感動・泣き

リキッドタイプファンデーションの賢い使い方

投稿日:

ファンデーションにもいろいろなタイプが存在していますが、大きく分けると5種類存在しています。

ナチュラルな仕上がりが特徴のミネラルタイプ、艶感が出るのが特徴のクリームタイプ、時短メイクや化粧直しに優れているパウダータイプ、保湿力や密着度に優れているエマルジョンタイプがあります。そして今回紹介するのがリキッドタイプと呼ばれており、透明感のある仕上がりになるのが特徴です。

リキッドタイプとパウダータイプの違いについて

いろいろあるファンデーションですが、リキッドタイプとパウダータイプの2つは特に人気があります。では、この2つのファンデーションには、どのような違いがあるのでしょうか。それぞれに一長一短が存在しているのですが、まずは自分の肌質によって使い分ける必要があります。

ある人にはリキッドタイプが適していても、別の人にはパウダータイプが適している場合もあるのです。そこでリキッドタイプとパウダータイプの違いをしっかりと把握しておくことで、自分にはどちらの方が適しているのかを判断できるようになるでしょう。リキッドタイプとパウダータイプでは、いろいろと異なっている点があります。

カバー力が違う

リキッドタイプとパウダータイプの違いはいろいろありますが、カバー力にも違いがあります。どちらの方がカバー力に優れているのかというと、リキッドタイプの方が優れているのです。カバー力の強いファンデーションを使いたい場合には、リキッドタイプを選択するべきでしょう。では、カバー力とはどのような意味なのでしょうか。

簡単に言えば肌のトラブルを隠す力のことです。人によっては顔にシミやそばかすができている場合もありますし、毛穴が広がっている人もいれば、クマができてしまっている人もいますが、このようなトラブルを目立ちにくくするのがカバー力だと思えばよいでしょう。もちろんカバー力が強いからと言って、これらのトラブルを改善できるというわけではありません。

肌への負担が違う

化粧品というのは、肌をきれいに見せる代わりに、肌にダメージを与えているのです。これはファンデーションでも例外ではありません。そこで肌の弱い人は、より肌の負担を軽くするために、肌への負担を軽減できるタイプもファンデーションを使う必要があるのです。では、リキッドタイプとパウダータイプでは、どちらの方が肌への負担を軽減できるのでしょうか。

それはリキッドタイプの方です。リキッドタイプは保湿力に優れています。保湿は肌にとって必要不可欠ですし、外部からの刺激を軽減する働きもあります。パウダータイプの場合には、この保湿力に欠けていることから、肌への負担を減らすのは難しいファンデーションなのです。よって肌の弱い人は、リキッドタイプのファンデーションを使いましょう。

肌タイプに合わせて使い分けを

肌にはいろいろなタイプがあります。生まれたときは大体普通肌なのが一般的ですが、普段の生活習慣や遺伝などによって、肌質も成長と共に変わっていくことが多いでしょう。乾燥しやすい乾燥肌の人もいれば、脂っぽくなりやすい脂肌、刺激に弱い敏感肌に、いろいろな肌の特徴を持っている混合肌というのもあります。

ファンデーションは自分の肌のタイプによって、自分にふさわしい物を使用する必要があるのです。リキッドタイプはどのような肌質の人に向いているのかというと、乾燥肌の人に最も向いていると言えるでしょう。リキッドタイプは保湿力があるだけではなく、油性成分がメインになっているので、乾燥肌の人には適切なのですが、逆に脂肌の人にはあまり向いていません。

リキッドタイプは保湿力にも優れているので、この点も乾燥肌の人には向いているのです。敏感肌の人にも保湿力の高さは有効的なので、リキッドタイプのファンデーションを好んで使用する人もいるでしょう。優れた力を持っているリキッドタイプのファンデーションにも、適している肌質の人と、あまり適していない肌質の人がいるので、事前に調べておく必要があるのです。

リキッドタイプファンデーションはなぜカバー力に優れているのか

リキッドタイプのファンデーションは、カバー力に優れていると言われています。カバー力に優れているということは、それなりの理由があるのですが、大きく分けると毛穴まで効果がしっかりと浸透すること、崩れにくい成分が含まれていること、保湿力が長時間続くことなどがあります。カバー力を重要視したい人や、持続してカバーしたいという人は、リキッドタイプのファンデーションがおすすめです。

