感動・泣き

初心者向けマニキュアの塗り方・順番は?ネイルをケアする方法を知っておこう!

投稿日:

マニキュア手を美しく魅せてくれるもので、女性でマニキュアを付けているという人は多くいます。しかし初めてマニキュアを塗るという人の場合、きちんとした塗り方がわからないので見た目が悪くなってしまったり、塗った後で色にムラができてしまったり、でこぼこしてしまってイマイチ気に入った結果にならないという事が多くあります。

これはきちんとしたマニキュアの塗り方を知らない事が原因で、事前にどういった準備をしておくべきなのか、うまく塗るためのコツや注意点はどういったものなのか、こういったマニキュアの塗り方について知っておかないといざという時に不便な思いをしてしまうでしょう。

また、マニキュアを塗るのが初心者という方の中には初心者なのに綺麗に塗ろうとして難しい塗り方をしてしまい、そのせいでうまく塗れずに失敗してしまうという方もいます。初心者がマニキュアを塗る事に慣れている人向けの塗り方をしても、綺麗に塗る事は難しく、逆にみっともない出来栄えになってしまう可能性が高くなります

ですから初心者の方は、まずマニキュアを塗るためにどういった準備をすべきなのか、そしてマニキュアを塗る時には初心者向けの塗り方がどういったものなのかを知り、まずは無理をせずに初心者でもできる簡単なマニキュアの塗り方から行っていくようにしましょう。マニキュアは手を綺麗に見せたい女性にとって、とても重宝するものですから、正しい知識を得ておく事が重要です。

マニキュアを塗るためにしておく準備

マニキュアを塗る時には、まず最初にマニキュアを塗るための準備をする必要があります。これはマニキュアをうまく塗るためだけではなく、マニキュアを塗り終えた時により美しく魅せるために重要なポイントにもなっています。

きちんとした準備をしておかないと、マニキュアがきれいに塗れず見栄えが悪くなってしまったり、マニキュアを塗ったのに塗る前よりも見栄えが悪くなってしまうという可能性も考えられます。マニキュアを塗る時にはいくつか準備をすべきポイントがあり、この準備をしておく事でマニキュアを塗りやすくなるだけでなく、塗った後により綺麗に見えるようになりますので、どういった準備が必要なのかを知っておくと重宝します。

甘皮を処理する

まず最初にしておきたい準備としては、爪と皮膚の間にある甘皮と呼ばれる皮の処理です。この甘皮をきちんと処理しておくと、ネイルのラインがしっかりとするため、塗り終えたあとにでこぼこしている部分が無くなり、清潔できれいな印象を与える事ができます。

また甘皮が残っていると、爪にいく水分を吸い取ってしまう事があり、マニキュアを塗った際にムラができてしまう危険も考えられるため、なるべく事前に処理しておいた方が良いでしょう。甘皮は意外と忘れてしまいがちな部分で、ここの処理を忘れてしまったせいでマニキュアの出来栄えが悪くなってしまう事は少なくありませんから、忘れず処理しておきましょう。

やり方としては、まず最初にキューティクルリムーバーを爪に塗り、そのまま手をお湯に3分ほど付けてからお湯をふき取り、もう一度キューティクルリムーバーを塗り直します。この処理が終わってから、プッシャーを押し当てて甘皮を押し上げていきます。この処理をする時にプッシャーで甘皮を押し上げる場合、あまり強くしすぎないように気を付けましょう。強く押し上げてしまうと爪と皮膚の付根部分を傷つけてしまう可能性があるので、優しく押し上げる必要があります。

爪の形を整えておく

次に重要なものとしては、爪の形をきれいに整えておくという事です。爪の形が整っていないと、どうしてもマニキュアを塗った後の見栄えが悪くなりがちですし、マニキュアを塗っても綺麗に塗れなくなってしまう場合も多くなります。

それを防ぐためには、マニキュアを塗る前に爪やすりなどを使って爪の形を整え、マニキュアを塗りやすい形にしておく必要があります。もし爪が伸びてしまっている場合は、おおまかでいいので爪を切ってから形を整えるようにすると良いです。気を付けておきたいのは、爪の形を整る時に爪の表面をやすりで削ってしまうと、爪が薄くなってしまうため削りすぎないように注意しなくてはいけないという点です。

