感動・泣き

ブルーアイシャドウが来てる!透明感&抜け感アップのブルーメイクの作り方って?

投稿日:

ブルーは食欲を減退させる色として、ダイエットを行う人に人気の色になります。また、爽快な、清潔感のあるイメージをもつことから、ファッションの中に取り入れる人も少なくありません。

じめじめする梅雨の季節、汗をかく夏等は、毎日のメイク、ネイル等に、すっきり爽やかな印象のあるブルー系コスメを使ってみてはいかがでしょうか。

ブルーアイシャドウの使い方

目もとをすっきりと見せてくれるブルーアイシャドウ。薄着の季節になると、冬メイクから夏メイクへと変える人も少なくありません。そんな時、ふと思いだすのが、ブルーアイシャドウになります。

ブルーアイシャドウは、日常的には使用が難しいとされておりますが、使い方を間違わなければ、そう難しいことはありません。例えば、ポイントで使うとか。また、色を選ぶ際、オフィスで使用する色、遊びに使用する色と色を選ぶことで、より多目的に活用できるアイシャドウとなるのではないでしょうか。

ポイント使い

まず、ポイント使いについてです。ポイント使いには、目じりのみに入れる、また、ラインの際にそって入れるライン使い、アイホールのみに入れる等、様々な方法があります。ここで間違ってはいけないことが一点あります。それは、まぶた全体に入れないことです。

みんなに笑顔を届けるピエロを思いだしてください。青や赤のイメージが残りやすいよう、くっきりとした派手な色を使ったメイクをしていませんか。特に、青は印象に残りやすく、滑稽なイメージになるため、目もと全体に青を入れてはいけません。ごくわずかなスペース、ラインにポイントとして使うことをおすすめします。

アイホールに馴染ませて透明感アップ

では、続いて、ブルーアイシャドウで透明感を出すメイク方法についてですが、目もとに透明感をつくるには、ラメ、パールといった光る素材が必要になります。ブルーアイシャドウのパレットには、ハイライトカラーとして、白やベージュ等のシャドウがセットされておりますが、そのハイライトカラーをアイホールに馴染ませしょう。目もとに立体感が出るだけでなく、太陽の光を反射し、目もと、肌に透明感が生まれます。ちなみに、ブルーアイシャドウ単色でも、ラメ、パールが配合されていれば、目もとに透明感を出すことができます。

ニュアンス使いでトレンドメイクに

どんな色のシャドウでもそうですが、ニュアンス使いでトレンドのアイメイクを手に入れることができます。ハーフ顔、ふんわりラブリー系等の顔がトレンドとなっておりますが、ブルーアイシャドウも、アイホールに薄めのブルーを塗り、目じりに引き締めの色を入れることで、立体的なハーフ顔をつくることができます。

その際、ラメ、もしくはパールが配合されているブルーアイシャドウを選べば、今、トレンドの透明感が、目もと、肌に生まれます。ラメ、パール入りのシャドウを選ぶ時は、発色の良いものをお選びください。

ブルーグラデーションメイク

グラデーションは、ひと昔前まではプロが行うアイメイクでしたが、昨今、専門家によるこだわりのアイカラーがセンス良く並べられているアイシャドウパレットの人気が高くなり、グラデーションアイメイクにトライする人が増えております。

ブルーアイシャドウをグラデーションにするには、どのようなもの色を選び、どのような方法があるのでしょうか。

アイホールに明るいブルーのベースカラーを塗る

ブルーアイシャドウを使う基本は、目もとを爽やかに見せること。ただブルーアイシャドウをまぶた全体に塗れば良いわけではありません。グラデーションをつくるには、アイホールにベースとなる薄めの明るいブルーを使うことをおすすめします。これが、グラデーションの第一段階になります。

深い色を締め色に使う

続いて、目頭から目じりにかけて、ラインで使う色についてですが、アイホールに塗った薄めのブルーを引き立たせてくれる深い色を選びましょう。ラインで入れると派手になりやすい場合には、目の中心から目じりにかけて、薄めに入れても、綺麗なグラデーションに仕上がります。

リップはナチュラルなカラーを使う

メイクは、目もとを派手にした場合は口もとを軽めが、基本になります。ブルーアイシャドウは、それだけで派手な印象を受けやすいので、口もとは目もとの邪魔にならない、自然に見えるナチュラルカラーを選びましょう。