毛穴までしっかり

カバー力をしっかりと発揮するためには、毛穴の部分までしっかりと効果を出す必要があります。表面の部分だけを覆うようなファンデーションでは、カバー力が高いとは言えません。毛穴までしっかりと覆うようなファンデーションでなければ、シミやそばかす、クマや毛穴の広がりなどを隠すことができるのです。よく口コミなどを参考にしてファンデーションを選びましょう。

崩れにくい成分がたくさん

夏場に汗をかいたりすると、化粧崩れをすることがあります。化粧崩れに関しても、簡単に起こる場合もあれば、比較的長期間崩れにくくなる場合もあるのですが、これは含まれている成分が関係していると言えるでしょう。そこでファンデーションを購入する場合には、リキッドタイプのように化粧崩れのしにくいタイプを選ぶだけではなく、使用されている成分にも注目しないといけません。

例えばポリクオタニウム‐56という成分は、化粧崩れを防ぐ効果があります。他にもオレアノール酸やイノバラ果実エキスという成分が、化粧崩れを防いでくれると言われているので、ファンデーションを購入するときには、これらの成分が含まれているか確認してみましょう。もちろん他の成分にも、化粧崩れを防止できる効果が含まれている種類があるので、面倒でも成分ごとに効果を調べてみるべきです。

保湿力にすぐれ長時間キープ

リキッドタイプのファンデーションを購入する魅力の1つが、保湿力に優れているという点です。リキッドタイプと同かそれ以上にカバー力があるのはクリームタイプなのですが、透明感を出すという点ではリキッドタイプが優れています。保湿力は大体同じぐらいでしょう。保湿力が高いファンデーションには、いろいろなメリットがあるのです。

その1つが化粧崩れしにくくなるという点です。化粧崩れがしにくいということは、カバー力自体が持続するということを意味しています。どうしても長時間化粧力を維持したくても、なかなか思うようにいかないと悩んだ経験がある人もいるでしょう。そんな人にこそリキッドタイプのファンデーションがおすすめできるのです。

リキッドファンデーションの使い方

せっかく効果が期待できるリキットファンデーションを購入しても、正しい使い方をしなければ効果は期待できません。それどころか、逆効果になってしまう可能性もあるのです。どのような物でも同じですが、正しく使わなければ意味がないので、まずは正しい使い方を確認しておきましょう。説明書や箱の説明書きを見るか、購入したリキッドファンデーションの公式サイトで確認するのがよいでしょう。

他にも美容関連商品のプロが開設しているサイトもあるので、このようなサイトでも参考になります。ただし、インターネットで使い方の確認をする場合には、1つのサイトだけを参考にするのではなく、複数のサイトを参考にするのが基本です。なぜなら中には間違った使用方法が記載されているサイトにアクセスしている可能性があるからです。

リキッドファンデーションの下地としての使い方

ファンデーションを使う場合には、下地が重要になります。いくらよいリキッドファンデーションを用意しても、下地がしっかりとしていなければ意味がありません。まずは正しい方法でスキンケアを行いましょう。通常リキッドファンデーションを使う前には、化粧水や乳液などの下地をつけることが多いでしょうが、きちんと肌になじむまで待たなければいけません。

なじまない状態でリキッドファンデーションをつけてしまうと、成分が混じり合って効果を出すことができなくなるのです。しかも保湿力を十分に発揮できなくなりますし、化粧崩れの原因にもなるので注意しましょう。これだけ注意するだけでも、全く効果は違ってきます。

リキッドファンデーションのスポンジを使った塗り方

リキッドファンデーションはスポンジを使って塗るのが一般的なのですが、スポンジを使った塗り方にも正しい方法が存在します。人によってはいきなりリキッドファンデーションを顔につける人もいますが、最初は手に必要な分だけを取りましょう。それから指でしっかりと体温でなじませてから顔につけます。つける箇所は鼻を中心にあご、おでこ、両頬の5箇所です。