爪の形を整える時には自分の好きな形にして構いませんが、初心者の場合は丸みのある形の爪にすると作りやすく割れにくいため、初めての場合でも安心です。また、形を整えるからと爪切りを使う人もいますが、爪切りでは細かな形の調整が難しいので綺麗に形を整える事ができませんから、なるべくやすりなどを用いて形を整えるようにする事が望ましいとされています。

爪の表面を磨く

爪の表面は、思っている以上にでこぼこしておりマニキュアを塗った時にそのでこぼこが目立ってしまう場合があります。ですからマニキュアを塗る時の準備として、爪表面を磨く事で凸凹を整えてマニキュアを塗った際にムラなどができにくくしておく必要があります。

また、爪の表面を磨いておくのはマニキュアを塗る時の準備だけでなく、マニキュアを塗らない人もやっておいて損はありません。爪の表面を磨いておくと爪そのものが綺麗に見えるようになりますから、マニキュアを塗らなくても手を美しく見せる事が可能となります。ではマニキュアを塗る前に爪を磨く時には、どういった方法で磨くようにすると良いのでしょうか。

爪を磨く時にまず行うのは、バッファーで爪を磨いて爪表面のでこぼこを整えます。この時にあまり磨きすぎてしまうと、逆に爪を傷つけてしまう事もあるので注意しなくてはいけません。そしてバッファーで爪を磨いた後は、シャイナーという器具を使って爪を磨き、爪表面に光沢を出していきます。爪を磨く時にはあまり強くこすりすぎないよう、力加減には気を付けておきましょう。

ベースコートを塗る

爪の形を整えるなどの下準備が終わったら、マニキュアを塗る下地としてベースコートを塗っていきます。ベースコートを塗る事には、爪を保護する、マニキュアのカラーが爪に沈着する事を防ぐ、そして爪とマニキュアが密着しやすくなるといった効果があり、ベースコートを塗っているかどうかでマニキュアを塗った後、長時間マニキュアが保てるようになります。

初心者の方はベースコートを塗るという部分を見落としてしまいがちで、爪に直接マニキュアを塗ってしまって色が沈着してしまったり、マニキュアがすぐ取れてしまうといった失敗をしてしまう事が多くあるので注意しておきましょう。

ベースコートを塗る時には、爪の裏側から爪の先端部分まで爪全体に塗るようにする、あまり厚塗りにならないようにするといった注意点があります。特にベースコートを厚塗りしてしまうとマニキュアがうまく塗れなくなってしまいますので、失敗したからといって何度も厚塗りする事は避け、一度拭ってから新しく塗るようにしましょう。ベースコートはマニキュアを塗る上でとても重要な部分ですから、きちんと手順や注意点を守って塗っていきましょう。

初心者でもできる!単色ネイルの塗り方

事前の準備を終わらせた後は、実際にネイルを塗っていく事になりますが、やはり初心者にはどう塗ったらいいか分からない人も多くいます。初心者のうちから難しい塗り方をしてもうまく行きませんし、綺麗な色が出なかったりとマニキュアを塗る意味がなくなってしまう場合もあります。

初心者にはおすすめの単色ネイルの塗り方がありますから、これを知っておくと初めてマニキュアを塗る時でも失敗してしまう可能性を少なくすることができます。マニキュアを初めて塗る時に、失敗するかもしれないと心配しながらでは、どうしても自分好みに塗っていく事は難しくなってしまいます。

自分でマニキュアを塗る時には、まず最初に単色ネイルを塗る事がおすすめです。単色ネイルはそこまで塗る事が難しいわけではないですし、自分の好きな色のマニキュアがあれば初心者であっても簡単に行う事ができます。では、単色ネイルの塗り方にはいったいどういったものがあるのでしょうか。

余分なマニキュアをしごいて落とす

単色ネイルを塗る時には、まず余分なマニキュアをしごいて落とすようにしましょう。マニキュアは一度で爪全体を塗れるという訳ではなく、5回ほどに分けて場所を変えながら塗っていく事になりますので、どうしても重なって塗る事になる部分がでてくるため、その部分に余計なマニキュアがたまってムラができやすくなってしまいます。ですからマニキュアを塗る時には、余分なマニキュアをしごいて落とすようにして塗っていくと、余分なマニキュアがたまってしまう事がなくなり、塗り終えた時にムラができなくなるためきちんとした塗る順番を覚えておきましょう。

