感動・泣き

アイブロウが落ちないようにするには?おすすめのコスメはこれ!

投稿日:

美しい自分や可愛らしい自分を魅せるために重要なのがメイクですが、このメイクの中でも眉メイクは大切になります。そのため、眉美人を目指して眉毛のメイクに力を入れている女性は多いのですが、この際にアイブロウを使用するケースも多くなっています。

しかしながら、正しい方法を理解した上でアイブロウを使用しないと意味がありませんので、その点を覚えておきましょう。

アイブロウが落ちてしまう原因

眉美人を目指してアイブロウを使用する女性の中には、アイブロウがすぐに落ちてしまうという悩みを抱えている方もいます。アイブロウが落ちてしまうということは、眉毛が消えてしまうわけですから、それによって魅力的な自分も消え失せてしまうわけです。

そのため、まずはアイブロウが落ちてしまう理由を理解し、今後はそれを避けるようにしていきましょう。

汗や皮脂

アイブロウが落ちてしまう原因としては汗や皮脂などもそのひとつに挙げることができます。普通に生活していても汗をかいてしまうことはありますし、動けば皮脂が肌に出てきてしまうこともあります。

こうした物質が原因となってアイブロウを落ちやすい状況に向かわせてしまうこともありますので、アイブロウがよく落ちて悩みを抱えているという女性は日々の自分を見つめなおしてみましょう。

前髪をいじる

アイブロウがいつの間にか落ちてしまい、そのたびに落ち込んでしまう女性も多いものですが、その原因のひとつとして考えることができるのが、自分自身で無意識のうちに触ってしまっていることです。髪の毛を触る癖がある人は多く、意外と無意識のうちに触ってしまっている女性も多いのです。そのため、このような行為によって結果的に眉毛にも手が接触することとなり、1回あたりの刺激は少なくてもそれが1日の間に何度もとなると、いつの間にかアイブロウが落ちていたという結果にたどり着いてしまうこともあるので気を付けましょう。

メイク前に皮脂を落としていない

アイブロウでメイクをおこなったものの、それが意図しないタイミングで落ちてしまうと悩む女性は多いものですが、それはメイクの準備に問題があるケースもあります。どういうことかといえば、メイクをおこなう前に皮脂を落としていないことが、アイブロウの落ちやすさの原因となっていることもあるのです。こうした皮脂をしっかりと落としてサラサラの状態でメイクをおこなうことで、アイブロウをしっかり肌に乗せることができるといわれていますので、メイクの前にまずは肌を整えることを考えておきましょう。

パウダーしか使っていない

アイブロウが落ちやすいという悩みを抱えている女性の中にはアイブロウパウダーのみを使用して眉メイクを済ませている人もいます。もちろん、見栄えの面から言えばアイブロウパウダーのみを使用したメイクは素晴らしい行為と言えますが、落ちにくいという側面から考えるとアイブロウパウダーのみを使用した眉メイクは褒められる行為ではないのです。アイブロウパウダーは汗などで落ちてしまうことが多いため、落ちにくさを目指すのであればアイブロウペンシルなどを併用しましょう。

濡らしてしまう

アイブロウだけに限らず、アイメイク全体にトータルで言えることですが、眉毛を濡らしてしまうことによってアイブロウが落ちてしまうことはよくあります。また、濡らすシーンとしてはシャワーや入浴、プールなどが思い浮かびますが、それ以外にも雨によって濡れてしまったり、汗をかいたことによって濡れてしまうこともありますので、これらの行為も含めて気を付けてください。

アイブロウが落ちないようにするには

様々な事柄が原因となってしまい、アイブロウが落ちてしまうこともあるわけですが、アイブロウの使い方やアイテム自体を変えることで落ちにくい状況に誘うことも可能です。

さらに、アイブロウを使用する前後にしっかりケアをおこなうことによっても、アイブロウが落ちてしまうことを避けることが可能といわれていますので、これらの方法を覚えておきましょう。

リキッドタイプを使う

アイブロウがよく落ちてしまうという悩みを抱える女性の中には汗が原因となっている女性も多いものです。このような形でアイブロウの悩みがあるのであれば、リキッドアイブロウを活用することを考えてみましょう。

特に、いつもよく落ちてしまう場所があるのであれば、そのスペースに関してはほぼ確実にリキッドタイプのアイブロウを活用して眉毛の下地を整えておきたいものです。

ウォータープルーフを選ぶ

水分によってアイブロウが落ちてしまう場合、ウォータープルーフを有効活用することも大切です。プールや海などに行く際、または温泉に行く際にどうしても眉毛がない状態は避けたいというようなケースではウォータープルーフはオススメできます。水分に触れても簡単には落ちないので重宝します。