それからスポンジで内側から外側に向けて伸ばしていきましょう。擦りこむ際には力を入れ過ぎないようにするのがポイントです。一通り塗り終わったら、スポンジを軽く当てて抑えつけ、密着度を高めるという作業を行いましょう。塗りすぎたら刷毛やティッシュなどを使って余計な部分を除去すれば完了です。

リキッドファンデーションのスポンジの洗い方

リキッドファンデーションを塗った後のスポンジを、そのまま放置する人はまずいないでしょう。しかし、洗い方が間違っている人は比較的よく見かけます。では、どのような洗い方が正しいのでしょうか。まずは必要な物を用意しますが、適当な大きさのボウルにぬるま湯を入れます。そこに洗浄液を適量入れましょう。

洗浄液をスポンジに染み込ませ、水滴が落ちない程度の力でもみます。泡が出てきてから30秒前後洗ったら、ぬるま湯で丁寧に洗浄液を落としましょう。さらに流水ですすぎ、泡が出なくなるまで洗ったら、タオルにくるんで水気を取って完了です。簡単な方法なので、なれれば5分前後で終わります。

おすすめ商品

リキッドファンデーションにも複数の種類があります。値段もメーカーも成分も異なっているので、どれを選べばよいか迷ってしまう人もいるでしょう。最終的には自分で使って見なければ効果はわかりませんが、自分で調べることにより、ある程度把握することができます。そんな中でもランキングサイトや口コミサイトはかなり参考になるので、事前に確認しておきましょう。

ただし、他の人には効果があっても、自分には効果がない場合もありますし、その逆も可能性があります。そのため、複数のサイトでいろいろと情報収集を行うべきでしょう。そこでおすすめできるリキッドファンデーションをいくつか紹介させていただきますので、よろしければ参考にしてみてください。

つややかな美肌に仕上げる【インテグレート リアルフィットリキッド オークル10 やや明るめの肌色 (SPF30・PA++) 30mL】

インテグレート リアルフィットリキッド オークル10 やや明るめの肌色 (SPF30・PA++) 30mL

最初に紹介させていただくのは、つややかな美肌に仕上げる【インテグレート リアルフィットリキッド オークル10 やや明るめの肌色 (SPF30・PA++) 30mL】という製品です。スチームケアを行ったかのような肌触りになることができる効果や、ツヤツヤの肌に仕上げることができるのが特徴です。ミネラルタイプなので、肌に優しくなっていることから、敏感肌の人にもおすすめできます。

シミ、毛穴、きめを明るく均一にカバー【エリクシール シュペリエル ホワイトニングリキッドUV オークル20 (SPF28・PA++) 25mL】

エリクシール シュペリエル ホワイトニングリキッドUV オークル20 (SPF28・PA++) 25mL

カバー力に優れており、商品名にも記載されているシミや毛穴を目立たなくすることを重要視した製品がシミ、毛穴、きめを明るく均一にカバー【エリクシール シュペリエル ホワイトニングリキッドUV オークル20 (SPF28・PA++) 25mL】です。汗をかきやすい夏場でも、化粧崩れしにくいという特徴があるので、外で働くことが多い女性には適しているでしょう。

毛穴やキメの乱れもさらりとカバー【マキアージュ ドラマティックスキニーフィルムリキッド UV オークル10 (SPF25・PA++) 30mL】

マキアージュ ドラマティックスキニーフィルムリキッド UV オークル10 (SPF25・PA++) 30mL

たくさん存在しているリキッドファンデーションの中でも、化粧持ちがよいと言われているのが毛穴やキメの乱れもさらりとカバー【マキアージュ ドラマティックスキニーフィルムリキッド UV オークル10 (SPF25・PA++) 30mL】です。専用のスポンジも同封されているので便利です。美しく見せることを重要視している商品なので、女性からの支持もたくさんあります。

まとめ

リキッドタイプのファンデーションは、使い方次第で効果も変わってきます。もちろんどの商品を選ぶのかによっても効果は変わってくるのですが、より効果を引き出すためには、事前の方法収集は欠かせません。特に乾燥肌の人で、カバー力が高いファンデーションを使いたいという人は、リキッドタイプのファンデーションがおすすめです。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.