感動・泣き

菌活のススメ!おすすめの菌、始め方、注意点など一挙紹介

投稿日:

健康や美容、ダイエットなどを目的として、菌活をする人が増えています。菌活というのは、身体にいい影響を与える菌を積極的に食事から摂取することです。菌と言えば、悪いイメージがありますが、菌活で使用する菌は体に効果的になっています。自分の腸内に棲息している菌を育て、腸内環境を整えることでさまざまな効果を得ることができます。

菌活を始めるにあたり、体にプラスになる菌の種類を理解する必要があります。菌の種類によって体に与える効果は異なるので、菌活でどんな効果を得たいのかもポイントの一つです。今回は菌活を進めるにあたり、おすすめの菌や始め方、注意点などを紹介していきます。これを参考にぜひ菌活に挑戦してみてください。

菌活を知ろう

菌活とは?

菌活は、納豆やヨーグルト、塩麹などに含まれている菌を食事から意識的に取ることを言います。日本は発酵食品の数が非常に多く、菌活をするためには恵まれた環境です。私たちの中には、数多くの菌が棲息しており、その種類もたくさんあります。菌が健康や美容にもたらす影響は大きいのも特徴です。

菌活をするためには、体に取り入れる菌が必要です。食事から取り入れる場合もあれば、サプリから取り入れる場合もあります。また、体の中にある良好な菌を増やすサポートを行う菌活などもあります。菌活をしてから効果が得られるまでには時間がかかるため、長期的な計画を立てる必要性もあります。

良い菌もいれば悪い菌もいる

菌活をする場合は、体にとって良い菌を摂取することになります。含まれている菌の種類によって得ることができる効果は変わるのも特徴です。ちなみに、体内に棲息している菌の中にも良い菌がいます。一方、健康や美容の面でマイナス効果を与えるような悪い菌もいます。

菌活をするためには、体のいい菌を増やすのがポイントです。中には体の中にいる悪い菌を撃退して、良い菌を増やす菌活の方法もあります。菌活の方法にはいろいろあるので、自分にあった方法で進めていくことも大切です。また、年を取るほど体の中で悪さを働く菌は増えてくるため、菌活の効果は大きくなってきます。

菌活が人気の理由

菌活が人気を集めているのは、体の中で良い菌に働いてもらうことで健康や美容面でプラスの効果を得られるからです。また、納豆やヨーグルトなど身近な食べ物でも菌活を始めることができるため、手軽さという点からも人気を集めています。自分のペースで進めていくことができます。

菌活をして体の中にいい働きをする菌が増えると、悪い菌が増えにくいのも特徴です。菌の種類によっては効果の持続性を得ることができるのも、菌活を始める上でのメリットになります。また、料理にアレンジを加えることでも菌活を行うことができます。バリエーションが豊富なのも人気の秘密です。

菌活の注意点

菌活を始める上での注意点として、目には見えない菌による効果を求めるため、効果が出ても分かりにくいことがあります。続けることで少しずつ体に変化が起こるようになるため、菌活をしてもすぐに辞めてしまってはまったく効果がありません。菌の種類によっては、継続的に摂取が必要な場合もあります。

菌活で使用する菌の中には、胃腸の中で棲息し続けることが難しい菌もあります。こういった菌の場合は、継続的に菌活をして菌の量を保つ必要性もあります。体質によって菌の棲息のしやすさも異なるため、効果の発現には個人差もあるので注意が必要です。

菌活におすすめの5つの菌

納豆菌

菌活で人気の菌に納豆菌があります。納豆は、大豆に納豆菌をふりかけることで、発酵をさせる食べ物です。発酵する過程の中で、どんどん納豆菌が増殖していきます。納豆菌は酵素がない環境ではないと育つことができませんが、生育環境が失われることによって子孫を残すための胞子を形成するのも特徴です。

菌活で使用される菌の中には、腸に達するまでに死滅してしまう菌もあります。しかし納豆菌は、生きたまま腸まで届けることができるので、腸内環境を整えるために菌活をする場合も効果を得ることができます。納豆菌を摂取することで、血液の流れを促し、腸内環境を改善し、骨を強くする効果を期待することができます。

乳酸菌

ヨーグルトなどの乳酸品には、多くの乳酸菌が含有されています。菌活をする場合も、乳酸菌は多く摂取されるのが特徴です。腸の中には、数多くの腸内細菌が住み着いています。腸内細菌の数は、約1億超個とも言われており、体内の全細胞の150倍以上になります。乳酸菌は体の中でプラスに働く善玉菌にカテゴライズされます。

乳酸菌を摂取することで得られる効果として、腸内環境を整えることによる内臓脂肪の低下や免疫効果を高めることです。また乳酸菌の働きによってピロリ菌を除去する効果も得ることができます。病気の予防にも繋がるため、積極的に乳酸菌の摂取をすることはメリットです。

キノコ菌

健康や美容に効果があるとして注目されているのが菌活です。菌活で使用される菌の一つにキノコ菌があります。キノコ菌は、名前の通りキノコから摂取できる菌のことです。ちなみに他の菌は、発酵する過程で増やすのが一般的になっています。しかし、キノコ菌に関しては元々食材に含まれているのが特徴です。