チークは控えめに

昨今、チークはハデめがトレンドとなっておりますが、ブルーアイシャドウを使った場合には、チークは控えめにというのが基本になります。目もとの青、ほおのオレンジやピンクが目立ち過ぎると、メイクがケンカしてしまって、綺麗に見えません。ほおに入れるチークは、ブルーアイシャドウに合わせた色であれば、オレンジでもピンク系でも問題ありませんが、いつもより控えめに入れることをおすすめします。

透明感のあるニュアンスブルーメイク

目もと、顔に透明感のあるニュアンスメイクをつくるには、目もとのグラデーション技術とリップの選び方が必要不可欠。ブルーアイシャドウのグラデーション方法、リップの選び方について、説明します。

アイホールにベージュのベースを馴染ませる

目を大きく見せるには、アイホールの仕上がり具合が重要になります。ただ均一につければ良いわけではありません。ニュアンスブルーメイクを完成させるには、落ち着いた印象のあるベージュをベースに取り入れましょう。

くすみのあるブルーシャドウをふんわり使う

ふんわりとしたメイクを目指すには、はっきりとした濃いめのブルーアイシャドウよりも、少しくすみのある柔らかい印象のあるブルーアイシャドウを選びましょう。アイホールに入れたベージュに似合うくすみのあるブルーアイシャドウが、嫌みのない、優しい雰囲気を醸し出してくれます。

締め色・ハイライトはブラウン系

ニュアンスブルーメイクを引き締めてくれるアイシャドウカラーは、ブラウン系になります。白やグレーにはない柔らかい雰囲気のあるブラウン系は、くすんだブルーにマッチし、少し大人っぽい印象のメイクに仕上がります。

リップは黄み系ピンク・レッドでフェミニンに

ニュアンスブルーメイクの仕上げのリップの色は、イエロー系のピンク、レッドになります。
目もとに置いたブラウンに合うイエロー系リップは、活発な印象のあるブルーアイシャドウを引き締め、ポイントに置いたブルーアイシャドウを引き立たせてくれる効果があります。

おすすめのブルーアイシャドウ

ブルーアイシャドウを初めて購入する際は、誰でも迷うもの。そんなあなたに、デパコスの魅力、購入しやすいプチプラコスメ、人気の単色シャドウ等を紹介します。

デパコスのアイシャドウパレット

デパコスの最大のメリットは、コスメアドバイザーなるスタッフがおり、その人に、それぞれの悩みを打ち明けることができること。例えば、自分の顔、目もとに似合うアイシャドウはどれなのか。そのブランドが肌に合っているのか。専門的な知識、経験をもつアドバイザーならば、その場で解決することもできます。

ちなみに、デパートでは最高品質のアイシャドウから、手軽に購入できるスタンダードのものまで、幅広い価格帯のアイシャドウパレットがそろっております。好みの色、似あう色を探しに、出かけてみてはいかがでしょうか。

デパコスの単色シャドウ

デパートへ、単色シャドウを探しに行く時は、まず、アドバイザーに相談する項目を決めてから向かいましょう。デパートに置いているアイシャドウは世界的ハイブランドのコスメから、手軽に購入できるものまで、幅広くそろっておりますが、すべてテスターがあり、その場で色、付け心地、発色等を確かめることができます。

単色シャドウを検討する際は、アドバイザーにサンプルがないかを確認してみましょう。商品によって異なりますが、サンプルが用意されているメーカー、ブランドも少なくありません。

プチプラのアイシャドウパレット

実は、優秀なプチプラアイシャドウ。500円から2000円前後で購入できるプチプラアイシャドウは、2色から5色がセットになっており、くすみをカバーできるものから、グラデーションができるものまで、様々なメーカー、ブランドから販売されております。

プチプラの単色シャドウ

パレットを購入しても、まったく使わない色が残ってしまう。そんな人は、捨て色がない単色アイシャドウを好んで購入します。その際、検討するのが、お手軽な価格で購入できるプチプラコスメではないでしょうか。

プチプラコスメだから、安かろう悪かろうだろうと不安がる人も少なくありません。ですが、そんな心配はいりません。ひと昔前まではプチプラコスメには発色の良くないアイシャドウがたくさん販売されており、リピーターは見込めませんでしたが、現在は発色の良い、高品質なものが出回り、それぞれの用途に合わせて購入できるようになっております。

まとめ

派手になりやすいブルーアイシャドウ。使い方ひとつで、お休みメイクがオフィスメイクに変身。人に信頼感と安心を与えるとされる青のアイシャドウで、センスが良いと褒められるアイメイクを目指してみませんか。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.