塗る順番としては、基本的に中央を最初にして、その次に爪の両端、そして最後に中央と端の間の部分を塗るようにすると、余分なマニキュアがたまらない状態になるためおすすめです。余分なマニキュアがたまらないようにすると、見た目も綺麗に仕上がりますので、初心者が塗る時にまず気を付けたいのは余分なマニキュアをしごいて落とすように塗っていくという点になります。

爪の端っこに塗る

マニキュアを塗り始める時には、まず爪の先端など端っこを最初に塗っていくようにすると、時間が経った時に先端から剥がれていきにくくなります。マニキュアを塗る時に、爪の表面だけ塗っておけば大丈夫だと考えてしまいがちですが、先端部分に塗っておかないと先端部分から剥がれやすくなり、そのせいで時間が経つと先端部分やその周辺だけが剥がれてしまうという状態になり、非常に見苦しくなってしまいます。特に爪の先端部分は日常生活のなかで引っ掛けたりする事の多い部分ですから、最初に塗ってカバーしておかないとすぐにそこから剥がれやすくなり、すぐにマニキュア全体が剥がれてしまうため最初に端から塗っていかないといけません。

こういった端の部分を塗る時のポイントとしては、マニキュアを塗るブラシをボトルの口でしごく事であまり量を付けないようにしておくと塗りやすくなります。あまり多くマニキュアが付いていると、爪の間にマニキュアが流れ込んでしまい、逆に見栄えが悪くなるため量の調整はうまくできるようにしておきましょう。

乾いたら二度目を塗る

マニキュアを一度塗っただけで終わらせてしまうと、マニキュアの量が多くなってしまいます。そうすると全体的に色が揃っていなかったり、ムラができてしまったりと綺麗にマニキュアを塗れていない事が多くなりますので、一度塗って終わりにするのではなく乾いた後に二度塗りをするようにしましょう。

ただ、乾ききってから塗るのではなくある程度乾いてきて、乾ききる直前程度になってから二度塗りをするようにすると綺麗に仕上がるので、タイミングには注意しておかなくてはいけません。そして、二度塗りをする時にはいくつか注意しておかないといけないポイントもあります。

マニキュアを塗るのが初めてという人は、どのくらいの色にしたらいいか分からず、意外と指ごとに色がまちまちになってしまっている事が多くあります。ですからマニキュアのボトルの色を参考に、その色に近づけるように色を調整しながら塗ると良いでしょう。場合によっては三度塗りをするなどして、うまく調整すると綺麗な仕上がりとなります。

トップコートを塗る

マニキュアを塗る手順の最後として、トップコートを塗る事を忘れてはいけません。トップコートはネイルの持ちを良くしてくれるもので、さらにマニキュアに光沢を与える役割も持っています。マニキュアをより綺麗に見せるためにトップコートは必要不可欠なものですから、忘れず塗っておくようにしましょう。

トップコートを塗る時の注意点としては、乾くのが早いので手早く塗る必要がある、少し多めに塗っておくようにするといった点があります。特に手早く塗るというのは、初心者のうちはどうしても慌てて失敗しがちな部分ですから、何度か失敗しても大丈夫なようにしておきましょう。

また、トップコートを塗る時にあまり筆を強く押し付けすぎてしまうと、塗ったばかりのマニキュアが歪んでしまったり、剥げてしまう事があるので押し付けすぎないよう力加減に気を付けなくてはいけません。トップコートはマニキュアをより美しく見せるために必要なものですが、初心者の場合は意外とマニキュアを塗っただけで終わってしまっている人も多くいます。トップコートはマニキュアを長持ちさせるために必要なものですから、忘れずに塗りましょう。

揃えておきたいネイルケアアイテム

マニキュアをより綺麗に塗るためには、まず爪そのものを綺麗に整えておく事が重要です。爪を整えるというのは爪の形はもちろんですが、爪の表面のでこぼこを無くしたり、マニキュアを塗った時にムラができないようにしておくなど、さまざまな手入れをしておかなくてはいけません。

しかしこれを自分だけでやろうとすると非常に難しく器具を使わないと手入れをする事が難しいためネイルケアをするためのアイテムにはどういったものがあるのかを把握しておきましょう。ネイルケアは適当にやっては結果がでませんし、間違ったケアをする事でマニキュアを塗った時に綺麗な仕上がりにならない場合も考えられます。

ネイルケアをする時には、なるべく揃えておきたいネイルアイテムがいくつかあり、これを揃えておくとネイルケアが非常にやりやすくなります。どういったアイテムがあるのか、なぜそのアイテムが必要になるのか、そしてネイルケアアイテムを使う時に気を付けたいポイントなどを知り、正しいネイルケアをできるようにしておきましょう。