キノコ菌による菌活で得られる効果として、花粉症や肌荒れ対策があります。これはキノコ菌が体内の中に入ると、善玉菌のエサになって免疫機能を高めることが理由です。花粉症や肌荒れは免疫機能の低下に伴って起こることから、免疫機能を高めることによって防ぐことができます。

麹菌

醤油や漬物、お酒には、麹が使用されています。日本人にとって麹は身近なものですが、麹は健康や美容に高い効果を示すのが特徴です。麹菌は東洋に棲息する有用微生物で、デンプンをブドウ糖に変換し、効率的に脂肪を吸収する働きがあります。麹菌も菌活で使用される菌として高い人気があります。

麹菌を摂取することによって得られる効果として、高脂肪や糖尿病、高血圧の予防効果があります。特に中年以降は生活習慣病の罹患率が高くなるので、早いうちから菌活をして病気予防をすることは大切です。アミラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼなどの消化酵素を多く含んでいるのも特徴になります。

酵母菌

酵母菌は、日本酒や味噌などを生成するときに生成される菌です。納豆菌や乳酸菌と同じように発酵することで生まれる発酵菌になります。菌活でもお馴染みの菌ですが、体内で生きた強い酵素を生成するのが特徴です。必要のないアルコールや炭酸ガスなどを体外に排出し、そこで酵素も作り出します。

酵母菌を摂取することで、糖質を大幅にカットすることができます。糖質は太りやすい原因を作り、美容の面でもマイナスです。酵素以外にも免疫力を高めるグルカンが含有されているため、風邪を引きやすい人や体力に自信がない人にもおすすめです。

菌活に使える菌の取り方

サプリで取る

菌活で使用する菌の中には、腸内まで達することができない菌もいます。消化液で死滅してしまうことや免疫細胞に撃退されることが理由です。どれだけ菌を摂取していても、腸内まで到達しないことには意味がありません。菌活で菌が腸内まで届く方法として、サプリの摂取があります。

サプリで菌活をする場合は、サプリに菌が守られる形になります。サプリに使用されているカプセルが溶けるまでは、菌が死滅するリスクもありません。効率的に腸内まで菌を届ける方法としてはサプリがおすすめです。

食事で取る

菌活を始めるにあたり、どうやって菌を摂取するのかはポイントの一つです。キノコ菌ならキノコを使った料理、麹菌なら味噌やしょうゆを使った料理、乳酸菌ならチーズや漬物を使った料理で摂取することができます。どれも身近な食材であるため、少ない負担で料理に取り入れることができます。理で菌活する場合の注意点は、調理で菌が死滅してしまうリスクです。特に加熱料理になると菌が死滅して、食べるときには菌がいない状態の場合もあります。

飲み物で取る

乳酸菌や麹菌などは、飲料からも摂取することができます。菌活人気の高まりを受けて、菌活のための飲料水も各メーカーから販売されています。菌活のために作られているドリンクなら、飲用することで効率的に菌を取ることが可能です。特に乳酸菌は町内の働きを整える効果もあるので続けることによる高い効果も期待できます。

最近はキノコ菌が使用されているコンブチャなど、菌活のためのドリンクのバリエーションも増えています。一つのドリンクに固執するのではなく、いろいろなドリンクを飲んでみて効果を比較してみるのもよいでしょう。

菌活を手軽に始められるおすすめの商品

伊藤園 カスピ海式 菌活乳酸菌 (紙パック) 200ml×24本

伊藤園 カスピ海式 菌活乳酸菌 (紙パック) 200ml×24本

 

乳酸菌が多く使用されているドリンクです。乳酸菌にもさまざまな種類がありますが、この商品にはビフィズス菌をはじめ、テレビなどでも話題のカゼイ菌やラクティス菌、サーモフィルス菌といった乳酸菌が配合されているのも特徴です。飲み心地も良く、それぞれの乳酸菌が体の中で健康や美容効果を促してくれます。

ホクトのエリンギ・マイタケまるごと使った菌活・贅沢カレー(2種4食入り)

ホクトのエリンギ・マイタケまるごと使った菌活・贅沢カレー(2種4食入り)

 

キノコ菌が多く含まれているエリンギやマイタケを使った菌活カレーです。独特の食感に加えて、食べ応えもあり、高い栄養価も特徴の一つです。キノコ菌をカレーでしっかり取ることができるので、菌活をしている人にもおすすめの商品になります。

カレーとしての食味にも優れていて、食べやすい味になっています。メインの食事で菌活できるのも、この商品の魅力です。

まとめ

いかがでしたか?菌活に使える菌には、多くの種類があります。菌活を始める場合は、菌による効果の違い、耐酸性なども需要な要素の一つです。菌活をしても、すぐに効果が得られるわけではありません。菌活の効果を発揮するためにも、継続して菌活を続けること、生活習慣を整えておくことも大切です。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.