しかし、肌への負担も大きいといわれるため、使用は最小限にとどめておくことも大切です。

こまめに汗や皮脂のケアをする

アイブロウが落ちてしまうのは汗が原因のケースと皮脂が原因になっているケースが大半といわれています。そのため、この2つのポイントをしっかりケアしていくことによって、アイブロウが落ちてしまう状況を逃れることができるといわれています。

皮脂は取り除き、汗に関してはできるだけかかないようにするなど、どうしても眉毛を維持したい場合には配慮をしておきましょう。

眉毛コートを使う

眉毛を守るアイテムとして最強という声もあるのが眉毛コートです。その言葉の通りに眉毛をガードするアイテムです。眉毛のメイクを済ませたあとに上からひと塗りすることによって、汗や皮脂などから眉毛のメイクを守ってくれるといわれています。そのため、眉毛を守るために眉毛コートの活用も考えておきましょう。

落ちにくいアイブロウ


今は美しい眉毛を作り出すために、ありとあらゆるタイプのアイブロウが存在しています。その中でも落ちにくいアイブロウとして知られるアイテムもたくさんありますので、それらのアイテムを覚えておきましょう。落ちるリスクを考えずに日々を過ごすことができるため、重宝するアイテムとなるはずです。

ケイト ラスティングデザインアイブロウW

カネボウ ケイト ラスティングデザインアイブロウW(FL) BR-3

落ちにくいアイブロウを探しているのであれば「ケイト ラスティングデザインアイブロウW」はオススメできるアイテムのひとつです。落ちにくいアイブロウであると同時にペンシルとパウダーのダブルで使えるアイブロウです。

さらに、自然な仕上がりを期待することができる上、細い眉毛も太い眉毛も描けるために、手元に置いておくと重宝するアイテムといわれています。

リフレクトコスメ アイブロウ

リフレクトコスメ アイブロウ ブラウン

メイクをしたまま演技をおこなうのがシンクロですから、そこで使用されるメイクアイテムには水への強さが求められます。そんなシンクロの世界でメダルを獲得した元選手が慣習を務めたアイブロウが「リフレクトコスメ アイブロウ」です。

水に強く汗にも強いために、あらゆるシーンで落ちないアイブロウを手に入れたいと考えているのであれば注目したいアイテムです。

エクセル ロングラスティングアイブロウ

エクセル ロングラスティングアイブロウ LT01 ナチュラルブラウン

リキッドタイプとパウダータイプのアイブロウとして知られるのが「エクセル ロングラスティングアイブロウ」です。ウォータープルーフタイプのアイブロウであり、落ちない眉毛を作り上げるためには欠かせない逸品ともいわれています。

プールやサウナでも落ちない眉毛


眉毛だけではなく、メイクはプールやサウナなどに行けば落ちてしまうことが多いものです。しかし、どのような道具を使用するかによって、この結果に関しては変わってくるのです。そのため、プールや入浴、サウナなどに行っても落ちない眉毛の描き方を覚えておきましょう。

眉墨

プールやサウナなどに入っても落ちない眉毛を手に入れたいのであれば、やはり眉墨へのこだわりはしっかりと持っておきたいものです。今は数多くのアイブロウが存在していますが、その中でもリキッドタイプなどは特に目を向けておきましょう。

さらに、ペンシルタイプの眉墨は、水分にも強いといわれて重宝している方も多いため、目を向けておきたいアイテムのひとつと言えます。

ティント

海外のモデルさんなどが利用していたことから日本国内でも多くの女性に支持されるようになったのがティントです。理想の眉の形にティントを塗り、しばらく放置して剥がすと眉が理想の形に整っているというアイテムです。

洗顔しても落ちないなど、数日から1週間程度は眉がもつといわれているので、眉メイクに力を入れている人にとっては必見とも言えるアイテムです。

メイクの手間も省ける

眉メイクをこれまでとは違った形にすることで、眉メイクに割く時間も削減することができるといわれています。特に汗でアイブロウがよく落ちていた人は日常生活の中でも眉のメイクを直す時間が必要になりますが、それらが今後は省くことができるわけですから、ぜひとも検討しておきたいものです。

まとめ

これまで眉メイクをアイブロウでおこなっても、生活している中で徐々に落ちてしまうという悩みを抱えていた人は、新たなアイテムを手に入れるなどして眉メイクを根本から見つめなおし、改善していくことを考えてみましょう。

元の記事を見る

-感動・泣き
-

Copyright© バイラルアンテナ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.