爪やすり

爪やすりは、爪の形を整える時や爪の表面を磨く時などに使うネイルケアアイテムで、マニキュアを塗る下準備をする際には必須ともいえるアイテムとなっています。爪の形を整えるには爪切りを使う場合もあり、爪切りにはやすりもついている物も多いため、爪切りだけあればいいのではと考える人もいますが、細かな形を整えたりする場合は爪切りや爪切りについているやすりでは力加減などがしにくく、思った通りの形にならなかったり削りすぎてしまって指先を傷つけてしまう危険もあります。爪やすりならば加減もしやすいですし、指先などの細かな部分まで削る事ができますから怪我をする心配も少なく、また細かな部分まで整えやすいので便利です。

マニキュアを塗る時に爪の形を整えるというのは非常に重要なポイントで、マニキュアを塗りやすくするというだけではなく、塗り終わった後の見栄えを良くするためにも必要不可欠な作業です。爪やすりを使う時に気を付けておきたいポイントとしては、あまり強くこすりすぎると爪が薄くなりすぎてしまったり、指先を傷つける場合があるので、力加減に気を付けて使うという点があります。

ネイルオイル

ネイルオイルは爪に潤いを与える事を目的としているアイテムで、爪の根元にある甘皮部分を保湿して乾燥してしまわないように防ぐ役割を持っています。このネイルオイルを使う事で丈夫で健康な爪を作り出す事ができ、例えば薄爪になってしまったり、乾燥してしまった事が原因で爪が白くなってしまったりという事態を避ける事ができます。爪のある指先は日常生活の中で、手を洗ったり物を触ったりと水分や油分がなくなる事が多い部分でもあるため、ネイルオイルを使ったケアは非常に重要となってきます。

ネイルオイルを使う時に気を付けておきたい点としては、手を洗って清潔な状態にしてから使う、ハンドクリームを塗る前に使うというったものがあります。余分な油分や汚れがある状態では、ネイルオイルを使ってもきちんと爪や甘皮の保湿ができなくなってしまうため、清潔な状態にしてから他のケアアイテムを使う前に使い、確実に保湿できるようにしておかなくてはいけません。また、マニキュアを塗る前に使わないようにするという事も気を付けておきたいポイントです。

キューティクルリムーバー

キューティクルリムーバーは、甘皮や爪の角質を取り除く時に使うネイルケア用の補助アイテムで、マニキュアを塗る時に行う甘皮処理などをした後で固くなってしまった爪の角質などを柔らかくしてくれます。

甘皮の処理はマニキュアを塗る際に必ず行わなくてはいけないものですが、甘皮が固いままでは綺麗に処理できないだけでなく、処理をしようとして爪と指の間の部分を傷つけてしまう可能性もあります。甘皮の処理がうまくできないと、マニキュアを塗った時に根本の部分が不格好になってしまいますから、綺麗に処理をするためにキューティクルリムーバーは頼りになるアイテムです。

使う時に気を付けたいポイントとしては、メーカーによって使い方が違うため、事前に確認をしておかなくてはいけないという点です。初心者の方はもちろんですが、今まで使っていたものと違うメーカーのリムーバーを使うという時には、必ず事前に使い方を確認しておきましょう。正しい使い方をしないと効果を得られない場合も多いので、注意が必要です。

キューティクルプッシャー

キューティクルプッシャーは、甘皮部分を爪から剥がして押し上げてくれるアイテムです。このキューティクルプッシャーを使う事で甘皮の処理がしやすくなり、製品によっては甘皮の処理以外にもネイルシールなどのふき取りにも使う事ができる物もあります。

甘皮の処理をする時に、爪に張り付いたままでは綺麗に処理する事はできませんし、無理に処理しようとすると爪自体に傷をつけてしまいます。キューティクルプッシャーを使えば、処理したい部分の甘皮を爪から剥がして処理する事ができるので、爪が傷つく心配もありませんし張り付いたままの時よりも格段に処理しやすくなるでしょう。

キューティクルプッシャーは甘皮を爪から剥がすわけですから、使い方に気を付けておかないと出血などをしてしまう事もあります。使う時に気を付けたいポイントとしては、あまり力を入れずに軽く持つ、左右には動かさず前後にだけ動かすようにするといったものがあります。最初のうちは使う事が難しいかもしれませんが、何度も使っていくうちに慣れるのでまずは使う事が重要となります。

