクを落とすために使いますが、メーカーによっては顔や手を濡らさずに使うものと、濡らしてから使うものがあります。きちんと汚れを落とすには、正しく使うことが大切です。

リキットクレンジング

リキッドはサラっとしたテクスチャーです。オイルの次に洗浄力が高いので、ナチュラルメイクや、マツエクをしている人に向いています。さらっとした使い心地ですが、油性のメイクには不向きとなってしまいます。

ジェルクレンジング

ゼリーのように弾力があります。油性と水溶性の2つのタイプがあるので、しっかりメイクの人は油性、ナチュラルメイクの人は水溶性と使い分けることができます。ジェルの弾力がクッション代わりとなり、肌を擦って刺激を与えるリスクを軽減できます。洗浄力はあまり高くないので、洗い上がりはしっとりしているように思えますが、リキッドと性質は似ているので脱脂力は高めです。

クレンジングクリーム

顔に直接塗布してマッサージをしながらメイクになじませ、拭き取ってから洗顔フォームで洗うタイプと、クレンジング後に洗い流すタイプがあります。テクスチャーはかなり濃厚で、油分を含んでいます。油分がメイクによくなじむのに、落としすぎないから肌への負担は軽減されます。洗い上がりはかなりしっとりしていると感じるでしょう。

クレンジングミルク

クリームよりも柔らかいテクスチャーで、洗浄力は弱いのでしっかりメイクや、ウォータープルーフのアイメイクなどは完全に落としきれないことがあります。ミルクにも拭き取るタイプ洗い流すタイプがあるので、使いやすさや好みで選べます。

肌に合ったクレンジングの選び方

クレンジングは種類によって汚れ落ちが違いますし、メイクの種類によっても向き不向きがあります。また種類によって洗浄力が違うので、肌質に合わせて選ぶことが大切です。洗浄力ではオイルが一番高く、次にリキッドとクリームとジェル、ミルクはナチュラルや肌の弱い方におすすめです。肌質ごとにおすすめのクレンジングを紹介します。

乾燥肌さんにはクリームタイプ

クリームは油分を含んでいるので、メイクなじみがよくなります。テクスチャーもしっかりとしているので、メイクになじませるときに肌をこする刺激も軽減されます。拭き取るタイプと洗い流すタイプがあります。

メイクを落とすときにマッサージ効果も得られるので、血行促進効果も期待できます。ただしポイントメイクやアイメイクなどは、完全に落としきれないことがあるので注意してください。

敏感肌さんにはミルクタイプ

敏感肌の人はクレンジングの成分もそうですが、クレンジングを使うときの刺激も少ない方がベストです。汚れ落ちという点では若干弱いものの、肌への刺激や負担はミルクタイプが一番少なくなります。

ミルクはテクスチャーもトロっとしていて、なじませるときも肌をこすらなくて済むので優しくオフ出来ます。使い心地もとても優しく、洗い流した後もつっぱらないのを実感できるでしょう。

脂性肌・普通肌さんは基本的にどの種類もOK

脂性肌や普通肌の人は、特に肌荒れやトラブルを起こしていないなら、どのタイプも使えます。ただしオイルは汚れ落ちがいい反面脱脂力が高いので、クレンジングと洗顔後にはだがつっぱるような感覚があります。この場合はジェルやリキッドなどを試してみるといいかもしれません。

脂性肌にオイルクレンジングはベタつくと思われがちですが、皮脂が多いと酸化しやすいので然りと落としておくことが大切です。皮脂の過剰分泌が乾燥から来ている可能性もあるので、洗顔後のスキンケアは保湿を重視するといいでしょう。どの種類でも使えますので、ベースメイクとポイントメイクで使い分けるということもできます。

クレンジングで気をつけたいポイント

クレンジングは肌質に合わせて選ぶことが大切ですが、使い方にもポイントがあります。間違った使い方や勘違いをしてしまうと、肌に負担をかけることになるので注意しましょう。クレンジングをするときのポイントを紹介します。

ポイントメイクとベースメイクは別々に落とそう

ベースメイクは肌質に合わせたクレンジングで落とせますが、ポイントメイクは成分によってはクレンジングだけでは落とせないことがあります。この場合はポイント専用のクレンジングを使いましょう。

落としたつもりで落とせていないと、肌に負担をかけますし色素沈着の原因となってしまいます。アイメイクなど濃い目にするときは、ベースメイクとクレンジングを使い分けるのがポイントです。

落とすときはごしごしこすらないこと

メイクや汚れを落とすというと、こすって落とすイメージを持ってしまいがちです。こすると肌には想像以上の負担やダメージを与えてしまいます。こすれば汚れ落ちがよくなることはなく、むしろ負担をかけるだけです。クレンジングや洗顔の基本は、こすらず優しくオフすることです。

すすぐときはぬるま湯を使って

落とし方に気を使っていても、すすぐときに水を使うとしっかりと落とせないことがあります。すすぐときは、ぬるま湯を使いましょう。温度が高すぎると潤いを維持するために必要な皮脂まで落としてしまいます。

種類が豊富なクレンジングのおすすめ商品

クレンジング選びに迷ったときには口コミなども参考になりますが、話題のクレンジングランキングなども参考になります。多くの人に選ばれるのは、それなりの理由があるからです。

DEW クレンジングオイル 150ml(メイク落とし)

DEW クレンジングオイル 150ml(メイク落とし)

水層と油層の2層式タイプのクレンジングです。テクスチャーはさっぱりしていますが、油層がアイメイクもしっかりと落としてくれます。低刺激処方だから肌への負担を軽減できます。目元のメイクを落とすことを考えて、目元ケア効果が期待できるビタミンB誘導体とビタミンE誘導体をダブル配合しています。さらに吸着性ヒアルロン酸を配合しているので、乾燥を防ぐ効果も期待できます。

お得な2本セット】サンタマルシェ ディープクレンジング 400ml×2本

【お得な2本セット】サンタマルシェ ディープクレンジング 400ml×2本

ダブル洗顔不要で、濡れた手や顔にも使える便利なクレンジングです。オイルフリーだからベタつかず肌にも優しく、敏感肌や乾燥肌の人も安心して使えます。ポイントメイクもしっかりメイクもよく落ちるのに、洗顔後につっぱらないのもポイントです。

Bifesta (ビフェスタ) うる落ち水クレンジング アイメイクアップリムーバー

Bifesta (ビフェスタ) うる落ち水クレンジング アイメイクアップリムーバー 145mL

年齢サインを感じ始めた人、エイジングケアを意識しながらクレンジングを使いたい人におすすめです。1981年よりヒアルロン酸研究を続けている。カネボウが作っているということもあってブランドの信頼と実績も安心感があります。濡れた手でも使えるので、お風呂に入りながらのクレンジングもOK。力を入れなくても、アイメイクがスルっと落とせます。

すすぐときも素早く流せるので、ヌルつきもなく必要以上に皮脂を洗い流す心配もありません。ポンプ式だから最後まで清潔に使えるのもい嬉しいところです。

まとめ

クレンジングは種類が多すぎて、どれを選べばいいか迷ってしまいます。使いやすいものを選ぶのも大切ですが、肌質やメイクの成分などをチェックしてきちんとメイクを落とせるものを選んでください。肌質に合ったクレンジングを使えば、思わぬ肌トラブルを防ぐことができます。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.