マニキュア用ベースコートのおすすめ

マニキュアを塗る時に、その下準備としてベースコートをしなくてはいけませんが、この時に使うベースコートは何を使えばいいのでしょうか。初心者の方はどれを選べばいいのかわからないですし、自分で選んで買った物がイマイチだったらと躊躇してしまい、結局買えないままでいるという人もいるのではないでしょうか。

そういった方のために、おすすめできるベースコートをいくつか紹介していきます。初心者の方やベースコートで何を買えばいいかわからず困っているという方は、おすすめのベースコートを購入して試してみて、それから自分に合ったベースコートを探してみてはいかがでしょうか。

OPI ナチュラルベースコート 15ml NTT10

OPI ナチュラルベースコート 15ml NTT10

こちらのベースコートは発色がよく長持ちするだけでなく、乾きの良さなども優れている商品です。また、カラーバリエーションが約200色と豊富な点も大きな魅力となっており、口コミでもその乾きの良さは評価されており、綺麗な爪になるという口コミも多く見る事ができます。

またハケも塗りやすくなっているため、初心者の方でもそこまで難しい思いをせずに塗る事ができるようになっており、値段も手頃となっていますから初めてベースコートを使うという時におすすめしたい商品です。マニキュアの下準備にあまり時間をかけたくないという方は、速乾性が評価されているこちらの商品を使ってみてはいかがでしょうか。

KOSE コーセー ノア ベースコートa

KOSE コーセー ノア ベースコートa

ネイルカラーの持ちを長時間持続されたい時にはこちらの商品がおすすめです。マニキュアはどうしても時間と共に色落ちしてしまうため、長持ちさせられるベースコートはとても重要になります。こちらのベースコートはサイズもコンパクトですからポーチなどに入れて持ち運びやすく、さらに自然な色合いのおかげで塗っていてもほとんど目立たないという点が非常に高い評価を得ている商品でもあります。

初めてベースコートを購入したという方からの口コミでの評価も高く、これからベースコートを初めて導入するという方や、女性へのプレゼントとして贈ってみたいという方におすすめできる商品となっています。

レブロン クイック ドライ ベース コート N

レブロン クイック ドライ ベース コート N

速乾性に優れ、ベースコートの発色をアップさせているといった特徴をもったこちらの商品は、爪とカラーの接着を良くしてくれて美しい仕上がりにしてくれるベースコートです。気軽に購入できる価格設定も非常に魅力的で、初心者の方で失敗するかもしれないからまずは安い価格の物で試してみたいという方におすすめできる商品となっています。

また、マニキュアを長持ちさせてくれる効果でも評価が高く、口コミの中にはこのベースコートを使うと劇的に長持ちするようになったという評価も見る事ができます。初心者の方でも塗りやすくかつ長持ちもするというこちらのベースコートなら、初めてベースコートを付けるという方でも安心して使えるのでおすすめです。

OPI トップコート&ベースコート 2本セット T30&T10[並行輸入品]

OPI トップコート&ベースコート 2本セット T30&T10[並行輸入品]

こちらの商品はベースコートだけでなく、トップコートとセットになっているという点が大きな特徴です。また、アメリカのハリウッドに本社を持つトップメーカーの製品ですので、その品質についても非常に信頼する事ができます。どちらも塗りやすく、ベースコートは乾きやすいため余分な時間を取られにくいというのも嬉しいポイントとなっています。

ただ、ロサンゼルスからの発送となっているため、注文してから到着するまでにどうしてもある程度時間がかかってしまうという点は気を付けておかなくてはいけません。基本的には1週間程度で到着しますので、注文した際にはこのくらいの時間を必要とするという事を覚えておきましょう。

まとめ

マニキュアは指を美しく見せたい時に行いますが、初心者の方が綺麗に塗ろうとした時にはいくつか気を付けておきたいポイントがあります。初心者の方が綺麗にマニキュアを塗る時には、まずマニキュアを塗る前に行っておくべき下準備、そして塗る時に気を付けておきたいポイントなどをきちんと把握しておかなくてはいけません。

マニキュアをより綺麗に見せるためには、爪の形を整えたり、爪の表面を磨く、そして甘皮の処理といった部分はとても重要ですし、ベースコートやトップコートを塗るという点も忘れてはいけません。初心者の方がマニキュアをうまく塗ろうと考えた時には、こういったポイントに気を付けてみてはいかがでしょうか。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.